節約

キャッシュマートは本当に稼げるの?実際に試して安全性についても解説

 

写真を撮って送信するだけでお小遣い稼ぎができるCASHMART(キャッシュマート)というアプリが注目を集めています。

このキャッシュマートは本当に稼げるアプリなのか、そして安全性はしっかりしているのかを実際に使ってみた感想を交えてご紹介していきます。

 

 

 

CASHMART(キャッシュマート)とは

キャッシュマートとは、指定のアイテムやレシートを撮影することで様々なギフト券に交換することができるアプリです。

冷蔵庫の中身や家で使っているドライヤーなど撮影対象は多岐に渡りますが、毎日送信が可能な撮影対象はレシートとランチの写真です。

撮影対象

アプリをダウンロード後、初期画面で送信可能な対象は以下の通りです。

  • レシートの写真 1円
  • ランチの写真 1円
  • ホーム画面のスクショ 3円
  • 冷蔵庫の中の写真 2円
  • 使っているシャワーヘッドの写真 1円
  • 使っているヘアアイロンの写真 1円
  • 通知の許可 1円
  • 使っているシャンプーの写真 1円

※12月25日ダウンロードの場合です。

ダウンロードのタイミングによってラインナップが異なる可能性があります。

以上の撮影課題は一度送信すると一覧から削除され、一日に何度もチャレンジすることはできません。

連日にわたって課題として残るのは「レシートの写真」と「ランチの写真」のみですので、上限なく稼げるという訳ではないことを留意しておきましょう。

また、撮影対象によって注意事項が異なりますが、送信した写真は基本的には第三者に開示されます。

CASHMART(キャッシュマート)で稼ぐ方法

キャッシュマートでお金(ポイント)を稼ぐ方法は主に下記の4つが挙げられます。

キャッシュマートで稼ぐ方法

  • 指定の写真を撮って送信する
  • ガチャを回す
  • 指定のアプリをダウンロードする
  • アプリに友だちを招待する

これらでコツコツとお金を稼ぎ、最終的に各種ギフト券に交換するという流れが取られています。

なお、12月25日現在は現金出金の機能が搭載されていませんが、近日中のアップデートで搭載する予定と発表されています。

指定の写真を撮るだけ

キャッシュマートのメイン機能は、写真を撮影して送信するというものです。

前述通り、何度も繰り返し行える撮影課題は「レシート」と「ランチ」だけで、他の課題は繰り返しこなすことができない仕様になっています。

日々繰り返し行う作業を軽減化するため、キャッシュマートの機能は非常にシンプルで直感的な操作が特徴です。

画面の指示通りに操作すればすぐに送信でき、写真の買取りも即行ってくれるのでスピーディーに活用できるでしょう。

写真送信の注意

各課題に応じて注意項目が設定されており、レシートの場合は以下の様な内容です。

  • 全体が写るように撮影する。
  • 個人情報が記載されている場合は写り込まないようにする。
  • 買取画像とユーザー属性は第三者に提供することがある。
  • レシートデータは提携する第三者に提供される。

このように、買い取られた写真は他者の目に触れることが前提となっています。

つまり、ある程度の生活圏や趣向などが運営会社等に伝わってしまうことは、あらかじめ理解しておきましょう。

指定の写真を送信する手順

ホーム画面の「買取が可能なアイテム」からチャレンジしたい課題を選びます。

アイテムを選ぶと注意事項が表示されるのでしっかり読んでから、内容が大丈夫だったら利用規約に同意して撮影するをタップしましょう。

該当のアイテムを撮影したら送信するをタップ。

簡単なアンケートは5問程度表示されるので、全て回答していきます。

 

アンケートに全て回答後買取が完了した旨が表示されるので、完了で画像の買取作業が終了です。

ガチャを回す

キャッシュマートでは一日3回チャレンジできる「キャッシュマート ガチャ」という機能が用意されています。

ガチャを回すためには15秒程度の動画を見る必要がありますが、チャレンジすること自体は無料なのでやってみて損はありません。

当選金額

1等:1000円

2等:100円

3等:5円

4等:1円

5等:0.1円

指定のアプリをダウンロード・利用する

写真を撮影する以外の稼ぎ方として、指定されたアプリをデバイスにダウンロードしたりサービスを開始することで30円程度をまとめて稼ぐことが可能です。

アプリダウンロードが課題の場合は、キャッシュマートアプリ内のボタンからダウンロードページに飛び、ダウンロードした課題アプリを起動することで課題達成となります。

その他にも月額サービスの無料会員に申し込むことで一度に160円程度を稼げるなど、手間がかかる分写真を送信するだけより多く稼ぐことが可能となっています。

賢く稼ぐポイント

このようなアプリをダウンロードしてお小遣いを稼ぐサイトは沢山存在しており、ダウンロードをするだけで稼げるため比較的効率が良い方法だといえます。

お小遣いサイトによって指定の課題アプリも異なってくるので、複数のお小遣いサイトを掛け持ちすることでロスなく稼ぐことができます。

友だちを招待する

キャッシュマートアプリ内に記載されている「招待コード」をシェアするか、お友だちが登録時に招待コードを入力することで双方に20円ずつ報酬が付与される仕組みです。

招待数に上限はありませんので、興味がある人には気軽にオススメすると良いでしょう。

CASHMART(キャッシュマート)は本当に稼げるのか

以上のように、様々な方法でコツコツとお金を稼ぐ方法があるキャッシュマートですが、本当に稼ぐことができるのでしょうか。

また、同種の他サービスと比べて、キャッシュマートがどれ程の規模のサービスなのか。

そして気になる還元率についてご紹介していきます。

他のレシートアプリとの比較

レシート写真買取りのアプリは沢山あり、それぞれに特長があります。

アプリ名会員数画像指定交換内容最低交換額
CASHMART未公開ありギフト券330円
ONE100万なし現金・ギフト券301円
CODE200万なし様々300円
CASHb未公開あり現金1000円
itsmon未公開ありギフト券93円

キャッシュマートは登場して間もないアプリだけあって、有名サービスからみるとまだまだ成長途中である感は否めませんが、これから期待できるアプリの代表格として名前が挙がっています。

レシート一枚当たりの換金レートは0.91円

キャッシュマート内で貯めたお金は「円」で表示されるため、同金額のポイントやギフト券に変換できるように感じますが実は違います。

例えばAmazonギフト券300円に交換する場合、必要なウォレットは330円

つまり景品交換を行うとすると、レートが約0.91円まで下がる。

このように、見かけの積み立てポイントより目減りしてしまうことを覚えておきましょう。

稼いだポイントは各種ギフトチケットに交換ができる

キャッシュマート内で貯めたポイントは、各種ギフト券に交換することができます。

アプリ内で一覧表示されているので「ここまで貯めるぞ!」と目標を持って、コツコツとポイントを貯めていきましょう。

交換できるギフトチケットの種類

2021年12月25日現在、交換可能はギフト券・チケットは以下の通りです。

交換可能なギフト

※()内は必要なウォレットです。

  • Amazonギフト券 300円分(330円)
  • Amazonギフト券 1000円分(1100円)
  • Amazonギフト券 3000円分(3300円)
  • サーティワンアイスクリーム レギュラーシングルギフト券 390円分(429円)
  • タリーズ デジタルギフト 200円(220円)
  • ドトール イーギフト 200円(220円)
  • ドトール イーギフト 500円(550円)
  • Coke ONドリンクチケット 160円(176円)
  • ミスタードーナツ ギフトチケット 200円(220円)
  • ミスタードーナツ ギフトチケット 500円(550円)
  • ミスタードーナツ ギフトチケット 1000円(1100円)

出金対応は今後のアップデートで実装予定

2021年12月25日現在、キャッシュマートは現金での出金が出来ません。

稼いだポイントを現金で受け取りたい場合は向かないサービスですが、近日のアップデートで現金出金にも対応できるようになることが発表されています。

CASHMART(キャッシュマート)の安全性

お金に関するサービスで最も不安要素になるのが、サービスの安全性です。

折角稼いだポイントが水泡に帰す心配や少なからず個人情報を開示する不安などがある場合、気持ちよくサービスを利用しにくくなってしまいます。

サービスを運営する会社や先パイ利用者の口コミから、キャッシュマートの安全性を分析してみました。

CASHMART(キャッシュマート)の運営企業

キャッシュマートを運営する企業情報は以下の通りです。

企業名株式会社Dash
資本金10,000円
住所東京都港区
業種リサーチ/マーケティング

運営会社である株式会社Dashは、主にインターネットを活用したマーケティングやリサーチ、AIサポートを行っている企業です。

事業内容にも、キャッシュマートで収集したデータを基に、消費者リサーチを行っていることがわかることから、整合性は取れた企業であることが伝わってきます。

有名テレビ番組で取り上げられている

キャッシュマートはテレビ番組「内村カレンの超社会科見学」でも取り上げられたことがあるアプリです。

テレビに取り上げられたら絶対に安全とはいえませんが、安全性を計る一つの目安となってくれます。

ユーザーレビューや口コミ評価が高い

ユーザーレビューを確認すると、「長々としたアンケートに答える必要もなく、サクサクと使える気持ちのいい操作性」「写真を撮って送るだけで簡単」というコメントが並んでおり、カスタマー評価が高いアプリであることがわかります。

また、「月間ショッピング部門最高ランキング 1位」「入賞・受賞歴 月間アプリ部門総合最高ランキング 26位」「入賞・受賞歴 月間総合最高ランキング 27位」など、高い評価と人気を集めていることからも新進気鋭なアプリであるといえます。

個人情報の漏洩が気になる場合はやらない方が無難

いくら評価が高いアプリといえど、少なからず個人の生活の一端を他者に提示することが憚れる場合はあまり利用しない方が良いでしょう。

個人情報が写り込んでいる場合は削除した状態で画像を提出できますが、レシートに映っている買い物内容や品目は十分撮影者の私生活を彷彿させる素材となってしまいます。

不安を感じながら課題を提出しても稼げるのは1回1円なので、不安が勝る場合は行わない方が無難です。

CASHMART(キャッシュマート)を実際に使ってみた感想

お小遣いサイト大好きな筆者が試した感想は下記の通りです。

  • シンプルなUIで操作性がとても良い
  • 画像を送る度に5つ程度のアンケートがあるのが少しめんどくさい
  • 他のレシート写真買取りサービスやお小遣いサイトと併用して使うと効率が良さそう
  • 毎日の課題が「レシート」と「ランチ」のみ、他はアプリのダウンロード程度なので毎日数百円稼ぐのは厳しい。
  • 隙間時間にコツコツ作業するのが得意な人にはうってつけ。

現在は毎日の課題がそこまで多くないので大金を稼ぐのはなかなか難しい状態ですが、他のお小遣いサイトと一緒に使うなどして工夫次第では十分稼げるでしょう。

Miles(マイルズ)の移動履歴が反映されない原因と対処法

    毎日の通勤や通学、ランニングなどの移動だけで簡単にマイルがためられる「Miles(マイルズ)」。 アメリカ発のアプリで日本では2021年10月より正式にリリースし、ユーザー ...

続きを見る

\\follow//

-節約
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.