インスタ

インスタで下書きが出来ない原因と対処法を解説

インスタで下書き保存が出来なくなったり、保存したはずの下書きが消えたりする現象が発生することがあります。

この記事では、インスタの下書き機能が使えない詳細と原因・対処法について解説していきます。


インスタで下書きが出来なくなっている、下書きが消えている

インスタで下書き保存が出来なくなったり、今まであったはずの下書きが消えていたりする現象が発生しています。

ストックが作れないように

下書き機能が使えなくなり、これまで作成していた下書きも消えてしまったことから、ストックが作れないようになってしまうことになります。

アップデートによるものか

8月17日にアップデートがあったタイミングなので、仕様変更によるものか、アップデートに伴う不具合が発生している可能性があります。

しかし、下書き機能がなくなるとグッと使いにくくなることを考えると、新仕様とは考えにくいです。

不具合の可能性もある

アップデートのタイミングであること、下書き機能は有用であり消す必要がないと感じられること、下書き機能が使えなくなる不具合は過去に何度か発生したことがあることなどから、インスタの不具合である可能性が高いです。

不具合で下書き機能が使えない状況であっても、プロフィールから下書き保存が可能となっていますが、不具合の解消によりバグ発生期間中の下書き保存は消えてしまう可能性もあります。

そのため、もしバグ発生中に下書き機能を利用した場合は、なるべく早く完成させて投稿することをお勧めします。

インスタで下書きが出来ない原因

インスタで下書きが出来ない原因は下記の通りです。

原因

  • 加工や編集を加えていない、キャプションに何も書いていない
  • 下書きを残したままアンインストールやログアウトした
  • PC版インスタを利用している
  • インスタの新仕様
  • インスタの不具合

インスタで下書きが出来ない場合の対処法

インスタで下書きが出来ない場合の対処法を解説していきます。

一気に投稿する

途中まで加工や編集を加えておいて下書き保存するのではなく、一気に完成させて投稿してしまえば下書き保存が出来なくても投稿出来ます。

編集画面を開いたままデバイスをスリープさせたり、編集画面のままインスタをバックグラウンドアプリにして他の作業をしたりすることも可能なので、隙間時間でコツコツ作業して一気に投稿することも可能です。

ただし、デバイスの調子があまり良くない状態で下書きが出来ないままアプリが再起動したり、デバイスが再起動したりすると、最初から加工・編集することになってしまうこともあるため、なるべく一気に完成まで持っていける時間を確保して臨むと良いでしょう。

プロフィールから投稿する

現在、下書き保存が出来ない不具合が発生中でも、プロフィールからであれば下書き保存が可能となっています。

ストーリーでも通常の投稿でも利用できるため、下書き機能を利用したいという場合は試してみてください。

ストーリーの場合は保存する

ストーリーでは、加工や編集を加えたものを保存することが可能です。

もし、下書き保存が出来ない不具合が発生している最中にバックアップを取っておきたいなら、定期的に保存しておくと良いでしょう。

ストーリー動画や画像を保存するには、・・・から保存をタップしてください。

別アプリで加工する

インスタで加工・編集を加えるのではなく、外部アプリで編集出来るところはすべて外部アプリで行って、それをインスタに上げて最低限の加工を行うことで、インスタで行う作業をグッと減らすことが可能です。

これにより、下書き保存が必要なくなるくらい作業時間を短縮することが出来るため、下書きせずに一気に投稿出来ます。

加工や編集を加える

加工や編集を加えるかキャプションなどの項目を入力しないと、下書き機能は利用できません。

必ずどれか行ってから戻って下書きするようにしましょう。

キャプションを入力する

加工や編集またはキャプション、位置情報など、どれか一つでも入力・選択しておかないと下書きできません。

つまり、動画や画像だけ上げておき、何も加工や編集、入力などをしないと下書きが使えないため、最低一つでもしておくようにしましょう。

キャプションをコピーしてメモ帳アプリなどに貼り付けておく

キャプションに長い文章を入れたり、厳選したハッシュタグを付けたりしている場合は、下書きがなくなって再度入力するのが大変です。

そのため、キャプションを記入して投稿しない場合は、メモ帳アプリやメールアプリなどにその文章をコピーしておくと、下書きが出来ない時や下書きがなくなってしまった時に便利です。

下書きを残したままログアウト、アンインストール厳禁

下書きを残したままインスタからログアウトしたり、アプリをアンインストールしたりすると、保存していた下書きが破棄されてしまいます。

インスタでは定期的に様々な不具合が発生しており、その対処法として再ログインや再インストールなどが挙げられているケースも多いですが、下書きを大量に残しているアカウントの場合は注意が必要です。

PC版に下書き機能はない

PC版に下書き機能はありません。

もし、PC版インスタで投稿しようとして下書き出来なかったり、アプリ版で下書きしたものをPC版で編集しようとしたりした時に出来ない場合は仕様です。

アプリ版から下書き機能を利用するようにしてください。

プロフィールのアイコンから投稿する

プロフィール画面の投稿ボタンから下書き保存できないケースもあります。

プロフィールの投稿から下書きが利用出来ない場合は、プロフィールタブのプロフィールアイコンからストーリー投稿してみると良いでしょう。

手順としては、プロフィールタブを選択しプロフィールアイコンをタップしてください。

カメラロールにある画像や動画をアップする場合はそのままアップロードしたい画像を選ぶようにしましょう。

その場で撮影したい場合は、カメラをタップします。

ストーリーを撮影しおえたら、編集・加工を加えて戻るアイコンをタップしてください。

下書きを保存をタップすることで下書き出来ます。

ストーリーからフィード投稿する

プロフィール画面の投稿ボタンで下書き保存が出来ない場合で、画像や動画の投稿を行いたい場合は、アイコンからの投稿への切り替えで可能です。

まずは、プロフィールタブを選択しプロフィールアイコンをタップしてください。

カメラをタップします。

投稿に切り替えて、カメラロールから画像を投稿したい場合は画像を選択してください。

その場で撮影したい場合はカメラアイコンを選択し撮影ボタンをタップします。

編集や加工を加えた後、アイコンを選択し、さらに編集画面でアイコンをタップしましょう。

下書きを保存をタップすれば下書きが可能です。

インスタのストーリーで投稿後にエフェクト反映されない原因と対処法を解説

インスタのストーリーでは、エフェクトが反映されない状況が発生しています。 今回はなぜ、ストーリーでエフェクトが反映されないのか原因や対処法について解説していきます。 Contents1 インスタのスト ...

続きを見る

\\follow//

-インスタ
-, ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.