節約

Miles(マイルズ)の移動履歴が反映されない原因と対処法

 

 

毎日の通勤や通学、ランニングなどの移動だけで簡単にマイルがためられる「Miles(マイルズ)」。

アメリカ発のアプリで日本では2021年10月より正式にリリースし、ユーザー数も急激に増加しています。

ただ、リリースされたばかりで現在アクセスが集中していることもあり、様々な不具合が発生しています。今回は、その中でもMilesの最大の特徴である「移動のカウント」が正しく反映されない件について、原因と対処法を詳しく解説していきます。

Contents

Miles(マイルズ)で移動履歴が反映されない

Miles(マイルズ)を利用すると、移動手段問わず毎日の移動距離をAIが自動でカウントし、「マイル」として付与されます。たまったマイルはAmazonのギフト券やコンビニのクーポン、他にも様々な特典に交換することが出来ます。

このように、Milesでは「移動距離がカウントされること」が何よりも大事なのですが、ユーザーが急激に増えたことによりサーバーダウンしたり、アプリ自体の不具合など様々な原因によってせっかく移動してもアプリに反映されていない問題が発生しています。

Miles(マイルズ)で移動履歴が反映されない原因

Miles(マイルズ)で移動履歴が反映されない原因は、いくつか考えられます。アプリ側の問題もありますが、ユーザー側の設定の仕方が間違っていて反映されない時もあります。

ユーザーのアクセス数が急増したことにより、移動履歴の反映とマイルの付与に遅れが出ている

Milesはリリース直後にTVで紹介されたこともあって、多くの人が興味を持ち一気にダウンロードしました。そのことで一時サーバーがダウンするなど、サービスの提供に遅れが出ました。

現在もユーザー数がどんどん増加し続けているので、マイルの反映に影響が出ているようです。時々上画像のように表示されるので、すぐに反映されなくても少しの間待った方が良いです。Miles公式サイトによれば、反映されなくても少なくとも48時間は待ってほしいとのことでした。

また、急激にダウンロード数が増えたので、現在新規登録を停止しシステム改修を行っていますシステム改修が終了次第、また新規登録も再開される模様です。登録停止前にダウンロード済みだった人たちは、これまで通り使えますが移動履歴の反映に遅れが出る可能性があります。

位置情報の設定を「常に許可」にしていない

Milesアプリを正しく利用するには、端末本体の位置情報を「常に許可」にしている必要があります。

アプリをダウンロードして最初に登録する際に、位置情報の許可を求められる画面が出てきます。この時に「常に許可」ではなく「アプリの使用時のみ許可」や「毎回確認」「許可しない」などを選択してしまうと、アプリが正常に作用せず移動しても履歴が反映されないということになってしまいます。

電波が届かないもしくは弱い所で移動している

Miles公式ホームページでは、移動距離が反映されない主な原因として「電波が届かないもしくは弱い所で移動している」ことを一番に挙げています。

場所によっては携帯電波が届かない所で移動している可能性があります。反映されない時はその可能性も疑ってみて下さい。

カウントされない無効な移動をしている

Miles公式ホームページには、カウントされる有効な移動条件について詳しく書かれています。後で述べる対処法の項目で詳しく触れるので、参考にしてみて下さい。また、屋内やゴルフ場、スタジアムなどの私有地での移動はカウントされないことが多いので注意して下さい。

バッテリーの設定が省エネモードになっている

iPhoneやAndroid端末には、電力の消費を抑えるために利用出来る「低電力モード」「省エネモード」などが存在します。

この設定がONになっていると、アプリを画面で開いていない限りMilesアプリがシャットダウンされた状態になってしまいます。Milesはバックグラウンドで常に起動していないと正常に働かないので、移動履歴が反映されません。

Milesアプリを完全に終了させてしまっている

上記理由と少し似ていますが、たいていアプリを使った後ホームボタンをタップして画面を閉じると、アプリ自体はバックグラウンドでずっと立ち上がった状態のままになっています。

複数のアプリがずっと起動した状態だとスマホの動作が遅くなるなどの支障が出るので、アプリクリーナーを使ったり、タスク画面からタスク履歴を消去するなどしてこまめにアプリを終了させている人もいると思います。

その時に、Milesアプリも完全に終了させてしまうと、移動履歴が正しく反映されません。Milesでマイルを貯めるためには、常にバックグラウンドで起動させている必要があります。

未反映分は反映されないこともある

スマホやアプリの設定を色々見直しても履歴が反映されなかった場合、最終的には公式に問い合わせて反映してもらうことが出来ます。ですが、まれにデータ不足等の理由で反映が出来ないこともあります。中には反映はしてもらえなかったけれど、お詫びとしてボーナスマイルをもらった人もいるようです。

Miles(マイルズ)で移動履歴が反映されない時の対処法

Milesで移動履歴が反映されない時の対処法はいくつかあります。端末の設定次第では自分で解決出来ることもあるので、以下に述べることを参考にしてみて下さい。それでも反映がされないという場合は、最後は公式に問い合わせてみましょう。

端末の位置情報サービスを「常に許可」にする

Milesで正しく移動履歴が反映されるためには、端末の位置情報サービスを「常に許可」にする必要があります。ここを間違えてしまうと、移動履歴が正しく反映されません。iOSの場合とAndroidの場合とでやり方が違うので、以下に手順を説明します。

iOSの場合

iOSの場合は、設定アプリを開きプライバシーから位置情報サービスを選び、さらにMilesを選びます。

アプリの位置情報の設定画面になるので、そこで常にを選択します。

Androidの場合

Androidの場合は、設定アプリを開きアプリ管理を選択します。

更にアプリリストからMilesを選択します。

更にアプリの権限を選択すると位置情報が出てくるのでタップします。

ここで常に許可を選択すれば設定完了です。

この過程で間違って「アプリの使用中のみ許可」「毎回確認」「許可しない」などを選択してしまうと、Milesが正常に作動しないので十分に注意して下さい。

Milesアプリを最新のバージョンにしておく

Miles公式ホームページには、Milesを問題なく利用するためにはアプリ自体を常に最新のバージョンにしておく必要があると書かれています。

新機能が追加されたり、バグが修正された時などにはアプリのアップデートを定期的に行っているそうなので、調子が悪いと感じた時にはもう一度App StoreやPlay ストアなどでアプリの更新を行いましょう。

上画像のようにアプリを再度検索し、アップデートがある場合には更新ボタンが表示されるのでタップして更新して下さい。

スマホのOSを最新のバージョンにしておく

Miles公式ホームページには、スマホのOSも最新のバージョンにしておく必要があると書かれています。スマホのOSが最新のバージョンかどうか確認するには、設定アプリを開きます。

iOSの場合

iOSの場合は、設定アプリから一般をタップ、その次に情報をタップし、バージョンを確認します。

Androidの場合

Androidの場合は、設定アプリからソフトウェアアップデートをタップすると最新バージョンかどうか確認出来ます。

バッテリーの設定が低電力・省エネモードになっていたらOFFにする

また、バッテリーの設定が低電力・省エネモードになっていたら、OFFにしておきましょう。低電力・省エネモードがONのままだと、バックグラウンドでのアプリ動作を自動的に停止させてしまうことがあるからです。

iOSの場合

iOSの場合は、設定アプリからバッテリーを開き、低電力モードがONになっていたらOFFにします。

Androidの場合

Androidの場合は、設定アプリからバッテリーを開き、省エネモードがONになっていたらOFFにします。

バックグラウンドで起動中の他の不要なアプリを停止させる

通常、スマホを持っていると特定のアプリを画面上で開いていなくても、裏で色々なアプリが情報の更新を行ったり、通知を受け取ったり常に作動しています。

なのでユーザーが意識していなくてもアプリのアップデートが自動的に行われたりしているのですが、バックグラウンドで起動しているアプリが多すぎると、端末の動作が遅くなってしまいます。

そのことがMilesアプリに影響していることもあるので、不要なアプリのバックグラウンド動作を停止させるのも有効な方法です。

iOSの場合

iOSの場合は、設定アプリを開き一般をタップ、Appのバックグラウンド更新をタップします。

アプリ一覧が出てくるので、使用頻度の高いアプリの横にあるON/OFFボタンをOFFにし、バックグラウンド動作を停止させます。

Androidの場合

Androidの場合は、左下(機種によっては右下)のタスク履歴をタップすると、現在バックグラウンドで起動中のアプリが出てきます。横にスクロールすると起動中のアプリ一覧を見ることができ、消したいタスクがあれば上の方にスワイプすると消去されアプリが閉じられます。

少し時間をおいてから確認する

上記ポイントはしっかり確認したのにも関わらず、まだ反映されないという場合は、単純にシステムの都合で反映に時間がかかっている場合があります。特に今は、多くの人がMilesアプリを使い始めているので、かなりサービスに支障が出ています。

公式によると、少なくとも48時間は反映まで待ってほしいと書かれていたので、色々アプリやスマホの設定を見直した上で48時間経っても一向に反映される様子がなければ、公式サイトやアプリの「お問い合わせ」から問い合わせてみた方が良いでしょう。

カウント有効な移動手段、移動距離、移動エリアを確認する

もしくは、そもそもカウント有効な移動手段や移動距離、移動エリアではなかったということも考えられます。公式ホームページによれば、以下の移動がMilesでカウントされる有効な移動になります。

Milesでカウントされる有効な移動条件

  • 車…5分以上の休憩なしの移動で0.5マイル(約0.8km)以上
  • 相乗り…5分以上の休憩なしの移動で0.5マイル以上(利用者本人以外にMilesアプリを利用する相乗りユーザーが少なくとも一人以上必要)
  • 電車…5分以上の休憩なしで最短距離0.5マイル
  • バス…5分以上の休憩なしで0.5マイル以上
  • ボート…5分以上の休憩なしで0.5マイル以上
  • ウォーク/ラン…2分以上の休憩なしで0.2マイル(約0.32km)以上(※屋外に限る
  • 自転車…5分以上の休憩なしで0.5マイル以上
  • 航空…短距離および長距離のフライト

また、屋外での移動で対象になるのは、公道/歩道、電車のみです。屋内はカウントされませんし、ゴルフ場やショッピングモール、球場、スタジアムなどは記録されないことがあるので注意して下さい。

ずっとオフラインだった場合は一度インターネットに接続する

Milesはオフラインの状態でも移動履歴が残ります。ただ、そのままだとマイルに反映されません。なので、少なくとも24時間に1回はインターネットに接続し、過去24時間分の移動履歴を反映させる必要があります。

何をしてもダメな場合は公式に問い合わせる

上記に述べたことを全て行ってもダメな場合は公式に問い合わせましょう。まずホーム画面右下のアカウントをタップします。続いてお問い合わせをタップします。

問題を報告するをタップします。次に移動履歴&マイルをタップします。

移動が(一部)記録されなかったをタップします。最後に問い合わせたい内容を詳細欄に入力し、Submitをタップします。

もしくは、support-japan@getmiles.comに直接メールをする方法もあります。

Miles(マイルズ)以外で移動履歴がすぐ反映するオススメアプリ

Miles以外にも、移動した距離がポイントやマイルに変換されるアプリがたくさんあります。その中でもMilesより約1年前にリリースされた「トリマ」とお小遣いがたまる万歩計のようなアプリ「アルコイン」を紹介します。Milesと並行して使えば、二重でマイルやコインを貯めることが出来ますよ!

トリマ

トリマってこんなアプリ

  • 歩いた歩数や距離でマイルが貯まる
  • 貯まったマイルは現金や電子マネー、ポイント、ギフト券などに交換出来る
  • 通勤・通学などで移動距離が長い人におすすめ
  • ダイエットしながらお小遣い稼ぎが出来る
  • アンケートや広告視聴、ミッションでも稼げる

Milesに似たアプリで「トリマ」があります。2020年10月とMilesより一足先にリリースされました。移動するとタンクにマイルが貯まり、waonポイント、dポイント、楽天ポイントなどの有名ポイントに交換出来たり、Amazonのギフト券やコンビニの各種eギフトと交換出来たりと交換先が豊富なのが魅力です。

移動だけでなく、アンケートに答えたり広告を視聴したり、ミッションをクリアしたりすることでもマイルを稼ぐことが出来ます。

アルコイン

アルコインってこんなアプリ

  • 歩いた歩数でコインが貯まる
  • 貯まったコインはAmazonのギフト券と交換出来る
  • 他の電子マネーや有名ポイントなども交換先として追加予定
  • コインが貯まれば最高で10,000円分のAmazonギフト券が当たる抽選にチャレンジ出来る
  • アンケートや広告視聴でも稼げる
  • 万歩計代わりに使える
  • ダイエット中の人におすすめ

「アルコイン」は、歩いてコインを貯めてAmazonのギフト券をゲット出来るアプリです。Milesやトリマと違ってあくまで歩いた歩数でコインが貯まるので、そんなに一気にたくさん稼げるという訳ではありません。ですが、地道にコインを貯めれば最大10,000円分のAmazonギフト券が当たるくじに応募することが出来ます。

普通の万歩計アプリの代わりに使えば、ダイエットをしながらちょっとしたお小遣いが稼げるアプリです。また、コインの交換先として他の電子マネーや有名ポイントも追加予定です。

Miles(マイルズ)でエラーが発生する原因と対処法を解説

日本で正式リリースされた移動や通勤・通学でマイルを貯められるアプリMiles(マイルズ)。 この記事では、Milesで発生しているエラーについてと原因・対処法について解説していきます。   ...

続きを見る

\\follow//

-節約
-, , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.