ライブ配信

ふわっちの自投げは違反か詳細や注意点などを解説

 

収益を得られるライブ配信アプリには、様々なルールや規約が定められており、破ることでペナルティやアカウント凍結を被る場合があります。

それは人気アプリの「ふわっち」も同様で、順位評価や収益を左右する「自投げ」について、再三問題視する議論が繰り広げられています。

ふわっちの自投げについての詳細

ギフト機能が備わっているライブ配信アプリで度々議論されているのが自投げと呼ばれる行為です。

 

特にふわっちのように無料でプレゼント用のアイテムを手に入れやすいアプリでは投資を最小限にしながらの自投げが行いやすく、問題視されやすい条件が揃っているという事情もあります。

自投げとは

自投げとは、サブアカウントを使って自分自身の配信に対してコメントやギフトを贈る行為を指します。

 

コメントやギフトが集まることで、イベント時などのランクが上がりやすくなり、結果的に高い還元率で収益を得られるようになるなど、ライバーにとって大きなメリットが得られる行為です。

しかし、1アカウントで頑張って配信をしているライバーにとっては明らかに不利であり、「正当性がない」として頻繁にSNSなどを騒がせています。

組織的な自投げを行うケース

所属事務所や仲の良いメンバーが過度にギフトを贈る行為も場合によっては問題となります。

いわゆる「身内投げ」や「事務所投げ」と呼ばれるこの行為は、配信を盛り上げる程度に収まらず、一般のリスナーを煽ったり、大量のギフトやコメントで人為的にスコアを上げてしまうことが問題とされています。

ふわっちの自投げは規約違反

このように自投げをすることは、ライバーにとって大きなメリットに繋がりやすく、公平さに欠ける行いであることは間違いありません。

個別規約 第4条

6. ユーザーは不正行為をする目的で複数のユーザーアカウントを持つことができません。

引用:ふわっち規約

自投げは、ふわっち規約内の「不正行為」に当てはまる行為であるといえます。

複数のアカウントを使っての不正行為は垢バン対象

規約に触れる行いは立派なルール違反です。

ルール違反を行えばペナルティを受けるのは当然であり、悪質な場合は、「垢バン」(アカウント凍結)をされてしまったケースもあります。

一時的な凍結か、永久凍結であるかを決めるのはふわっちの運営ですが、悪質であれば悪質なほど、重い罰則を受けることになります。

自投げのように、意図的でないと行えない不正の場合は、重い罰則対象になりますのでしっかり覚えておきましょう。

複数のアカウントを持つこと自体は規約違反ではない

以前のふわっちは、一人につき2アカウントの作成までと明確な制限が設けられていました。

 

しかし今では、複数アカウントを保持すること関するに記述が削除されているので、一人が複数のアカウントを保持し、使い分けることを禁じていないことがわかります。

アカウントを分けて配信ジャンルを管理したり、聞き専アカウントにしたりと他者に大きな影響を与えることなく、使い勝手向上のために活用する分には問題ありません

ふわっちの自投げの見分け方やバレるのか

IPアドレスを変えるなど、運営側からもバレないように巧妙に自投げを行っているユーザーの場合は、他者から見分けることは非常に困難でしょう。

しかし自投げを行うアカウントの中には、いかに運用者が注意していようと通常のリスナーではありえないような違和感を感じさせることが多くあります。

リスナー側も自投げというルール違反があることを周知しているため、違和感が重なれば、やがて疑いへと繋がっていき、追及されてバレるというケースもあります。

違和感を感じるケース

  • 同じ配信者のルームによく似た名前のリスナーが立て続けに入室してきたとき
  • 複数のアカウントがセットになって入室してくるアカウントがある
  • 「こん」「にち」「は!」など、複数のアカウントから繋がるメッセージを送ってきたとき
  • イラストのタッチが似ているなど、同じアイコンや類似したアイコン
  • 独特な言葉回しや顔文字などの特徴でバレやすくなる

ふわっちで自投げする場合の注意点

以上の通り、ふわっちで自投げをすることは規約違反であるため、決してお勧めできる方法ではありません。

自投げする側はバレないように注意していても、他のリスナーたちも周りをよく見ているので、ひょんなことから疑惑をかけられてしまうことがあります。

通報され、事実確認をされてしまうとアカウントの停止や凍結など、重い罰則がかけられてしまいます。

視聴者にバレないとは限らない

些細な違和感から疑惑をかけられてしまうと、リスナーから追及をされたり運営へ通報をされることも少なくありません。

万が一アンチのような存在がいれば、SNSや掲示板上で書かれてしまったりと、大事になったことも確認されています。

不正行為なので通報等でバレるとペナルティ対象になる

リスナーから通報されたり、通常ではありえないアカウントの使用をされるとペナルティをかせられることがあります。

罰則を受けた事案

普段使っているスマホで「配信用アカウント」を運用。

古いスマホをWi-Fiに繋いで「サブアカウント」を運用。

ある日、普段使っているスマホで「配信用アカウント」からログアウトして、「サブアカウント」に切り替えしてアイテム集め。

そのあと、普段使っているスマホを「配信用アカウント」に切り替えて配信を開始。

古いスマホでログインした「サブアカウント」からアイテムを投げようとすると、アカウントが一時停止のペナルティを科せられた。

理由は、サブアカウントからログアウトしていない状態で、今使っているスマホからログインしたため、不正使用として規制対象になったというもの。

このように、普通ではありえないアカウントの稼働状況を検知されるとペナルティ対象になりやすくなっています。

また、1回目だと比較的早めに復帰しますが、2回目となると1週間以上凍結されたり、重い場合だと永久凍結になることもあるので、より注意が必要です。

IRIAM(イリアム)は配信始まって最初に投げたギフトが3倍分になるか検証して解説

投げ銭機能が搭載されているIRIAM(イリアム)には、ライブ配信がどれだけ盛り上がっているかを数値化した「盛り上がりスコア」という機能があります。 この盛り上がりスコアを通常より3倍分急上昇させる初回 ...

続きを見る

他に安全で人気のオススメライブ配信は?

他に安全で人気のオススメライブ配信を紹介します!今のうちに自分にあったライブ配信アプリを見つけておくことをオススメします。

17LIVE

17LIVE(17ライブ)は、大手ライブ配信サービスです。

有名アーティストをCM起用したりコラボライブ配信を行うなど、業界屈指の話題性と熱い活気で、高い知名度を誇っています。

提供サービスは一般的な動画配信、音声配信サービスをメインにしており、もちろんギフト機能も搭載しているのでライバーとして収益を得ることも可能です。

17LIVEのポイント

  • 台湾発祥のライブストリーミングサービスで、だれでも気軽にライブ配信を行える人気アプリ。
  • 日本人ユーザーはそこまで多くないので、今から参入しても稼げるチャンスがある。
  • 登録ユーザー数は全世界で5000万人を突破しており、芸能プロダクションとコラボしたイベントも盛んに行われている。
  • 盛んなジャンルは「歌」「ダンス」「雑談」で、スマホ一台で簡単に配信・視聴ができる手軽さが喜ばれている。
  • 日本でもアーティストやタレントが配信を行ったり、イベントに参加することも。
  • 不適切な行為がないか24時間体制の監視体制を設けており、安全性向上にも努めているサービスなので、安心度が高い。
  • 無課金でも無料ギフトが付与されることもあるので、利用のハードルが低い。

数多くあるライブ配信アプリの中でも抜群の知名度とユーザー数を獲得していますが、まだまだ日本人ライバーは少数な傾向です。

リスナーとしてはもちろん、安定的な配信環境と盛んなイベントを活用することで、ライバーデビューを行いやすいアプリの一つでもあります。

IRIAM(イリアム)

キャラクターアバターと雑談や交流・Webライブの視聴が出来るアプリ。

YouTubeには、架空のキャラクターに喋らせるバーチャルYouTuberというジャンルがあります。

IRIAMは、このVtuberの配信のみがされているライブ配信アプリと考えると分かりやすいでしょう。

IRIAMの特徴

  • 低遅延(平均0.1秒)/低通信量(通常の動画配信と比較して1/30以下)/高画質
  • キャラクターの配信のみ
  • Vtuber好きにおすすめ
  • アバターを可愛く着せ替えられる

Vtuberを本業として生計を立てているライバーも多く、中には月に数億円稼ぐ人もいるそうです。

ただし、IRIAMで配信するためには、IRIAMによるオーディションに通過する必要があります。

IRIAMの魅力!稼げるの?

  • 歌ってみた/お喋り/ゲーム実況などが多い
  • Vtuberをやってみたい人におすすめ
  • 声だけで配信したい/声だけで稼ぎたい
  • 顔出ししなくても稼ぎやすい
  • 異性のファンが付きやすい

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)はYYが運営するライブ配信アプリ。

PK配信やマルチゲスト配信といった他にはない機能があり、視聴者を盛り上げ、マンネリ化を防ぐことが可能です。

BIGO LIVEの特徴

  • ファンクラブが作れる
  • グローバルユーザー3億人突破
  • スタンプやフィルターが豊富
  • 友達と対決するPK機能
  • マルチ配信機能で配信者9人まで同時進行可能
  • 海外向けに配信したい人におすすめ
  • Google翻訳機能

「BIGO LIVE」は、海外向けに配信したい人に特に向くライブアプリ。

翻訳機能もあるため、日本語しか話せなくてもある程度意思疎通を取れます。

まだ、日本人ライバーは少ないため、始めるならライバルがいない今がチャンスです。

ファン制度、ファミリー制度など視聴者と親密になれる機能が豊富であり、ファンと仲良くなることで、さらに収益化を目指せます。

また、公式ライバーになれば最低ランクで時給1,500円を貰え、さらに投げ銭で稼げます。

BIGO LIVEの魅力!稼げるの?

  • グローバルユーザーが多いため海外のファンも作れる
  • 日本人配信者が少ないため、日本人のライバルが少ない
  • コラボが盛んなのでコラボしたい人向け
  • 公式ライバーになれば時給と投げ銭で稼げる

21LIVE

世界中のリスナーと繋がれるアプリ21LIVEは、2021年に誕生したばかりのライブ配信アプリです。

サービスを開始したばかりのため、大手配信アプリと比べてまだまだ配信者が少なく、稼げるチャンスが非常に高いと話題を集めています。

ポイント

  • 2021年夏に登場したアプリなので、ライバルが少なく、ランキング上位を狙いやすい
  • 配信時間に制限はあるが、未成年でもライバーとして活動でき、収益を得ることもできる
  • 即日での換金が可能
  • コミュニケーションツールが充実しているので、ライバーや視聴者との交流が取りやすい
  • 人気ライバーや歌い手のピックアップイベントやプライベート配信も楽しめる
  • ビューティーカメラを搭載しているので、ビデオ配信への加工もバッチリ

穴場のライブ配信アプリとして注目を集めている21LIVEでは、ポイントプレゼントキャンペーンも盛んに開催されているので、無課金でも楽しみやすい環境になっています。

また、ランキングイベントでランクインすると、報酬還元率が70%になるなど、稼げるチャンスも盛りだくさんなため、初心者ライバーがデビューするには打ってつけのアプリとなっています。

トークライバー

「トークライバー」は、配信者を女性だけに限定した少し珍しい体系のライブ配信アプリです。

トークライバーのポイント

  • 不快なコメントなどに対してはブロックするなど、自衛の手段もしっかり用意されている。
  • プロフィール登録やログインボーナスなど、配信以外でもお金が稼げる仕組みがある。
  • 1対1のビデオチャットも可能。多数に向けた配信が苦手でも始めやすい。
  • 顔出ししなくても比較的稼ぎやすいとされている。

配信者が女性・視聴者側は男性が多いという構図なので、抵抗感を感じやすい方には向かないものの、運営のサポート体制がしっかりしているので、迷惑な視聴者への対策もしやすくなっています。

アプリにログインするだけでも現金化できる珍しい機能もあり、お金を稼ぐチャンスが多いアプリといえます。

\\follow//

-ライブ配信
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.