LINE

LINEアバターでエラーが表示される原因と対処法を解説!

LINEアバター機能が登場してから、LINEのホーム画面を更にアレンジ出来るようになりました。

今回はLINEのアバターを作成しようとするとエラーが発生する原因と対処法を解説します。

LINEアバターとは

LINEアバターとは自分にそっくりなアバター(キャラクター)を作成出来る機能です。

作成したLINEのアバターは、アイコンやプロフィールのデコレーション、タイムラインなどで作成可能です。

そして動くLINEアバターを作成することも出来るので幅広い楽しみ方が出来ます。

詳しくは下記をご覧ください。

LINEのアバター作成方法や削除・編集、作れないときの詳細と対処法について解説!

2020年9月22日にLINEにアバター作成機能が実装されました。LINEでアバターが作成できることに加え、作成したアバターをプロフィールなどに利用できるようになります。 この記事では、LINEのアバ ...

続きを見る

LINEアバターでエラーが発生

・一時的なエラーのよりページを読み込めませんでした

・エラー 正常に処理出来ませんでした。

・顔を認識できません。1人の顔のみが写るようにしてください。

など

LINEアバターを作成しようとすると「一時的なエラーのよりページを読み込めませんでした」「エラー 正常に処理出来ませんでした。」などのエラーが発生する場合があります。

エラーが発生するタイミングとしては、写真撮影時や撮影した写真を読み込もうとしたタイミングで発生しやすいです。

ユーザーの声

・LINEのアバターが作成出来ない

・アバター作成しようとしたらエラーが発生する

・いつまで経ってもアバター作成出来ない

・何でエラーが出るの

など

「アバターを作成しようとしたらエラーが発生する」「全然アバター作成出来ない」など困惑の声が広がっています。

LINEアバターのエラーの原因

原因

・サーバーエラー

・LINE側のエラー

・スマホ側のエラー

・通信環境の問題

・写真や画像が不鮮明

・全体が写っていない

など

LINEアバターのエラーの原因は主に上記になっています。写真や画像を変更すると改善することがほとんどです。

細かい対処法は下記で紹介していきます。

LINEアバターのエラーの対処法

対処法

・写真を変更する

・少し離して全体を撮影

・再起動

・時間を置く

・アップデート

・通信環境の改善

・正面から撮影

など

LINEアバターのエラーの対処法は主に上記になります。1番オススメの対処法か写真や画像を変更することでかなり改善しやすいので試して下さい。

写真を変更する

LINEアバターのエラーの対処法で1番オススメでまず試したいのは、写真を変更することです。

写真を毎回撮影している方は撮影し直し、撮影済みの写真を利用している方は、違う写真を選択しましょう。(複数枚試してみましょう)

写真を変更することにより、エラーが改善する場合が多いです。

少し離して全体を撮影

OK

NG

顔を近づけすぎていたり、斜めや下向きだとエラーが発生しやすいです。

カメラを少し離して、顔が全体(枠に少し隙間が出来るくらいに)入るように撮影するようにしましょう。

するとエラーが発生しにくくなります。

再起動

「iPhone X、Phone 11」

サイドボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)と音量ボタン(上側または下側)を同時に電源を消すボタンが表示されるまで押し続けます。
電源を消しボタンをスライドして端末の電源を完全に切ります。サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続けます。

「iPhone 8より前」

上部のボタンorサイドボタンを電源を切るボタンが表示されるまで押し続けます。
電源を消すボタンをスワイプして電源を完全に切ります。電源が切れたら、上部のボタン(またはサイドボタン)を再びAppleロゴが表示されるまで押し続けます。

LINEアバターを作成しようとしたらエラーが出る場合、再起動を行いましょう。再起動して時間置いて試してみましょう。

時間を置く

LINEアバターを作成しようとしたらエラーが出る場合は、時間を置いて様子を見るのもオススメです。

サーバーエラーやアプリ側の不具合が発生している場合は、ユーザー側で出来ることはほぼ無いので、時間を置いて不具合が改善するのを待ちましょう。

通信環境の改善

・通信制限がかかっている

・フリーWi-Fiに繋がっている

・機内モードになっている

・モバイル通信のON、OFF確認

・4G、5Gを試す

・Wi-Fiが弱い

Wi-Fiの接続が弱かったり、フリーWi-Fiに繋がっていると、LINEアバターを作成しようとしたらエラーが出る場合があります。そして外や電車でLINEアバターを作成している場合は、気づかないうちに公共のWi-Fiに繋がっている場合もありますのでよく確認しましょう。

Wi-Fiは設定Wi-Fiから確認出来ます。モバイル通信のON・OFFは下にスワイプすると左側の画像が表示されますので電波マークから設定できます。

4G、5Gでも不具合が起きる場合は通信制限がかかっていないか確認しましょう。

アプリをアップデートする

LINEのアバター作成機能は、新しい機能としてリリースされたものです。

つまり、このアップデート前で更新が止まっているLINEを利用していると、当然ながらLINEのアバター機能も実装されていないことになります。

そのため、古いバージョンのLINEを使っているときは、更新するようにしてください。

正面の写真を使う

写真をフォルダから選んでアバターを作成する場合、顔を正面にして写った写真でないと、顔がうまく認識されずアバターが作成できない可能性があります。

そのため、写真からアバターを作成するときは、正面の顔が写った写真を利用するようにしましょう。

鮮明な写真を使う

ピンぼけして顔が鮮明に写っていない写真だと、うまく認識されずアバターが作成できない可能性があります。

使う写真はなるべくはっきりくっきりと写った、鮮明な写真が好ましいです。

また、小さく写った写真より証明写真のようにアップで写った写真の方が良いでしょう。

顔を正面にして撮影する

リアルタイムで撮影してアバターを作成したいときは、顔を正面にして撮影する必要があります。

顔が左右どちらかにズレていると「顔を少し左に向けてください」「顔を少し右に向けてください」と表示され、撮影することができません。

LINEのアバター作成方法や削除・編集、作れないときの詳細と対処法について解説!

2020年9月22日にLINEにアバター作成機能が実装されました。LINEでアバターが作成できることに加え、作成したアバターをプロフィールなどに利用できるようになります。 この記事では、LINEのアバ ...

続きを見る

\\follow//

-LINE
-, ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.