カラオケ

nanaで歌った歌をYouTubeに投稿する方法と注意点を解説!

音楽SNSアプリ「nana」は、スマホ1台で曲の録音から投稿までできるサービスです。

今回は、nanaで録音したカラオケをYouTubeに投稿することができるのかについてご紹介します。

nanaで歌った歌をYouTubeに投稿する方法

nanaで録音した音源は、他のSNSサイトへシェアすることが可能です。

Twitter・FacebookなどにURLを貼り付けることででシェアができます。

しかし、nanaアプリから直接YouTubeに音源を投稿することはできません。

YouTubeに投稿するには、間に他のアプリを挟む必要があります。

曲を検索

nanaアプリでは「歌ってみた」だけでなく、伴奏のみの楽曲やオリジナル曲、舞台台本なども録画し投稿することが可能です。

基本的にアカペラで投稿するか、他ユーザーが伴奏しているものに合わせて歌ってみるかになります。

伴奏については、公式楽曲の伴奏ではなく、あくまでもnanaアプリを利用している一般ユーザーが演奏したものです。

他のカラオケアプリのように、公式楽曲の伴奏は配信されていません。

また、伴奏は一般ユーザーが配信しているものになるため目当ての曲が見つからない可能性もあります。

録音

録音方法

コラボ録音:他ユーザーが投稿した伴奏などを利用して歌う

新規録音:アカペラや自分で伴奏したものを録音

伴奏を選んで録音する場合、アイコンの横にパートマークが表示されているので確認しましょう。

パートマークとは、「どの楽器で演奏しているのか」というのが一目でわかるようになっているマークです。

Chorus/Talk/Guitar/Bass/Piano/Drums 等

コラボ録音する場合は、録音後の画面にコラボ元サウンドが表示されるため、その投稿がコラボしたものであるとわかるようになっています。

これは削除することができません。

画面下の項目の中に録音ボタンがあるので押すと、コラボ録音もしくは新規録音を選ぶことができます。

新規録音を選択すると、大きく中央に録音ボタンが表示されるのでタップし、録音画面を表示させましょう。

録音画面の左下にあるマークが停止・開始ボタンとなっています。

押すと録音がスタートするので、準備ができたら押しましょう。

ストップしたい時も同じボタンを押してください。

完了すると、今録音した音源の確認画面が表示されます。

問題なければ次へを押し、タイトルなどを入力投稿ボタンを押すと完了です。

コラボ

コラボにも種類があります。

伴奏を使わせてもらうものだけでなく、ハモリ専用の音源を配信しているユーザーも。

コラボすると音源元が表示されるだけでなく、履歴としてコラボした相手が残ります。

アップロード方法

nanaアプリでは、nanaアプリ内での音源利用のみ認めています。

nanaアプリ内で録音した音源はnanaアプリ内での利用は認められていますが、他サイトへの転載を認めているわけではありません。

そのため、YouTubeなどに音源を投稿するボタンなどは用意されておらず、転載する場合は自己責任となります。

現時点でよく利用されている書き出しアプリは「Google Chrome」「kingbox」になります。

書き出しポイント

PC/Android端末:Google Chromeに専用のjavascriptを入力することで書き出しができる

iPhone端末:Google Chromejavascriptを入力し、kingboxを使って書き出す

共通:画面録画で書き出す

1番やりやすい方法は「画面録画」で書き出す方法でしょう。

iPhone・Android・PCどの端末でも画面録画は可能です。

その場合音声と共に表示している画面も録画されるので、後から編集アプリを利用し表示画面を変更しておきましょう。

入力が必要なjavascriptに関しては、初めから音声のみ書き出しが可能ですが、入力が必要な文字列は随時変更されるため、今まで使えていたものが次の日には使えなくなっている可能性もあります。

プログラミングに詳しい方であれば問題なくこの方法を利用することができるかもしれません。

マイページにあるサウンドを押し、すでに投稿済みの楽曲を開きましょう。

この状態で、画面録画をスタートさせてください。

画面録画が開始したら、サウンドを再生させます。

あとは、再生が終了するまで待ち、終了したら画面録画も終了させます。

このままの画面で良いのであれば、あとはYouTubeへの投稿操作へ進みましょう。

表示される画面の変更を行いたい方は、ここのタイミングで画面録画した動画を好みのものに編集してください。

転載したいデータの音声書き出しが完了し、本体に動画データとして保存ができれば、あとはYouTubeにある自分のチャンネルにアップロードするだけです。

YouTubeの作成ボタンを押すと、本体のカメラロール(動画)が開きます。

投稿したい動画を選択すると、動画のカット設定が表示されるので、問題がないのであれば次へで進んでください。

あとは、サムネイルや動画の説明を入力して、最後に年齢制限が必要な動画なのかどうか選択してアップロードすれば完了です。

ライブ配信も可能

nanaアプリ内では、録音だけでなくライブ配信も可能です。

端末本体の画面録画を利用し、YouTubeに同時配信することができます。

nanaの著作権について

nanaアプリ内での著作権の規定と、YouTubeの規定は異なります。

nanaアプリで録音したものを外部サービスに転載する場合にも、規定があるので投稿する前に確認しておきましょう。

著作権に引っかかるものがある

JASRAC/NEXTONEで提供されている楽曲については、nanaアプリ内での利用は著作権が保護されています。

それは、ユーザーの代わりに運営が大元であるJASRAC/NEXTONEに申請をしているからです。

申請許可が下りているものに関しては運営側が使用料の支払いを行なっているため、ユーザーが課金する必要はありません。

しかし、保護されているのはnanaアプリ内で利用する場合に限ります。

そのため、nanaアプリ内で著作権が保護されているものでも、著作権違反になってしまう可能性があるのです。

nanaアプリ外での利用は、著作権に関する問題が発生してしまうため、外部アプリへ直接転載ができないようになっています。

コラボは投稿者に許可が必要な場合も

JASRAC/NEXTONEで提供されている楽曲を利用したコラボであれば、コラボ相手に許可を取る必要はありません。

しかし、投稿者がオリジナルで作成した曲を使用する場合には、許可が必要となります。

それを転載してしまった場合には、オリジナル楽曲の投稿者から著作権侵害で訴えられる可能せもあるので注意しましょう。

多くの場合は大丈夫?

nanaアプリ上の著作権に関する注意事項でも「多くの場合は大丈夫」と記載されていることがあります。

ここで指す「多くの場合」とは、以下の通りです。

多くの場合とは

・JASRAC/NEXTONEから提供されている楽曲である

・違反音源ではない

CMなどでよく耳にする曲のほとんどは、JASRAC/NEXTONEが著作権を持っています。

nanaでは、JASRAC/NEXTONEに著作権料を支払っているので、メジャーな曲のほとんどは問題なく利用することが可能です。

投稿者が作成したオリジナル楽曲や違反音源はNG

「台本」「伴奏」「イラスト」も著作物

音声だけでなく、「台本」「伴奏」「イラスト」も著作物です。

違反となるパターン

・ネット掲載されていた「台本」を無断で音声録画し、投稿する

・他人の伴奏を録音して投稿

・他の人が描いたイラストを無断で利用する

ネットに掲載されている舞台台本や書籍などを無断で読み聞かせすることも違反行為となります。

また、路上ライブの演奏を録音し、それを投稿することも違反行為なので注意しましょう。

nanaを利用する注意点

著作権以外でnanaを利用する場合の注意点についてご紹介します。

スマホ1台で録音・配信までできるため、周辺機器を揃えなくても良いというメリットもありますが、デメリットもあるので確認しておいてください。

音質は落ちる

音質が専用機器と比べると落ちてしまうのはデメリットと言えるでしょう。

ヘッドフォンやイヤホンを利用することで、音質を少し上げることができます。

これに関しては、録音する端末によっても差が出る部分です。

本格的な音楽活動を考えている方は、周辺機器を揃えて活動をする方が良いかもしれません。

有料プラン「nanaプレミアム」

nanaアプリには、無料プランと有料プランが用意されています。

有料プランは月額580円です。

有料プランのみできること(一部)

・プレミアムエフェクト

・パーティー配信

・広告非表示

・シークレット投稿

・スキップ録音

・サウンド調整

有料プランでのみ利用できるサービスには複数あり、「P」マークが付いています。

録音した音源に対してより多くの調整を行うことが可能です。

また、自分のみが視聴できる「シークレット投稿」などもできます。

無料版になると、録音した音源を保存するには、「投稿」が必須です。

他にも、詳細データをグラフで比較できるレポート機能なども、有料版では利用することができます。

他に稼げるオススメライブ配信は?

他に稼げるオススメライブ配信を紹介します!今のうちに自分にあったライブ配信アプリを見つけておくことをオススメします。

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)はYYが運営するライブ配信アプリ。

PK配信やマルチゲスト配信といった他にはない機能があり、視聴者を盛り上げ、マンネリ化を防ぐことが可能です。

BIGO LIVEの特徴

  • ファンクラブが作れる
  • グローバルユーザー3億人突破
  • スタンプやフィルターが豊富
  • 友達と対決するPK機能
  • マルチ配信機能で配信者9人まで同時進行可能
  • 海外向けに配信したい人におすすめ
  • Google翻訳機能

「BIGO LIVE」は、海外向けに配信したい人に特に向くライブアプリ。

翻訳機能もあるため、日本語しか話せなくてもある程度意思疎通を取れます。

まだ、日本人ライバーは少ないため、始めるならライバルがいない今がチャンスです。

ファン制度、ファミリー制度など視聴者と親密になれる機能が豊富であり、ファンと仲良くなることで、さらに収益化を目指せます。

また、公式ライバーになれば最低ランクで時給1,500円を貰え、さらに投げ銭で稼げます。

BIGO LIVEの魅力!稼げるの?

  • グローバルユーザーが多いため海外のファンも作れる
  • 日本人配信者が少ないため、日本人のライバルが少ない
  • コラボが盛んなのでコラボしたい人向け
  • 公式ライバーになれば時給と投げ銭で稼げる

Every.Live

EVERY.LIVEはSTAGE株式会社によって開発された日本のライブ配信サービスです。

Every.Liveの特徴

  • 2021年1月にリリースされたばかり
  • 認証ライバーのみ配信出来る
  • まだ配信者や視聴者が少ない

まだリリースされて間もないライブ配信サービスなので、アプリ内のトップライバーが確率していないため、今からなら初心者であっても人気ライバーになれる可能性があるでしょう。

Every.Liveの魅力!

  • ギフトと時給の2重報酬システム
  • ランクと所属事務所に準じた時給
  • ママライバーには補助あり
  • イベントで稼ぎやすい
  • 事務所によって待遇に差がある

「Every.Live」はリリースされて1年経過していない新しいアプリであるため、ライバーの数が少なくイベントの競争率が低いです。

月間のベリー獲得数に準じランクが設定され、ランクによって貰える時給が異なります。

貰える時給は同じランクであっても所属事務所によって異なり、事務所によっては時給数百円も差が出るケースもあるため、なるべく好待遇の事務所に所属することをおすすめします。

また、ママライバーは条件を満たすとライブの収益に加えて、シングルマザー月2万円、ライバー以外に仕事をしている場合月1万円の補助が貰えるなどママに対するサポートが嬉しいです。

ピカピカ

「ピカピカ」は、特に音楽系の投稿に特化したライブ配信アプリ。

ピカピカの特徴

  • Live配信/音声投稿/画像投稿の3機能
  • コラボ機能あり
  • 高音質・高解像度
  • ライブ配信
  • 動画投稿
  • 音声投稿

3Dモデルをアバター作成の要領でカスタマイズ出来るため、絵が描けない、3Dモデルソフトの操作が出来ない人であっても簡単に始められます。

複数人でコラボ出来るため、コラボした人のファンをフォロワーに取り込んだり、マンネリ化を防いだりといった工夫も可能です。

高音質であること、数万件の音声投稿を集めている性質から、数秒で好きな音声コンテンツを高クオリティで探せる・探して貰えるのも大きな魅力のうちのひとつ。

ピカピカの魅力!稼げるの?

  • 顔出しなしで稼げる
  • 投げ銭(ギフト)で稼げる
  • こっそり稼ぎたい人におすすめ
  • 還元率は20%前後
  • ガチャギフト
  • エフェクト専用ギフト

アプリ内通貨である「小豆」はイベントなどで無料配布される機会も多いため、リスナーは気軽に投げ銭できる=ライバーは稼ぎやすくなる環境が出来上がっています。

ふわっち

ふわっちは多彩なエフェクトや稼げる要素があるライブ配信アプリ。

ふわっちの特徴

  • ランキング機能が充実
  • サービス開始されて比較的新しい
  • 気軽に動画やラジオ配信できる
  • アイテムやエフェクトで盛り上がれる
  • 美顔機能で可愛く・カッコよく盛れる
  • 多彩な配信スタイル

「ふわっち」は、操作が簡単で分かりやすいため、ライブ配信初心者であっても気軽に始めやすいアプリです。

また、「ふわっち」は、ウサギ、キツネ、たぬきといったカテゴリもあり、例えばウサギカテゴリであれば「たくさんの人に視聴してもらいたいが、配信を見て貰えない」などちょっと他のアプリと違った分け方をされている配信もあります。

こうしたカテゴリから、他のアプリでは出会えなかったようなファンと出逢うこともあるでしょう。

ふわっちの魅力!稼げるの?

  • 比較的新しいアプリなので配信者の数が少なくチャンスが多い
  • 年齢層が少し高め
  • ランキングに入賞するとポイントが貰える
  • リスナーが課金しやすいイベントアイテムが多数実装
  • イベントアイテムやギフトを換金できる

LIVE812

「LIVE812」は、リアルタイムで視聴者とのコミュニケーション取るタイプのサービスで、ライバーの年齢層が10代から80代と非常に幅広い珍しいサービスです。

LIVE812の特徴

  • ライブコマース機能
  • 配信にはタレント契約が必要
  • 配信で活躍すれば芸能界デビューの可能性も
  • ギフトのエフェクトが充実
  • 年齢層が幅広い

「LIVE812」を運営している株式会社YAIZOOは、テレビやラジオに出演する劇団員やタレントが所属する芸能関係の会社であるため、芸能関係やプロモーション関連に強いコネを持っている可能性が高いです。

「LIVE812」で活躍していくことで、配信以外の道を拓けたり、配信以外の収入を得たりすることが可能になる可能性もあります。

稼げるの?

  • 視聴者がそれほど多くなくてもギフトが貰いやすい
  • ギフトとライブコマース(商品販売)で稼げる
  • 簡単な手続きで商品販売出来る
  • ハンドメイドやCD販売で稼げる

「LIVE812」の最大の特徴はライブコマース機能で、これは「LIVE812」を通じて商品を販売するシステムです。

配信者が自身の歌を吹き込んだCDやハンドメイド品など自身が制作・開発に携わったものを販売出来るため、この商品が売れれば、ライブ配信中でなくても報酬が増えていくことになります。

ボイコネ

「ボイコネ」は、自分の“声”を使ってライブ配信を楽しんだり、推しボイスへの応援ができるアプリです。

声劇や雑談、歌ってみた配信など楽しみ方は実に様々で、“声”に関するコンテンツが多彩に準備されています。

声での表現力や演技を磨きたい人、声優を目指している人など、声を使った活動に興味がある人なら誰でも配信でき、リスナーからの反応や感触を確かめることができます。

本作の魅力ポイント

  • 声に関する表現に興味があるなら誰でも気軽に配信できる
  • 声劇ライブ・フリートーク・お題回答ボイス・立体音響など、できることは実に様々
  • シナリオライターとしてシナリオをアップロードすることも可能
  • 最大5人で声劇ライブ配信も可能
  • 配信者・リスナーのマナーが良く荒らしが少ない
  • 投げ銭システムもあり

本気で声優を目指す人や声フェチが集うことでジワジワと人気を集めているボイコネは、ライブ配信アプリの中でも利用者のマナーが良いと評判のアプリです。

また、自分が書いたシナリオを他の配信者が読んでくれる機会もあるなど、表現者としてのスキルアップに繋がるコンテンツが多く、同じ夢や目標をもつ利用者たちとのコミュニティ形成にも一役買ってくれる場になっています。

wordle日本語版の詳細や遊び方について解説

世界で話題沸騰中のwordleをご存知ですか? wordleとは簡潔に言うと単語当てゲームです。 パソコンやスマートフォンで遊ぶことができます。 但し、開発者が海外の方のため、通常版は英語のスペルで遊 ...

\\follow//

-カラオケ
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.