google

Googleマップで高速料金が表示されない原因と対処法を解説

詳細な地図で目的地まで案内するGoogleマップに、高速料金が表示される機能の実装が発表されました。

今までありそうでなかった機能に喜ぶ声が多数挙がっていますが、この高速料金が表示されないケースが多発しており、で首を傾げている利用者が多数確認されています。

Googleマップが高速料金を表示しない概要

2022年4月上旬に発表された「高速料金が表示される」アップデートは、日本の他にアメリカ、インド、インドネシアが含まれる約2000の有料道路が対象になっており、他の国でも近日中に公開されていくことが予告されています。

しかし5月に入った現在、アプリをアップデートしたにもかかわらず、高速料金が表示されないユーザーも多く、戸惑う方も少なくありません。

Googleマップに新機能として高速料金を表示する機能が追加された

従来のGoogleマップでは、出発地と到着地を設定すると自動でいくつか候補経路が表示され、有料道路を使う場合は「有料道路」とだけ明記されるようになっていました。

今回追加された料金表示では、「いくらかからるか」が具体的に表示されるように仕様が変わっています。

これにより所要時間とかかる費用の差が一目瞭然になったので、普段からGoogleマップを使うユーザーを中心に歓迎の声が挙がりました。

一部のユーザーの間で、区間で料金が上手く表示されていない

Android・iPhoneユーザーを問わずに、5月に入っても「高速料金が表示されない」という方が少なくありません。

元々代替えが利く機能のため大きな混乱は起こっていませんが、大型連休もあったこともあり「使いたかった」という落胆の声がSNSを中心に多く確認できています。

Googleマップが高速料金を表示しない原因

高速料金が表示されれば、ルート選びの需要な指針になるので発表時には大変喜ばれましたが、5月現在の今でも料金が表示されないのには以下の理由が考えられます。

機能が反映されていない

高速料金が表示されない原因で最も有力なのは、使っているアプリに機能がまだ反映されていないということです。

それというのも、4月に新バージョンがリリースされると告知された際に「徐々に」という一文があります。

Googleマップのような大勢のユーザーが使用してるアプリの場合、少しずつ使えるユーザーを拡大していく場合がほとんどです。

一番最初に付与されたユーザーと最後に機能が付与されるユーザーの間で、大きな日数の差は生まれないので、しばらく様子を見る方が良いでしょう。

対象の有料道路ではないので表示されない

有料道路は世界各国に無数とありますが、今回はアメリカ、インド、インドネシア、日本の4カ国を対象にした約2000の有料道路ということだけが明言化されており、具体的な名称は発表されていません。

つまり、表示されない区間は、今回の追加された有料道路の対象外だった可能性も十分に考えられます。

Googleマップが高速料金を表示しないときの対処法

利用しているGoogleマップアプリで高速料金が表示されない場合は、単純に利用しているアプリに機能が付与されていない可能性が考えられますが、まずはアプリやスマートフォンを再起動するなど基本的な対処をしてみましょう。

また、以下の手順を行うことにより、高速料金が表示さる可能性も十分にありますので、是非試してみてください。

アプリやデバイスをアップデートする

アプリに新機能が登場した際、原則として該当のアプリを最新バージョンへアップデートしましょう。

同時に、追加機能が適正に稼働する環境づくりとして、デバイスのOSも最新バージョンへ引き上げることも忘れずに行ってください。

アプデなしでも新機能を使える場合もありますが、アプデをすることでより確実性が増し、動作も安定した状態で利用できるようになります。

Googleマップのキャッシュデータを削除する

Googleマップも他のアプリやインターネットと同様にキャッシュデータが蓄積されています。

主に地図表示時に使うデータですが、この蓄積データが新しい機能の邪魔をしている可能性もあります。

一度キャッシュデータを削除して様子を見てみましょう。

キャッシュを削除する手順

検索窓にある自分の名前のアイコンをタップします。

次に設定を選択。

設定画面の一番下にある概要、利用規約、プライバシーをタップ。

アプリのデータを消去をタップします。

確認画面でOKをタップして完了です。

反映されるまで他のアプリを使う

これらの手順を行っても変わらず高速料金が表示されない場合は、単純に使用しているGoogleマップアプリに機能が搭載されていないだけの可能性が高くなてきます。

こればかりは利用者側ではどうすることも出来ないので、一時しのぎとしてナビ機能と料金表示がされる別のアプリを使用することをお勧めします。

オススメアプリ

Googleマップの代わりになる代表的なアプリに「Yahoo!カーナビ」があります。

Android・iPhone版共に公開されており、Googleマップに高速料金表示が追加されると発表された際も、「Yahoo!カーナビが便利で正確だからなくても良い」という意見が挙がるほどの評価の高さなので、非常にオススメできるアプリです。

Googleマップの高速料金表示の注意点

便利で優秀なアプリGoogleマップですが。高速料金表示についてはいくつかの注意点があります。

料金に誤差がある場合が多い

そもそも高速道路の料金設定は非常に複雑で、走行する時間・曜日・車種によって様々な料金体系や割引が適応されるため、フレキシブルに価格が変動します。

たとえ祝日であっても、タイミングによっては「休日料金が適応されない」という場合も最近では少なくありません。

このように複雑な料金設定を逐一マップ上に反映することは非常に難しいため、表示価格と実際の料金とでは誤差が発生することが少なくありません。

これに関してはGoogleも把握しているようで、通行券や他の支払い方法を利用した場合の料金、曜日、通過する時間なども考慮するが、あくまで想定される通行料金であることも告知されています。

順次対応中の機能なので、急いでいる場合は注意

ここまでに解説してきた通り、Googleマップにおける高速料金表示は順次追加中の新機能となっています。

つまり、今使っているアプリに実装されるのは明日なのか一週間後なのかがはっきりわからない状態であるともいえます。

直近に予定がある場合は、Googleマップではなく、違うアプリを利用することをお勧めします。

Googleマップのタイムラインで行動履歴がバレないようにする方法

Googleマップには行動履歴を確認できるタイムラインという便利な機能があります。しかしこの便利な機能、最悪の場合あなたの行動が他の人にバレてしまう可能性があります。 今回はGoogleマップでタイム ...

続きを見る

\\follow//

-google
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.