iPhone

iOS14.2にアップデートできない原因と対処法をご紹介!

iOS14.2にアップデートできないという問題が発生しています。

今回はiOS14.2にアップデートできない原因と対処法をご紹介していきます。

iOS14.2にアップデート出来ない原因

絵文字の追加AirPodsのバッテリー充電の最適化など、様々な便利機能が実装されているiOS14.2ですが、ネット上でも多くのアップデートができないという声が上がっています。

容量が足りていない

iOS14.2にアップデートできない原因でよくあるのは、お手持ちの端末自体の容量が足りていないという問題です。

iOSアップデート時には追加機能やバグ修正など様々な変更が追加されるので、端末自体の容量が足りていない時にはエラーが発生してしまう可能性があります。

ネットワーク回線が弱い

お使いのネットワーク回線が不安定な場合や、カフェなどのオープンネットワークを利用している場合には、iOSのアップデートができないことがあります。

容量が足りていないでも紹介した通り、iOSのアップデートには様々な仕様変更やバグの修正があるため、ネットワーク回線が弱いとそちらの反映がうまくいかず、エラーになってしまうことがあるためです。

また、iOS14.2のアップデート以外にもファイルやアプリのインストールを実行している場合には、通信が分散してしまいアップデートに失敗してしまう場合があります。

スマホの機種が古い

お使いのスマホの機種が古い場合にも、iOS14.2のアップデートがうまくいかない可能性があります。

iOS14のサポート対象となっている機種は下記となっています。

iOS14のサポート対象機種

  • iPhone 11 / 11 Pro /11 Pro Max
  • iPhone XS / iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8 / 8 Plus
  • iPhone 7 / 7 Plus
  • iPhone 6s / 6s Plus
  • iPhone SE (第1世代 / 第2世代)
  • iPod touch (第7世代)

上記以外のスマホを現在お使いの方は、機種が古いためにアップデートがうまくいっていない可能性が高いです。

また、対象となっているiPhone 6s / 6s Plusも発売されてからかなり時間が経っているので、サポート対象内といっても不具合が発生してしまう可能性があります。

不具合の可能性も

ネットワーク回線に問題がない場合や、その他のアプリなどを同時にインストールしていない場合でもiOS14.2のアップデートがうまくいかない場合は、不具合が発生している可能性が高いです。

こちらの場合は何度かアップデートをやり直してみたり、スマホ自体を再起動することでアップデートがうまくいく可能性があります。

iOS14.2にアップデートできない時の対処法

ここからは実際にiOS14.2のアップデートができない場合の対処法をご紹介していきます。

主な対処法

  • スマホ自体を再起動する
  • アップデート用のデータを削除
  • 容量を増やす
  • wifiを利用する/切り替える

再起動してみる

対処法の一つ目はスマホ自体を再起動してみることです。

アップデートがうまくいかない原因でもご紹介した、アップデート時に不具合が起きている場合などではこの方法でアップデートが成功する可能性があります。

iPhone11の再起動の方法

スマホの右側のサイドボタン左側の音量ボタンの上下どちらかを同時に長押しします。

スライドで電源オフという表示が出るので、こちらのボタンを左から右にスライドします。

スマホ右側のサイドボタンと左側の音量ボタンの上下どちらかをアップルのマークが表示されるまで長押しします。

しばらく待ってホーム画面が表示されれば完了です。

アップデート用データを削除してアップデートしなおす

アップデート中にエラーが発生し、再度アップデートをしなおそうとしてもうまくいかない場合には、壊れたままのアップデート用のデータが再アップデートの邪魔をしている可能性があります。

もしアップデート中に止まってしまった場合には、再アップデートを行う前に下記を実行してみてください。

アップデート用データの削除方法

設定アプリを起動して設定画面に遷移します。

一般をクリックして、iPhoneのストレージを選択します。

容量が大きい順にアプリが表示されているので、iOS14.2を選択します。

詳細画面に遷移するので、アップデートを削除をクリックします。

再度ポップアップが表示されるのでアップデートを削除をクリックして完了です。

この後もう一度iOS14.2のアップデートを試してみてください。

容量を増やす

容量が足りないという場合には、iPhoneの端末自体の容量を減らしてからアップデートしてみてください。

端末の容量の確認と削除方法

設定アプリを起動して設定画面に遷移します。

一般をクリックして、iPhoneのストレージを選択します。

お手持ちの端末のストレージが表示されるので、容量が大きいアプリなどで不要なものを選択します。

詳細ページに遷移するのでAppを削除をクリックします。

再度ポップアップが表示されるのでAppを削除をクリックすれば完了です。

Wifiに切り替えてみる

4G(LTE)などを利用してiOS14.2にアップデートをしようとしている方は、Wifiに切り替えてアップデートをしてみることをおすすめします。

4G(LTE)などに比べてWifiは通信速度が速い場合が多いためです。

お家やマンションなどでWifiの回線をひいている場合には、Wifiに切り替えてアップデートをしてみてください。

他のWifiに切り替えてみる

もしWifiでアップデートをしようとしてもうまくいかないという場合には、他のWifiに切り替えて試してみることもおすすめします。

Wifiは種類によって回線速度が異なり、場合によっては4G(LTG)よりも速度が遅い可能性があるためです。

特にカフェなどの誰でも使用できるwifiをご利用の方は、他のWifiに切り替えてからアップデートしてみてください。

iPhoneサポートに問い合わせを

ここまでiOS14.2のアップデートができない場合の対処法を紹介してきましたが、どうしてもアップデートができない場合にはiPhoneサポートへ問い合わせてみてください。

iPhoneサポートへの問い合わせ方法

iPhoneサポートサイトへ遷移します。

下へスクロールしてアップデート/バックアップ/復元を選択します。

iOSのアップデートをクリックすると問い合わせ方法を選べるページに遷移します。

こちらでご自身にあった問い合わせ方法を選択してください。

iOS14.2でGoogle Authenticatorアプリが開けない、落ちる原因と対処法を解説!

    iOS14.2にアップデートしてから、Google Authenticatorアプリが開けない、落ちるユーザーが急増しています。 今回はiOS14.2でGoogle Aut ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.