インスタ

インスタライブの練習機能の使い方と注意点について解説

インスタライブでは、配信前に練習ができる機能が追加されています。

今回は練習機能の使い方や疑問について解説していきます。

インスタライブの練習機能とは

インスタライブは今までライブを開始すると誰でも見れてしまう状況でした。すぐにライブが開始されるので、しっかり映っているか、照明は暗くないかなど、確認する機会がありませんでした。

しかし、多くのクリエイターからの要望により、ついに練習機能が追加されました。

インスタライブの練習機能はどのような機能が使えるのか以下にわかりやすくまとめています。

練習機能

  • ライブ配信する前に練習で動画が撮影できる(長時間録画可能)
  • フィルターが使える
  • 練習配信に複数人招待できる(最大3名)
  • 練習配信の動画はスマホに保存できる
  • 練習動画はシェアできる
  • アーカイブで動画を残すことも可能

上記のようにインスタライブの練習機能はさまざまな機能が利用できます。

これだけの機能が使えれば、本番前にさまざまな調整を行えるので、ライブ配信への心配事も少し減るでしょう。

インスタライブの練習機能って必要なの?

インスタライブの練習機能って本当に必要なの?と疑問に思う方もいるでしょう。

練習機能がついたことにより、以下のようなメリットが生まれています。

メリット

  • 映り方を調整できる(背景や照明などのチェック)
  • コラボ相手と本番前に打ち合わせできる
  • 練習機能を使えばエフェクトを使った長時間の動画撮影ができる

映り方の調整や打ち合わせなどに練習機能を使えば、本番のライブ配信もスムーズに進むでしょう。その結果、視聴者が満足できるような配信へ近づけられます。

インスタライブの練習機能の使い方

まず、ライブ画面までたどり着くための操作方法を紹介します。

インスタを起動させ、右上の+をタップ、次にライブをタップします。これでライブ画面が表示されます。

開始

ライブ画面の左側にある共有範囲をタップします。

 

次のメニューから練習共有範囲を設定の順番でタップしてください。

最後に、下部のメニューからをタップすると練習配信が開始されます。

練習配信中のボタン・機能説明

以下に練習配信中のボタン・機能についてまとめています。

①PRACTICE:タップすると経過時間の確認可能

②🎙(マイク):マイクのオンとオフの切替が可能

③🎥(ビデオカメラ):カメラのオンとオフの切替が可能

④↺↷:アウトカメラ・インカメラの切替

⑤✨:エフェクト

⑥コメント:コメントの追加やオフ・質問オフなどの設定ができる

⑦🎥に+:ライブ配信参加者の承認

⑧🙎:ライブ配信に招待

⑨➤:DMを送れる

終了

練習配信を終了する場合は、右上のをタップします。「ライブ動画を終了しますか?」と表示されるので、動画を終了をタップしてください。

動画をダウンロードをタップすると練習配信がスマホに保存されます。

メディアを破棄をタップすると、練習配信の動画が消えるようになっています。しかし、アーカイブがオンになっている場合は30日間残るようになっています。

もっと多くの人にライブ配信をタップすると、共有範囲が公開に設定された状態で、ライブ配信前の画面に戻ります。

アーカイブに残したい場合はあらかじめ設定が必要です!

ライブ配信の練習機能で撮影した動画をアーカイブに残しておきたい場合は、アーカイブの設定がオンになっている必要があります。

インスタを起動させ、下部のメニューから一番右のアイコンをタップします。マイページが開いたら右上のをタップしましょう。

メニューから設定をタップしてください。

次にプライバシー設定をタップします。次のメニューでライブをタップしましょう。

ライブ動画をアーカイブに保存をオンにしておきましょう。

これで、本番・練習のライブ配信どちらもアーカイブに残しておけます。

アーカイブが残っている期間は30日間です。30日経過するとアーカイブは削除されます。

練習機能でゲストを招待する方法

インスタのライブ配信でできる練習機能はゲストを招待してコラボ配信の練習もできます。

招待する方法と招待された側(ゲスト)の操作方法を解説していきます。

招待できる人数は最大3人までです。

招待側

先ほど紹介した方法でライブ配信の練習を開始します。練習配信になったところで、右下にある🙎をタップします。招待するという画面で招待したいユーザーのアカウント名を入力して検索します。

次に、アカウント名の右側にある招待をタップします。

次の画面で○○とライブ配信を開始をタップしてください。ゲストから参加のリクエストがあったら、下部の🎥に通知が来るのでタップします。

アカウント名の右側にある承認をタップしてください。

これでゲストとコラボ配信の練習ができます。

ゲスト側

ゲスト側は練習のライブ配信に招待された場合、アクティビティに通知が来ます。

インスタのホーム右上にあるをタップします。○○からライブ動画へ招待がありましたをタップします。

練習の配信画面に参加できます。練習のライブ配信でコラボしたい場合は、参加をリクエストをタップします。

次の画面でリクエストを送信をタップしましょう。リクエストが承認されればコラボ配信の練習ができます。

コラボ配信へ参加した場合ゲスト側はカメラやマイクのオンオフ機能がないので注意してください。

※インカメラ・アウトカメラの切り替えやエフェクト設定などは可能です。

インスタライブの練習配信でアーカイブされた動画を確認する方法

インスタライブの練習配信でアーカイブされた動画を確認するには、まずホーム画面の下部のメニューからアイコンをタップします。

メニューより、アーカイブをタップします。

上部の項目をタップして、ライブアーカイブを選びます。すると今までの練習配信がアーカイブとして一覧で表示されます。

アーカイブ動画をシェアする方法

アーカイブ一覧からシェアしたい動画を選びます。すると下の部分にシェアするというボタンが表示されるので、タップしてください。

シェアできるアーカイブ動画は1分以上からです。

アーカイブ動画を保存する方法

アーカイブ一覧から保存したい動画を選びます。下の部分にダウンロードボタンがあるのでタップするとスマホに保存できます。

インスタライブの練習機能についての疑問

ここからはインスタライブの練習機能についての疑問を紹介していきます。

練習機能で配信した場合フォロワーやフォロワー外にバレるの?

練習機能でライブ配信した場合、フォロワーやフォロワー外のユーザーにバレることはありません。

通知されることもないので、ゆっくり練習ができます。

また、コラボした相手もフォロワーにバレることはないので安心してください。

フィルターは使えるの?注意点についても

フィルターはライブ配信の練習機能でも使えます。練習中に部分をタップすることで、フィルターが使えます。

ただし、練習開始前に選んだフィルターは練習配信中では解除されてしまいます。

練習配信後に再度をタップしてフィルターを選ばないといけません。

■顔を隠して練習配信したい場合■

練習配信前に設定したフィルターは、配信後に外れてしまうので、動画に一瞬顔が映る状況になります。

もし、練習配信を共有するという方は顔が映った部分をカットして共有するようにしてください。

なおフィルターを追加したい場合は、以下の記事で解説しているので参考にしてください。

インスタストーリーで後からフィルターやエフェクトの加工が出来なくなった場合の原因と対処法

練習のライブ配信はアーカイブに残せるの?

ライブ配信の練習機能で撮影された動画はアーカイブとして残せます。

ですが、アーカイブの設定をオンにしている状況に限るので、練習配信する前に設定を確認しておきましょう。

鍵付きアカウントでも練習機能は使えるの?

非公開アカウント(鍵付きアカウント)でも問題なくライブ配信の練習機能は使えます。

1人だけの配信だけでなく、コラボ配信でも利用できます。

インスタライブでコメントの表示や書き込みと非表示が出来ない場合の原因と対処法をご紹介

インスタではインスタライブでコメントの表示や書き込みなどが全くできなくなる不具合が発生しました。 今回の記事ではインスタライブでコメントの表示や書き込み、非表示ができなくなった問題の詳細や対処法につい ...

続きを見る

\\follow//

-インスタ
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.