翻訳

DeepL 翻訳の正確性や利用すると周りにバレるのかについてご紹介

翻訳を使用したい時に活用する事ができる翻訳ツールのDeepL 翻訳では、翻訳の精度がかなり高いと話題になっています。

今回の記事では、DeepL 翻訳の翻訳の内容が本当に正確なのかや、翻訳結果がバレるのかについてご紹介していきます。

世界一高精度なDeepL 翻訳とは

DeepL 翻訳は、世界一高精度な翻訳ツールという謳い文句で、多くのユーザーを獲得している翻訳ツールとなっています。

DeepL 翻訳は2017年からサービスを開始したツールで、基本的に無料で利用する事ができます。

またネイティブ独特のニュアンスや専門用語など、訳しにくい言葉に関しても正確に訳してくれると話題になっています。

翻訳の質が正確すぎると話題になっている

DeepL 翻訳では、翻訳の質がかなり正確だという事でネット上で話題を集めている翻訳ツールとなっています。

翻訳はAIによる自動翻訳となっており、スラングや四字熟語などの独特な表現に関しても正確に翻訳を行ってくれます。

また翻訳結果では別の翻訳結果の候補なども表示してくれるため、自分が欲しい翻訳結果を選択することも可能となっています。

自動翻訳機能がある

DeepL 翻訳では、翻訳元の言語を自動的に判定して翻訳結果を表示させてくれる「自動翻訳機能」も搭載しています。

こちらを利用することで、翻訳元の言語を選択することなく、翻訳結果を表示させてくれます。

そのため翻訳したい元の言語が不明な場合でも、自動翻訳機能を活用することでDeepL 翻訳側が言語を自動的に選択してくれ、翻訳結果だけでなく翻訳元の言語を確認することも可能です。

24言語に対応している(アプリは26言語)

DeepL 翻訳では、現在24言語に対応しています。

またアプリ版の場合であれば、26言語に対応しています。

対応言語

  • イタリア語
  • エストニア語
  • オランダ語
  • ギリシャ語
  • スウェーデン語
  • スペイン語
  • スロバキア語
  • スロベニア語
  • チェコ語
  • デンマーク語
  • ドイツ語
  • ハンガリー語
  • フィンランド語
  • フランス語
  • ブルガリア語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • ラトビア語
  • リトアニア語
  • ルーマニア語
  • ロシア語
  • 英語
  • 中国語
  • 日本語

上記のように幅広い言語に対応しているので、各国の記事や論文などの翻訳に利用することも可能となっています。

DeepL 翻訳の使い方

DeepL 翻訳はWebサイトとアプリの両方で利用する事ができます。

ここからはWebサイトとアプリそれぞれのDeepL 翻訳の使い方についてご紹介していきます。

アプリを利用したいけれどもまだインストールしていないという方に関しては、以下にダウンロードリンクを貼っておくので、ぜひダウンロードしてみてください。

Webサイトの使い方

DeepL 翻訳をWebサイトで利用する場合には、DeepL 翻訳にアクセスする事で使用する事ができます。

手順としてはDeepL 翻訳を開いて、翻訳するにはテキストを入力してくださいをタップします。

こちらで翻訳したいテキストを入力します。

すると翻訳元の言語を自動的に判定し、翻訳を行ってくれます。

翻訳元の言語が日本語だった場合には、翻訳後の言語は英語(US)で結果を表示してくれます。

翻訳元の言語を変更したい場合には、原文の横にある言語をタップします。

今回の場合は日本語(自動検出)をタップします。

こちらで翻訳元の言語を選択する事ができます。

今回は日本語をタップします。

こちらで翻訳元の言語を日本語で固定する事ができます。

翻訳後の言語を設定したい場合には、訳文の横の言語をタップします。

今回は英語(US)をタップします。

こちらで翻訳後の言語を選択する事ができます。

今回はイタリア語をタップします。

こちらで翻訳後の言語がイタリア語に固定化する事ができます。

アプリの使い方

アプリ版のDeepL 翻訳に関しても、基本的に使い方は同じとなっています。

手順としてはDeepL 翻訳アプリを起動します。

翻訳ページが表示されるので、テキストを入力またはペーストしてください。をタップして翻訳元のテキストを入力します。

すると翻訳元の言語を自動的に判定し、翻訳を行ってくれます。

アプリの場合は翻訳元の言語が日本語だった場合には、翻訳後の言語も日本語で表示されます。

翻訳後の言語を変更したい場合には、画面上部の右側の言語をタップします。

今回の場合は日本語をタップしてください。

こちらで翻訳後の言語を選択する事ができます。

今回はイタリア語をタップします。

こちらで翻訳を行った後の言語をイタリア語に固定する事ができます。

また翻訳元の言語も固定する場合には、画面上部の左側の言語をタップします。

今回の場合は自動検出をタップしてください。

こちらで翻訳元の言語をタップする事ができます。

今回は日本語をタップします。

こちらで翻訳元の言語を日本語に固定化する事ができます。

DeepL 翻訳は本当に正確なのかについて

ここからはDeepL 翻訳は本当に正確なのかについてご紹介していきます。

かなり正確に訳してくれるという声が多い

DeepL 翻訳では、かなり正確に訳してくれるという声が多いです。

翻訳後の言葉も直訳のような表現ではなく、意味が成立するように訳してくれるケースが多いです。

専門用語も訳してくれる

DeepL 翻訳では、専門用語や四字熟語など、翻訳するのが難しい言葉に関しても正確に訳してくれると話題になっています。

そのため論文などの訳す事が難しい言葉などに関しても、DeepL 翻訳を利用する事で精度の高い翻訳結果を確認する事ができます。

ネイティブなニュアンスも考慮して翻訳してくれる

DeepL 翻訳では、ネイティブなニュアンスも考慮して翻訳を行ってくれると話題になっています。

そのため方言などに関しても行ってくれるため、方言を英語で表現したい場合などに関しても利用する事が可能です。

例えば関西弁の「なんでやねん」を翻訳したところ英語では「you've got to be kidding」という結果が表示されました。

このようにユニークな使い方を行うことも可能となっています。

他の翻訳アプリとの精度比較

DeepL 翻訳の翻訳の精度を確認するために、日本語の挨拶でよく利用される「本日はお日柄もよく」の翻訳結果をDeepL 翻訳とGoogle翻訳で比較してみました。

翻訳結果

DeepL 翻訳:It's a beautiful day today.

Google翻訳:Today's pattern is also good

Google翻訳の方ではお日柄の箇所が「Today's pattern」と翻訳されてしまい、直訳すると「本日のパターン(柄)もいいね」という意味として捉える事ができます。

一方で「本日はお日柄もよく」の日本語としての意味は「縁起がいい日」など、めでたい日であることを表す表現です。

そのためDeepL 翻訳の方が、意味としてわかりやすい翻訳結果が表示されています。

DeepL 翻訳を利用したらバレるのか

ここからはDeepL 翻訳を利用した場合、利用した事がバレてしまうのかについてご紹介していきます。

特に論文や資料などを提出する場合に、バレてしまう可能性を回避したいという方に関しては、ここからご紹介する内容を確認してみてください。

そのままコピペをするとバレる可能性がある

DeepL 翻訳では比較的正確な結果が表示されるとはいえ、やはりAIの自動翻訳のため人間が訳すような表現にならないこともあります。

特に長文などを訳す場合や、抽象的な表現を利用する場合には、どうしても翻訳結果として意図が伝わらないケースもあります。

そのため検索結果をそのままコピーアンドペーストで利用するのではなく、一度確認しておかしいと感じた箇所に関しては直すことで、バレることを回避する事ができる可能性があります。

末尾に「www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。」がつくこともある

DeepL 翻訳では、無料で利用する場合には上限の文字数が5000文字で設定されています。

また上限に近い文字数の翻訳を行うとコピーアンドペーストを行った際に、「www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。」というメッセージが末尾につくケースもあります。

そのため翻訳結果をコピーアンドペーストする場合には、末尾にDeepL 翻訳で翻訳したというテキストが残っていないか確認することをおすすめします。

翻訳後の言葉をある程度確認する事がおすすめ

DeepL 翻訳はかなり便利な翻訳機能ですが、相手にバレないようにするにはある程度翻訳後の結果を自分で確認することをおすすめします。

言語の勉強にもなるので、翻訳ツールに完全に任せるのではなく、一度自分で目を通すことをおすすめします。

Dream by WOMBOを日本語化する方法と翻訳して簡単に解説

Dream by WOMBOというアプリはAIに絵を作ってもらうアプリですが、アプリ内の文章はどれも英語で書かれているのでわかりにくいという方もいるでしょう。 今回はDream by WOMBOが日本 ...

続きを見る

\\follow//

-翻訳
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.