Disney

ディズニーのビリーヴ シー・オブ・ドリームスの詳細や評判、有料パスを買う価値はあるのか解説

2022年11月11日より公演開始するディズニーシーの大規模ショー「ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~」。

この記事では、ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~の詳細と評判、有料パス(ディズニー・プレミアアクセス)を買う価値があるのか解説します。

ディズニーのビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~の詳細について

ディズニーのビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~の詳細について解説していきます。

ストーリー

ディズニーの仲間たちが、諦めずに信じ続けることで夢を叶えていくというストーリー。

メディテレーニアンハーバーの広大な空間を最大限に利用したレーザーやパイロ、大規模なプロジェクトマッピングなども見所です。

いつから

ディズニーのビリーヴ!シー・オブ・ドリームスは2022年11月11日からスタートします。

1日1回の公演で、11月11日であれば20時10分からの公演でした。

ただし、ビリーヴ初日である11日は、システム不具合のためにショーの開始が遅れたという放送があったことから、初日は遅れてしまったことが分かります。

なお、正しい公演時間としては、19:40~となっています。

場所と公演時間

場所と公演時間

場所:メディテレーニアンハーバー

公演時間:19:40~(約30分間)

スペシャルグッズ

Tokyo Disney Resort

ビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~では、ぬいぐるみや、ボールペン、ポストカード、缶バッジ、スマホケース、キーチェーン、タンブラーなど様々なスペシャルグッズが販売されます。

鑑賞エリア

Tokyo Disney Resort

鑑賞エリア

ハーバーサイドテラス(専用鑑賞席)

A:ディズニーシー・トランジットスチーマーライン乗り場横(座り見)

B:ピアッツァ・トポリーノ(座り見)

C:リドアイル(座り見/立ち見)

なお、ハーバーサイドテラスは、バケーションパッケージの専用鑑賞席です。

鑑賞エリアAタイプ

鑑賞エリアBタイプ

*緑:エントリー受付対象/青:ディズニー・プレミアムアクセス対象/ピンク:東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ対象/紫:車イスご利用ゲスト対象

なお、上記のエリア以外は自由に鑑賞可能です。

つまり、混雑こそ予想されるものの、エントリー不要かつ無料で鑑賞できます。

鑑賞エリアの割り振りは上記の通り2タイプとなっており、Tokyo Disney Resortの「鑑賞エリアマップ」から割り振りが確認可能です。

特に土曜日に日曜日、祝日など特に混雑が予測される日は、Bタイプとなっており、Aタイプと比較して青のエリア範囲が大きくなっています。

マップを良く見て見ると、一部のエリアが緑(エントリー受付対象席)から青(ディズニー・プレミアムアクセス対象)になっており、無料の抽選エリアが減り、その分DPAエリアが増加していることが分かるでしょう。

そのため、土日祝日を中心とするBタイプ対応の日にエントリー席を狙おうとすると、競争率が高くなる傾向にあると判断出来ます。

というのも、エントリーエリアが小さくなるということは、それだけそのエリアに座れる人が少なくなるということであり、土日祝日であれば来園者も多く、エントリーする人数も増えてしまうため、少ない席を多くの人と争うことになるのです。

土日祝などBタイプの日こそ、エントリー席ではなくDPAがお勧めと言えます。

ただし、かなりの混雑が予想されるため、DPAを取っていたとしてもかなりの時間並んだり、良い位置が取りにくかったりすることに留意してください。

追加料金は必要なのか

エントリー受付は抽選となっており、無料で見ることが可能です。

また、現在の混雑具合であると非常に難しくはありますが、ショーが見える範囲全てがエントリーやDPA、東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ用のものというわけではありません。

そのため、エントリーに落選して、お金をかけたくないという場合も、自由エリアから無料で鑑賞できる可能性があります。

ただし、先ほども述べたようにDPAですら何時間も並ぶこと、良い席が取りにくいこと、ショーが見やすいエリアは専用となってしまっていることから、エントリー席ではなく無料でそれなりに良い場所で見たい場合は、午前中から並ぶ覚悟が必要です。

ただし、抽選なので必ず席が取れるとは限らないこと、競争率がかなり高いことが推測されるため絶対に見たいという場合は、ディズニー・プレミアアクセス(2,500円)や東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ(プランに盛り込まれているものがある、値段はプランによる)などで席を確保することをお勧めします。

ただし、後述していきますが、ディズニー・プレミアアクセス(有料パス)を取ったところで、かなりの待ち時間があること、運が良くなければショーが良く見えない場所になるといったデメリットがあります。

席の種類と値段について

席の種類と値段

エントリー受付(抽選):無料

ディズニー・プレミアアクセス:2,500円

東京ディズニーリゾート・バケーションパッケージ:プラン内容による

綺麗に見れる場所

綺麗に見れる場所

  • ガリオン船横
  • ポンテ・ヴェッキオ(ディズニーシー内にある大きな橋)
  • プロメテウス火山の入り口あたり
  • リドアイル横の車椅子スペース付近

*①ザンビーニブラザーズリストランテ前②カフェ・ポルトフィーノ前、③ミッキー広場④リドアイル付近⑤ガリオン船横

ビリーヴ!シー・オブ・ドリームスでは、鑑賞エリアによって各シーン(人物)の見やすさが異なります。

シーン別

プロジェクションマッピング:ポンテ・ヴェッキオ、火山前、フォートレス・エクスプロレーション

船:①ザンビーニブラザーズリストランテ前

アラジン:②カフェ・ポルトフィーノ前、③ミッキー広場(ハーバーに面した広場「ピアッツァ・トポリーノ」

ラプンツェル:ミッキー広場、④リドアイル付近

ミゲル(リメンバー・ミー):カフェ・ポルトフィーノ前

ジャスミン:ザンビーニブラザーズリストランテ前、カフェ・ポルトフィーノ前、ミッキー広場、リドアイル付近

ラプンツェル:カフェ・ポルトフィーノ前、ミッキー広場、リドアイル付近

アリエル:ザンビーニブラザーズリストランテ前、カフェ・ポルトフィーノ前、ミッキー広場

モアナ:ザンビーニブラザーズリストランテ前、カフェ・ポルトフィーノ前、ミッキー広場、リドアイル付近

エルサ:ミッキー広場

モアナ:⑤ガリオン船横

Tokyo Disney Resort

Tokyo Disney Resortによれば、①ディズニーシー・トランジットスチーマーライン乗り場横(座り見)②ハーバーサイドテラス(専用鑑賞席)③ピアッツァ・トポリーノ(座り見)④リドアイル(座り見/立ち見)となっています。

先ほどの4エリアは、公式ホテルとのパッケージ限定席や抽選であるエントリー席、2,500円の有料パスであるディズニー・プレミアアクセス専用エリアでした。

こうしたエリア外は開放されており、実はビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~は指定エリア外であれば自由に鑑賞可能です。

自由エリアで比較的見やすい位置として挙がっているのが、緑のエリアとオレンジのエリアです。

ディズニーのビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~は有料パスを買う価値があるのか評判について

ディズニーのビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~は有料パスを買う価値があるのか評判について解説していきます。

MISIAとコラボ

ディズニーのビリーヴ!~シー・オブ・ドリームス~の日本語版テーマソング「君の願いが世界を輝かす」でMISIAさんとコラボレーションが決定しました。

実際に、公演初日である11月11日にMISIAさんが出演し、生歌を披露しました。

壮大なショーでショーの評判自体は非常に良い

大規模なプロジェクションマッピング、夜空を彩るレーザー、パイロなど内容も壮大でディズニーファンであれば満足できるショーです。

ショー自体の評判は非常に良く、並んでいる時はDPAのお金を返してほしいと思っていた人も、ショー終了後は金額分の価値はあったという感想を残しています。

マッピング、噴水、キャラが多数登場

プロジェクションマッピング、噴水など空間を大きく使った演出とアラジン、ラプンツェル、ミゲル、ジャスミン、アリエル、モアナ、エルサ、ピーターパン、ウェンディ、ミッキー、ミニーなど多くの人気ディズニーキャラクターが登場します。

ビリーヴに関する園内放送でザワついたエピソードも

ビリーヴ公演初日、システムの不具合により公演が遅れることがアナウンスされました。

この際、「システムの不具合~」とアナウンスが流れたタイミングで、並んでいた多くのユーザーが中止を疑い、悲しみに溢れた声が多数上がりました。

その後、「公演が遅れる」内容だったと分かった際に安堵のため息や「良かった~」といった声が多数上がったというエピソードから、非常に人気があり、期待されるショーであることが分かるでしょう。

時間のある人でないとお勧め出来ない

11時から並んでやっと最前列というツイートもあるなど、ショー本体の開始時間19:40~(この日はシステムの不具合で30分ほど開始が遅れた)であることを考えると、9時間くらい待ってやっとギリギリ最前列なので、時間に余裕がある人でないとお勧めできません。

また、ディズニー・プレミアアクセス(DPA)を使っても、混雑しすぎで良い席が取れなかったり、並ぶ時間が短くなったりするわけではないという点にも注意が必要です。

体力と根気がないと難しい

短くても数時間、長い場合は10時間くらい並んで待つ必要があることから、体力はもちろん根気がないと難しいです。

これは、DPAを取ったとしても同様です。

ただし、公演初日の話なので、今後日にちが経過していくことで待ち時間が短くなる可能性は十分あります。

良い席を取りたかったら午前中から並ぶ必要がありそう

最前列など良い席を取ろうとするなら、午前中から並ぶ必要があります。

公開初日であれば、午前11時くらいに並び始めてギリギリ最前列だったそうです。

ただし、今後日付が経過してからショーを見たり、平日のショーを見たりするなどの工夫によって、待ち時間が短くなる可能性もあります。

エントリーで当たった人よりさらに後ろだったケースも

DPAを取った人によると、エントリー受付で当選した人達よりも、さらに後ろに並ばせられた(自分達より後ろにエントリー受付の人もいる状態なので、エントリー席の一部がDPAの一部より前に並んでいる状況と考えられる)との報告がありました。

エントリー席は無料抽選であることを考えると、2,500円もかかるDPAを取ったのに後ろになるというのはお金を払った意味が薄くなるという意見もあります。

ただし、無料であるエントリー席は抽選であるため、必ず席が取れるとは限りません。

それに加えて、土日祝日などはエントリー受付エリアは縮小され、DPA対象エリアになるため、混んでいる時ほど当選確率は低くなります。

自由エリアで無料で見るという方法もありますが、指定エリアの方が見やすい場所にあること、ある程度良い場所で見るには10時間以上並ぶことを覚悟しなければいけないなどデメリットも大きいです。

そのため、DPAであれば必ず鑑賞エリア内に並ぶこと自体は出来る(ショーがほとんど見えない場所だったとしても)、エリア自体は見やすい場所、混みやすい日ほど枠が大きくなる、自由エリアで10時間並ぶならDPAエリアで10時間くらい並んで見やすいエリアの最前列で見た方が良いため、一定のメリットはあります。

日数が経過してくれば混雑がましになるかも

この記事を書いている時点(2022年11月12日)では、初日公演の状況がメイン情報となるため、酷い混雑が起こることは当たり前かもしれません。

また、初日であること、盛大なショーはファンタズミック!からおよそ3年ぶりであることから、スタッフが列の案内なども手間取っていたり、効率よく出来ていたりするとは限りません。

そうした理由から、時間の経過で混雑が緩和されたり、平日(翌日休みである金曜を除く)であったりすれば、現在よりは快適かつ長時間並ぶことなく鑑賞することが可能になるでしょう。

また、スタッフも慣れで上手く整列出来るようになったり、並び順の方針(エントリー席よりディズニー・プレミアアクセス優先になるなど)が変わったりする可能性があります。

初日公演は混雑しすぎていることが原因で、DPAを取ったとしても長時間並んだり、後ろの方の席になってしまったりなど、旨味が少なかったことが問題となりました。しかし、ある程度、混雑が緩和されれば有料パス(DPA)のメリットが強くなる可能性が高いです。さらに混雑しなくなった時期の閑散日なら、自由エリアや競争率が下がるであろうエントリー受付エリアも狙い目かもしれません。

つまり、混雑の激しい現時点であれば有料パスはあまり旨味がありませんが、ある程度混雑が緩和されてくればメリットが大きいというのが結論です。

ディズニーの1デーパスポートをワクワク割対象パスポートに変更するコツを解説

イベントワクワク割の実施によりディズニーのパスポートも割引価格での提供がされるようになりました。 この記事では、既に購入済みのディズニー一般チケット(1デーパスポート)をワクワク割に変更するコツとワク ...

続きを見る

\\follow//

-Disney
-, ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.