動画

iSafePlayの使い方の詳細や安全性などのご紹介!

人に見られたくない画像や動画をパスコードで管理することができるiSafePlay。

今回はiSafePlayの詳細と使い方についてご紹介していきます。

iSafePlayとは

iSafePlayとは写真や動画をパスワード付きで管理できるアプリです。

自分以外に見られたくない写真や動画を保存する際に、パスワードをかけて隠して保管することができます。

また動画はYouTubeなどにも対応しており、動画の保存・視聴をアプリ内で行うことも可能です。

iSafePlayの機能をご紹介

ここからはiSafePlayの機能をご紹介していきます。

テレビの視聴ができる

iSafePlayでは視聴したいテレビをURLで指定してアプリ内で閲覧することができます。

一方で以前はNHKなどの番組を視聴することもできましたが、最新のバージョンではローカル番組は視聴できなくなっています。

動画/画像のファイルロック機能

iSafePlayでは端末内にある動画や画像をアプリに移動させてファイルで管理することができます。

ファイルは自分しか閲覧できない設定他の人が見ても問題ない設定に分けることができるので、他の人に見られたくない動画や画像に関しても一括で管理することが可能です。

パスコードの管理

iSafePlayでは自分だけが閲覧できる内容を保存したファイルを閲覧できるパスコードと、他の人に見られても良い内容を保存したファイルを閲覧できるパスコードの2種類を管理することができます。

またパスコードはアプリ内で変更することができます。

さらにパスコードを忘れてログインできなくなった場合でも、メールアドレスやFacebookアカウント連携を行うことで再度パスコードを発行することも可能です。

閲覧履歴/ブックマーク履歴を残さずにブラウザが見れる

iSafePlayを利用するとブラウザに似たような機能を利用してサイトを閲覧することができます。

こちらを利用することで閲覧履歴を残さずにサイトを視聴・閲覧することができたり、ブックマーク履歴を残さずにサイトをブックマークすることができます。

VR機能

iSafePlayではVR動画をURLで指定して視聴することができます。

一方こちらのVR機能は新しく追加された機能で、動画がずれるなどの不具合が発生しているため今後改善される可能性が高い機能となっています。

監視カメラ

iSafePlayでは自宅などにある監視カメラと連携して、スマホで監視カメラを管理することも可能です。

またQRコードからの読み取りも行えるので、QRコードアプリを別途でインストールする必要がなく便利な仕様となっています。

一方、監視カメラ機能については動画や画像の管理と違い、パスコードでシークレット管理することができないので注意が必要です。

音楽機能

iSafePlayではApple musicなどと連携して音楽を聴くこともできます。

Apple musicに保存してある音楽をiSafePlayに保存することができる他に、iSafePlay内で再生した音楽をバックグラウンドミュージックとして再生することができます。

iSafePlayの使い方

ここからはiSafePlayの使い方についてご紹介していきます。

インストール・パスワードの設定手順

ダウンロードしたアプリを起動した後にトップページ下部のパスコード設定をクリックします。

パスコード設定画面に移動するので、パスコードを入力をクリックしてください。

上記の画面に移動したらあなただけが利用するパスコード4桁を入力します。

再入力が求められるので、先ほど入力したパスコード4桁を再入力してください。

次に他の人の前で利用するフェイクパスの入力を行います。

フェイクパスを入力をクリックしてフェイクのパスコード4桁を入力します。

フェイクパスの再入力が求められるので、先ほど入力した4桁のフェイクのパスコードを入力してください。

フェイクパスは複数設定することができますが、必要がなければ保存をクリックして次に進みます。

 

初期設定が完了したので開始をクリックします。

パスワードリセットを求めるためのメールアドレスもしくはFacebookアカウントとの連携画面に遷移します。

こちらは後からでも設定することができるので、必要なければ後でをクリックしてください。

動画のダウンロード

動画をダウンロードするにはアプリを起動後左上の三本線をクリック→wwwをクリックします。

URLを入力できるので、ダウンロードしたい動画のURLを入力します。

動画が表示され、無事再生されることを確認した後にページ下部のをクリックします。

ダウンロードをクリックするとダウンロード用のページに移動するので、こちらで先ほど入力したURLを入力します。

ダウンロードが行われるので、完了したダウンロードファイルをクリック→同じ名前のファイルをクリックします。

開くをクリックするとダウンロードした動画を見ることができます。

一方一部の端末ではダウンロードしたYouTubeの動画を閲覧することができないエラーも出ているという問題も発生しています。

写真の移動

端末からisafe内に写真を移動する場合には、アプリを起動後左上の三本線をクリック→写真をクリックします。

右上のをクリックするとファイル名を設定できるので、ファイル名を入力します。

閲覧の公開範囲を設定して完了をクリックしてください。

閲覧の公開範囲

・public:正しいパスコードとフェイク用のパスコードのどちらでログインした場合でも閲覧できるファイル。

・private:正しいパスコードのみでログインした場合に閲覧できるファイル。フェイク用のパスコードでログインした場合には表示されない。

先ほど作成したファイルをクリックし、右上の・・・をクリックします。

カメラをクリックすると端末内に保存してある写真一覧が表示されるので、移動したい写真を選択してDoneをクリックしてください。

動画の移動

端末に保存している動画をiSafe内に移動する場合には、アプリを起動後左上の三本線をクリック→ビデオをクリックします。

右上のをクリックするとファイル名を設定できるので、ファイル名を入力します。

閲覧の公開範囲を設定して完了をクリックしてください。

先ほど作成したファイルをクリックし、右上の・・・をクリックします。

カメラをクリックすると端末内に保存してある動画一覧が表示されるので、移動したい動画を選択してDoneをクリックしてください。

テレビの視聴方法

テレビを視聴したい場合にはアプリを起動後左上の三本線をクリック→iSafe TVをクリックします。

左上のをクリックするとURLの入力ができるポップアップが表示されます。

こちらに視聴したいテレビのURLを入力し、保存をクリックしてください。

詳細設定

パスコードの変更や連携メールアドレス・Facebookアカウントなどの設定を行いたい場合には、アプリを起動後左上の三本線をクリック→鍵マークをクリックします。

Guesture Lockの横にあるボタンをクリックすると、パスコードの再設定を行うことができます。

REGISTERをクリックするとログインができなかった場合にパスコードの再設定を行うためのメールアドレスやFacebookアカウント連携の設定を行うことができます。

iSafePlayの安全性

iSafePlayを利用する場合に気になる安全性ですが、アプリを利用する分には安全性に問題がない可能性が高いです。

一方でiSafePlayは無料アプリなのでアプリ内に広告が表示されます。

こちらの広告に表示されたアダルトサイトなどをクリックしてしまった場合にウィルスに感染してしまうケースがあります。

もし間違えてクリックしてしまった場合には、何も操作をせずにすぐにサイトを消してください。

また動画をダウンロードする際に違法ダウンロードサイトからダウンロードを行おうとする場合にウィルスに感染してしまう可能性もあります。

違法ダウンロードサイトからの動画ダウンロードは法律違反にも繋がってしまうため、合法サイトにアップロードされている動画をダウンロードしてお手元で楽しむ用途でiSafePlayを利用してください。

iSafePlayの口コミ/評価

ここからはiSafePlayの口コミや評価についてご紹介していきます。

iSafePlayの良い口コミ

iSafePlayで見られた良い口コミは下記となります。

iSafePlayの良い口コミ

  • 安定して動画を視聴できる
  • 使い勝手がいい
  • 2Dの動画をVRゴーグルを利用して視聴することができる

iSafePlayのいい評価では使い勝手の良さが目立ちました。

また最近導入されたVRゴーグルに対して好印象の評価をしている方もいました。

iSafePlayの改善ポイント

iSafePlayの口コミで見られた改善ポイントは下記となります。

簡単な流れ

  • アプリが定期的に落ちる
  • 以前はVRが正常に見れていたが、アップデートしてから反映されなくなってて見にくくなってしまった
  • 表示数を増やすために広告を見たくても、広告が表示されなくなった

改善ポイントとしてはアプリ自体の不具合やシステム改善を希望する声が上がっていました。

また良い評価でも上がっていたVRですが、動作が不安定であったり動画と音声がずれてしまっているという改善点もあるようです。

iSafePlayでエラーが発生した場合の対処法

ここからはiSafePlayでエラーが発生した場合の対処法についてご紹介いたしまう。

iSafePlayが開かない場合には、下記の方法を試してみてください。

iSafePlayが開かない場合の対処法

  • アプリを再起動、再インストール
  • 端末を再起動
  • 端末の容量を確認、削除
  • バックグラウンドで動いているアプリを停止

また最近はiFacePlay起動中にアプリが落ちてしまうことが頻繁にあります。

その場合もアプリを再起動したり再インストールを試してみてください。

iSafePlay以外でおすすめの動画ダウンロードアプリは?

ここからはiSafePlay以外でのおすすめの動画ダウンロードアプリをご紹介していきます。

ポケットダウンローダー

ポケットダウンローダーはAppStoreでインストールするタイプのアプリではなく、Web上で動作するWebアプリと呼ばれるタイプのアプリです。

こちらは様々なデバイスに対応しており、スマホだけでなくパソコンやタブレットでも使用することができます。

またTwitterの動画にも対応しており、様々なサイトの動画に対応しているアプリです。

ポケットダウンローダーのメリット・デメリット

【メリット】

・マルチデバイスに対応

・対応サイトが多い

・動作が軽く、動画ダウンロードエラーも少ない

・動画の解像度別、フォーマット別にダウンロードが可能

【デメリット】

・有料のみでの利用

・Appのアプリと比べ動作が安定していない

・WebアプリのためAppStoreなどの審査ガイドラインを通しておらず、セキュリティ面への安全性は薄い可能性

Kingbox.

Kingbox.は人気動画ダウンロードアプリClipboxの機能をすべて兼ね揃えたアプリとなります。

Clipboxは2020年8月末にサポートが終了となり、Clipboxの発展版となるClipbox+ではダウンロード機能などの一部の機能が対応していない仕様となっています。

そのためClipboxやClipbox+の代替のアプリとして登場したのがKingbox.です。

Kingbox.では動画のダウンロードの他にも、バックグラウンドで音楽を聴くこともできます。

参考

【メリット】

・Clipboxの機能が実装されている

・様々なサイトに対応している

・バックグランドで音楽再生も可能

【デメリット】

・CMがダウンロードされるケースもある

・Androidには対応していない

【完全版】動画配信アプリ「smash.」の使い方や保存方法を徹底解説!

「smash.」は、SHOWROOM株式会社が手掛けるプロによる編集が光る動画配信アプリ。 多くのアーティストやアイドル、声優などのライブ動画やバラエティ、読み聞かせなどが配信されています。 この記事 ...

続きを見る

\\follow//

-動画
-, ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.