節約

Go To Eatプレミアム付食事券紙チケットの再開販売は今後ないのか予想や再開した時に買うコツを解説

2022年11月10日からGo To Eat Tokyoプレミアム付き食事券の紙チケットの引換券購入と引換券からチケットへの交換が開始されました。

この記事では、Go To Eat Tokyoの情報を中心に他の地域でも再販はあるのか、あるのならいつなのか今後の予想を行い、Go To Eat Tokyoの情報を踏まえて引換券やプレミアム付き食事券を手に入れるコツについて解説していきます。

GO TO イートプレミアム付食事券紙チケットの再開販売はいつなのか、今後ないのか予想

GO TO イートのプレミアム付き食事券紙チケット(アナログ券)の再開販売はいつになるのか、今後ないのか予想していきます。

Go To Eat Tokyo(東京都)をメインに、他の地域の再販のタイミングの予想なども行っていきます。

これまでの抽選日、当選発表、販売期間

GO TO イートのプレミアム付き食事券紙チケット(アナログ券)は、その地域によって販売スケジュールが異なります。

Go To Eat Tokyo(東京都)のアナログ券抽選日や販売日については下記の通りです。

回数期間備考
1次2020年11月?6日間で販売停止
2次電子引換券:2022年11月10日14時~2022年12月25日/はがき11月10日~12月11日必着販売期間:2022年11月10日~12月25日*なくなり次第終了

デジタル券の抽選日などは下記の通りです。

回数抽選日当選日販売日
1次2022年11月20日~2020年2022年11月26日~2022年10月26日~2022年11月1日
2次2022年10月26日~2022年11月1日2022年11月8日~2022年11月9日~2022年11月16日
3次2022年11月10日10時~2022年11月16日2022年11月22日~2022年11月24日~2022年12月1日

なお、利用期間は2022年10月26日~2023年1月25日となっています。

2022年11月10日より3次受付開始(東京)

東京都のGo To Eat Tokyoは、2022年11月10日より紙チケット(アナログ券)とデジタル食事券3次受付を開始しています。

地域によって販売期間や回数が違う

地域によって販売期間や今まで何回販売されたかの実績が異なります。

例えば、東京都であれば2022年11月11日時点でアナログ券2回目、デジタル券3次の販売となり、それに対して地域によってはこれまで1回しか行っておらず、今後も行う予定がなさそうな地域もあります。

また、東京の今回の抽選日が2022年11月10日~2022年11月16日だったのに対し、愛知は受付期間2022年1月4日~1月20日など、ある程度期間が近いということもないため、ある地域が発売されたから自分の住んでいる地域もとならない点に注意が必要です。

紙チケットのメリット

紙チケットの大きなメリットとしては、デジタル券よりも1セットの内容が大きい金額であること、デジタル券より多くの店舗に対応していることです。

お店によってプレミアム付き食事券の紙チケットにのみ対応しており、デジタル券は使えないというものが多く、選べるなら紙チケットが断然お得だと評判になっています。

紙チケット(アナログ券)とデジタル券の違い(東京の場合)

紙チケットとデジタル券の価格や販売日の違いは下記の通りです。

項目デジタル版アナログ版
再販申し込み1次:2022年10月26日~/2次:11月10日~2022年11月10日~
チケット1セットの価格8,000円10,000円
チケット1セットで利用出来る金額10,000円12,500円

引換券申し込み方法の違い(東京の場合)

引換券の申し込み方法には、ネットとはがきがあり、ネットは先着順ですが、はがきは抽選なので注意が必要です。

項目ネットはがき
再販申し込み2022年11月10日14時~2022年12月25日11月10日~12月11日必着
形式先着順(1日ごとに先着順)抽選

次回の再販予想

東京都であれば、今回で2回目であること、現在再販していることを考えると、今まで通りの流れであれば2年後の10月~12月頃の販売になるのではないかと予想されます。

ただし、今回のGo To Eat Tokyoの反響や世界情勢によっては、再販のサイクルが早くなる可能性もあるでしょう。もちろん、悪い方に話題となったり、売り上げが悪かったりすると、サイクルが長くなったり、今回で終わったりする可能性もあります。

他の都道府県に関しては、今回のGo To Eat Tokyoの反響で大きく変動すると考えられます。また、2回目をすでに行っている地域であれば、1年~2年間の間に3回目を行う可能性も高いです。

また、地域によっては、完全に電子決済式の地域限定Go To Eatに切り替えたり、専用の地域アプリを作り出したりなど形式が変化したりしているところもあり、そうした地域は紙クーポンは今後発行されない可能性が高いと考えられます。

GO TO イートプレミアム付食事券紙チケットが再開した時に買うコツ

GO TO イートプレミアム付食事券紙チケットが再開した時に買うコツについて解説していきます。

東京都前提

Go To Eat Tokyoの情報を前提とするため、他の地域のプレミアム付食事券では矛盾する点が発生する可能性があります。

引換券と販売サイトが同じサーバー上にあるためアクセスが集中している

引換券と販売サイトが同じサーバー上にあるため、アクセスが集中しており、さらに引換券が購入出来ない悪循環が発生しています。

また、このアクセスの集中が原因で販売店で引換券を表示出来ず手間取るユーザーも多数報告されています。

地域によって販売期間に差がある

地域によって販売回数や販売期間に差があります。

また、東京が再販したから他の地域も再販するとは限らないこと、地域によっては電子決済式のみになっているものも珍しくないため、今後は紙チケットは再販しないと予測される地域も珍しくありません。

はがきよりネット受付がおすすめ

はがき抽選よりネット受付がお勧めです。

これは、ネット受付は1日毎の先着順であること、それに対してはがきは抽選であるためです。

引換券に関してもメール受信に関しても複数回リトライが鉄則

引換券購入前や引換券購入後サイトからのメール受信に関しても、複数回更新などを行うことでやっとサイトに繋がったり、メールが届いたりします。

とにかく、繋がらない、届かないという現象が起きたら、何度かリトライするようにしましょう。

夜になってしまったら、次の日の引換券販売に参加する

ネット購入では、1日の先着順となっているため、夜遅くまで更新してリトライを続けても、すでに1日の販売数を売り切ってしまっている可能性が高いです。

そのため、次の日の14時の再販開始からすぐに参加するようにしましょう。

地域による

地域によって先着順の仕様や開始時刻が異なる可能性があります。

今回はあくまで2022年11月10日~のGo To Eat Tokyoの仕様を前提としている点に留意ください。

また、前回は6日で交換停止してしまったという事実があること、今回も第8派が訪れている宣言があることから、なるべく早く引換券からの変更をお勧めします。

販売店によって販売時間が異なる

お店によっては過去の引換券のみ受け付ける時間と電子予約の引換券との交換を扱う時間が別れているケースもあります。

つまり、今回電子予約で引換券を手に入れた場合に、過去の引換券のみ受け付ける時間帯にそのお店に行ってしまうと、時間を改めて交換しに行かなくてはいけないこともあるため事前チェックが大事です。

多くのケースでは、そのお店の公式ページに案内があるため、交換する販売店舗を決めたら調べることをお勧めします。

なお、販売店舗はGo To Eat Tokyoで確認できます。

古い引換券なら引換券購入の時間を短縮できる

以前購入した引き換えできなかった引換券を今回交換出来ます。

つまり、2年前に購入した引換券をそのまま販売店舗に持っていくことでアナログ券に交換可能です。

もし、古い券を余らせている場合、電子予約の手順を飛ばせること、電子予約が最も難しいことを考えると、古い引換券であれば、その時間や労力などを短縮できます。

読み込みが終わらない場合は1~2分放置するとゲットできる

リロードを繰り返し、上記のようにページ読み込みに時間がかかるようになったら、繋がりかけている状態です。

その状態になったらリロードせずに1~2分程度放置し、完全に表示されるのを待ちましょう。

過去の引換券メールから引き換える

過去の引換券をプレミアム付き食事券に交換出来なかったという人は、販売店舗に行って、過去の引換券メールから引換済みにし、そのページをスタッフに見せることで交換出来ます。

1回でも繋がった人のスマホでそのまま注文する

1回でも購入ページに繋がった人がいたら、その人のスマホでそのまま何枚分でも申し込めます。

繋がった人のスマホから他の人の分まで頼むという手段が有効です。

食べログは電話予約でもGo To Eatキャンペーンの適用になるのか?ポイントは付くのかを徹底解説!

「食べログ」では、Go To Eatキャンペーンの対象となるお店を扱っており、食べログから対象店を予約するだけでポイントが付与されます。 この記事では、「食べログ」の電話予約でも、Go To Eatキ ...

続きを見る

\\follow//

-節約
-, , , , , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.