Twitter

Twitterがカクカクする詳細と対処法を徹底解説!

最近Twitterがカクカクする、重い、動きが悪くなるユーザーが急増しています。今回はTwitterがカクカクする、重い、動きが悪くなる場合の原因や解決策を紹介していきます。

Twitterがカクカクする

症状

・Twitterがカクカク

・Snapdragon855など高スペックでもカクカクする

・フリーズに近い症状、重い

・文字打つ時、スクロールするときにカクカクしやすい

Twitterがカクカクするユーザーが急増しています。カクカクするだけではなく、重い・動きが悪くなるといった症状も出ています。

この症状はスマホやPCが高スペックでも発生しています。

特に文字打つ時、スクロールするときにカクカクしやすくなっています。

原因

・アップデートしていない

・サーバーに問題がある

・障害が発生している

・アカウントが複数ある

・キャッシュが溜まり過ぎている

・OSが最新では無い

・端末の容量が不足

・フォロー・フォロワーが多い

など

Twitterがカクカクしやすい主な原因は上記となっています。もちろん上記が必ずしもの原因ではありませんが参考にして下さい。

下記ではTwitterがカクカクする原因別の対処法を解説していきます。

対処法

ポイント

・アップデート

・再起動

・一旦アプリを閉じて再度開く

・バックグラウンドのアプリを消す

・キャッシュの削除

・OSのアップデート

・Wi-Fiの接続を確認

・データセーバーをオンにする

・メディア、ウェブストレージの削除

・すべてのウェブページストレージの削除

・TwitterLiteを使用する

Twitterでカクカクする場合の対処法を分類に分けて解説していきます。いくつか試してみて下さい。

アップデート

しばらくTwitterをアップデートしていない方はアップデートがかなりオススメです。新しいアップデートに不具合の修正が含まれていたり、より良くスムーズにTwitterが使えるように改善されている場合が多いのでまずアップデートを行ってみましょう。

AppStoreのアイコンマークをタップしましょう。次にアップデートをタップしてアップデートを行いましょう。

再起動

「iPhone X、Phone 11」

サイドボタン(スリープ/スリープ解除ボタン)と音量ボタン(上側または下側)を同時に電源を消すボタンが表示されるまで押し続けます。
電源を消しボタンをスライドして端末の電源を完全に切ります。サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで押し続けます。

「iPhone 8より前」

上部のボタンorサイドボタンを電源を切るボタンが表示されるまで押し続けます。
電源を消すボタンをスワイプして電源を完全に切ります。電源が切れたら、上部のボタン(またはサイドボタン)を再びAppleロゴが表示されるまで押し続けます。

再起動も不具合が起きた時に真っ先に試したい対処法です。再起動することによって改善する不具合も多いです。再起動の手順は上記になります。

一旦アプリを閉じて再度開く

一旦アプリを閉じて再度開いてみましょう。次の対処法で紹介していますが、一緒にバックグラウンドからTwitterも削除しましょう。

そして再度Twitterを開いてみましょう。症状が改善している場合もあります。

バックグラウンドのアプリを消す

バックグラウンドで複数のアプリを起動している場合は、アプリの動作が悪くなったり不具合が起きやすくなってしまいます。上に一度スワイプすると、バックグラウンドで起動しているアプリが表示されますので更に上にスワイプしてアプリを削除しましょう。

Safariなどに溜まったキャッシュ等をクリア

Safariなどに溜まったキャッシュ等をクリアすることによって不具合が改善することもあります。他の対処法と併用して試してみて下さい。

設定を開いてSafariをタップしましょう。下にスクロールして履歴とWebサイトデータを消去をタップするとSafariのキャッシュが削除出来ます。

OSのアップデート

OSのアップデートをしばらくアップデートしていないと不具合が起きやすいです。設定一般ソフトウェア・アップデートをタップしましょう。

そしてダウンロードしてインストールをタップするとアップデートがスタートします。時間がかかる場合がありますので注意して下さい。

Wi-Fi

・フリーWi-Fiに繋がっている

・Wi-Fiとの接続が悪い

・通信制限がかかっている

Wi-Fiの接続が弱かったり、フリーWi-Fiに繋がっていると、スマホが動かない場合があります。今一度Wi-Fiの接続を確認しましょう。一度Wi-Fiを切って、4Gや5Gを試してみるのも手です。

通信制限がかかっていないかも確認しましょう。

データセーバーをオンにする

TwitterのデータセーバーとはTwitterの通信量を節約出来る機能です。

参考

・画像や画像を低画質で読みこむ
・通信量が減る
・動画が自動再生しない

上記を制限することによりTwitterのカクツキを抑えることが出来ますので試してみて下さい。

設定とプライバシーデータ利用の設定をタップしましょう。

データセーバーをONにしましょう。これで設定が完了です。

メディアストレージの削除

メディアストレージの削除することによりカクカクする、動きが悪い症状が改善しやすくなります。

設定とプライバシーデータ利用の設定をタップしましょう。

メディアストレージに使用しているストレージが表示されます。

メディアストレージメディアストレージを削除で削除完了です。

ウェブストレージ、すべてのウェブサイトストレージの削除

ウェブストレージ、すべてのウェブサイトストレージの削除も同じ手順です。

設定とプライバシーデータ利用の設定をタップしましょう。

次にウェブサイトストレージをタップしましょう。ウェブストレージを削除すべてのウェブサイトストレージの削除をタップすると削除完了です。

ウェブストレージ、すべてのウェブサイトストレージに関しては下記で解説していますので参考にしてみて下さい。

メディアストレージとウェブストレージとは

・メディアストレージ→画像やGIF画像などのデータ

・ウェブストレージ→ウェブサイトのデータ

上記はキャッシュと呼ばれるもので、キャシュが溜まっていると動きが悪くなります。

メディアストレージとウェブストレージ削除しても特に問題ありません。

メディアストレージとウェブストレージを削除する場合の注意点

注意点

・メディアストレージ→画像とGIF画像のデータが削除されるので同じデータを再ダウンロードしないと表示されなくなる

・ウェブストレージ、全てのウェブストレージ→Cookieやログインなど全てのウェブサイトデータが削除されるので、同じデータを再ダウンロードしない限り表示されない

(※下書きが消える場合あり、再度パスワードの入力が必要)

ウェブストレージ、全てのウェブストレージはサイトのパスワードを保管しているキャッシュなので削除する場合は注意して下さい。

またパスワードを入れなくてはいけないので、パスワードを覚えているか確認しておきましょう。

アプリをアンインストール

上記の対処法を試しても改善しない場合は、Twitterのアプリのアンインストールを試しましょう。

ほぼ無いですが、稀にデータが消えてしまう場合もありますので注意して下さい。

Twitterアプリを長押しすると、アンインストール可能です。

Android版のTwitterで「いいね!」が押せない場合の原因と対処法について解説!

Android版のTwitterアプリで「いいね!が押せない」または「RTができない」不具合が発生しています。この「いいね!」や「RT」ができない不具合の発生状況や原因・対処法について解説しますので、 ...

続きを見る

\\follow//

-Twitter
-,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.