google

Googleマップのタイムラインで行動履歴がバレないようにする方法

Googleマップには行動履歴を確認できるタイムラインという便利な機能があります。しかしこの便利な機能、最悪の場合あなたの行動が他の人にバレてしまう可能性があります。

今回はGoogleマップでタイムラインに行動履歴を残さない方法や削除する方法について解説していきます。

Googleマップのタイムラインってどんな機能

Googleマップのタイムラインは主に以下のような機能となっています。

  • ロケーション履歴を使い、過去に行った場所、使った高速道路などをルート表示してくれる
  • 特定の施設に何回訪れたか教えてくれる
  • 訪れた日付や何時に滞在していたのかなど日時までわかる

また、このタイムラインは他の人(ネット上)には公開されないので、バレることがありません。

Googleマップで行動履歴がバレてしまう理由

先ほど、「行動履歴は他の人にバレることはありません。」とお伝えしましたが、それはあくまでもネット上に公開されることがないということです。

あなたのアカウントを利用すれば、簡単に行動履歴が見れてしまうので、最悪の場合不都合な行動も知られたくない人に知られてしまうということです。

例えば、あなたのアカウントに不正にログインした、もしくはあなたのスマホを勝手に触って行動履歴をみたということを他人にされれば、簡単に行動履歴がバレます。

これが、行動履歴がバレてしまう理由です。

Googleマップのタイムライン行動履歴をバレないようにする方法

Googleマップのタイムラインの行動履歴はロケーション履歴をオフにしない限り残ります。

ですので、まずは過去の行動履歴をバレないようにするために削除していきましょう。

行動履歴の1日を削除

行動履歴は1日単位で削除可能です。以下の記事では1日分のみ削除する方法を解説しています。

Googleマップの検索履歴とタイムラインを完全に削除する方法について

特定期間の行動履歴を削除

特定期間のすべての行動履歴を削除できます。以下の記事にて操作方法を解説しているので、参考にしてください。

Googleマップの検索履歴とタイムラインを完全に削除する方法について

行動履歴を全削除

行動履歴を全削除したい場合は、以下の記事を参考にしてください。

Googleマップの検索履歴とタイムラインを完全に削除する方法について

タイムラインに行動履歴を残さずにGoogleマップを使う方法

ここからはタイムラインに行動履歴を残さずにGoogleマップを使う方法について解説していきます。

ロケーション履歴をオフにする

Googleマップを開き、右上のアイコンをタップします。メニューからタイムラインをタップします。

右上のをタップして、設定とプライバシーをタップします。ロケーション履歴がオンをタップします。

ロケーション履歴をオフにしたいアカウントへログインをします。

ログイン後にロケーション履歴の項目からオフにするをタップしてください。

次の画面で注意事項を確認して、一時停止をタップしましょう。

これでロケーションは残らなくなるのですが、念のため、このアカウントに関連付けられているデバイスのをタップして、他のデバイスもチェックを外しておきましょう。

行動履歴の自動削除の設定をする

ロケーション履歴をオフにしてからついでに、行動履歴を自動削除を設定しておきましょう。

ロケーション履歴の下にある自動削除オプションを選択しますをタップします。

次の期間が経過したアクティビティを自動削除するをタップして、3ヶ月を選びましょう。次へをタップしてください。

変更内容を確認した後、右下の確認をタップしてください。

位置情報をオフにする

ロケーション履歴をオフにしておけば、行動履歴が残ることはないのですが、念のため位置情報はオフにしておきましょう。

ウェブとアプリのアクティビティの設定をオフにする

ウェブとアプリのアクティビティがオンになっているとロケーション履歴をオフにしても、Googleの他のアプリで情報が保持されることがあるので、設定をオフにしておくといいでしょう。

Googleマップを開き、右上のアイコンをタップします。メニューからタイムラインをタップします。

右上のをタップして、設定とプライバシーをタップします。アプリの履歴という項目のウェブとアプリのアクティビティがONをタップします。

ウェブとアプリのアクティビティの項目をオフにするをタップします。

次の画面で注意事項を確認して、一時停止をタップしましょう。

シークレットモードで利用する

ロケーション履歴を残さないためにもGoogleマップをシークレットモードで利用しましょう。

右上のアイコンをタップします。メニューからシークレットモードをオンにするをタップしてください。

これでロケーション履歴を残さずにGoogleマップを利用出来ます。

シークレットモードで使えない機能

  • 通知とメッセージ
  • 検索履歴
  • オフラインマップ
  • 通勤
  • フォロー中
  • マップへの投稿

など...

複数アカウントを持っている人は別アカウントも注意

複数Googleのアカウントを持っている人は、その別アカウントのロケーション履歴も注意しましょう。

ロケーション履歴をオフにしたからといって、複数のアカウントもオフになるわけではありません。

1つのアカウントへ対しての設定なので、他のアカウントも行動履歴を残したくない場合は、ロケーション履歴を1つずつ設定していく必要があります。

不安な方は他のアカウントも先ほど紹介した方法で、履歴を削除したり、設定をオフにしたりしましょう。

タイムラインを使うことにメリットもある

タイムラインの行動履歴を残さないように紹介しましたが、タイムラインはデメリットだけでなく、メリットもあります。

メリット

  • 行動履歴からスマホがどこに行ったのかわかる
  • 自転車をどこに置いてきたのかわかる
Googleマップの保存済みリストが消えた原因と対処法を解説

Googleマップでは定期的に様々な不具合が発生しており話題となっています。 この記事では、Googleマップの保存済みリストが突然消えてしまう現象とその原因・対処法について詳しく解説していきます。 ...

続きを見る

\\follow//

-google
-, , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.