インスタ

インスタの「接続状況が改善された時にもう一度実行されます」が表示される不具合の原因や対処法を解説!

インスタに新しい動画を投稿をしようとすると「接続状況が改善された時にもう一度実行されます」とエラー表示がされる不具合が多発しています。

通信環境が良いにも関わらず、このような表示がされる理由や改善方法を調査しました。

インスタで安定した接続環境にも関わらず、通信が不安定な理由

一部ユーザー間で頻発している「接続状況が改善された時にもう一度実行されます」と表示されるエラーは、電波環境の可否を問わず発生している様子です。

エラーの症状

  • デバイスは安定した通信状態だと表示しているにも関わらずエラーを表示する
  • Wi-Fi環境下も同様のエラーが表示される
  • 何度再投稿しても症状が改善されない

これらが起こる原因はどのようなものが考えられるのでしょうか。

2021年3月から発生している不具合の詳細と利用者たちの動向は

2021年3月上旬から至るユーザーから「動画が投稿できない」という声が上がっていることが判明しています。

このエラーは過去にも定期的に起っており、毎回ユーザー達を混乱させています。

多くのユーザーが困惑している今回の不具合は?

文字や画像の通常投稿はできるものの、動画を投稿しようとすると「接続状況が改善された時にもう一度実行されます」と表示され投稿が完了できないようです。

各ユーザーそれぞれ思いつく対応として「再ログイン」「再起動」「アプリの再インストール」などを行っているようですが、「この方法で回復した!」という報告は見つけられませんでした。

このように多くのユーザーが同時多発的に同じ症状に苦しんでいることからインスタアプリ自体のシステム的な不具合だと考えられ、インスタアプリ側からの改善を待つしかない状況といえます。

同時多発的に起こっている場合はアプリが不具合の可能性が高い

インスタを始めとする、インターネットサービスで不具合が発生した場合、SNS(Twitterなど)でサーチすると、どの程度の規模で起こっている不具合なのかが図ることができて非常に便利です。

サーチしてわかること

他のユーザーも同タイミングで同様の不具合で悩んでいる場合、まず間違いなくアプリ側の不具合でしょう。

さらにその投稿が多ければ多いほど重大な不具合である可能性が考えられます。

  • 重大なエラーであればあるほど、インスタ公式からのアナウンスや対応が早まる
  • 反面、規模が大きい深刻なエラーである可能性もあり、復旧に時間を要する場合もある

ただし、SNS上の投稿には、憶測や個人の主観を多分に含んだものもあります。

全ての投稿を信じることはせず、正しい情報を読み取るように心がけて公式からのアナウンスを待ちましょう。

インスタで不具合が発生した時の対処法

今回の一件に限らず、インスタを使っていると大なり小なり「あれ?」と思うような不具合に遭遇することがあります。

そんなとき、公式からのアナウンスもなく、他のユーザーからの不具合報告が上がっていない場合はどうすれば良いのでしょうか。

ここでは簡単に試すことができ、効果が見込める対処方法をご紹介していきます。

不具合時に試すと良い方法

  • 別アカウントから投稿を試す
  • 通信状況を確認し、安定化を図る
  • アプリやスマホを再起動する
  • アプリとOSのバージョンを最適化する
  • ブラウザ版を試す
  • アプリを再インストール

一時的な不具合の場合は上記を試すことで改善することがほとんどです。

それでも復旧しない場合は、インスタのサポートに報告をしたり時間を置くしか手立てはありません。

他のアカウントからログインしてみる

サブアカウントなど、インスタで複数のアカウントを所有している場合はアカウントを切り替えてテスト投稿を行ってみましょう。

同じエラーが表示された場合、「スマホに原因がある」「通信環境に問題がある」「全てのユーザーに対して同等の不具合が発生している」などと原因が絞り込めてきます。

問題なく投稿ができた場合は部分的なエラーであると判明します。

「モバイル通信」をオフにしてみる

設定画面のモバイル通信をタップし、Instagramの項目を探し出します。

ONになっている緑のボタンをタップすることでOFFに切り替えることができます。

モバイル通信をOFFにする理由とは

モバイル通信をOFFにすると、該当アプリがWi-Fi環境下では自動的にモバイル通信に接続されなくなります。

つまり、余計な電波に邪魔されることなくWi-Fiに集中して接続が可能になるのです。

通信の「省データモード」をOFFにしてみる

設定画面のWi-Fiをタップし、接続中のWi-F横にあるiを選択。

省データモードをボタンをグレーのOFFにする。

省データモードをOFFにする理由とは

「省データモード」がONになっていると、大きなデータ量に対し、セーブをかけて自動的に制限をかけてしまうことがあります。

動画や画像は文字投稿より格段に大量のデータを送信する必要があるため、この「省データモード」が邪魔をしている可能性があるのです。

アプリを再起動する

今回のエラーに限らず、アプリが不具合や不安定な場合は、一旦アプリケーションを終了してみましょう。

そして通常通り再度ログインをすることで問題が解決するケースが多々あります。

ブラウザ版からログインしてみる

スマホやタブレットのアプリ版ではなく、パソコンなどのブラウザ版でも動作確認を行ってみると良いでしょう。

「接続状況が改善された時にもう一度実行されます」というエラーが、アプリ版のみの局地的なエラーの場合、ブラウザ版は問題なく稼働する可能性があります。

早めに投稿したい場合などはブラウザ版インスタ活用を視野に入れましょう。

スマホを再起動してみる

アプリの再起動と同様に、使っているデバイスを再起動することも問題解決のきっかけになってくれます。

一度デバイスを完全にシャットダウンし、改めて起動したのちにインスタへログインを試みてください。

インスタのアプリを再インストールする

再起動などを試しても同様の不具合が続く場合は、一度アプリケーションをデバイスから完全削除し、改めてインストールしてみましょう。

突発的な不具合ならばアプリを再インストールすることで、回復するケースもよくあります。

インスタとOSのバージョンを確認、最新にする

使用しているインスタとデバイスのOSは最新バージョンになっているか確認しましょう。

更新を怠った結果、OSとアプリケーションのバージョンがかみ合わず非対応になっている可能性も捨てきれません。

不具合が続く場合は、アプリとOSのバージョンを最新のものまでアップデートをしてみましょう。

投稿内容を見直す

エラーが表示されている投稿の内容を見直してみましょう。

投稿を見直す際のポイント

  • リールなどの動画投稿の場合、動画時間を短く調整してみる
  • 画像投稿枚数を減らしてみる
  • テスト投稿として字のみの投稿をしてみる

できるだけ回線に負荷をかけないシンプルな投稿で様子を見てみるのも原因を探る手立てになるので試してみましょう。

時間を空けて再度試してみる

上記の手順を試しても復旧しない場合、時間を置くしか方法はありません。

インスタ公式からのアナウンスや他の利用者たちの動向を確認しつつ、復旧を待ちましょう。

他のユーザーは問題なく使えていそうなときは

SNSなどで騒ぎになっていないにも関わらず、自分のアカウントだけが上手く稼働しないときは様子を見つつ、下記の手順に沿ってインスタのサポートに相談してみましょう。

回復のための手立てを打ってくれるかもしれません。

インスタのサポートに不具合を報告する

プロフィール画面上部のをタップし、開いたウインドウから設定を選びます。

設定のウインドウからヘルプを選び、問題を報告するをタップしてください。

問題を報告のウインドウが開いたら機能の問題を選択し、発生している障害についてテキストやスクリーンショットを添付して報告してください。

送信をタップすることで報告完了です。

\\follow//

-インスタ
-, , , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.