LINE

【2022年最新】24時間以上経過してもLINEの送信取り消しを出来る裏技を解説

生活の必需品のLINEを使っていると、メッセージを送る相手や内容を間違ってしまうことがあります。

今回はLINEのメッセージ取り消し機能の裏ワザについて、詳しく解説していきます。

LINEの送信取り消しの概要

LINEの送信取り消し機能は、誤った内容のメッセージを相手と自分の表示画面から消してしまうことを指します。

しかしこの取り消し機能には時間制限があるため、上手くメッセージが消せない場合もあり、場合によっては利用者を困らせてしまうことがあります。

送信から24時間以上が経過したメッセージは送信取り消しできない

LINEのメッセージ取り消しは、アプリの仕様上、送信後24時間以内でないと絶対に取り消すことができません。

これは闇雲にメッセージが削除できてしまうと、発言に対しての責任感が薄まり、詐欺やいじめの温床になりかねないためであると考えられます。

既読後でも24時間以内なら送信取り消しできる

仮に相手がメッセージを開封し「既読」表示となっても、送信から24時間以内であれば取り消しをすることは可能です。

削除条件に既読の有無は関係なく、あくまでも送信から24時間以内というのが、絶対の削除ルールになっています。

削除と送信取り消しの違い

メッセージに対するアクションで非常に間違えやすいのが「削除」と「取り消し」の違いです。

見え方

  • 削除…自分が今使っている端末からが表示が消えるだけで、相手の表示画面には残っている状態。削除処理した端末以外からも見える。
  • 取り消し…送信自体をなかったことにする。「メッセージの送信を取り消しました」の表示が双方に残る。

「削除」はメッセージそのものは消えずに残り、「取り消し」はメッセージの内容を完全に消してしまうというポイントを押さえておきましょう。

LINEの送信取り消しを発信後24時間以上経ってもできる裏ワザ

通常LINEに備わっている使い方では、24時間経過したメッセージは絶対に消すことができません。

しかしデバイスの設定を一時的に変更することで、過去に送ったメッセージを削除することが可能になる特別な裏ワザがあります。

デバイスの日付と時間を変更する

LINEが送受信時などに表示してる「時間」と「日時」は、デバイス本体の時計を基に判断・表示をしています。

つまり、時間判断の基本となるデバイス本体の時間を、削除可能な過去にまで遡らせて設定することで、該当のメッセージを削除することが可能になります。

日付と時間を変更する手順

設定Appから一般を選択し、日付と時間へ推移します。

自動設定をオフにしたら、変更したい時間を手動で設定して完了です。

取り消し作業が終了したら、自動設定を再びオンにすることを忘れないようにしましょう。

日付が正しい時間に戻らなくなったときの対処法

デバイスの日付を変更しても再び「自動」へ設定し直すことで、正しい時間へ修正を行ってくれます。

しかし、万が一上手く戻らない場合は以下の方法で位置情報を確認したり、手動で時間を合わせるようにしましょう。

位置情報をオンにする

iPhoneは、現在いる国に合わせて時間を自動で合わせる機能が搭載されています。

日時変更の際に、何かの拍子で現在地が「日本(東京)」以外へ変わってしまうと、自ずと時刻もズレてしまいます。

位置情報をオンにする手順

設定Appのプライバシーから位置情報サービスをタップします。

位置情報サービスのボタンをオンにしたら完了です。

手動で時間を再設定する

以上の方法や再起動を行っても戻らない場合は、一旦手動で時間を合わせ直しましょう

その他、以下の動作をすることで修正されることもあるので、試してみてください。

手動で直す前に

  • 「日付と時刻」の「自動」ボタンを何度かON/OFFして切り替えてみる
  • デバイスを再起動する
  • OSのアップデートがあればアプデをしてみる

日付変更後もLINEの送信取り消しができない原因

日付変更をすることで送信取り消しができるはずが、上手く該当のメッセージが削除できない場合は以下の原因が考えられます。

特に日付変更が上手くできていなかったり、消せないメッセージ・通知の種類の可能性が濃厚なので、一度確認してみましょう。

日付や時間変更が上手くできていない

繰り返しになりますが、LINEのメッセージ取り消しは送信後24時間以内と時間が限られています。

iPhoneの設定を変更して遡った時間設定が、メッセージ送信後24時間以内にちゃんと変更できているか、カレンダー機能や時計を確認してみましょう。

公式LINEへのメッセージは削除できない

公式アカウントへのメッセージは元々消すことができないようになっています。

そのため、いくら時間操作をして公式アカウントへ送ったメッセージを長押ししても、「送信取り消し」の選択肢が出ず、絶対に消すことができません。

ギフトや通話履歴など、消せないものがある

元々メッセージ取り消し機能はどんな履歴でも消せるというわけではなく、消せるもの・消せないものがあります。

公式アカウントへのメッセージが削除できないと同様に、元々消すことができないアクションに関しては、いくら時間操作をしても当然消すことができないのでご注意ください。

取り消せるもの

  • 自分発信のメッセージ
  • 自分発信のスタンプ

取り消せないもの

  • 通話発信履歴
  • ギフトやLINEpayの送信履歴
  • アルバムやノート追加履歴
  • 相手が送ったメッセージやスタンプ
  • 公式アカウントへのメッセージ

削除したメッセージは消せない

「削除」をしたメッセージは自分の表示画面から消えてしまうため、取り消しをしたくても、選択することができなくなってしまいます。

ただし「削除」は削除した端末上からのみ表示が消える機能なので、この場合の対処法としては、メッセージを削除した端末以外からログインすることでメッセージが確認できるので、削除することが可能です。

相手のLINEアプリのバージョンが著しく古い

LINEの取り消し機能は初期から実装されていたわけではありません。

そのため、自分のアプリ上は取り消しが出来ているように見えても、相手のアプリバージョンが著しく低いバージョンだと消えてくれない可能性があります。

なお、無事取り消しができているか、削除側からは判断がすることができません。

LINEで知らない人に勝手に電話番号から友達追加される原因と対処法

LINEのユーザーの間で、知り合いではない相手から友だち追加をされるトラブルに巻き込まれる利用者が後を絶ちません。 本記事では、電話番号などの個人情報の流出を疑ってしまうこの問題を徹底解説していきます ...

続きを見る

\\follow//

-LINE
-, ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.