Gmail google

Googleで個人向けアカウントの基本認証が終了になる詳細まとめを解説

Googleではセキュリティ面強化のために、個人向けアカウントの基本認証が終了となります。

今回の記事では、Googleの個人向けアカウントの基本認証が終了になる詳細についてまとめていきます。

Googleで個人向けアカウントの基本認証が終了に

Googleは個人向けのGoogleアカウントで、サードパーティアプリの基本認証でのログインを終了することを告知しました。

こちらは個人が無料で発行したGoogleアカウントが対象で、基本認証のみの外部アプリを利用している場合が規制の範囲となります。

一方でGmailなどのGoogleが提供しているアプリの利用や、利用している外部アプリがOAuthログインに対応している場合には影響がない可能性があります。

2022年5月30日に終了

今回の個人向けのGoogleアカウントの基本認証が終了になる件に関しては、2022年5月30日以降が対象となります。

こちらの告知に関してはGoogle社からかなり前から共有されていた事項のため、5月30日には正式に終了となるものです。

多くのメールクライアントなどでは対応を行なっているケースが多いですが、まだ対応が済んでいない外部アプリに関しては、今後利用ができなくなる可能性があります。

Googleの基本認証とは

Googleの基本認証(Basic認証)とは、Gmailのメールアドレスとパスワードのみを利用した認証を指します。

ユーザーが直接外部アプリに対してメールアドレスとパスワードを登録し、外部アプリ側がその情報を利用して認証を行います。

簡単に利用することができる認証方法ですが、セキュリティ面でのリスクが大きく、メールアドレスなどを提供するユーザーにとっては個人情報漏洩の可能性が高まってしまいます。

リスク

  • 認証情報を外部アプリに提供するため、データを所有しているサービス側の情報漏洩のリスクがある
  • 情報漏洩してしまった場合には、アカウント乗っ取りなどのリスクがある
  • 提供した個人情報は暗号化されるものの、比較的簡単に解読されてしまう可能性がある

Googleアカウントの種類を選択するログイン方法は継続

今回の個人向けのGoogleアカウントの基本認証が終了になる件に関して、Googleアカウントの種類を選択するログイン方法を利用したアプリに関しては継続して利用できます。

Googleアカウントの種類を選択してログインする方法に関しては、基本認証とは異なるログイン方法を利用しているため、よりセキュリティ面が強化されたログイン手法となっています。

今回規制の対象となるのは基本認証のみのため、アプリやサービスログイン時にGoogleアカウントを選択する画面が表示されるものに関しては引き続き利用が可能です。

基本認証のみの場合であればメールの送受信ができなくなる

今回の個人向けのGoogleアカウントの基本認証が終了になる件に関して、基本認証のみでログインできるメールクライアントであればメールの送受信ができなくなる可能性があります。

そのためメールアドレスとパスワードのみでログインできるものに関しては、今後Gmailでのメールのやり取りができなくなる可能性があります。

WorkspaceやCloud Identityは今回の対象外

今回のGoogleで基本認証が終了になる件に関して、対象となるのは個人が無料で発行したアカウントのみです。

Google WorkspaceやGoogle Cloud Identityの場合であれば2022年5月30日以降でも基本認証でのログインを使用することが可能です。

一方で上記に関しても今後基本認証でのログインができなくなる可能性が高いので、事前に基本認証を利用したログイン方法のアプリやサービスを使用していないか確認しておくことをおすすめします。

関係があるのは開発者

今回の個人向けのGoogleアカウントの基本認証が終了になる件に関して、対応を実施しないといけないのは外部アプリやサービスを開発している開発者が対象となります。

基本的にユーザー側は、基本認証を利用したログイン方法になっていないかをチェックする以外に、大きな対応をする必要はありません。

Googleで個人向けアカウントの基本認証が終了の影響範囲

ここからは、Googleで個人向けアカウントの基本認証が終了する場合の影響範囲についてご紹介していきます。

OAuth対応をしているメールクライアントでの影響はない

現在利用しているアプリがOAuthログインの対応をしているメールクライアントの場合では、今後も引き続きメールの送受信を行うことが可能です。

OAuthログインとは

アプリやサービスのログイン時に、一度Google側に個人情報の提供が可能かの確認を行う認証方法です。

ログイン時にGoogleアカウントを選択するログイン方法に関しても、OAuthログイン認証となります。

多くのメールクライアントでは既にOAuthログインに対応しているケースが多いですが、念のため自分が利用している外部アプリやサービスなどが対応済みかをチェックしておくことをおすすめします。

自作アプリの場合は要注意

現在自作アプリを利用してメールの管理などを行なっている場合には、基本認証を利用したログイン方法になっていないかチェックする必要があります。

基本認証を利用している場合にはOAuthログインに対応する必要があるので、早めに対応を行うことをおすすめします。

Google Playからダウンロードして紐付けしたアプリはログイン出来なくなるのか

Google Playからダウンロードして紐付けを行なったアプリに関しては、対象のアプリがOAuth認証もしくはアカウントの種類を選択するタイプの認証を行なっていれば今後も引き続き利用が可能です。

そのため多くのユーザーが利用しているアプリなどに関しては、基本的に利用することが可能なケースが多いです。

利用しているアプリがOAuthログインに対応しているかチェックする

今回の件で基本的に対応を行うのは外部アプリやサービスの開発者ですが、ユーザー側も利用しているアプリがOAuthログインに対応しているかチェックしておくことをおすすめします。

また今後Google側がセキュリティ面でのさらなるアップデートを行う可能性もあるので、アカウントの2段階認証などに関しても事前に対応しておくこともおすすめです。

Googleマップで隅田川が埋め立てられている詳細について解説

Googleマップで隅田川を見ると埋め立てられたような表示になることが話題になっています。 今回はなぜ隅田川がおかしい表示になっているのか紹介していきます。   Contents1 Goog ...

続きを見る

\\follow//

-Gmail, google
-, , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.