節約

【2021年完全版】アプリ「トリマ」の使い方を解説!

2020年10月に正式リリースされた歩くだけでマイルを貯められるアプリ「トリマ」。

この記事では、トリマの詳細や評判、使い勝手や使い方を徹底解説していきます。

トリマの詳細

トリマ(TPIP→MILE)は、歩いた歩数や距離でマイルを貯めて、そのマイルを現金や電子マネー、商品に交換できるポイントアプリ。

移動すればするほどポイントが貯まるため、仕事で移動距離が長い、旅行好き、ウォーキングやジョギングが趣味の人に向きます。

また、ダイエットでウォーキングを始めたという人は、トリマも入れるとお金を稼ぎながらダイエットできることになり一石二鳥です。

運営会社とサービス概要

インクリメント・ピー株式会社

トリマのサービス概要と運営会社は下記の通り。

運営会社インクリメント・ピー株式会社
設立日1994年5月1日
本社所在地東京都文京区本駒込2-28-8 文京グリーンコートセンターオフィス
事業展開トリマ/国内地図データ販売/海外向け地図データ事業/国内カーナビゲーション/海外カーナビゲーション
提供サービス(アプリなど)トリマ/MapFan/MapFanAssist

トリマの運営会社は、インクリメント・ピー株式会社という名前の会社で、国内外のカーナビゲーション事業や地図データベースなどを扱っています。

トリマも位置情報を利用したサービスであり、その技術を活かしたサービスと言えるでしょう。

メリットとデメリット

メリット

  • 歩くだけでお金が稼げる
  • 気軽にポイ活できる
  • 移動距離が長い、ダイエット中の人に向く
  • ダイエットしながらお小遣いが稼げる
  • クーポンの利用もできる
  • アンケートやミッションで稼げる
  • キャンペーンも豊富

トリマは歩くだけ、移動するだけでお小遣いが稼げるポイントアプリです。

通勤や通学の際に移動距離が長い、ジョギングやサイクリングで毎日長距離移動するという人であれば、トリマに登録してトリマをインストールした端末を持って移動するだけで、毎月500円~2,000円くらいのお小遣いにはなるでしょう。

実際にランキングを見てみると、上位陣は1週間で130,000マイルほど稼いでおり、これは1週間でおよそ1,300円に換算できます。

また、キャンペーンも豊富で、プレゼントキャンペーンの他、ゲージの貯まりやすさがアップするなど強力なものも開催されていることがあり、こうした期間に積極的に移動するようにすれば、よりマイルが貯まりやすくなるでしょう。

デメリット

  • 位置情報が必要である
  • バッテリーの持ちが悪くなる

トリマは移動距離や歩数で稼げるタイプのお小遣いアプリです。

そのため、位置情報の許可が必要となり、サービスに対して貴方の細かな所在地がバレてしまいます。

昨今、大手企業であっても個人情報が流出してしまうトラブルは珍しくありません。

トリマの運営会社である「インクリメント・ピー」は、個人情報が漏れないように運営していく手腕が問われるでしょう。

また、トリマをインストールするとバッテリーの持ちがかなり悪くなるという声も大きいです。

2日に1回で良かった充電が1日1回必要になったなど、かなり大きな影響であるためアプリの改良が望まれるでしょう。

ログインしないと出来ないこと

トリマでは、ログインしないと下記の作業が行えません。

ログインしないと出来ないこと

  • アンケートに答える
  • ミッションに参加する
  • ポイント交換する

アンケートは、簡単なアンケートに答えるだけで1,000マイル貰えます。

また、ミッションは条件を満たすことでマイルを貰えるのですが、アプリやサービスによっては100,000マイル貰えるものも珍しくありません。

ミッションによっては、アプリをただインストールするだけで良いものもあるため、ミッションに参加できないことは大きなデメリットになるでしょう。

また、ログインしないとポイント交換も行えないため、ログインしないまま現金化や電子マネー化するのは不可能となっています。

もちろん、商品に交換するときもログイン作業が必須です。

交換できる電子マネーなど

トリマでは、現金以外にも様々な電子マネーと交換できます。

交換できるもの

  • 現金
  • アイテム
  • 電子マネー
  • コンビニの商品

交換先が増加している傾向にあるため、今後さらに電子マネーの交換先や交換可能なコンビニ商品も増えていくことが期待できるでしょう。

交換できるアイテム

追加タンク:8,000マイル

スピードアップ定期券(7日間):1,000マイル

スピードアップ定期券(30日間):2,000マイル

マイルは、トリマ内で使える便利アイテムと交換することも可能です。

追加タンクは、8,000マイルを使ってタンクを追加することができ、最初の3個とあわせて最大10個まで増やすことができます。

スピードアップ定期券には、7日間と30日間バージョンがあり、期間の差はおよそ4倍にも関わらずマイル差は2倍しかないので、利用するなら30日間バージョンがおすすめです。

スピードアップ定期券を利用すると、その期間内のタンクにゲージが貯まるスピードが3倍になります。

これは、動画をみて3倍速と同じ効果(ただし、こちらの持続時間は3時間)なので、3時間毎に動画を観るのが面倒くさいという人でなければ、動画をみて3倍速を利用しても良いでしょう。

こうした便利アイテムは、交換したそのときから自動的に有効になります。

交換できる電子マネー・ギフトコードと最低交換額

Amazonギフト券:30,000マイル⇒300円分

iTunesギフトコード:50,000マイル⇒500円分

Google Playギフトコード:50,000マイル⇒500円分

WAONポイント:30,000マイル⇒300円分

nanacoポイント:30,000マイル⇒300円分

dポイント:30,000マイル⇒300円分

Tポイント:100,000マイル⇒1,000円分

Pontaポイント:30,000マイル⇒300円分

楽天スーパーポイント:30,000マイル⇒230円分

交換できる電子マネーやギフトコードは、現時点(2021年1月25日)では上記の9種類です。

楽天スーパーポイントは、かなり目減りしてしまうため注意してください。

なお、現金にして銀行振込してもらいたいときの最低必要マイル数は100,000マイルであるため、交換最低額まで貯めたらすぐに交換したいというユーザーは、ギフトコードや電子マネー、商品への交換がおすすめと言えるでしょう。

交換できる商品

ファミマカフェ コーヒー引換券(税込100円):11,100マイル

ファミリーマートコレクション108円のお菓子いずれか1点:12,000マイル

ローソン からあげクン(税込216円):24,000マイル

ローソン ウチカフェプレミアムロールケーキ(税込150円):16,700マイル

ローソン ハーゲンダッツ4種類いずれか1つ(税込319円):35,500マイル

現在、トリマのマイルで交換できる商品は、すべてコンビニの商品で、ファミリーマート、ローソンでの交換に分けられます。

交換レート

トリマのポイントは、マイルと呼ばれており、その交換レートは100マイル=1円です。

ただし、全ての交換先においてこのレートが適用されるわけではなく、コンビニの商品と楽天スーパーポイントに交換するときは、少しだけレートが下がっていることに注意してください。

類似サービスと比較して

項目/サービス名トリマaruku&renobodyFiNC
交換レート100マイル=1円1Tポイント=1円1WAONポイント=1円1ポイント=1円
交換先現金/電子マネー(WAONポイント/nanacoポイント/dポイント/Tポイント/Pontaポイント/楽天スーパーポイント)/ギフトコード(Amazonギフト券/iTunesギフトコード/Google Playギフトコード)/便利アイテム/コンビニの商品Tポイントが貯まるWAONポイントFiNC MALLでポイントとして利用可(注文額の最大20%)
特徴交換先が豊富ミッションクリア型/ゲーム感覚でウォーキングできる(実際に歩いてGPSで連動した地図上の住民と呼ばれるキャラを探す)イオン提供サービス体脂肪や食事記録、生理周期の記録などでもポイントが貯まる(特にダイエット、女性向けのサービス)
コンテンツ移動距離でマイルが貯まる/アンケート/ミッション/ランキングボーナス/スロットミッションクリアでスタンプ1個⇒スタンプ7個でヘルスケアカード1枚=Tポイント2ポイント(4枚で10ポイント)1日8,000歩で1WAONポイント体重・歩数・食事・生理周期・睡眠などデータを記録することでポイントが貯まる

トリマは、他のサービスと比較してみると特に下記の点が魅力的で優れていると感じられます。

トリマの魅力

  • 電子マネーの交換先が多い
  • 商品に直接換えられる
  • コンビニで交換できるため交換しやすい
  • ギフトコードも有名どころは揃っている
  • 現金にも交換できる
  • 交換最低額に到達しやすい
  • マイルを貯められるコンテンツが豊富

他のサービスやアプリは、商品と交換する際は、交換する場所や交換先が限定されていることが多く、特定のお店やサービスでないと使えないということも珍しくありません。

また、交換先の電子マネーやギフトコードも限られているケースが多いのですが、トリマは現時点で6種類の電子マネーと3種類のギフトコードに対応しています。

また、単純に歩くだけではなく、アンケートに答えたり、ミッションの条件を満たしたりすることでマイルを稼げるなど稼ぐためのコンテンツが豊富であるという点も魅力のひとつと言えるでしょう。

項目/サービス名グリーンプラススギサポwalkCoke ON
交換レート1ポイント=1円1,000マイル=500ポイント15スタンプ=ドリンクチケット1枚
交換先サントリー専用自販機で飲み物を購入できるスギ薬局で景品と交換スマホ自販機でコカ・コーラ商品と交換
特徴サントリー公式のポイントサービススギ薬局専門アプリGoogle Fitと連携可能
コンテンツ厚生労働省が推奨する1週間の歩数をクリアすると5ポイント貯まる/飲料購入でグリーンポイント付与ウォーキング/アプリを開く/対象店舗にチェックイン/友達紹介歩数目標を設定して1週間の目標を達成するたびにスタンプ1個/キャンペーンへの参加/電子マネーでのドリンク購入/スマホ自販機でのドリンク購入でもスタンプが貯まる

ひとつめの表は、歩くことでポイントが貯まり、そのポイントを電子マネーなどに交換することで様々な商品を購入できるサービスでした。

トリマの評判を口コミから調査

トリマの口コミを調査してみました。

コンビニで引き換えられて便利

20代男性

引き換え先が多く、特にコンビニの商品と交換できるため、少し田舎であっても引き換えやすくて便利。類似サービスの中には、交換先の店舗がなかなか近所になくてアンインストールしたが、トリマは使い勝手が良い。

ダイエットしながらポイ活

20代女性

移動距離でマイルが貯まっていくので、ダイエットのときのウォーキングのモチベーションを上げるのに便利です。ダイエットしながらお小遣いが貰える=ご褒美みたいなイメージでモチベーションが続きます。

生活がちょっとお得に

30代女性

買い物などで移動するときにこのアプリを入れておくと、移動するだけでちょっとずつマイルが貯まっていきます。普段なら発生しないお小遣いがほんのちょっととは言え発生して生活がちょっとだけお得になります。
  • ダイエットしながらポイ活
  • 運動しながらポイ活
  • ダイエットのモチベーションが上がる
  • 移動するだけでマイルが貯まる
  • 引き換え先が多い
  • コンビニで引き換えられて便利
  • 田舎でも引き換えやすい

トリマをインストールしたら、簡単な手続き(ログインと位置情報の許可など)をして、あとはたまにゲージをチェックするだけでマイルが貯まっていくというのが大きな魅力です。

買い物や通学、通勤で移動距離が長い人は、特に生活を変えることなく勝手にマイルが貯まっていくという手軽さが人気の秘訣と言えるでしょう。

トリマの使い方【準備】

トリマを始める前と辞めるときの使い方について解説していきます。

アカウント作成と位置情報へのアクセスを許可

トリマでは、アカウントを作成しログインを行わないと様々な機能が制限されます。

ログインしていない状態だとポイント交換も出来ないため、まずアカウント作成をしてログインするようにしましょう。

アカウント作成の前に、トリマのインストールと初期設定が必要です。

トリマをインストールして起動し、次へをタップしていきます。

位置情報へのアクセスを許可しましょう。

許可を選択して、自分の取り入れたい計測方法をタップしてください。

おすすめは、Google Fitとの連携です。

次へを押していき、「利用規約・プライバシーポリシーに同意」にチェックを入れたら次へをタップしましょう。

招待コードがあるようならここで入力します。

アカウント登録したいときは、マイページタブを開き新規会員登録をタップしてください。

Googleアカウントを所持していると、新規会員登録を選択せずにGoogleでログインを選択してログインをタップすることで、そのままログインすることも可能です。

連携したいGoogleアカウントを選択しましょう。

ログイン

トリマにログインしたいときは、マイページタブを開き、貴方が会員登録した方法を選択してください。

今回は、Googleアカウントで登録したので、Googleアカウントでログインを行います。

貴方がトリマと連携しているGoogleアカウントをタップすればOKです。

ログアウト

トリマからログアウトしたいときは、マイページタブを開き設定をタップしてください。

ログアウトをタップすればOKです。

退会

トリマから退会したいときは、プロフィールタブの設定を開き、会員削除をタップしてください。

次へをタップすれば削除できます。

なお、会員削除(退会)すると、保有マイルや歩数などが消失するため、ポイント交換してから退会すると良いでしょう。

トリマの使い方

トリマの基本的な使い方や機能について解説していきます。

移動距離でマイルを貯める方法

移動によるマイルの付与には、「距離」と「歩数」の2つがあります。

「距離」でマイルを貯めると、100マイルに加えてガチャが引けること、電車や車での移動でも貯まっていくことから、距離での方が稼ぎやすいという声も大きいです。

移動距離でゲージが貯まっていき、ゲージをあけていけば再度貯まっていくため、歩数とは異なり1日の制限がありません。

車や電車の移動なら、数分でゲージ1個分貯まります。

歩数でマイルを貯める方法

歩いた歩数でもマイルを貯めることができます。

1,000歩、5,000歩といった風に条件以上の歩数を超えるとマイルが獲得できるボタンが押せるようになります。

歩数計の精度があまり良くないこと、車や電車などでは反応しないことが多いことから、「距離」での方が稼ぎやすいという声も大きいです。

ガチャを回してマイルを貯める方法

移動してゲージが貯まったときに、即時マイルが欲しいときは25マイルのみ貯まります。

また、CMを見てからマイルを貰うと、貰えるマイル数が25マイルから100マイルに増え、ガチャを1度引くことができます。

ガチャは最大で100,000マイルが当たります。

スロットでマイルを貯める方法

トリマに毎日ログインしていると、ログインボーナスとしてコインが貰えます。

このコインを5枚消費することでスロットが回せ、最大で5,000マイルが当たります。

スロットの絵柄と景品は下記の通り。

ペンギン:100マイル

さかな:500マイル

すいか:1,000マイル

777:5,000マイル

スロットでは、それぞれマークを3つあわせることでマイルが当たります。

ゲージが貯まる速度を上げる

通常時

3倍時

ゲージが貯まる速度を上げるには、大きく分けて下記の3つの手段があります。

  • 動画をみて3倍速
  • スピードアップ定期券
  • キャンペーン・イベント

広告をみて

閉じるだけ

動画をみて3倍速は、1回の動画視聴で3時間ブーストできます。

それに対し、スピードアップ定期券には7日間バージョンと30日間バージョンがあり、それぞれ1,000マイル、2,000マイルと交換可能です。

また、記念イベントなどでゲージが貯まりやすくなるキャンペーンを実施している期間もあります。

アンケートで貯める

トリマではアンケートを実施していて、このアンケートに答えることで1,000マイルが貰えます。

期間限定で他の企業と連携してのアンケートもあるため、アンケートは定期的にチェックすると良いでしょう。

また、特定の条件を満たしていないと参加できないアンケートもあります。

ミッションで貯める

トリマでは、ミッションに掲載されているサービスやアプリをインストールしたり、条件を満たしたりすることでマイルを獲得できます。

条件を満たさないとマイルは反映されず、マイルが反映されるまでに日数を要するものも珍しくありません。

インストールする前に、条件や日数のチェックをきちんと行うようにしましょう。

ランキングをチェックする

ランキング外であっても、トリマを利用しているだけで少ないながらもマイルが貰えます。

ランキング上位に入ると、たくさんのランキングボーナスが貰えるため、たくさん移動してマイルを稼ぐと良いでしょう。

ポイント交換する

トリマは様々な電子マネーやギフトコードと交換できますが、交換先のサービスによって最低交換額が異なる点に注意してください。

それぞれの最低交換額については【交換できる電子マネーなど】を参照すると良いでしょう。

今回は、トリマで貯めたマイルをiTunesギフトコードに交換する手順を例として解説していきます。

まず、マイルタブの交換を選択して他社ポイントから50,000で交換をタップしてください。

申請するを選択すればOKです。

トリマの流れ

流れ

  1. 3倍速でゲージのブースト
  2. 通勤や通学などで移動する
  3. ゲージが貯まったら回収&ガチャ(歩きの場合は「歩数」の方も回収)
  4. 3倍速が切れたらまたブーストする
  5. コインが貯まったらスロット
  6. アンケートやミッションで良さそうなものがあったらスキマ時間でやる

トリマの使い方の流れは上記の通りです。

特に長距離移動するときは、このような流れになるでしょう。

もちろん、3倍速はCMの視聴で獲得できる3時間限定のものでも良いですが、3時間毎にブーストしなくても一定期間常時ブースト状態になる「スピードアップ定期券」もおすすめです。

トリマの使い方【その他】

トリマのその他使い方について解説していきます。

測定方法の変更

トリマは、独自の計測方法とGoogle Fitとの連携で歩数や移動距離を測ることができます。

Google Fitとの連携では、歩数というよりは移動距離で計測され、的確に計測されやすいため、トリマではこちらの計測方法を推奨しています。

Google Fitとの連携方法は、プロフィールタブから設定を開き、Google FitアプリをインストールからGoogle Fitをインストールしてください。

計測方法を選択しGoogleでログインをタップします。

連携したいGoogleアカウントを選択してください。

許可します。

さらに許可すれば連携されます。

トリマ独自の測定方法に変更する

トリマ独自の計測方法もありますが、こちらは精度が低いケースもあるとされ、推奨されていません。

こちらは、距離というより歩数での計測となりますが、反応しないこともあるため、なるべくならGoogle Fit(移動距離での計測)をおすすめします。

独自の計測方法に設定するには、マイページタブから設定を開き、計測方法をタップしてください。

トリマアプリの独自計測を利用するをタップすればOKです。

クーポンも利用できる

トリマには、各種クーポンも掲載されており、2021年1月25日時点では、下記のようなクーポンが掲載されています。

クーポン掲載の例

  • サンドラッグ(税込2,000円以上の会計で好きな商品1点10%OFF)
  • ロッテリア(エビバーガー&ポテトSを510円⇒340円)
  • 牛角(会計から500円割引/堪能コース5,860円⇒5,400円)
  • ジョイサウンド(カラオケ室料30%OFF)
  • ココカラファイン(税込2,000円以上でいずれか1点10%OFF)

ログインボーナスあり

トリマでは、ログインすることでおさかなコインが貰えます。

連続ログインするほどたくさんのコインが貰えるため、毎日1回はログインをおすすめします。

おさかなコインは5枚集めることでスロットを引けるようになり、大当たりを引くと最大で5,000マイルが貰えるため、忙しくてもログインだけはしておくと良いでしょう。

キャンペーンが実施されているときも

トリマは、2020年10月に正式リリースされたばかりのサービスです。

このように、新しくリリースされたサービスでありながら、ギフトコードのプレゼントキャンペーンやゲージが貯まる速度が上がるキャンペーンなどが開催されています。

こうしたキャンペーンも上手く利用すれば、より稼げるチャンスになるでしょう。

効率良くゲージを貯めるには、旅行や電車、車での移動時に移動距離で貯める

効率良くゲージを貯めて、マイルを貯めるために押さえておきたいポイントは下記の通り。

効率良く貯める

  • 通勤通学の移動や旅行で貯める
  • Google Fitと連携して計測する
  • 動画をみて3倍速などでゲージをブーストする
  • タンクを追加する
  • 「距離」メインで貯める

長距離の移動の際は、積極的にトリマを使ってゲージを貯め、マイルを貯めていくと良いでしょう。

このとき、トリマ独自のものではなくGoogle Fitとの連携をおすすめします。

特に旅行や長距離移動のときに、乗り物の中で睡眠をとっていると、タンクが初期の状態(3個)だとすぐにいっぱいになってしまい勿体ないです。

そのため、移動時にトリマを頻繁に弄ってゲージを空けていくか、タンクそのものを増やして溢れにくくする必要があるでしょう。

タンクは8,000マイルで1個増やすことができ、最大で10個まで増やすことが可能です。

トリマは閉じていてもゲージが貯まる

「トリマを開いている状態で他のアプリを表面に出して弄る」「トリマを強制終了させて後から移動距離やゲージを確認する」という2つのケースを試してみたところ、どちらの状態でもゲージが貯まっていることが確認できました。

つまり、トリマはバックグラウンドアプリにしていたり、完全に閉じていたり(自動的にバックで起動している可能性あり)する状態であっても、カウントがされているため、移動時に開き忘れても計測されます。

Shufoo(シュフー)のお得なポイントの貯め方・使い方を伝授!

Shufooは自宅の近くにあるスーパーなどのチラシを見たり、ポイントを貯めて賞品応募をしたりする無料の便利なアプリです。 そのため、現在では1,100万ダウンロードもされており、多くの方が利用していま ...

続きを見る

\\follow//

-節約
-, , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.