LINE

オープンチャットで送信取消ができない原因とその対処法について解説

オープンチャットの送信取消とは

オープンチャットの送信取消とは、オープンチャットのトークルームに送信したメッセージを消す機能の事です。

送信取消を行ったメッセージは、自分側の画面だけではなく、相手側の画面から見た時も削除される仕様となっています。

なお、メッセージ以外にも送信した画像の削除も可能。

メッセージや画像の誤送、削除したい発言の書かれたメッセージなどを消したい時に使える便利な機能です。

送信取消の使い方

送信取消を行うには、まず消したいメッセージを長押しします。

するとメッセージに関する様々な機能が載ったメニューが出てきますので、その中にある送信取消をタップします。

最後に送信取消に関する注意が記載されたメッセージが表示されますので、メッセージ右下にある赤字の送信取消をタップしましょう。

これでメッセージの送信取消が完了します。

オープンチャットで送信取消ができない原因

それでは、実際に送信取消の操作を行ってもメッセージが消されない場合の原因について紹介します。

送信取消には時間制限が存在する

実は、オープンチャットのメッセージの送信取消には時間制限が存在しています。

制限は24時間。この制限を超えると、どんなメッセージも画像も削除をする事が不可能となってしまいます。

この事に気づかず、24時間経った後に送信取消をしようとした結果、メッセージが消せなかったという事態がユーザー間で起こっているようです。

なお、こちらの時間制限は通常のLINEのメッセージにおいても同じ仕様となっています。

24時間経っていないのに削除ができない原因

次に、時間制限を守っているのにメッセージが消えない場合についての原因について紹介します。

LINEの仕様に則ってメッセージを送信取消した筈なのに消えないという方は、以下のような理由からそのような事態になっている可能性が高いです。

間違えて削除を押している

送信取消ボタンのあるメニューには、削除というボタンも存在します。

送信取消ができていない場合は、こちらの削除を送信取消のボタンと間違えて押している可能性があります。

削除も送信取消同様にメッセージを消す事ができる機能ですが、送信取消と異なり、相手側の画面にはメッセージが表示されままの状態となってしまいます。

メッセージの送信取消がきちんと行えている場合はトークルーム上に「メッセージの送信を取り消しました」というメッセージが表示されます。対し、削除の場合はそのような表示は行われません。メッセージの表示が行われていない場合は、送信取消ではなく削除を行ってしまったと考えて間違いないでしょう。

最終確認の際にキャンセルボタンを押してしまっている

「送信取消の使い方」でも説明したように、送信取消を行う際には画面上に最終確認を行うメッセージが表示されます。

この時に、キャンセルの方を押してしまうと送信取消が行われなくなってしまいます。

送信取消を行ったのにメッセージを消えない場合は、間違えてキャンセルを押してしまっている可能性があります。

ネット回線の調子が悪い

オープンチャットはネットを使用したサービスです。その為、ネット回線が悪いとチャット内のあらゆる機能に弊害をきたす場合があります。

メッセージの送信取消もネットが繋がっていないと行う事が不可能です。

削除ボタンを押していない、送信取消の操作の際に間違えてキャンセルを押してもいない、それなのに送信取消が行えないという場合は、ネット回線に原因がある可能性が高いです。

オープンチャットで送信取消ができない時の対処法

送信取消ができない原因についてわかったところで、実際に送信取消ができなかった時の対処法について紹介していきます。

送信取消は24時間以内に行う

「送信取消には時間制限が存在する」でも紹介したように、メッセージの送信取消は24時間以内に行われなければなりません。

ですのでメッセージの送信取消を行いたい場合は、24時間以内に行う事を意識するようにしましょう。

この時間制限はLINE全体の制約の為、意識するようにしておけばオープンチャットだけではなく通常時のLINEトークでも送信取消の失敗をする可能性が減ります。

押したボタンが削除ではなかったか確認する

タップしたボタンが削除ではなかったか、今一度確認してみましょう。

「間違えて削除を押している」でも説明したように、削除をタップしていた場合は画面上にメッセージを消した旨が記載されたメッセージの表示が行われません。表示がされていない場合は、削除を押したと考えて間違いありません。

送信取消を押したい場合は、間違えて削除を押さないよう、きちんとタップするボタンを確認してからメッセージの取消を行いましょう。

ネットが繋がっているか確認する

ネットの回線がしっかり繋がっているか確認しましょう。

ネットの繋がりが悪かったり、繋がりそのものが切れていると送信取消を行う事は不可能となります。

またネットとの繋がりが切れていると、オープンチャットそのものを利用する事ができなくなってしまいますので、送信取消の際に限らずオープンチャットを使う時にはネットの繋がりが良い場所で使用するようにしましょう。

ルームの管理者に削除を頼む

最後の対処法は、トークルームの管理者にメッセージを削除して貰う方法です。トークルームの管理者は、他のメンバー達と異なり、ルームに参加するメンバー全員のメッセージを削除できる権限を持っています。ですので、どうしても自分で送信取消ができなかった場合は、管理者に頼んで消して貰いましょう。

管理者が誰であるかがわからない場合は、メンバーページから確認しましょう。メンバーページは、トークルームの画面右上のメニューボタンをタップした後、メニューページ内にあるメンバーをタップする事で確認できます。

表示されたメンバーのアイコンの横に、青丸で囲まれた白い王冠マークをつけている人がトークルームの管理人です。

対処法を試しても送信取消が行えなかったら

それでは、紹介した4つの方法を試しても送信取消が行えなかった場合対処法について紹介します。

オープンチャットの管理者になる

紹介した4つの方法を試しても送信取消ができなかったのならば、トークルームの管理者になってみましょう。

「ルームの管理者に削除を頼む」でも説明したように、管理者になれば自分以外のメンバーも含むルーム内の全てのメッセージを削除する権限を得られます。さらに管理者権限として、24時間を超えてもメッセージの削除が行えます。

なお、管理者になるにはトークルームの開設を行う必要があります。

トークルームの開設は、オープンチャットのトップページ右下にある緑色のボタン(新規チャット作成ボタン)をタップする事で行えます。

すると、チャットルームの名前や説明、カテゴリーを設定するページが表示されますので、書かれている内容に沿って必要な情報を入力しましょう。入力が終わったら、画面右上にある次へをタップします。

最後に管理者である自身が使うアイコンとニックネームを入力する画面が開かれます。情報を入力した後、画面右上にある完了をタップすればトークルームの開設が完了します。

管理者に共同管理者設定をして貰う

2つ目の方法が、共同管理者になる事です。

共同管理者とは、管理者とは別にオープンチャットを管理するもう1人の管理者、いわゆる副管理者といった立場にあたる者の事です。

トークルームに参加するメンバーが増えてきた事によりルームの管理が大変になってきた際などに、管理者がルーム管理の補助を担う役としてメンバーから選ぶ事ができる役職となっています。

この共同管理者に選ばれたメンバーは、管理者とほぼ同等の権限を得る事ができます。その為、自分以外のメンバーを含むトークルーム内のメッセージの削除を行う事ができるようになります。

共同管理者になる上での注意

最後に共同管理者になる上での注意点について紹介します。

管理者とほぼ同等の権限を手に入れられる共同管理者ですが、場合によってはメッセージの削除を行えない可能性がありますので、そちらについて解説していきます。

管理者側から権限を貰えないとメッセージの削除ができない

共同管理者が使用できる権限は、管理者側から許可が出ているものに限られています。ですので、管理者側がメッセージ削除の権限の許可を出していなければ、たとえ共同管理者になったとしてもメッセージの削除は行なえません。

その為、共同管理者になってメッセージの削除を行いたい場合はメッセージの削除を行う権限を貰えるよう、管理者に頼む必要があります。きちんと管理者にメッセージを削除する権限が欲しい旨を伝え、共同管理者に設定をして貰いましょう。

なお、共同管理者が使える権限は、共同管理者となる事が決まった後からでも変更可能です。

LINEのオープンチャットが突然消えた原因と対処法を解説!

LINEで見知らぬ大勢の人とチャットができるオープンチャット機能が突然消えてしまう問題が発生するケースがあります。 今回はLINEのオープンチャットが突然消える場合の原因と対処法についてご紹介していき ...

続きを見る

\\follow//

-LINE
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.