節約

【2020年最新】スターバックスでの最もお得な注文の仕方

スターバックスではソースの追加や、トッピングでお得なドリンクを作ることができます。

また、割引などのお得な情報も豊富です。今回の記事では、スターバックスでのお得な注文の仕方について紹介していきます。

ポイント

  • スターバックスではトッピングがお得
  • スターバックスカードの利用で割引
  • サイズによってエスプレッソの量が異なる
  • スタバカードのポイントがお得

Contents

スターバックスではドリップコーヒーが一番安い

引用:スタバ・ドリップコーヒー

スタバのコーヒーメニューの中ではドリップコーヒーが290円(税抜)が一番安く済みます。

サイズはショートになりますが、スタバでほんの少しだけゆっくりしたいという方にはおすすめの金額です。

スターバックスのお得なトッピングや裏技

スターバックスでのお得なトッピング方法や、裏技を紹介します。内容は、ソースの追加は無料、シロップやミルクの変更などです。

その他にもスターバックスカードのお得なチャージ方法や、ポイントの還元率を紹介します。

多くの人がお得にトッピングできるサービスを知らないため、ここでは明日から実践できる裏技を紹介します。

ソースの追加は無料

スターバックスでのソースのトッピング追加は無料になっています。ソースの種類は、キャラメルとチョコレートの2つです。

このソースは、ドリンクやフードにトッピングができます。またチョコレート、キャラメルの2つを追加することもできるため、お得です。

ソースの量も3段階で選ぶことができ、なし、少なめ、多めの3つです。どの量も無料で変更できるのでおすすめです。

無料で追加・変更できるトッピング
チョコレートソース
キャラメルソース

シロップやミルクの変更

シロップやミルクは変更ができます。シロップならば、バニラシロップをキャラメルシロップに変更したり、シロップの増量も無料でできます。

ミルクは、無脂肪と低脂肪に変更ができます。脂肪をあるミルクが嫌という方は多くいます。

この変更ももちろん無料で変更でき、無脂肪ミルクは後味がさっぱりしています。

こちらは、トッピングバーではなく、注文時に変更する必要があるので、注文に際に伝えるようにしましょう。

無料で追加・変更できるトッピング
シロップ(バニラ・キャラメル・モカ・ホワイトモカ・ヘーゼルナッツ・チャイ)
ミルク(無脂肪乳・低脂肪乳・スターバックスミルク・アーモンドミルク・豆乳のみ+50円)

増量できるトッピング

スターバックスでは、注文時にトッピングの追加ができます。

チョコチップの増量やホイップクリームまでも増量できるので、甘くカスタマイズしたい人におすすめです。

増量できるトッピング一覧価格
チョコチップ0円
ホイップ0円
パウダー0円
チョコレートソース0円
キャラメルソース0円
シロップ0円

このホイップクリームは基本白いホイップクリームですが、期間限定で販売されているドリンクのホイップクリームがコーヒーホイップならば、無料で他のドリンクを注文してもコーヒーホイップに変更できます。

チョコチップやシロップ・ホイップは使用されているドリンクのみ増量や変更が可能です。

その他のドリンクに追加する場合は+50円が必要になります。

※ホイップクリームはフードメニューに追加も可能で、その場合は+30円です。

追加できるパウダーの種類

スターバックスでは、商品を購入後に自分の好きなようにパウダーを使ってトッピングができます。

注文時にも追加はできますが、トッピングのできるバーでは多くのパウダーがあります。

追加できるパウダー一覧価格
コーヒーパウダー0 円
シナモンパウダー0円
ココアパウダー0円
抹茶0円

タンブラー・マグカップの持ち込みで20円引き

スターバックスでは、ドリンクを注文する際に、自分のタンブラーやマグカップを持参すると、ドリンク額の割引の対象になります。通常価格から、プラスチックのカップ代が引かれて、20円も割引されます。

会計時に、タンブラーとマグカップを持ち込んでいることを伝え、会計の店員さん渡すと割引されます。

この時のタンブラーはスターバックスの物でなくても、問題がないのでどのタンブラーでも利用できます。

しかし、一度利用したカップは対象外になるので注意が必要です。

注意点

ワンモアコーヒーの注文時には、タンブラー割引はされません。

タンブラー購入で無料ドリンク券を獲得

スターバックスでは、タンブラーを購入するとドリンク無料券がもらえます。このドリンク無料券は一杯のドリンクに対しての割引でお得です。

この無料券はどのスターバックスでもタンブラーを購入すると貰えるのでおすすめです。

タンブラー購入についている無料券はかなりお得なチケットです。

  • 上限金額はなし※ペンティサイズは注文できない
  • カスタマイズの制限もなし
  • ドリンクのサイズはタンブラーに入るサイズ

※有効期限もないので、かなりお得なチケットです!

1杯1,500円のリザーブコーヒーの注文が特にお得です。(購入できる店舗に限りあり)

フォームミルク調整/温度調整

スターバックスのドリンクには、フォームミルクが追加されているドリンクもあります。ちなみにこのフォームミルクはスチームミルクを含むドリンクであれば、無料で追加ができます。

フォームミルクが最初から追加されているドリンクは、フォームミルクの量の調整ができます。

これもまた、無料で増やせるためお得です。

温度調整

温度調整をすることもでき、自分にあった温度に設定をしてくれます。人によっては、猫舌で熱い飲み物に敏感な人もいます。

しかし、スターバックスでは熱さに敏感な人にも優しいです。

熱くしてほしい時は、熱くスチームをしてくれますので、自分のお好みでアレンジができます。

この温度調整は0 円で対応しているので気軽に頼むことができます。

スチームミルクを使っていないドリンクに追加できる

スチームミルクを使っていないドリンクに追加で50円を払ってフォームミルクを追加できます。

このフォームミルクを豆乳に変更することも可能なので、おすすめです。

豆乳に変更する場合は、豆乳カードが渡されるので、カウンターで間違いのないように注意が必要です。

ティーラテを安くカスタマイズ

ティーラテは通常400円~520円と割と高めです。

しかし、以下の方法でカスタマイズを行えば、ティーラテを安く飲むことができます。

  • ホットティーを注文する(茶葉を選ぶ)
  • デイリー(スチームした牛乳)を追加 +50円
    ※ティーとデイリーの割合も変更可能
  • シロップ(はちみつもしくはガムシロップ)をコンディメントバーで追加
  • シナモンをかけてもアクセントがありおすすめ!

上記の手順でティーラテを50円安く飲むことが可能です。

分かりやすく以下にどんな計算で安くなっているのか詳しくまとめました。

サイズティーラテストレートティー+カスタマイズ差額
ショート400円--
トール440円340円+50円=390円-50円
グランデ480円380円+50円=430円
ベンティ520円420円+50円=470円

シロップ

追加できるシロップはホワイトモカシロップと、バニラシロップを変更することができます。

自分好みのシロップに変更するのをおすすめします。

また、シロップの量も2倍まで追加できるため、甘い方が好きな方には、おすすめです。

ソース

ソースもキャラメルソース、チョコレートソースを無料で追加できます。

チョコチップフラペチーノを注文した場合、チョコレートソースを追加することでさらに、チョコレート感を味わえます。

また、蜂蜜に関しては、自分でトッピングバーで追加が可能なので、ティーラテに合う自分の組み合わせを見つけましょう。

甘いドリンクが飲みたいときにソースの追加をおすすめします。

カスタマイズが無料

スターバックスリワードに登録しているとメールでカスタマイズが無料になるクーポンが届くことがあります。

クーポンの内容は以下の通りです。

50円カスタマイズ無料
100円カスタマイズ50円

カスタマイズ無料クーポンにはいくつか種類があり、全ての商品へのカスタマイズ無料の場合もあれば、特定の商品にカスタマイズする場合無料になるなど、利用が制限されている場合もあります。

また、クーポンの利用期限は大体14日前後が多いようです。

パートナー割

パートナー割とはスターバックスで働いている人と一緒にお会計をすると割引になるサービスです。

通常は会計から20%割引してくれるのですが、新商品などに関しては1週間限定で30%の割引サービスを受けられます。

パートナー割引は、自分がシフトで働いている日のみのため、プライベートの日は、社割での購入になります。

スタバでのバイトはお得!?

  • バイトの時は好きなドリンクを3回まで無料で飲める
  • 毎週コーヒー豆を100グラム貰って帰れる

グランデがお得

スターバックスでドリンクを注文をする際にお得なサイズがあります。

スターバックスのサイズは全部で、ショート、トール、グランデ、ベンティの4種類あります。

グランデがお得な理由は、エスプレッソのショットの数がグランデサイズから2つになります。

そのため、エスプレッソの味が薄まらずに、ドリンクが楽しめます。

他にも、グランデサイズは、ショートサイズの2倍の量があるので、お得にコーヒーを飲めます。

ベンティがお得

ベンティサイズもお得です。ベンティサイズの1mlあたりの単価は、0.73ml/円です。

グランデサイズを注文するならば、ベンティサイズの方が単価と量を計算するとお得になります。

このベンティサイズの単価がどのサイズよりも一番安いため、とにかくお得に量が飲みたい方には、ベンティサイズがお得です。

下記の表は各サイズの内容量になります。

サイズ内容量
ショートHot/Ice240ml / 300ml
トール350ml
グランデ470ml
ベンティ590ml

ドリップコーヒーのおかわり150円でカフェオレに変更可能

スターバックスでは、コーヒーのおかわりはできます。

ドリップコーヒーを注文された方は、100円でおかわりができ、カフェミストに変更したい方は、150円で変更ができます。

また、現金やクレジットカードで決済した場合と、スターバックスカードで支払いした場合では、料金が異なり安く購入できるため、スターバックスカードの発行をおすすめします。

コーヒーにミルクを追加で50円の追加料金がかかりますが、自分で好きなようにアレンジができます。

スターバックスのクーポンはめったにない

スターバックスにはクーポンというシステムが少ないため、なかなかクーポンの情報を入手するのは難しいです。

しかし、スターバックスの会員になり、スターバックスカードで支払いをしていくと、カードのポイントが貯まります。

その貯まったポイントがクーポンの役割を果たすこともあります。スタバにはクーポンなどの特典が少ないため、スタバカードを利用して無料ドリンク券を獲得する必要がある

ポイント

スタバにはクーポンなどの特典が少ないため、スタバカードを利用して無料ドリンク券を獲得する必要がある

チルドカップとは

チルドカップとはスーパーやコンビニエンスストアで購入できるスターバックスのドリンクのことです。

そのドリンクでは、キャンペーンを実施しており、スターバックス店舗で使える500円のクーポンを獲得できます。

スターバックスカードとは

引用:スターバックスカード

スターバックスカードはスタバに頻繁に行くという人には絶対に持っておいてほしいカードです。

スターバックスカードはプリペイドカードのようなもので、現金をこのカードにチャージしてカードで支払いを済ませられます。

スターバックスカードのおすすめポイント!

  • オンラインでいつでもチャージが可能
  • クレジット決済でオードチャージが可能
  • カードがなくなっても、残高補償がある
  • 複数スターバックスカードを持っている場合は残高移行が可能
  • カード代は0円※初回に1,000円チャージが必要
  • 高還元率のクレジットカードでチャージすればさらにお得

ちなみに、販売場所はスタバ店舗もしくはオンラインショップでの購入が可能です。

スタバカードを作る

スターバックスカードの作成は簡単です。

スターバックスカード作成方法

  1. スタバ店舗でレジ横にあるカードを選び、購入
  2. カードに1,000円チャージ
  3. カード購入後はスタバのアプリでカード情報入力

スタバカードにチャージすると無料ドリンク券がもらえる?

このキャンペーンは2017年の5月までキャンペーンで開催されていた5000円チャージすると1000円分のチケットがもらえるキャンペーンです。

1000円まで無料になるので、ドリンクを2杯頼むこともでき、カスタマイズも無制限に変更できます。

還元率の高いカードでスタバカードにチャージする

スタバカードはクレジットカード、現金でのチャージができ、クレジットカードでは、ポイント機能が付いたカードをおすすめします。

ポイントの還元率が高いカードを使うことで多くのポイントを獲得できるのと、クレジットカードでのチャージはスマートフォンのスターバックスのアプリからチャージもできるため、時間の短縮になります。

スターバックスカードでポイントを貯めると、無料でドリンクを注文できる引換券とポイントを交換できるのでおすすめです。

また、クレジットカードを使うことで、ポイントの還元率もあがります。

カード名内容
JCBカード W還元率が5.5%
dカード還元が4%

スタバカードへのチャージキャンペーンを使う

スタバカードのチャージキャンペーンに対応しているカードはいくつかあり、dカードやエポスカードなど様々です。

dポイントのキャンペーンでは、5000円以上の入金で、5%のポイントの進呈などがあり、シーズンによってキャンペーンの内容は代わります。

メールのドリンククーポン

メールドリンクのクーポンとはスターバックスのMy Starbucks会員の人が受けられる特典で、まれにドリンク1杯無料券が届きます。

種類は2種類あり、1杯無料と2杯目が無料などの場合があります。

スタバポイント制度(スターバックスリワード)

スターバックスでは、WEB登録したスタバカードもしくは公式アプリのデジタルカードでコーヒーなどを購入すると50円ごとに1star貰えるというポイントのようなサービスが存在します。

このstarにはグリーンとゴールドがあり、ゴールドstarに昇格するには250starは必要です。

starを獲得することによって様々な特典がありますが、その中でも一番嬉しい特典が、ゴールドstar150個で交換できる「Reward eTicket」です。

Reward eTicketとは?

ゴールドstar150個集めるごとに1枚発行することが可能。

700円(税抜)までのスタバの商品1つと交換することができます。

※700円超えて差額が出てもその分をしっかりと払えば購入可能です。

その他の特典・ランクは以下の通りです。

特典・サービス名グリーンゴールド
リワーズチケットの獲得無し有り
ゴールド会員限定特典無し有り
ワンモアコーヒー有り有り
コーヒーセミナー有り有り
会員限定イベント有り有り
新商品先行購入有り有り
スターバックスカードのサービス利用有り有り
オンラインストアの商品購入有り有り

  • スターバックスカード(WEB登録済み)のもので支払はなければ、starは貯まりません。
  • starの有効期限は獲得から1年間のみです。

スターバックスリワードは頻繁に通う人にとってかなりお得!

引用:スターバックスリワード

どれくらいお得なのか以下に計算してみました。

  • ゴールドstarに上がるために、1star50円×250個(グリーンstar)=スタバでの購入金額12,500円
  • ゴールドstarに昇格後、150個必要なので、1スター50円×150個(ゴールドstar)=スタバでの購入金額7,500円

合計金額=20,000円

■還元率■

  • グリーンstarからゴールドstarに上がり、Reward eTicketをゲットで700円÷star獲得の合計金額20,000円=還元率3.5%
  • ゴールドになればスタバで7,500円分の商品を購入していれば、Reward eTicketが貰えるので、700円÷star獲得の合計金額7,500円=還元率9.3%

※ゴールドstarを維持するのには250個のスターが必要なので、1年間でスタバ購入金額12,500円達成しなければいけません。頻繁に通う人以外は特にお得とは感じにくいでしょう。

スターバックスでは時々、ボーナスstarのキャンペーンを行っているので、その時期にスタバ商品を購入すれば還元率も上がります。

Reward eTicketはかなりお得!

引用:Reward eTicket

ゴールドを達成すると貰えるReward eTicketはとてもお得な特典です。

  • 交換可能商品⇒フードや豆、ドリンクなどの商品が可能。
  • ドリンクのサイズは自由に選べる
  • カスタマイズも自由に無制限に行える

※ただし上限は700円(税抜)まで

注文したドリンクと同じドリンクのクーポンがもらえる?

このクーポンもまれですが、自分が購入したドリンクと同じドリンクがもらえるクーポンがあります。

このクーポンは1杯目にカスタマイズしたドリンクと同じドリンクをもう1杯貰えるというクーポンなので、次の日に貰いに行くということができません。

つまり、同時に同じものが2杯貰えると思っていた方がいいでしょう。

このクーポンは会員全員が貰えるクーポンではなく、抽選で当たるクーポンとなっています。

LINEポイントとのコラボ

スターバックスでは、LINEポイントを活用してより多くのポイントを獲得できます。

LINEには、スターバックスで使えるLINE独自のスタバカードがあり、そのカードで購入するとLINEポイントを獲得できる仕組みです。

モバイルスターバックスカードを利用する

スターバックスはスマートフォンの対応アプリを展開しており、そのアプリでは自分の持っているスターバックスカードを登録することができ、実際のカードと同じ役割をします。

カードを毎回出すのがめんどくさいという方には、このモバイルスターバックスカードがおすすめで、アプリを起動させてバーコードリーダーを表示しレジでスキャンするだけで決済が完了です。

このモバイルスターバックスカードを利用するとポイントが貯まる仕組みになっているので便利です。

福袋に入っているビバレッジカードを入手する

ビバレッジカードとは、ドリンク無料などのようなサービス券であり、通常のスターバックスカードとは異なります。

友人や家族にプレゼントする際にメッセージと一緒に渡せるので便利です。

この福袋は毎回開催されておらず、期間限定のキャンペーンになるので、注意が必要です。

チルドカップのキャンペーン

スターバックスのチルドカップ(コンビニやスーパーに売っている)商品を購入するとeGiftが抽選で貰えるというキャンペーンを行っています。

eGiftとは?

eGiftはスターバックスの店舗で利用できるデジタル商品券のこと。

キャンペーンの商品はスタバで利用できる500円分の券などが貰えます。(キャンペーンによって券の枚数は変わる)

eGiftが貰える抽選のキャンペーンは不定期に開催されており、いつ開催されるかわかりませんが、過去の開催傾向を見ていると大体、3月くらい~5月くらいに開催されていることが多いです。

ドリンク無料券を仕入れる

スターバックスのドリンク無料券の獲得方法はいくつかあり、キャンペーン期間に特典がもらえる条件を満たす、レシートで当たりがでるなど運任せでもあります。

公式のホームページが企画している応募案件に応募する、スターバックスのポイントで150starを集めるともらえるなどさまざまな方法があります。

当たりレシートとは?

スターバックスには「カスタマーヴォイスクーポン」というアンケート回答が行えるレシートが存在します。

このレシートは全員が貰えるわけでなく、抽選で貰える仕組みで、当たりレシートと言われています。

ただ、レシートを持っていても意味がなく、アンケートに答えることでドリンクが1杯無料になる仕組みです。

  • レシートのURLにアクセス
  • アンケートに答える
  • 回答後、表示されるIDをレシートに記入

IDを記入したレシートをスタッフの方に渡して注文することで無料になります。

ドリンクの金額に上限はなく、高いドリンクでも注文可能。

また、カスタマイズも無制限ですが、クーポンの期限は30日と意外と短いので注意してください。

※ドリンクは自由・トールサイズのみ・カスタマイズ制限なし

クレジットカード決済ができる

クレジットカード決済ができるのはスターバックスのメリットです。他の大手カフェチェーンでは、クレジットカード決済ができないケースもあります。

クレジットカード決済のメリットはポイントを獲得できる点であり、おすすめです。

このクレジットカードはレジだけでなく、スターバックスカードのチャージにも利用ができます。

カードの種類によって獲得できるポイントも異なるため、自分のカードが還元率が良いのか確認が必要です。

当日に限りドリップコーヒーは2杯目150円

スターバックスでドリップコーヒー・カフェミストを注文すると、当日に限り2杯目がドリップコーヒーが150円、カフェミストが200円でおかわりができます。

この時のサイズは、一杯目に注文した時のドリップコーヒーのサイズになります。

あらかじめ2杯コーヒーを購入するなら、一杯を正規の価格で購入して、2杯目をレシートで購入するのがおすすめ

150円でおかわりしたドリップコーヒーはコンディメントバーで「ミルク」もしくは「無脂肪ミルク」を入れることでカフェオレにすることも可能!

※ホットの場合はこのカスタマイズ方法ではぬるくなる可能性があります。

おかわりコーヒーが100円で

最近はおかわりコーヒーの価格がドリップコーヒーは100円から150円、カフェミストは150円から200円になるというルール変更がありました。

しかし、現在でも100円もしくは150円でドリップコーヒー・カフェミストをおかわりする方法があります。

それは、スターバックスカードをモバイルに登録して購入する方法と、web決済をすることで100円もしくは150円でおかわりできます。

現金・クレジットカードでの決済は2杯目が150円もしくは200円になるので注意が必要です。

3杯目は通常の値段になるので注意しましょう。

サイズに関してはトールからショートなど、大きいサイズから小さいサイズへの変更は可能です。

おかわりする際に必要なレシートはどこの店舗でも利用できます。(当日に限る)

2杯目ってどれくらいお得?

引用:カフェミスト

2杯目のおかわりはどれくらい通常料金よりも安くなるのか、ドリップコーヒー・カフェミストで比較してみました!

ドリップコーヒーの場合(100円で計算)

サイズ通常料金(2杯)おかわり利用(2杯)割引額
ショート580円390円-190円
トール660円430円-230円
グランデ740円470円-270円
ベンティ820円510円-310円

カフェミストの場合(150円で計算)

サイズ通常料金おかわり料金割引額
ショート680円490円-190円
トール760円530円-230円
グランデ840円570円-270円
ベンティ920円610円-310円

どちらも割引額は同じ金額ですが、ドリップコーヒーもカフェミストも注文するのであれば、グランデもしくはベンディが2杯目おかわりするときにお得です。

ドリップコーヒーでもカスタマイズで+50円すればカフェミストに変更も可能です。

友人・家族とスタバに行ったときの裏技

2人でスタバにコーヒー(ドリップコーヒーもしくはカフェミスト)を頼む場合、店員さんに「2つ目はワンモアコーヒーで」と言うと1回の会計で既に割引してくれるところもあります。

店舗によってはできないところもあるので、その場合には1人がドリップコーヒーもしくはカフェミストを先に注文して、ワンモアコーヒーが貰えたところで再度、コーヒーを注文するとお得に済みます。

家でもスタバのコーヒーを楽しむ

スターバックスでは、2019年からコーヒーマシンの貸し出しをスタートさせています。このコーヒーマシンはドルチェゲストという機械を無料で借りて、家でコーヒーを楽しめます。

支払う費用はコーヒーのカプセルのみなので1杯74円でコーヒーを楽しめます。

タンブラー・マグカップ持参で20円引き

注文の際に、自分のタンブラーとマグカップを店員さんに渡すと、持参したカップに入れてくださり、20円も割引の価格で注文ができます。

また、スタバでタンブラーを購入すると、一杯無料のドリンクチケットがもらえるので、おすすめです。

このタンブラーですが、販売している店舗や地域によってデザインが異なるため、自分のお気に入りのタンブラーを探したい人におすすめです。

また、スターバックスのタンブラーでなくても、割引が活用できるので、便利です。

スタバのロゴが入ったタンブラーだけでなく、自分が持っているどんなタンブラーでも入れてくれるので、新しく購入する必要はないです!

ワンモアコーヒーで2杯目が100円で飲めるからと言って、タンブラーを持っていっても80円で飲めるわけではないので注意しましょう。

注文方法

ボトルを持参した場合には以下のような注文方法でスタバのドリンクを購入することが可能です。

  1. レジのスタッフの方に「〇〇(ドリンク名)をタンブラーにトールサイズでお願いします」
    ※ふたは外して渡しましょう
  2. 20円引きの金額が伝えられるので、料金を払う
  3. ドリンクを受け取る

スタバ(コーヒー以外)一番安いのは富士ミネラルウォーター

スタバではドリンクメニューは通常のドリップコーヒーで290円~410円程度しますが、富士ミネラルウォーターは1本120円(税抜)でスタバでは一番安い商品です。

その他にも炭酸水やフルーツジュースなども安いです。

au WALLETでポイント還元率3.5%

au WALLETのクレジットカードで決済をすると、ポイントの還元率が3.5%と多くのポイントを獲得できます。

この還元率は他の加盟店よりも高く、スターバックスに頻繁に行く人にはおすすめです。

このau WALLETでは、スターバックスの500円分を500ポイントに変えられるので、au WALLETの使い道に困っている人にはおすすめです。

ルミネ内のスタバはルミネカードで5%〜10%安くできる

 

ルミネにあるスターバックスでルミネカードを使用すると、ルミネカードの効果で、5〜10%OFFで決済ができます。

ルミネカードはルミネ内で作成が可能で審査も通りやすいため、おすすめのカードです。

しかし、スターバックスカードのチャージにルミネカードの10%offは使えないので、注意が必要です。

キャンペーンが豊富にあり、頻繁に10%OFFのキャンペーンを開催しています。

Oki Dokiポイントをスターバックスカードにチャージ

Oki DokiポイントとはJCBの利用金額1000円につき1ポイント獲得できるポイントサービスで、このポイントは商品などに交換することができる便利なサービスです。

Oki Dokiポイントをスターバックスのカードにチャージすることでポイントを有効活用できます。

また、クレジットカードの種類によっては、スターバックスが特約になっているケースもあるので、ポイントを多く獲得したい人におすすめです。

ダイナースクラブのポイントを交換する

ダイナースクラブで獲得したポイントはスターバックスカードにチャージができます。

レートは5000ポイントで2000円のチャージができるため、ダイナースポイントの使い道に困っている方には、おすすめです。

注意点としては、ポイントをスタバカードにチャージするのに、2週間ほどかかるという問題があります。

スタバカードにチャージした場合、チャージ確認の連絡はメールなどで来ないので、注意が必要です。

dカードでさらにお得に

dカードでスターバックスカードにチャージすると100円で1ポイント貰えるのですが、追加で3ポイントも貰えるようになり、合計4ポイント分貰えます。

還元率をあげたい人はスターバックスカードのチャージの際にdカードを利用するのをおすすめします。

また、dカードはドコモユーザーでなくても発行できるので、dポイントなどのポイントを集めている人は必見です。

オンラインでチャージした時にのみ4ポイント貰える仕組みなので注意しましょう。

\\follow//

-節約
-, , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.