Twitter

ブラウザでTwitterを使っているのに強制的にアプリが開く!原因と対処法

Web検索を使用して表示した記事を閲覧する時、Twitterの記事をそのままブラウザで閲覧したいのに何故かTwitterアプリが起動してしまう。

こちらの記事はそんな時に使用中のブラウザで閲覧できる方法を紹介していきます。

ブラウザでTwitterを開きたいのにアプリが起動してしまう

SafariやGoogle Chrome等のWebアプリでキーワード検索した結果やメールの本文にリンクが表示されていることがあります。

そのURLリンクを開こうとした際に公式アプリをスマホにダウンロードしていると、現在開いているSafariブラウザではなく公式アプリが自動的に起動してアプリでツイートが表示されてしまうことがあります。

ここではそのようにWebではなく公式アプリが起動してしまう原因や詳細を解説します。

Twitterでフォローが外れるときの原因と対処法について解説

アプリが開く原因

Web表示ではなく公式アプリが起動してしまう理由は『ユニバーサルリンク』です。

ユニバーサルリンクとは、iOSに搭載されている機能の一つで、URLリンクを開いた時に最適なアプリを使用してURLのリンク先を表示する機能。

主にリンク先の会社が公式に提携・開発したアプリが自動的に起動されます。

今までSafariブラウザのまま記事が見られたのに、ある日を境に公式アプリが開くようになってしまったという場合は上記画像のようなユニバーサルリンクを機動してしまったのが原因です。

一度アプリで起動するとその後はアプリで開かれるように記憶される

ユニバーサルリンクは一度起動してしまうと、その後はリンクを開こうとした際に毎回公式アプリで表示されるように記憶されてしまいます。

もしWebアプリを使用しているときに公式アプリを起動しないよう固定したい場合には『safariで開く』を参考に設定してください。

こんな時に起動される

URLリンクを開いたときに公式アプリが起動されるのは、次の行動を行った時です。

  • web検索の検索結果で表示されたサイトを開いた
  • メールに添付されているリンクを開いた
  • YouTubeなど、他アプリの概要欄などに貼られているリンクを開いた

他のアプリでも同じ現象が起きる

Twitter以外にユニバーサルリンクが対応されているアプリには次のようなものがあります。

下記のアプリも対処の仕方は一緒なので、アプリが起動して困ってる場合には『Twitterがアプリで開いてしまう時の対処法』を参考にして症状を解消してみてください。

  • Amazon
  • Wikipedia
  • Google マップ
  • Facebook
  • Instagram

バックグラウンドアプリが多いとスマホのバッテリー・パケット消費が増える

Webアプリのまま見たいのに公式アプリが起動してしまうと、元の検索結果の画面に戻るのが手間になる他、起動しているアプリが増えるためバッテリーの消耗も増えます。

また、自動起動したアプリによっては一度に送信される情報量が増えてパケット代がかさむといった弊害も起こりえます。

好んで公式アプリを使いたいのでなければ使用しているWebアプリのままTwitterを開くのが良いでしょう。

アプリで開いてしまう時の対処法

URLが公式アプリで起動してしまう時の対処法を次の2つのパターンでご紹解説します。

  • 公式アプリを起動している状態からweb表示に切り替える
  • webの検索結果をweb表示のままでTwitterを開く

Web表示に固定したい場合には『safariで開く』の操作を行えば、その後は毎回Safariブラウザのまま使用できので試してみてください。

Twitterのツイートが読み込めない!原因と対処法を画像で解説

Twitterアプリ内での対処法

Webの検索結果で表示された記事をタップして公式アプリが起動されてしまった場合には、次の手順を行えば一時的にSafariや他のブラウウザアプリで表示できます。

まずWebで表示したいツイートの右下にある共有ボタンを選択します。

次にその他の方法でツイートを共有をタップ。

先程のツイートを開くアプリを選択する画面が映し出されるので、上記画像のSafariで開くを押してください。

Safariのアプリが起動しSafariブラウザで映し出されます。

また他のブラウザのスマホアプリで閲覧するには、アプリ選択の画面で指定したいWebアプリのアイコンリンクをタップしてください。

Safariと同じく自動的にアプリが起動し、指定したWebアプリで記事を表示します。

ブラウザ検索時の対処法

Safariで閲覧したい記事(記事の左上にTwitterロゴが表示されているもの)を長押しします。

上記の左側の画像が表示されるので、画面下部に表示されている赤枠の部分を上にスワイプしてください。

すると右側の画像のように選択した記事の開き方の種類が表示されます。

これ以降は「safariブラウザで引き続きTwitterを表示する場合」または「Safari以外のWebアプリで閲覧する場合」に応じてそれぞれ下記の手順を確認してください。

注意ポイント

長押しでなく"押し込み"をしてしまうと『3D Touch』が起動してリンクを開く操作画面とは別の画面が表示されてしまうので注意しましょう。

Safariで開く(ブラウザ表示固定にする)

ブラウザ検索時の対処法を参考に、選択した記事の開き方を選ぶ画面を表示してください。

現在使用しているSafariブラウザで表示したい場合には一番上に表示されている開くを選択。

この方法で一度開けば、今後キーワード検索結果の記事を普通にタップしただけでTwitterをSafariで見ることができるようになります。

新しいタブで開く(ブラウザ表示固定にする)

ブラウザ検索時の対処法を参考に、選択した記事の開き方を選ぶ画面を表示してください。

新しいタブで表示したい場合には新規タブで開くを選択してください。

Safariで開く』と同様に、この方法で一度リンクを開けば次回以降記事をタップしただけでwebで閲覧できるようになります。

safari以外のブラウザで表示する

ブラウザ検索時の対処法を参考に、選択した記事の開き方を選ぶ画面を表示します。

Google Chromeなど他のWebアプリで表示する場合には一番下に表示されている共有をタップしてください。

各アプリのアイコンが表示されるので、記事を閲覧したいwebアプリのアイコンを選択し、次の画面で表示された選択肢から○○で開くを選びましょう。

指定したアプリが起動して選択した記事(ツイート)が表示されます。

注意ポイント

この操作では一時的に他のwebアプリで起動するようになります。次回以降ツイート記事をタップした場合、引き続きアプリ版で開くようになっているので注意しましょう。表示方法をsafariブラウザに固定したい場合には『Safariで開く』を参考に操作を行ってください。

ブラウザ版でしか使えない設定・機能は?

ブラウザ版とアプリ版で操作できる設定や機能に若干の違いがあります。

ブラウザ版のみで行える設定・機能は下記の通りとなっているので、ブラウザ版・アプリ版を使い分ける参考にしてみてください。

  • DMを受け取った時メールで通知される
  • アカウントの削除
  • モーメントの作成・編集
  • Twitter広告の作成
  • アナリティクスの設置

Twitterで「フォローされています」という表示が消えた!原因と対処法を解説!

\\follow//

-Twitter
-, ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.