google

【最新版】Google Chromeが開けない・起動出来ないときの詳細と対処法を解説!

「Google Chrome」でネットサーフィンをしようとしたときに、起動そのものが出来ず開けない現象が発生することがあります。

この記事では、こうしたGoogle Chromeが開けないときの原因と対処法について解説していきます。

Google Chromeが開けないときの原因

Google Chromeを起動出来ない・開けないときの原因は下記の通り。

問題のあるところ/項目スマホ/パソコン原因対処法
ショートカットパソコンショートカットが繋がっていない新しくショートカットを作る
メモリーパソコン/スマホメモリーがいっぱい不要なアプリやデータを削除する
ユーザアクセスコントロールパソコンユーザーアクセスコントロールに問題ありユーザーアクセスコントロールの制御の強度を下げる
CPUに負担パソコン/スマホ起動しているブラウザやタブが多くCPUの負担になっている不要なタブやブラウザを閉じる/Chromeを再起動/デバイスを再起動
拡張機能が重い拡張機能を停止または削除する
他のアプリが負担になっている不要なアプリケーションを閉じる
スマホ(アプリ版)アプリのデータやキャッシュが負担になっているChromeアプリのデータとキャッシュを削除する
パソコン/スマホ(ブラウザ版)Cookieや履歴が負担になって重くなっており、ブラウザが開けないCookieや履歴の削除
Chrome本体

パソコン/スマホChrome本体に破損などがある他のブラウザを開いてみて起動出来たらChrome本体に問題あり⇒Chromeを再インストール
アップデートに問題ありアップデートを待つ/グレードダウンする
パソコン望ましくないプログラムがある不正なソフトウェアを確認して削除する
ウィルス対策ソフト

パソコン/スマホウィルス対策ソフトで問題のあるソフト扱いされているホワイトリストや例外リストに入れる/ファイアーウォールのセキュリティを下げる(問題が起こるのでセキュリティを下げすぎない)
自分パソコン/スマホ既に起動している起動しているブラウザをそのまま使う/起動しているブラウザを終了させて再度起動する
他アプリパソコンChromeの動作を妨げるアプリがある問題のあるアプリを削除するまたは更新する
ユーザープロファイルユーザープロファイルに問題ありリネームして新規作成

Google Chromeが起動出来ないのではなく、起動そのものは出来るが検索するとクラッシュするときの対処法については下記の記事が詳しいです。

また、スマホ版Google Chromeを利用していてアプリ版が起動しないようなら、アプリのデータと削除も有効と言えるでしょう。

Googleで検索したら落ちるときの詳細と対処法を解説!

拡張機能(アドオン)が問題でChromeが起動しないときは、下記の記事を参考にしてアドオンを無効または削除してください。

Chrome(クローム) 拡張機能を削除する手順に関して解説!

Cookieや履歴が問題のときは下記の記事を読んで履歴やCookieを削除すると良いでしょう。

楽天市場で「Cookie(クッキー)が受け付けられない」と表示される問題の詳細と対処法

CPUに負担がかかってしまっているとき全般の対処法については下記の記事を参考にしてください。

ZOOMの画面共有で動画がカクカクするときの原因と対処法を解説!

Google Chromeが開けないときの対処法

「Google Chrome」が開けないときの対処法を解説していきます。

Chrome本体の場所

再インストールなどするときに、Chrome本体の場所を確認しておくと完全に削除出来たかの確認などが出来て便利です。

本体の場所の確認は、ショートカットや検索から行うことができます。

ショートカットから検索するときは、Chromeのショートカットにカーソルをあわせ右クリックしてプロパティを選択してください。

「リンク先」の右横にあるのがショートカットのある場所です。

検索窓に「リンク先」をコピー&ペーストして検索にかけ、そのままファイルを割り出すか、「リンク先」の通りにファイルを開いていきChrome本体のあるファイルを探し出すことが可能です。

ユーザーアクセスコントロールの制御の強度を下げる

ユーザーアクセスコントロールが原因でChromeが開かない可能性もあります。

これが原因のときは、ユーザーアクセスコントロールの強度を下げる対処をすると良いでしょう。

ユーザーアクセスコントロールの強度を下げるには、検索欄に「uac」と入力し検索にかけます。

ユーザーアカウント制御設定の変更をクリックしてください。

バーを下げて強度を下げ、OKを押せばOKです。

新しくショートカットを作る

パソコンでChromeを開こうとしていて、それがデスクトップのショートカットからの場合で開けないとき、そのショートカットがChromeに繋がっていない可能性があります。

繋がっていた場合は、別の事柄が原因なので他の対処法を試してみてください。

繋がっているか繋がっていないかの確認方法は、まずChromeのショートカットへカーソルをあわせ右クリックしてプロパティを選択します。

「リンク先」の右側にあるリンクを確認してください。

検索窓にリンク先をそのままコピペして検索するか、ファイルをリンク先に基づいて開けていき、リンク元のファイルを開けます。

最後まで辿り着けなかったらリンクが本体に繋がっていません。

これが原因の時は赤枠の検索窓にChromeと入力し本体を探ります。

本体を見つけたら、Chrome本体にカーソルをあわせて右クリックしショートカットの作成をクリックすればOKです。

ココがポイント

ショートカットを作った後で本体ファイルを別の場所に移したときに起こります。

不正なソフトウェアを確認する

不正なソフトウェアを検索し削除することで解決する可能性もあります。

この手順としては、まずアイコンから設定をクリックしてください。

詳細設定をクリック。

パソコンをクリーンアップをクリックします。

検索をクリックし、望ましくないメッセージが表示されたら削除をクリックすればOKです。

問題がないと表示されたら、別の原因が元で不具合が起こっている可能性が高くなります。

ネットワークの問題を解決して、ウェブサイトの問題を報告する

Chromeを起動した後にページが読み込めない場合は、ネットワーク側やウェブサイト側の問題である可能性が高いです。

モデムとルーターの再起動や状態を確認して問題がないようなら、別のブラウザで該当のURLを入力してアクセスしてみましょう。

それでも、読み込めない場合はウェブサイト側の問題なので、そのウェブサイトで問題が解決されるまで待つしかありません。

ココがポイント

ウェブサイトの所有者に対して連絡することが出来るようなら、連絡しても良いでしょう。

問題のあるアプリを修正

アプリの中にはChromeの動作を妨げるものもあります。

こうしたアプリを修正することによって、問題が解決する可能性もあります。

他のアプリが問題であるときは、まずアイコンから設定を選んでください。

詳細設定をクリック。

問題のあるアプリがある場合、「リセットとクリーンアップ」の項目に「互換性のないアプリケーションの更新または削除」が表示されます。

これが表示されないときは、他のアプリが原因ではありません。

「互換性のないアプリケーションの更新または削除」と表示されたときは、互換性のないアプリケーションの更新または削除を選択して削除または更新をしてください。

Chromeを一度終了させて再度起動する(既に起動している)

Chromeが既に起動しているため、クリックしても起動せず開けない可能性があります。

これが原因の時は、キーボードの「Ctrl」+「Alt」+「delete」を押してください。

タスクマネージャーをクリックして起動し、Google Chromeを選択しタスクの終了をクリックします。

あとは、Google Chromeのショートカットを再度クリックすれば起動することが可能です。

セキュリティソフトの確認

セキュリティソフトにChromeが問題のあるソフトとして認識されてしまっていることが原因で、開けなくなっている可能性もあります。

これが原因のときは、使用しているセキュリティソフトのホワイトリストや例外設定にChromeを追加すると良いでしょう。

セキュリティソフトによってホワイトリストや例外設定への追加方法は異なるので、使用しているソフトの説明書などを確認することをおすすめします。

ユーザープロファイルを削除する

Chromeでは、ユーザープロファイルで設定が管理されます。

このファイルに問題が起こると、Chromeが起動せず開けない現象が起こるのです。

これが原因のときは、まずプロファイルの場所を探します。

Windows OSでは、「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local\Google\Chrome\User Data」にユーザープロファイルがあります。

エクスプローラーに入力し検索すればファイルを表示可能です。

もし、表示されない場合は【隠しフォルダの表示】を変更して再度挑戦してみてください。

フォルダが表示されたらDefaultをクリックしましょう。

「Profile 1」がユーザープロファイルになります。

「Profile 1」フォルダを右クリックし名前の変更でリネームしてください。

「Profile 1」があった場所と同じフォルダ内に新規で「Profile 1」フォルダを作成すればOKです。

隠しフォルダの表示

「ユーザープロファイルを削除する」ときは、事前に隠しフォルダを表示できるようにしておきましょう。

隠しフォルダを表示するためには、まずWindowsボタンを右クリックしてください。

エクスプローラーを選択します。

表示をクリック。

オプションをクリックしましょう。

表示タブを選択し隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示するにチェックを入れて適用をクリックし、さらにOKを選べばOKです。

メモリーの空き容量を確保

メモリーの容量に余裕がないことが原因でChromeに不具合が起こっている可能性もあります。

不要なアプリケーションやフォルダ・ファイルを削除して、メモリーの空き容量を確保することで解決する可能性が高いです。

パソコン

メモリーの空き容量の確認方法は、PCを開いた「デバイスとドライブ」で確認することができます。

空き容量が極端に少なかったり、心許なかったりしたときは、不要なアプリやフォルダを削除するようにしましょう。

PCでの不要なファイルやフォルダの削除方法は、不要なファイルやフォルダにカーソルをあわせ右クリックし、削除をクリックします。

ゴミ箱に移せたら、ゴミ箱のショートカットをダブルクリックしてください。

ごみ箱ツールを選択しごみ箱を空にするをクリック。

はいを選択すればOKです。

不要なアプリケーションをアンインストールしたいときは、Windowsボタンを選択し適当なアプリケーションにカーソルを合わせて右クリックしアンインストールをクリックしてください。

アンインストールページに移るので、削除したいアプリにカーソルを合わせて右クリックしアンインストールをクリックすればOKです。

スマホ

まずはスマホのメモリーに余裕があるか確認するようにします。

スマホでの空き容量の確認方法については下記の記事を参考にしてください。

piczooが落ちる場合の詳細と対処法を解説!

メモリーの空き容量を確認して、余裕がないようだったら、不要なアプリやファイルの削除を行います。

不要なファイルの削除方法は、アルバムをタップ。

まず不要なファイル1枚を長押しし、要らないファイルをタップで選択していきます。

不要なファイルを選択出来たらごみ箱アイコンをタップ。

削除を選択すればOKです。

不要なアプリをアンインストールするときは、設定をタップしてください。

アプリと通知を選択します。

不要なアプリをタップ。

アンインストールをさらにタップしましょう。

OKをタップすればアンインストールされます。

問い合わせ

Chromeで様々な対処法を試しても解決出来ないようなら、障害レポートを送信すると良いでしょう。

また、「Google Chromeのヘルプコミュニティ」で対処法を確認したり、対策を尋ねたりすることも可能です。

「ZOOM Cloud Meetings」にサインイン・ログアウトする方法とサインインできない場合の対処法

    在宅勤務での会議はもちろん、色々な人の配信に参加して楽しめる「ZOOM Cloud Meetings」。 この記事では、オンラインミーティングに便利な「ZOOM Cloud ...

続きを見る

\\follow//

-google
-, , , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.