google

Googleフォトのアーカイブから画像や動画が消える!?詳細と対処法を解説!

Googleフォトを使っていると、保存したはずのストレージから画像や動画が消えてしまうというユーザーが発生しています。

実は、Googleフォトは使い方、特にデバイスとGoogleフォトアプリの同期に気をつけないと、大事な写真を消してしまったというアクシデントに遭ってしまう可能性も高いです。

この記事では、Googleフォトで画像や動画が消えないようにする方法と消えたときの原因と対処法について解説していきます。

Googleフォトの画像が消えないようにする方法

Googleフォトが消えないように作業する方法について解説します。

Googleフォトを安全に使う方法に関しては下記の記事を参考にしてください。

Googleフォトは危険?怖い?監視されている?噂の詳細や安全性について

写真がアーカイブ出来ないときは下記の記事が詳しく便利です。

【解決】Googleフォトで写真がアーカイブ出来ない原因と対処法

Googleフォトにスキャンして取り込みたいときは、下記の記事を参考にすると良いでしょう。

【最新】Googleフォトスキャンの使い方、紙の写真をスマホに取り込む方法も徹底解説!

画像が勝手に消えないようにする方法

Googleフォトで画像が勝手に消えないようにするためには、デバイスと同期させないことが最も簡単な方法であると言えます。

同期はさせたいが画像が消えるのは困るという場合は、ブラウザ版から不要な画像を削除するなど工夫が必要です。

写真を削除すると同期している端末上からも消えることがある

その理由としては、デバイスとアプリ版を同期することで、Googleフォトで画像を削除するとデバイスでも連動して、その画像が消えてしまうからです。

「このデバイスから〇個のファイルを削除できます」と表示されるが大丈夫?

Googleフォトで画像を消そうとしたとき、「このデバイスから〇個のファイルを削除できます」という表示がされたときは、デバイスから画像は削除されますが、Googleフォトにはバックアップが残っています。

そのため、完全にデータが無くなるわけではないため安心してください。

Googleフォトだけの画像を消す方法

Googleフォトとデバイスを同期していると、Googleフォト内の画像を消すことでデバイス内の画像も連動して削除されます。

そのため、Googleフォトだけの画像を消したいときは、下記の方法を取るようにしましょう。

同期を無効

同期を無効にすることで、デバイスで画像を削除してGoogleフォトでも勝手に消えたり、Googleフォトで画像を削除してデバイスで勝手に消えたりすることがなくなります。

同期を無効にしたいときは、メニューアイコンをタップしてください。

設定をタップ。

バックアップと同期をタップします。

「バックアップと同期」の右横にあるバーをタップして無色になれば無効状態です。

ブラウザ版Googleフォトで画像を削除する方法

ブラウザ版で不要な画像を削除すれば、デバイスに画像を残してGoogleフォトから削除することができます。

この手順としては、まず「Googleフォトブラウザ版公式サイト」にアクセスしてください。

Googleフォトにアクセスをクリックします。

Googleフォトのサービスに入れたら、消したい画像をクリックしましょう。

ゴミ箱アイコンをクリック。

OKを押せば画像が削除されます。

注意!Androidアプデ後に勝手に写真が消える不具合も

特にAndroidユーザーは、アップデート後に勝手に写真が消える不具合に注意してください。

この対処法としては、他のストレージサービスや他デバイスにバックアップを取っておくことが挙げられます。

Googleフォトの画像が消える原因

Googleフォトの画像が消えるときの原因は下記の通り。

問題のあるところ/項目原因対処法
アプリ・デバイス

画像がうまく表示されない再ログイン
他のアプリで撮影などした写真デバイスフォルダを確認する
設定バックアップの対象がカメラ撮影のみとなっている(Android)設定の変更をする
バックアップ・アップロードまだ画像をバックアップ・アップロードしていないGoogleフォトに画像をアップロード/非推奨:同期
同期端末とGoogleフォトを同期している状態でアプリから画像を削除した消したくない画像を非同期フォルダに入れる/ブラウザ版で削除する/同期する(非推奨)
自分

画像はあるが見つけられていない画像を検索する
ログインしているアカウントが間違っている正しいアカウントにログインし直す
インターネット環境ネット環境が悪い電波が通りにくい場所にいる:移動する・窓を開ける・扉を開ける
通信速度が遅い通信制限・エリア障害・システム障害:時間を置く
ルーターの調子が悪い:再起動・ICカード抜き差し・リセット・修理/ルーターの位置が悪い:窓を開ける・ルーター位置の変更
アプリアプリの初期化
アプリデータとキャッシュの削除

インターネットが繋がりにくい状況が原因でGoogleフォトが表示されず、その結果消えてしまったと勘違いする場合は、下記の記事で対処法を学ぶことができます。

ZOOMで音声が途切れるときの詳細と対処法を解説!

アプリデータとキャッシュを削除したいときは下記の記事を参考にしてください。

ZOOMの画面共有で動画がカクカクするときの原因と対処法を解説!

Googleフォトの画像が消えるときの対処法

Googleフォトで画像が消えるときの対処法を解説します。

ココに注意

画像が消えてしまった以外にも、目当ての画像が見つからなかったり、画像がアップロード出来ていなかったという原因もあります。

再ログイン

画像が全く表示されなかったり、表示されるはずの画像に一部欠けが見られたりした場合は、Googleフォトに再ログインすることをおすすめします。

これは、アプリ版とブラウザ版どちらであっても試すことをおすすめします。

Googleフォトのバックアップ対象を広げる(Android)

AndroidでGoogleフォトアプリを使っていると、デフォルト状態ではカメラ撮影された画像のみバックアップの対象となります。

そのため、Androidを使っていてバックアップでGoogleフォトに画像を取り込もうとするとき、一部の画像や動画した取り込むことは出来ません。

この取り込む範囲を広くするためには、Googleフォトで設定を変更する必要があります。

この設定を変更するには、まずアイコンをタップしてください。

バックアップと同期をタップ。

デバイスのフォルダのバックアップをタップします。

読み込みたい画像や動画の種類(使っているアプリなど)の横にあるバーをタップして色付きにすることで選択すればOKです。

バックアップする

Googleフォトとデバイスを同期設定してそのまま放置すると、デバイスの画像はGoogleフォトに反映されません。

つまり、Googleフォトへのバックアップがされていないことが原因で、撮ったはずの画像が消えていると勘違いしているのです。

これが原因のときは、デバイスとGoogleフォトを同期させるか、個別でGoogleフォトにアップする必要があります。

一々アップロードが必要ない同期は便利そうに感じますが、Googleフォトの画像を消すとデバイスの画像も消えるという問題が発生したり、安全面に問題があったりするため、メリットとデメリットを考えて利用するようにしましょう。

Googleフォトは危険?怖い?監視されている?噂の詳細や安全性について

ココがポイント

安全やプライバシーの面から、同期はOFF状態にしてデバイスからのアップロードをおすすめします。

デバイスからアップロードする方法

デバイスからGoogleフォトに画像や動画をアップロードするには、まずメニューアイコンをタップしてください。

アーカイブをタップ。

アイコンをタップします。

Googleフォトのアーカイブにアップロードする画像をタップして選択していき、選べたら完了をタップしましょう。

Googleフォトのアーカイブに保存できました。

バックアップの条件

バックアップするときは、モバイル通信とWi-Fiで接続することができますが、デフォルトの状態だとWi-Fi通信時でないとバックアップ出来ません。

そのため、そのままの設定だとモバイル通信状態ではバックアップが出来ないのです。

この解決法としては、Wi-Fiに接続してバックアップするか、設定を変更してモバイル通信でバックアップすることが挙げられます。

モバイル通信状態でバックアップするためには、アイコンをタップしてください。

バックアップと同期をタップ。

モバイルデータ通信の使用量をタップします。

「モバイルデータ通信量を利用して写真」の横にあるバーをタップして色付き(有効)にすればOKです。

なお、画像だけでなく動画もモバイル通信でバックアップしたい場合は「モバイルデータ通信を使用して写真…」ち「モバイルデータを利用して動画をバックアップ」の横にあるバーをタップして有効状態にすればOKです。

ログイン状態の確認

Googleフォトにログインしているアカウントが間違っている可能性があります。

いつもバックアップしているアカウントと画像が消えたという現象が発生しているアカウントが同じアカウントか確認してみてください。

また、ブラウザ版でいつも使っているGoogleフォトアカウントにログインしてみて画像や動画が消えてしまっているか確認してみることもおすすめです。

開いているGoogleフォトのアカウントを確認するにはアイコンをタップしてください。

「アカウント」の下でアカウント名などを確認することが可能です。

ココがポイント

いつも使っているアカウントでなかったら、正しいアカウントでログインし直すと良いでしょう。

デバイスフォルダを確認する

インスタなど他のアプリで撮影されたり、公開されている写真を確認したいときは、Googleフォトのデバイスのフォルダを確認しましょう。

デバイスフォルダの確認方法は、Googleフォトを起動してライブラリ選択しすべて表示をタップすればOKです。

Googleフォトで確認する(空き容量を増やすを利用した場合)

Googleフォトで「空き容量を増やす」を利用した場合、デバイスから画像や動画が削除される可能性があります。

これが原因のときは、Googleフォトには画像が残るので、バックアップを取っている場合はGoogleフォト内を確認してみると良いでしょう。

ゴミ箱から復元

画像を間違えて削除してしまったことで、フォルダに目当ての画像が見つからない可能性があります。

これが原因のときは、ゴミ箱を確認してみましょう。

削除から60日間以内であれば復元することが可能です。

画像の復元方法はゴミ箱をタップしてください。

長押しすればひとつまたは複数の画像を選択することが可能です。

画像の選択が出来たら復元をタップすればアーカイブに復元されます。

また、ひとつの画像を選択する場合であればその画像をタップ。

復元タップしても復元可能です。

他デバイスや他ストレージサービスから復元

パソコンや他のストレージサービスやUSBメモリーに大事な画像や動画を保存しておき、Googleフォトやデバイスから消えてしまったときに、そちらからコピーして復元するという手段もおすすめです。

パソコンやUSBメモリーに保存しておく場合、復元したいデバイスにそのままコピー、Googleフォトに復元したいときはアップロードすれば良いだけなので、難しい作業をすることなく画像や動画のバックアップを取っておきたい場合はこちらの方法が良いでしょう。

特にPCを使ってバックアップを取っておくことがおすすめです。

この理由としては、大容量であること、復旧が容易であることが挙げられます。

スマホからパソコンにバックアップを取るときは、まずUSBケーブルで繋ぎ、スマホで許可を出します。

パソコンでの作業に移ります。

パソコンのPCを開きバックアップを取りたいデバイスをクリックして開いてください。

あとはバックアップしたい画像や動画を選択してパソコンにドラッグするだけです。

なお、パソコン側では、分かりやすいように「スマホバックアップファイル(日付)」といったような名前でファイルを作っておき、そこにバックアップ画像や動画を入れておくと良いでしょう。

バックアップした画像や動画をスマホに戻したいときも、スマホとパソコンをUSBケーブルで繋いで許可します。

パックアップを戻したいデバイスを選択してください。

パソコンからバックアップした画像や動画をスマホに選択してドラッグし戻せばOKです。

ココがポイント

この方法であれば、間違えて画像をゴミ箱に入れてしまったケース以外でも復元することができます。

アプリで復元

Googleフォトで画像や動画が消えてしまうのは、大きくわけて下記が原因です。

  • Googleフォトアプリアップデートの不具合
  • 間違えてゴミ箱に入れてしまった
  • デバイスと同期している状態でGoogleフォトから消してしまったことでデバイスからも削除される

ゴミ箱から復元できるのは、「間違えてゴミ箱に入れてしまったとき」と「意図的にゴミ箱に削除したとき」だけです。

他の事柄が原因で画像や動画が削除されたときは、復元アプリを使うようにすれば解決する可能性がありま

もちろん、自分で削除したデータの復元にも有効なのでおすすめです。

ただし、100%全てのデータが復元できると保証されているわけではないことに注意してください。

こうした復元アプリは様々ありますが、特に評判が良くおすすめしたいのは「 消した画像を復元(超簡単)」です。

「 消した画像を復元(超簡単)」を使ったデータの復元方法を簡単に解説していきます。

まず、「 消した画像を復元(超簡単)」を起動したら、復元可能な画像を検索をタップしてください。

復元できる画像フォルダが表示されます。

復元したいフォルダをタップ。

画像一覧が表示されます。

あとは復元したい画像を選択して復元するをタップしましょう。

復元成功とポップアップが表示されればOKです。

さらに詳しく

キーワード検索は出来ませんが、画像を撮影した時期や画質でフィルターをかけることができます。

アーカイブに移っている可能性

Googleフォトのアーカイブに画像や動画が保存してある場合は、メニューアイコンをタップ。

アーカイブをタップすることでアーカイブ内を確認することが可能です。

復元出来るお店に頼む

スマホで消えてしまったデータを復旧するサービスを提供しているお店もあります。

店舗に行くことなく郵送で復旧してくれるところも多いので便利です。

ただし、数万円以上かかることも珍しくないため、まず無料のリカバリーアプリなどを試すことをおすすめします。

ブラウザ版で削除を行う

同期している端末のGoogleフォトアプリで画像を削除すると、その端末からも画像が消える現象が発生します。

Googleフォトから削除して端末に残したいときは、ブラウザ版から削除することで端末に残すことが可能です。

アプリ版Googleフォトから消すと、同期状態だと端末からも消えるので注意してください。

ブラウザ版から削除する方法については【ブラウザ版Googleフォトで画像を削除する方法】で解説しています。

デバイスから削除(Googleフォトに残して端末から削除)

逆にGoogleフォトに画像を残してデバイスから削除したいときは、消したい画像を長押しして選択してメニューアイコンをタップしてください。

デバイスから削除をタップ。

デバイスから削除をタップすればOKです。

画像を検索する

Googleフォトに大量の画像を置いてある状態だと、見たい画像が埋もれてしまって見つかっていないだけの可能性があります。

こうした場合は、検索機能を使って目当ての画像を見つけることをおすすめします。

画像検索のやり方は、「検索窓」に人物、場所などのキーワードを加えて検索するだけです。

【最新】Googleフォトスキャンの使い方、紙の写真をスマホに取り込む方法も徹底解説!

フォトスキャンはGoogleから提供されているアプリで、写真をデータとして取り込むことができます。 写真は色あせたり、破けてしまったりともろいことがデメリットですが、それをデータとして残しておけるので ...

続きを見る

\\follow//

-google
-, , , , , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.