ゼンリー

Zenly(ゼンリー)のベストフレンド機能の詳細やベストフレンドになる方法を解説

 

 

Zenly(ゼンリー)ではアプリ内でやりとりの多いユーザーを表示する「ベストフレンド機能」が搭載されています。

今回の記事では、Zenly(ゼンリー)のベストフレンドの詳細やベストフレンドになるための方法についてご紹介していきます。

Zenly(ゼンリー)のベストフレンドとは

ベスト友達 – Zenly Community

Zenly(ゼンリー)では、普段からやりとりが多い友達や一緒にいることが多い友達を選出する「ベストフレンド機能」が搭載されています。

こちらはZenly(ゼンリー)がアプリ内のやりとりを集計し、自分と仲が良いと判定したユーザーを表示する機能となっています。

Zenly(ゼンリー)内で一番自分とやり取りしたユーザーが表示される

Zenly(ゼンリー)のベストフレンド機能では、Zenly(ゼンリー)内でやりとりを多く行ったユーザーが表示される仕組みになっています。

こちらはZenly(ゼンリー)側がアプリ内でのやりとりを自動で集計して、選定するというシステムです。

そのためリアルで仲のいいユーザーがいる場合でも、Zenly(ゼンリー)内でのやりとりが少ない場合には、他のユーザーがベストフレンドとして表示されるというケースもあります。

下に表示される期間について

Zenly(ゼンリー)でベストフレンドが表示される場合に、画面の下部に画像のような期間が表示されます。

こちらはベストフレンドといつからやりとりをしているかを表示しています。

そのため「3週間」と表示されている時は、ベストフレンドと3週間前からやりとりをしていることを表しており、やりとりをしている期間が長くなっていけば表示される期間も追加されます。

ベストフレンドに反映されるポイント

Zenly(ゼンリー)でベストフレンドとして選定されるには、以下の3つのポイントが基準となります。

選定基準

  • チャットの頻度
  • バンプの回数
  • どれくらい一緒に過ごしたか

上記のポイントをもとに、Zenly(ゼンリー)側で自動的に選定が行われ、ベストフレンドが選出されるという仕組みになっています。

Zenly(ゼンリー)でベストフレンドになる方法

ここからは、Zenly(ゼンリー)でベストフレンドになる方法についてご紹介していきます。

3週間週1でやりとりを行っている必要がある

Zenly(ゼンリー)でベストフレンドになるには、3週間の間週1回以上やりとりを行っている必要があります。

そのためベストフレンドとして表示したい相手や、自分をベストフレンドとして表示させたい相手と、約3週間の間積極的にやりとりを行うようにしてください。

積極的にチャットをする

Zenly(ゼンリー)でベストフレンドになる効率の良い方法としては、積極的にチャットをすることをおすすめします。

Zenly(ゼンリー)でベストフレンドに選ばれるためには、チャットの頻度なども選定の対象となります。

チャットであれば直接会うことができずともやりとりができるため、直接会うのが難しい相手などに関しては、雑談などをZenly(ゼンリー)のチャットで行うことをおすすめします。

内容について

Zenly(ゼンリー)のベストフレンドに選定されるために、チャットの内容は大きく影響はしないようです。

そのためスタンプを定期的に送るなどでも、ベストフレンドに選ばれる可能性があります。

一方で無駄なスタンプの送信は相手から嫌がられる可能性があるので、節度を保ったやりとりを行うようにしてください。

友達とバンプする

Zenly(ゼンリー)でベストフレンドになるには、ベストフレンドになりたい相手とバンプをすることも選定の対象となります。

そのため直接会うことができる相手であれば、バンプをすることもおすすめです。

Zenly(ゼンリー)のバンプ機能の使い方などに関しては以下の関連記事でご紹介しているので、確認してみてください。

Zenly(ゼンリー)のBUMP(バンプ)機能が復活! 詳細や使い方と注意点を解説

Zenly(ゼンリー)のベストフレンド機能のポイントや注意点

ここからは、Zenly(ゼンリー)のベストフレンド機能のポイントや注意点についてご紹介していきます。

3週間以上やりとりがないと削除される

Zenly(ゼンリー)のベストフレンド機能のポイントとして、一度ベストフレンドとして表示された後も3週間以上やりとりがないと削除されるケースがあります。

そのためベストフレンドから削除されたくない場合には、積極的にチャットを送ったり、バンプをするようにしてください。

削除された後もやりとりをすることでベストフレンドが復活することがある

Zenly(ゼンリー)ではベストフレンドが削除されるケースがあるとご紹介しましたが、一度削除された後も復活する可能性もあります。

こちらは削除された後に積極的にやりとりを再開することで、再度ベストフレンドとして表示されるようになるというものです。

また過去のやりとりに上乗せの形として選定材料が集まっていくので、過去にベストフレンドになった相手とは積極的にやりとりを行うことで、再度ベストフレンドとして表示されやすい可能性があります。

ベストフレンドになっている期間が長いと削除されにくくなる

Zenly(ゼンリー)のベストフレンド機能では、ベストフレンドとして表示されている期間が長くなると削除されにくくなるという仕組みがあります。

そのため長い間ベストフレンドとして表示されていた場合には、しばらくチェックインをしていなくとも自分がベストフレンドから削除されにくくなります。

一定期間Zenly(ゼンリー)のチェックインできなくなるタイミングでも、ベストフレンドから削除されたくないという場合には、長期間ベストフレンドとして表示されるようにやりとりすることをおすすめします。

ベストフレンドは何人までなのか

Zenly(ゼンリー)のベストフレンド機能では、何人までをベストフレンドとして表示するという上限は設定されていません。

そのため積極的にやりとりを行っているユーザーが多ければ、ベストフレンドとして表示されるユーザーの数が増える可能性があります。

ベストフレンドは解除できないの?

現状Zenly(ゼンリー)では、ベストフレンドを手動で削除する機能はありません。

またベストフレンドを非表示にした場合でも、自分のアカウントで表示されていないだけで相手のアカウントではベストフレンドとして表示されている可能性もあります。

ベストフレンドとして表示したくない相手がいる場合には、3週間積極的にやりとりを行わないことで削除される可能性があるので、やりとりの頻度を見直すしかない状態となっています。

手動でベストフレンドを変更することはできない

Zenly(ゼンリー)のベストフレンド機能では、削除と同様に手動でベストフレンドを変更することもできません。

ベストフレンドはあくまでZenly(ゼンリー)側が選定するため、自分からこのユーザーと仲がいいという風な表示をすることができないようになっています。

そのためリアルではそこまで仲良くないユーザーとベストフレンドになったという場合でも、Zenly(ゼンリー)側の使用のためスルーするしかない状況となっています。

相互でベストフレンドになるとは限らない

Zenly(ゼンリー)のベストフレンド機能では、自分のアカウントで表示されているからといって相手のベストフレンドに自分が表示されているとは限らないという点に注意してください。

あくまで自分とやりとりが多いユーザーを表示する機能のため、相手が他のユーザーとよりやりとりを行っている場合などであれば、相手には自分がベストフレンドとして表示されない可能性もあります。

相手にも自分をベストフレンドとして表示させたい場合には、積極的にチャットをすることやバンプを行うことをおすすめします。

Zenly(ゼンリー)で事件に巻き込まれないようにするための対策について解説

現在Zenly(ゼンリー)では、犯罪などのトラブルに利用されてしまう危険性に関して注目が集まっています。 今回の記事では、Zenly(ゼンリー)を利用した事件に巻き込まれないようにするための対策につい ...

続きを見る

\\follow//

-ゼンリー
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.