iPhone

iOS15での写真の詳細情報の確認や調整方法、消し方を解説

iOS15へのアップデートで、iPhoneユーザーは自分の端末に保存されている写真の詳細情報を、より詳しく見る事ができるようになりました。

今回は写真アプリでの詳細方法を見る方法などについてご紹介していきます。

iOS15へのアップデートで写真の詳細が確認できるように変更

9月21日にリリースされたiOS15では、端末の写真アプリに保存されている写真の詳細情報を確認できるようにアップデートされました。

今までも写真を撮った場所や日付を確認する事ができましたが、今回のアップデートで詳細な場所の地図表示や、写真を撮ったレンズ情報なども確認できるようになりました。

確認できる詳細事項

iOS15にアップデートした後の写真アプリでは、撮った写真の詳細情報をより詳しく確認できるようになっています。

確認できる情報

  • 日付/時間
  • カメラ/レンズ情報
  • ファイルサイズ
  • シャッタースピード
  • 写真を撮った場所(MAP付き)

など

ファイルサイズなどの情報を一目で見れるようになったことから、外部アプリに写真を送る際の推奨サイズに適しているかなどの確認を行う事ができます。

また写真を撮った場所などをMAP付きで確認できるようになったことから、食べた料理を撮ったお店などの情報を調べる事ができるようになったというメリットがあります。

写真の詳細の確認方法

撮影した写真の詳細情報を確認するには、デフォルトで保存されている写真アプリから確認する必要があります。

詳細を見る方法

写真の詳細情報を確認する場合には、写真アプリを起動して詳細情報を確認したい写真を選択します。

画面下部にある詳細マークをタップしてください。

こちらで写真に関する詳細情報を確認する事ができます。

詳細情報を調整する方法

写真の詳細方法は確認するだけでなく、日時や場所などを調整することも可能です。

日時を変更したい場合には、日時の横に表示されている調整をタップしてください。

日付を調整したい場合には、カレンダーから調整したい日付をタップします。

今回の場合には9月10日に調整したいので、10をタップしてください。

詳細情報の調整では、時間帯を設定することもできます。

こちらを調整する事で、設定した地域の時間(日本時間、ロンドンの時間など)に自動的に変換する事ができます。

時間帯をタップ→検索窓をタップしてください。

こちらで設定したいエリアを入力し、検索結果に表示されたエリアをタップします。

今回の場合であれば、グレースベイ、カナダをタップしてください。

これで時間帯設定がグレースベイの時間に変換されるようになったので、調整をタップして完了です。

また詳細情報の設定では、写真を撮った場所を変更することも可能です。

MAPの下に表示されている、写真を撮った場所をタップしてください。

こちらで先ほどの時間帯設定と同じように、撮った場所の位置を変更することも可能ですし、位置情報を隠すことも可能です。

位置情報を隠したい場合には、位置情報なしをタップしてください。

こちらで位置情報が表示されないように変更が完了しました。

キャプションを追加する方法

写真の詳細では、写真ごとにキャプションを設定する事ができます。

キャプションの設定方法としては、詳細画面が表示されている状態でキャプションを追加をタップします。

キーボードが表示されるのでキャプションを入力し、改行ボタンをタップすれば完了です。

キャプションを設定すると写真検索時に便利になる

写真の詳細でキャプションを設定すると、写真検索を行う際に設定したキャプションをキーワードにして検索を行う事ができます。

そのため複数の写真で同一のキャプションを設定する事で、写真検索を行った時に見つけたい写真をスムーズに見つけやすくする事ができます。

詳細方法を隠す方法

詳細情報の確認や調整が終了したら、表示した時と同様に詳細マークをタップしてください。

こちらで再度写真のみが表示される状態に戻ります。

詳細を消す方法は現在ない

現在の写真の機能では、詳細情報を完全に消す方法はありません。

そのため他の人に見られたくない場合などには、日時を手動で変更するか、位置情報をなしに変更する方法しかない状態です。

他の人に情報を知られたくない場合には、調整機能を利用して、詳細情報を確認できないようにしてください。

LINEなどで送られた写真の詳細情報

写真アプリには、今まで通りSNSやWEB上から保存した写真も追加されます。

一方でLINEなどから保存した写真に関しては、日付や位置情報、カメラ情報が表示されない仕組みになっています。

そのため写真の詳細情報を他の人に知られたくないという場合でも、安心してLINEなどでの写真の共有をする事ができます。

また写真のファイルサイズなどは表示されるため、他のアプリなどへの共有の際にサイズファイルを確認したいという場合には、問題なく確認する事ができます。

写真の詳細が確認できない場合の対処法

写真アプリから写真の詳細情報が確認できない場合には、iOSの不具合が原因の可能性があります。

また不具合が発生していない場合には、お使いのiPhoneの環境を見直してみる事で、詳細情報が見れるようになる可能性があります。

iOSの不具合解消アップデートが出るまで待つ

iOS15では、写真アプリ以外にも様々なアップデートを行ったため、現在複数の不具合が報告されています。

そのため写真アプリで詳細情報が確認できない場合も、iOSの不具合が原因となっている可能性があります。

こちらの場合には、今後iOS15.○.○などの不具合修正などの最新バージョンがリリースされた際に、最新版にアップデートする事で解消する可能性があります。

端末の容量などを確認する

写真アプリで詳細情報が見れない原因がiOSの不具合かどうかがわからない場合には、一度お使いのiPhoneの環境を整えてみることもおすすめです。

端末の容量を確認することや、再起動を行うことで不具合が解消する可能性があるので、一度試してから再度詳細情報を確認してみてください。

対処法一覧

  • 容量の確認、不要なアプリの削除
  • バックグラウンドで起動しているアプリの停止
  • 端末の再起動
  • iPhoneのストレージを最適化する

など

iOS15へのアップデートに関する詳細や最新不具合まとめを解説!

日本時間の2021年9月21日に、iOS15がリリースされました。 iOS15では多くの機能追加や機能改善が行われる一方で、不具合が発生するかもしれないという慎重な声が多くのユーザーの間で上がっていま ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.