生活

新型コロアワクチン接種証明証アプリとワクパスを間違えてしまう原因とアプリの違いについて解説

2021年12月20日、日本政府公式の「新型コロナワクチン接種証明証アプリ」の配信が開始されました。

多くのユーザーこのアプリをダウンロードする上で「ワクパス」と呼ばれる別のアプリを間違えてダウンロードしてしまっている事実がネット上にて発覚しています。

この記事では、2つのアプリを間違えてダウンロードしてしまう原因や、両アプリの違いについて紹介していきます。

Contents

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」と「ワクパス」を間違えてダウンロードしてしまう理由

コロナワクチンを接種した事を証明する為に開発されたアプリ「新型コロナワクチン接種証明証アプリ」

しかし、そのなかで「ワクパス」と呼ばれる別のアプリをダウンロードしてしまう人々が続出。

一体なぜ、そのような事態が起きてしまったのか、その原因について紹介します。

アプリストアにて「ワクチン証明アプリ」と検索した際に一番上に「ワクパス」が出てくる

アプリをダウンロードするには、App StoreGoogle Playといったアプリストアにて、アプリの検索をかける必要があります。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」に関連するワードとして、「ワクチン証明アプリ」と検索する人が多いようですが、その際、検索結果の一番上に「ワクパス」が出てきてしまう事が明らかとなっています。

検索をかけて一番最初に出てきたアプリである為、これを「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」と勘違いしてダウンロードをする人が続出しているとのことです。

アプリストアで検索をかけても「新型コロナワクチン接種証明書」のアプリが出てこない

ワクチン接種を証明する為のアプリは、「新型コロナワクチン接種証明証アプリ」以外にも多く存在しています。

その為アプリストアにて検索をかけても他の類似アプリが表示されてしまい、「新型コロナワクチン接種証明証アプリ」を見つける事ができない、といった声があがっています。

類似アプリの多さが、「新型コロナワクチン接種証明証アプリ」をダウンロードしたい人を困惑させてしまい、誤ったアプリのダウンロードへと繋げてしまっているようです。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」と「ワクパス」の概要

それぞれのアプリの概要を説明します。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」はワクチンの「接種証明書」の入手ができる

「新型コロナワクチン接種証明書」は、コロナワクチンを接種した事を証明する「接種証明書」を入手できるアプリです。

マイナンバーカードさえあれば、誰でも接種証明証が入手できる仕組みとなっています。さらに海外でも使える接種証明書の発行も、パスポートさえあれば発行が可能との事です。

接種証明書提示を求めている国内外の各施設やライブなどの大型のイベント会場にて、自分がワクチン接種を行った事を簡単に証明できるアプリとなっています。

「ワクパス」はアプリを使って接種証明をする事で様々な「提携サービス」が受けられる

ワクパス公式サイト

「ワクパス」は、コロナワクチンを接種した事を証明し、さらにその証明をアプリを通じて行う事で様々な「提携サービス」が受けられるアプリとなっています。

提携サービスが受けられるのは、「ワクパス」に賛同している企業が運営している店舗や施設です。

2回のワクチンを接種した事を証明する証明書と、顔写真付き身分証明書の2点があれば、誰でも登録・利用ができます。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」と「ワクパス」の違い

少々の差はあれど、ワクチン接種を証明するという点では「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」も「ワクパス」も同じ性能を持つアプリだといえなくもありません。

そこでもう少し2つのアプリの違いを比較してみようと思います。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」は日本政府公式のアプリ

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」の最大の特徴は、日本政府内にある「デジタル庁」が開発したアプリだという点です。

このデジタル庁は、今年(2021年)9月に新設されたばかりの行政機関であり、日本全体のデジタル社会の形成に関する施策を行う機関となっています。

日本政府公式の機関による開発アプリの為、類似アプリの中においては非常に信頼度が高いアプリだといえます。

「ワクパス」は民間主導によるアプリで日本政府公式ではない

一般社団法人メディカルチェック推進機構公式サイト

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」が日本政府公式のものである一方、「ワクパス」は民間主導のアプリとなっています。

感染症対策や健康診断の受診率向上など、ヘルスケアへの貢献を活動内容とする「一般社団法人メディカルチェック推進機構」と、新型コロナウイルス感染症に関する行政や医療機関への支援を活動のメインとしている「ICheck株式会社」が共同開発した、民間初のアプリとして2021年11月10日にios版、の配信を開始しました。

なお、あくまでできるのはコロナワクチンを接種したという証明記録の登録だけの為、証明書を発行できるというわけではありません。

証明書の発行というよりは、接種したという記録を使って証明を行うアプリと考えた方が良いでしょう。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」と「ワクパス」の比較表

これまで紹介してきた「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」と「ワクパス」の概要・違いが一目でわかるよう、でまとめてみました。

新型コロナワクチン接種証明書アプリワクパス
日本政府が開発したアプリである民間運営のアプリである
ワクチン接種証明書を入手できるワクチン接種の記録・証明ができる
海外でも使用可能な証明書を入手できる賛同企業にて提携サービスを受けられる

以上の点が、「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」と「ワクパス」の概要・違いとなります。

「ワクパス」をダウンロードしておくメリット

もし間違えて「ワクパス」をダウンロードしてしまった場合、削除をしてしまう前に一度「ワクパス」が自分にとって有益かどうか、確認してから削除をする事をおすすめします。

なぜなら「ワクパス」にはただ削除してしまうには、もったいないメリットが3つも存在しているからです。

提携先の飲食店や宿泊施設にて様々なサービスが受けられる

「ワクパス」をダウンロードしておく最大のメリットは、様々な店舗・施設にて受けられる「提携サービス」にあります。

「ワクパス」の賛同企業が運営している店舗・施設に限定されてはいるものの、アパホテルやかっぱ寿司、東京商工会議所など、多くの有名企業が本アプリに賛同している為、日常的に使えるお得な優待が受けられる仕様となっています。

また賛同企業以外の企業も無料クーポンの配布などを行える仕組みが取られており、定期的な参加企業の拡大が行われていく事も発表されています。

ワクチンを受けられない人の為の証明代替措置がある

「ワクパス」では、アレルギーを理由にワクチンを接種できない人の為の「証明代替措置」が存在しています。

これは、接種したくても接種できないユーザーを配慮して取られた措置であるとのこと。検査による証明を記録する形で、代替えを行う事が可能となっています。

抗原検査キットの購入が可能

「ワクパス」では、アプリを通しての抗原検査キットの購入が可能です。

「ワクパス」に登録、ワクチン接種の記録を証明するだけで誰でも利用可能な為、抗原検査キットの購入を考えている方にはうってつけのアプリだといえるでしょう。

「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」を使える場所と使用方法

それでは、「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」がどのようなアプリか判明したところで、実際にこのアプリがどのような場所で、どのように使う事ができるのかについて紹介していこうと思います。

国内の飲食店舗

日本国内にて、コロナワクチン接種証明書の提示を求めている飲食店舗での使用が可能です。

現状、接種証明書の提示を求めている店舗はまだそう多くはありませんが、居酒屋など人が多く集まり、密集しやすい店舗では証明書の提示を求める事が多くなってきています。

その際に、日本政府公式である本アプリにて証明書の提示を行えば、入店可能の許可を貰う事が可能となります。今度も証明書の提示を求める店舗が増える可能性もありますので、これからの対策として本アプリをダウンロードしておいて損はないでしょう。

ライブやコンサートなどのイベント会場

ライブやコンサートといった大規模なイベントの会場では、コロナ感染症対策として、ワクチン接種証明書の提示を求められる場合があります。

その際に、本アプリを使用すればイベントへの参加が認められるようになります。

飲食店舗同様、まだまだ接種証明書の提示を求めるイベントは多くはありませんが、今後増えていく可能性はありますので、これからの対策として本アプリのダウンロードを行っておくのも良いでしょう。

海外への渡航の手続き

海外への渡航手続を行う際、ワクチン接種証明書の提示を求められる場合があります。

その際、本アプリを使用すればワクチン接種証明書の提示が可能となります。

また海外へ渡航する場合、海外用のワクチン接種証明書も発行しなければいけません。本アプリでは、この海外用のワクチン接種証明書の発行も可能な為、渡航手続きの際に申請を行う必要がなくなります。

「ワクパス」を使える場所と使用方法

続いて「ワクパス」の使い方について紹介します。

「ワクパス」がどのような場所で使え、使用が可能なのか解説していきます。

「ワクパス」と提携している企業の店舗や施設

「ワクパス」と提携している企業の店舗や施設にて利用が可能です。

対象店舗にて本アプリを提示し、ワクチンを接種済みである事を証明するだけで、様々な提携サービスを受けられます。

対象店舗はアプリ内にある「優待」の項目を通して確認ができます。

受けられるサービスは店舗によって異なりますので、内容を確認してからサービスを受けましょう。

アプリ内を通しての抗原検査キットの購入

「ワクパス」アプリそのものを使って、抗原検査キットの購入が可能です。

共同開発先であるICheck株式会社のオンラインストアを通じてキットが購入できる仕様となっており、キットの値段が安くなるお得なクーポン券も発行されています。

新型コロナワクチン接種証明書アプリでエラーや不具合が発生する原因と対処法を解説

    新型コロナワクチン接種証明書アプリでエラーや不具合が発生しています。 新型コロナワクチン接種証明書アプリでエラーや不具合が発生する原因と対処法を解説していきます。 &nbs ...

続きを見る

\\follow//

-生活
-, , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.