音楽

Spotify(スポティファイ)の再生履歴機能の使い方を解説!

Spotify(スポティファイ)は数千万曲の楽曲が楽しめる音楽配信サービスです。

配信楽曲数は同ジャンルアプリの中でも群を抜いており、ラインナップが非常に充実しているのも特徴で、無料でも十分に活躍してくれる世界で人気のトップサービスです。

2021年3月に、このSpotify(スポティファイ)に新機能「履歴再生機能」がリリースされました。

今回は新しく登場した「履歴再生機能」について使い方やできることを徹底解説していきます。

Spotify(スポティファイ)の履歴再生機能とは

新しく実装されたSpotify(スポティファイ)の履歴再生機能は下記の特徴が挙げられます。

  • 最大過去3か月分の再生履歴が一覧で確認ができる
  • 一覧から簡単に再生できる
  • 「いいね!」やアーティスト情報などの確認もできる
  • フリープラン(無料会員)も利用可能

今までのスポティファイでは聴いてきた楽曲の履歴を確認することは簡単ではなく、遡ることができても50曲までと制限が設けられていました。

しかし今回のアップデートではそれらの不便な点は全て取り除かれ、トップ画面から簡単に遡ることが可能になりました。

スポティファイを利用している多くのユーザー待望の新機能といえるでしょう。

Spotify(スポティファイ)の履歴再生機能の使い方

履歴一覧はトップ画面から簡単に確認できます。

トップ画面右上に表示されている時計のアイコンをタップします。

すると再生した楽曲や確認したアーティストの履歴、アルバムが時系列順で表示されます。

気になる項目をタップすることで再生や詳細の確認が行えます。

Spotify(スポティファイ)の履歴再生機能からできること

スポティファイの履歴再生機能は、単に履歴から好きな楽曲を再度再生するだけに収まらず、通常の再生機能と同等の操作が行えます。

履歴再生機能ができること

  • 「いいね!」への追加
  • 曲の非表示設定
  • 既存プレイリストへの追加
  • [次に聴く]の設定
  • 友だちへシェアする
  • アルバムの確認
  • アーティストの詳細を確認
  • 楽曲クレジットの確認

備えられて機能を上手に使うことで更に便利に、自分好みにスポティファイを楽しめるようになります。

いいね!

気に入った楽曲に「いいね!」をすると「My Library」へ保存されます。

いわゆる「お気に入り」機能と考えればわかりやすいでしょう。

「My Library」へまとめられた楽曲は、さらに好きな曲だけを抜粋して作る「プレイリスト」へと利用できるようになります。

この曲を非表示にする

「この曲を非表示にする」を設定すると、収録されているプレイリストやアルバムを再生するとき、再生されなくなります。

設定時に注意すること

非表示設定は各プレイリスト・各アルバム単位に行います。

つまり、とあるアルバムに収録されているA曲を非表示設定しても、別のプレイリスト内に登録されているA曲は非表示設定扱いとなりません。

この場合はプレイリスト内のA曲も非表示設定する必要がある、ということになります。

「履歴一覧」はアルバム・プレイリストに該当しないと判断されているようで、「履歴一覧」内で非表示設定をしても「履歴一覧内」の楽曲再生時は再生されてしまうようです。(2021年4月1日現在)

プレイリストに追加

気に入った音楽だけをまとめたあなただけのプレイリストに直接楽曲を収納できる機能です。

あらかじめまとめておきたい「プレイリスト」を作っておくとスムーズに管理しやすいでしょう。

[次に聴く]に追加

再生リストの順番を変更できる機能です。

現在再生中の楽曲の再生完了後、指定した曲を次に再生するように差し込むことができます。

シェアする

該当の楽曲を外部サービスを使ってあなたのお友だちにシェア(共有)することができる機能です。

シェアの方法は下記が用意されています。

好きな曲をシェアするツールは?

  • メッセージ(SMSまたはMMS、iMessage)
  • Instagramストーリーズ
  • Twitter
  • LINE
  • URLのコピー
  • その他(Eメールなど)

アルバムを表示

「アルバム表示」は、該当の楽曲が収録されているアルバムの他の楽曲が一覧で確認できます。

もちろんその一覧から再生したい楽曲を選ぶこともプレイリストに入れることも可能で、一種の検索機能のように活用するととても便利です。

アーティストを表示

「アーティストを表示」を選ぶと、楽曲のアーティストページへジャンプします。

アーティストページでは下記の情報を閲覧・再生することが可能です。

  • 人気曲(1曲単位)
  • 配信中のアルバム
  • 配信中のシングル曲
  • 該当アーティストが含まれているプレイリスト
  • 関連アーティスト
  • アーティストの詳細情報

詳しく知りたいアーティストに出会ったらアーティストページを見てみましょう。

閲覧すると情報がギュッと詰まっており、一々検索して曲を探すという手間が省けて便利です。

楽曲クレジット

該当の楽曲の制作に関わる情報が確認できます。

確認できる主な内容は下記を参照してください。

  • アーティスト名
  • 作曲家
  • プロデューサー
  • 出典

Spotify(スポティファイ)の履歴は一覧から消すことはできない

スポティファイの履歴一覧に反映されるのは「一曲まるまる再生完了した直後」です。(途中早送りしても反映)

再生が一度完了されてしまうと自動的に履歴一覧に楽曲名が表示されるようになり、履歴一覧から削除することはできなくなります。

なお、同じ曲を何度も聞いたとしても、履歴に残るのは一番最近に再生された履歴のみなので、同じ楽曲が複数回履歴上に現れることはありません。

非表示設定にした場合

仮に再生履歴内の楽曲を「非表示設定」をONにしても、履歴一覧から楽曲の表示は消えません。

また前述通り、非表示設定をONにしても通常通り再生も行われてしまうので、現状は履歴内での「非表示設定」はほぼ意味をなさないと考えてもよさそうです。

Spotify(スポティファイ)の履歴再生機能は無料会員も利用可能

スポティファイは利用料無料で使える「フリープラン」と、広告非表示や機能を拡張して使える有料会員の「プレミアムプラン」が用意されています。

無料プランでも一曲をフルで楽しめたり、検索機能が充実しているなどライトユーザーなら十分な機能が搭載されています。

フリープランでできること

  • 楽曲の1曲フル再生
  • 楽曲・アーティストの検索機能の利用
  • プレイリストの作成
  • 歌詞の表示
  • オススメ曲の提供を受けられる
  • 音質の選択

反面、フリーではできないことも沢山あります。

音楽好きやヘビーユーザーとなってくると有料プランを活用する方が自由度が高く、自分好みに利用できることに間違いはありません。

Spotify(スポティファイ)のプレミアム・フリープランの機能の違い

スポティファイのプレミアム・フリープランの大きな違いは「広告の有無」と「再生方法」の違いが挙げられます。

プレミアムプランフリープラン
料金体系980円/月無料
再生方法好きな曲を自由に再生可能シャッフル再生
広告 広告なし広告による中断あり
オフライン再生可能オンライン再生のみ
音質最高音質(320kdit/秒)まで可高音質(160kdit/秒)まで可
スキップ機能スキップ無制限1時間に6回まで

プレミアムプランの中にもアカウントを共有できる「Dou」「Family」や、認定大学の学生対象のプラン「Student」なども選択ができます。

配信曲数の違い

スポティファイの無料プランの凄いところは有料プラン」と同様のラインナップから自由に楽曲が聴くことができるという点にあります。

機能面の融通の利かなさは確かに満足できるものではありませんが、配信楽曲自体が限られていたり、再生制限がかけられているわけではありません。

有料プランを利用する理由としては「快適な音楽視聴環境を整えるため」といった意味合いが主になっています。

Spotify(スポティファイ)は無料トライアル期間がある!

 

有料プランであるスポティファイは機能を実際に使って楽しめる「無料トライアル」が用意されています。

有料プランとなると、毎月費用が発生するためランニングコストがかかってしまいます。

使い心地もわからないまま、契約するよりは一旦実際にトライアル利用をして配信ラインナップや機能の相性を確かめてみましょう。

無料トライアルここから

無料期間は何日?

スポティファイの無料トライアル期間の日数はタイミングによって異なります。

例えば本記事作成中の2021年4月の無料トライアル期間は1ヵ月と定められていますが、過去には60日間の長期無料トライアルが実施されていた実績もあります。

Spotify(スポティファイ)のプレミアムプランに加入する手順

スポティファイをプレミアムプランに切り替える際はアプリから手続きはできません。

ブラウザ版の公式ページから手続きする必要がありますので、ご注意ください。

無料トライアル申し込みページから今すぐ始めるをタップし申し込みを開始します。

該当のログイン方法で自分のアカウントにログインしましょう。

トライアル終了後の支払い方法を任意で選択しましょう。

画像はクレジットカードを選択した場合の表示画面です。

支払い条件を設定後SPOTIFY PREMIUMを開始をタップすることでプレミアムプランのトライアルが開始されます。

他にオススメの音楽サイトを紹介!

他にオススメの音楽サイトを紹介していきます。

music.jp

music.jpは最大級の音楽配信サービスサイトです。しかも音楽だけではなく、動画・本まで揃った総合サービスです。

普段CDを購入している方に特にオススメしたいサービスで、お試し視聴も出来るので好みの曲を探すのにとても便利です。

しかもなんと31日間無料お試し可能なので、自分にあったサービスなのか実際試してみることも可能です。



↑詳細は上記から確認可能です 

・音楽、動画、電子書籍全て利用可能

・ポイントで購入やレンタル可能

・総勢800万点以上

・1曲単位で購入可能

・ポイントが還元される

・毎月通常ポイントと動画ポイントが貰える

31日間無料お試し可能

音楽・動画・書籍・マンガの豊富なコンテンツの中から、気になる作品をすぐに購入でき、原作本~映像化作品~主題歌まで一気に手に入れることもできます。

ジャンル

・J-POP

・インディーズ

・ロック

・HIP HOP/R&B

・テクノ・トランス

・CM

・TV・ドラマ

・ラジオ

・映画

・アニメ

・特撮

・ゲーム

・洋楽

・その他

・アレンジ

ジャンルは主に上記になります。総勢800万点以上ものコンテンツを取り揃えています。


↑詳細は上記から確認可能です 

SMART USEN

SMART USEN(スマートユーセン)は、1,000を超える音楽専用チャンネルを24時間毎日気軽に楽しめる音楽聴き放題アプリ。

SMART USEN

↑上記から無料お試し出来ます

SMART USENの特徴

  • 豊富なジャンル
  • 様々なジャンルの音楽を新旧問わず聴ける
  • スマホで聴けるので場所を選ばない
  • 音楽以外のチャンネルもある
  • 一定時間操作がないと停止する(寝落ち時に便利)
  • 月額490円(税抜き)

J-POP、洋楽、ジャズ、クラシックなど様々なジャンルを網羅しており、最新曲から懐メロ、定番の曲まで新旧問わず聴けるのも魅力のうちのひとつです。

同じ曲を何度もループして聴きたいという人にはあまり向きませんが、聴きたい曲が決まっていないけれど作業用にずっと音楽を聴き流していたい、色々な曲に触れてみたいという方に向きます。

テーマ、ジャンル別でチャンネルがあるので、ある程度どういった曲が聴きたいという要望に応えられるのもメリット。

SMART USENでお気に入りの曲を探して、他のサービスで落とすようにすれば、カラオケの持ち歌も増えることでしょう。

SMART USEN

↑上記から無料お試し出来ます

SMART USENのお得情報

  • 31日間無料聴き放題
  • 聴き放題で月額490円とお得

通常時は無料体験期間が3日間ですが、最大31日間に延びており、さらにお得となっています。

SMART USEN

↑上記から無料お試し出来ます

\\follow//

-音楽
-, , , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.