インスタ

インスタでアーカイブが消える原因と対処法を解説

現在インスタでは、アーカイブとして残した投稿やストーリーが消えてしまうという問題が発生しています。

今回の記事では、インスタのアーカイブが消えてしまう原因と、対処法についてご紹介していきます。

インスタでアーカイブが消える問題が発生

インスタには自分の投稿を非公開にして保存したり、24時間がすぎたストーリーが保存されるアーカイブという機能があります。

自分の投稿を保存することができる便利な機能となっていますが、現在このアーカイブが勝手に消えてしまうという問題が発生しています。

インスタでアーカイブを残していたのに突然消える

インスタのアーカイブが勝手に消えてしまう問題では、過去の投稿をアーカイブとして保存していたにも関わらず、気付いたら勝手に消えてしまっているというものです。

こちらの場合には過去に削除した記憶がないのにも関わらず、気付いたら消えてしまっていたという問題となっています。

また投稿だけでなく、ストーリーのアーカイブも消えてしまっているという声が上がっています。

アーカイブするをタップすると消えてしまったという声も

インスタで投稿をアーカイブとして残す場合には、対象の投稿に対して「アーカイブする」というボタンをタップすることで操作することができます。

一方で、一部のユーザーの中には「アーカイブする」をタップしたタイミングで投稿が消えてしまったという声も上がっています。

インスタでアーカイブが消える原因

ここからはインスタで投稿のアーカイブが消えてしまった原因についてご紹介していきます。

原因一覧

  • インスタのバグ
  • ストーリーの自動アーカイブがオフになっている
  • 他のアカウントから自分の投稿を開いている

インスタのバグ

インスタでアーカイブが突然消えてしまった原因として可能性が高いのは、インスタ側のバグです。

特に過去にアーカイブとして残していた投稿が急に消えてしまったという場合には、インスタでバグが発生したことが原因の可能性が高いです。

ストーリーの自動アーカイブがオフになっている

インスタのストーリーが24時間を経過しても、アーカイブとして残らずに消えてしまう場合には、自動アーカイブ設定がオフになってしまっている可能性があります。

こちらの場合には、自動アーカイブ設定をオンに切り替えることで、設定後の投稿に関してはアーカイブとして残すことができるようになります。

他のアカウントから自分の投稿を開いている

インスタのアーカイブを見ることができない場合には、他のアカウントにログインしていることの気付かずに、他のユーザーのフォロー・フォロワー欄経由で自分の投稿画面を確認している可能性があります。

他のアカウントでログインしている場合であれば、対象のアカウントのアーカイブを見ることができない仕組みになっています。

そのため間違えて他アカウントにログインして対象のアカウント分の投稿画面を見ていないか確認してみてください。

インスタでアーカイブが消えた場合の対処法

ここからはインスタでアーカイブが消えた場合の対処法についてご紹介していきます。

対処法一覧

  • アカウントを切り替えてアーカイブを確認してみる
  • ストーリー/投稿のアーカイブを切り替えて確認する
  • ストーリーの自動アーカイブをオンにする
  • 削除済み項目を確認
  • 保存しておきたい投稿やストーリーは端末に保存する

アカウントを切り替えてアーカイブを確認してみる

「インスタでアーカイブが消える原因」でもご紹介した通り、インスタではログインしているアカウントのアーカイブしかを確認することができない仕組みになっています。

そのため他のアカウントにログインして、対象のアカウントの投稿を確認している場合には、対象のアーカイブを見ることができません。

一度間違えて他のアカウントでログインしていないか確認してみることをおすすめします。

ストーリー/投稿のアーカイブを切り替えて確認する

インスタのアーカイブでは投稿別でアーカイブを管理することができます。

そのためストーリーのアーカイブを見ることはできるけど、投稿のアーカイブを見ることができない場合には、投稿の種類を切り替えてみてください。

方法としては、インスタを起動して右下のアイコンをタップします。

プロフィール画面が表示されるので、右上のをタップしてください。

各種項目が表示されるので、アーカイブを選択してください。

アーカイブの画面を表示されるので、上のストーリーズアーカイブをタップしてください。

切り替えたい投稿の種類を選択することができるので、投稿アーカイブをタップします。

こちらで投稿のアーカイブを確認することができます。

ストーリーの自動アーカイブをオンにする

ストーリーが24時間を経過した後にアーカイブとして保存されない場合には、ストーリーの自動アーカイブ設定がオフになっている可能性があります。

こちらの場合には、ストーリーの自動アーカイブ設定をオンに切り替えてみることをおすすめします。

手順としてはインスタを起動して右下のアイコンをタップします。

プロフィール画面が表示されるので、右上のをタップしてください。

こちらで設定をタップします。

設定画面が表示されるので、プライバシー設定をタップしてください。

ストーリーズを選択します。

保存の下にあるストーリーズをアーカイブに保存の横のボタンをタップして、青色になれば設定完了です。

削除済み項目を確認

インスタでアーカイブが消えてしまった場合には、削除済みの項目に保存されている可能性もあります。

削除済みの項目に保存されている場合であれば、投稿を復元することができるので、ぜひ確認してみてください。

手順としてはストーリーの自動アーカイブをオンにするで紹介した要領で設定画面を開きます。

こちらからアカウントを選択してください。

アカウントの設定画面が表示されるので、最近削除済みをタップします。

こちらに最近削除した投稿が表示されます。

復元したい投稿をタップして、右下の・・・をタップしてください。

こちらで復元をタップすれば完了です。

アーカイブ済みを確認する

インスタでアーカイブが消えてしまった場合には、マイページからアーカイブ済みの項目を確認してみることもおすすめです。

手順としてはインスタを起動して右下のアイコンをタップします。

プロフィール画面が表示されるので、右上のをタップしてください。

各種項目が表示されるので、アクティビティをタップしてください。

アクティビティのページが表示されるので、こちらでアーカイブ済みをタップします。

アーカイブした投稿が表示されるので、こちらには消えてしまったアーカイブが含まれている可能性があります。

保存しておきたい投稿やストーリーは端末に保存する

インスタでアーカイブが消えてしまった場合には、インスタのバグが原因の可能性があります。

こちらの場合にはバグが修正されても、過去に残したアーカイブが全て消えてしまったままになってしまう可能性があります。

また再度同様のバグが発生する可能性もあるので、保存しておきたい投稿やストーリーは、念のために端末上に保存しておくこともおすすめです。

インスタのプレイバック機能が使えない場合の原因と対処法

2021年のストーリー投稿をまとめて一年間を振り返ることができる「プレイバック」機能がインスタに期間限定で登場しています。 しかし一部のアカウントでは、「上手くできない」「機能が使えない」などの声も挙 ...

続きを見る

\\follow//

-インスタ
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.