TikTok

TikTokの再投稿機能の詳細や使い方をご紹介

TikTokでは、友達に対して投稿をシェアすることができる「再投稿」機能がテスト的に導入されています。

今回はTikTokの再投稿機能の詳細や、使い方についてご紹介していきます。

TikTokで再投稿機能が登場

2022年1月、TikTokでは新機能の再投稿機能をテスト的に一部のユーザーに追加されました。

再投稿機能はTikTokの「おすすめ」欄で使用することができ、投稿を自分の友達にシェアすることができる機能となっています。

詳細

  • 動画を共有して相互フォローのユーザーのおすすめページに投稿を表示させることができる
  • 「おすすめ」で紹介された動画のみ利用することができる
  • 加工することなく相互フォローのユーザーに投稿をシェアできる

動画を共有して友達のおすすめページに投稿を表示させることができる

TikTokの再投稿機能では、おすすめに表示された投稿を自分の友達に対してシェアすることができます。

イメージとしてはTwitterのリツイートと似たようなもので、自分と相互フォローしているユーザーに対しておすすめ投稿を共有することが可能です。

再投稿機能を利用した場合には、自分の相互フォローのユーザーのおすすめ欄に再投稿した投稿が表示されるという仕組みになっています。

再投稿ボタンが表示されるのは「おすすめ」のみ

TikTokの再投稿機能が利用できるのは、「おすすめ」で表示された投稿のみとなっています。

このため検索などで表示された投稿に関しては、現在の仕様では再投稿機能を利用することができない仕組みになっています。

「リミックス」や「デュエット」との違い

TikTokで投稿をアプリ内でシェアする場合には、リミックスやデュエットという機能があります。

一方でリミックスやデュエットを利用する場合には、シェアの際に動画を加工する必要があります。

今回の再投稿機能とリミックスやデュエットの違いとしては、再投稿機能では動画の加工の必要なしにそのまま投稿をシェアすることができるようになっています。

テスト運用として一部のユーザーに表示されている

TikTokの再投稿機能は、現在テスト的に導入されている機能となっています。

そのため一部のランダムに選ばれたユーザーにのみ、再投稿機能が追加されています。

テスト運用期間が終了すれば全てのユーザーに対して再投稿機能が表示される可能性があるので、まだ表示されていないアカウントに関してはしばらく待ってみることをおすすめします。

TikTokで再投稿機能を利用する方法

ここからは、TikTokで再投稿機能を利用する場合の方法についてご紹介していきます。

シェアボタンから再投稿をタップする

TikTokで再投稿機能を利用する場合には、おすすめ投稿からシェアボタンをタップする必要があります。

手順としては、TikTokを起動しておすすめタブが表示されていることを確認してください。

こちらで相互フォローのユーザーに対してシェアしたい投稿の右側にあるシェアをタップします。

左側に再投稿ボタンがあるので、再投稿をタップします。

再投稿されましたというメッセージが表示されれば完了です。

TikTokで再投稿機能が使えない場合の対処法

ここからは、TikTokで再投稿機能が利用できない場合の対処法についてご紹介していきます。

「おすすめ」を表示しているか確認する

TikTokの再投稿機能は、TikTok内の「おすすめ」に表示された投稿が対象となります。

そのためフォロー欄や検索で出てきた投稿に関しては、現在再投稿機能を利用することができない仕組みになっています。

再投稿のボタンが表示されない場合には、現在見ている動画が「おすすめ」で表示されている動画かどうかを確認してみてください。

投稿をおすすめしたい友達と相互フォロー関係になる

自分が再投稿した動画が友達にシェアできない場合には、投稿をおすすめしたい友達と相互フォロー関係になっているかを確認してみてください。

TikTokの再投稿機能でシェアされた動画は、相互フォロー関係にあるユーザーのみにしかシェアすることができません。

そのため相手のおすすめ欄にシェアした投稿が表示されない場合には、相互フォロー関係になってから再投稿機能を利用するようにしてください。

シェアボタンから確認する

TikTokで再投稿機能を利用できるのは、シェアボタンをタップした後です。

そのため投稿の右側などに再投稿機能が表示されているわけではありません。

再投稿機能を利用する場合には、シェアボタンをタップしてから使用してください。

本導入されるまで待つ 

TikTokの再投稿機能は、現在テストとして一部のユーザーにしか表示されていない状態です。

そのため再投稿ボタンが表示されていない場合でも、本導入されればボタンが表示されるようになります。

本導入の時期は2021年1月13日時点では明らかになっていませんが、しばらく時間をおくことで全てのアカウントで再投稿機能が利用できるようになる可能性があります。

再投稿されたくない場合

現在TikTokでは、自分の投稿を再投稿されたくない場合であっても、再投稿を拒否する機能はありません。

そのため不特定多数のユーザーに表示されたくない場合には、投稿の際に相互フォローのユーザーにのみ公開するように設定して投稿することをおすすめします。

手順としてはTikTokを起動して真ん中の投稿ボタンをタップします。

投稿する作品を作成したら、次へをタップして設定に進んでください。

投稿の設定ができるので、動画の公開範囲をタップします。

こちらで友達を選択してください。

動画の公開範囲が友達になっていることを確認したら、投稿をタップして完了です。

TikTokで再投稿機能を利用する場合の注意点

TikTokで再投稿機能を利用する場合には、以下の注意点があります。

注意点

  • おすすめ欄で表示された投稿にしか利用できない
  • 自分の投稿を再投稿でシェアすることはできない
  • 自分が再投稿した投稿は、後から確認することができない

特に自分が再投稿した投稿であっても、Twitterのリツイートのように後から確認することは現在できません。

後から投稿を確認したい場合には、いいねボタンをタップしていいねの動画リストに保存しておくことをおすすめします。

Tiktokで自動読み上げ機能を使って機械音声をつけるやり方

Tiktokを閲覧していると、投稿者などの肉声ではなく機械音声が流れる動画が増えてきました。 元々は視界が不自由なユーザーに向けてリリースされた機能ですが、それ以外にも自身の声を使って投稿することに抵 ...

続きを見る

\\follow//

-TikTok
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.