Amazon

Amazonでアカウントがロックされた場合の原因と対処法をご紹介

2021年7月8日にAmazonでアカウントがロックされてしまい、ログインできないという問題が多くのユーザーの間で発生しました。

今回はAmazonでアカウントがロックされてしまった原因と対処法についてご紹介していきます。

Amazonでアカウントがロックされる問題が発生

2021年7月8日、Amazonでいきなりアカウントがロックされたという声がネット上で多く上がりました。

詳細としてはAmazonにログインしようとしたところ、下記のようなメッセージが表示されてしまうという内容です。

アカウントがロックされました

お客様のアカウントで不審なアクティビティが検出され、予防処置としてロックされました。詳細については、カスタマーサービスチームにお問い合わせください。

こちらの主な原因としてはAmazon側のシステムエラーのようで、同日のお昼頃にはこちらのエラーは解消しています。

メール問い合わせもアカウントがロックされているとできない状態

Amazonでアカウントがロックされてしまったことについてメール問い合わせを行おうとしても、アカウントがロックされていると問い合わせを行うことができない状態でした。

こちらの原因としては、Amazonでメール問い合わせを行う場合には一度Amazonアカウントにログインする必要があるためとなります。

そのためより多くのユーザーの中で混乱を招く事態となりました。

Amazonでアカウントがロックされる原因

ここからはAmazonでアカウントがロックされる原因についてご紹介していきます。

Amazon側のシステムエラー

2021年7月8日に発生したAmazonでアカウントがロックされる問題の主な原因は、Amazon側のシステムエラーです。

Amazon側のサーバーで何かしらの不具合が発生したことにより、有効なアカウントであったとしてもロックがかかってしまい、ログインできないというケースが発生した可能性があります。

高額のAmazonギフト券を購入した

Amazonでアカウントがロックされる原因として、高額のAmazonギフト券を購入した場合にアカウントロックの対象となる可能性があります。

Amazonギフト券は不正売買に利用されやすいため、一度に高額のAmazonギフト券を購入すると不正利用の疑いをかけられてしまう可能性があるためです。

もしAmazonギフト券を購入したタイミングでアカウントがロックされてしまった場合には、Amazon側に電話で問い合わせて不正利用目的ではない旨を説明する必要があります。

悪質と判断される返品を行なった

Amazonでアカウントがロックされる場合には、悪質と判断される返品を行なってしまった可能性があります。

Amazonでは一定数のユーザーが、購入した商品と元々自分が所有していた商品を入れ替えて返品を行う不正な利用が行われるケースがあります。

そのため複数の販売者からAmazon側に通報があった場合には、悪質なアカウントと判断されてアカウントがロックされてしまう可能性があります。

また販売者からの通報がない場合でも、返品個数もしくは返品額が全体の5%以上になるとアカウントが停止されてしまうケースもあります。

不正利用と判断された

Amazonでアカウントがロックされる原因の一つとして、アカウントの不正利用を行なっていると判断されたケースもあります。

不正利用と判断されるケース

・配達先住所と請求先住所が一致しない

・登録名とは違う名義のクレジットカードを利用している

・クレジットカードの決済承認が下りない

・決済の回数が多いor巨額の決済を行なっている

上記の場合にはAmazon側から不正利用を行なっていると判断される可能性があるため、他人名義のクレジットカードを利用していたなどという場合にはアカウントがロックされてしまう原因になる可能性があります。

詐欺に引っ掛かった

Amazonでアカウントがロックされてしまった原因として、詐欺メールに引っ掛かってしまったというケースもあります。

こちらはAmazonを装った偽のメールが送られてきたことが原因で、メールに添付してあるURLをクリックしてログイン用のメールアドレスとパスワードを入力してしまったケースで発生する可能性があります。

ログイン用のメールアドレスとパスワードを入力したことで相手にログイン情報がバレてしまい、気付いたらパスワードが変更されてしまっていたという問題も発生しています。

また不正ログインされてしまったことが原因で不正利用目的のアカウントと判断されてしまい、アカウントがロックされた可能性もあります。

Amazonでアカウントがロックされた場合の対処法

ここからはAmazonでアカウントがロックされた場合の対処法についてご紹介していきます。

メッセージセンターに問い合わせる

Amazonのヘルプ用公式Twitterによると、アカウントがロックされている場合でもメッセージでの問い合わせを行うことができるようです。

こちらの問い合わせ手順としては、このあとご紹介する本当にロックされた場合と偽物のアカウントロック見分け方でご紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

一方で上記の方法を試した結果、下記のようなメールが送られてきたという情報があります。

アカウントがロックされました

お客様のアカウントは、Amazonのサービスの不正使用のためにロックされています。追加情報が記載されたメールを送信しました。

上記の場合にはこちらのヘルプページで案内される、Amazonカスタマーサービスの電話番号(0120-899-543)に問い合わせを行ってください。

Amazon側のエラー対応を待つ

アカウントのロックがAmazon側のシステムエラーの場合には、エラー対応を待つことをおすすめします。

Amazon側のシステムエラーが原因の場合には、多くのユーザーがAmazon側に問い合わせを行うことで問い合わせ窓口が殺到している可能性があります。

上記が原因で問い合わせまでに時間がかかってしまう可能性もあるため、急ぎでない場合にはAmazon側のエラー対応を待ってみてください。

新規アカウントを作成して問い合わせを行う

Amazonでアカウントがロックされてしまった場合には、新規アカウントを作成して問い合わせを行うこともおすすめです。

新規アカウント作成の手順としてはAmazonを起動して右下に表示されている横三本線をタップします。

各種項目が表示されるのでサインインをタップしてください。

ログイン画面が表示されるので、アカウントを作成をタップしてください。

ログインに必要な情報を記載して次に進むをタップします。

メールアドレス宛にコードが送信されるので、アカウントの作成をタップしてください。

パスワードの再設定を行う

アカウントがロックされてしまった場合には、パスワードを再設定する方法ことで利用できるようになる可能性があります。

手順としてはAmazonを起動して右下に表示されている横三本線をタップします。

各種項目が表示されるのでサインインをタップしてください。

ログイン画面が表示されるので、お困りですか?パスワードを忘れた場合をタップします。

パスワードアシスタントの画面が表示されるので、登録しているメールアドレスを記載して次に進むをタップします。

入力したメールアドレス宛にコードが送信されるので、送られてきたコードを入力して続行をタップしてください。

再設定したいパスワードを入力して設定内容を保存をタップすれば完了です。

Amazonでアカウントのロックが解除されるまでの流れ

ここからはAmazonでアカウントのロックが解除されるまでの流れと手順についてご紹介していきます。

解除されるまでの流れ

①電話でカスタマーセンターへの問い合わせを行う

②必要であれば住所や氏名を伝える

③Amazon側で確認入り、しばらく待つとアカウントロックが解除される

ロック解除までの手順

Amazonでアカウントがロックされた場合には、カスタマーセンターに直接電話をする必要があります。

カスタマーサービス

電話番号1:1020-899-543

電話番号2:022-745-6363 (※フリーダイヤルが利用できない場合)

上記に電話を行うと自動音声が流れます。

問い合わせ内容の項目別で番号の入力が求められるので、その他に該当する7を入力してください。

オペレーターに繋がるので、アカウントがロックされている旨を伝えてください。

この時オペレーターから登録したメールアドレスと、二段階認証で送られてきたコード(設定している場合)を聞かれるので、事前にメモをしているとスムーズにやりとりが行えます。

オペレーター側でアカウントのロックが確認できると、解除のための本人確認が行われます。

本人確認に必要な項目

・氏名

・住所

・クレジットカードの下4桁&有効期限

※すべてAmazonに登録している内容を答えてください。

本人確認が終了すれば、オペレーター側でアカウントのロック対応が行われます。

電話問い合わせでも解除しない場合は?

電話問い合わせを行ってもアカウントのロックが解除されない場合には、パスワードの変更を行うことでアカウントのロックが解除されたというケースがあります。

一度パスワードの再設定を行ってみることもおすすめです。

詐欺メッセージとしてアカウントがロックされましたと通知されるケースも

Amazonでアカウントがロックされましたという通知がくる場合には、詐欺メッセージである可能性があります。

ここからは詐欺メッセージの場合と本当にアカウントがロックされた場合を比較しながら、見分け方などを詳しくご紹介していきます。

本当にロックされた場合と偽物のアカウントロックについて

本当にAmazonでアカウントがロックされている場合には、ログイン画面でアカウントがロックされたという表示が出ます。

一方で詐欺の可能性がある場合には、Amazonを装ったメールアドレスから「あなたのアカウントは停止してます」などという内容のメッセージがくるケースが多いです。

偽物のアカウントロックメール文

現在ネット上で送られてきているメッセージとしては、上記のように不正なアクティビティが検知されたためにアカウントを一時停止しているという本物に近い内容のものです。

不正なアクティビティが検知されました

平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。

このたび、お客様のアカウントに極めてリスクの高いデバイスまたは場所からお客様のアカウントに対するログインが複数回みられ、

安全のためにお客様のAmazonアカウントは現在セキュリティシステムによって一時的に停止されています。

上記に加えてアクティビティがあったと思われる端末情報や場所を記載した上で、「問題を解決を解決するために下記より至急パスワードの変更と登録情報の更新を行ってください。」という内容とともに登録情報の更新ボタンが設置されています。

登録情報の更新ボタンをタップした後は、本物のAmazonに類似したログイン画面が表示されてパスワードの入力が求められます。

こちらでパスワードを入力してしまったことが原因で、スパムメールを送ってきた相手にログイン情報がバレてしまうという流れです。

本当にロックされた場合と偽物のアカウントロック見分け方

本当にアカウントがロックされた場合と偽のアカウントロックメッセージの違いとしては、アカウントロックメッセージが送られてきた後にAmazonにログインできるかどうかです。

Amazonにログインできる場合には、ほとんどの場合送られてきたメッセージは偽物のスパムメールである可能性が高いです。

また不安な場合には、Amazonのアカウントサービス経由でAmazonから正式に送られてきたメッセージを確認することができます。

手順としてはAmazonを起動して右下の横三本線をタップします。

各種項目が表示されるので、アカウントサービスをタップしてください。

アカウントサービス画面が表示されるので、メッセージをタップしてください。

どのメッセージを表示させるかが選択できるので、すべてのメッセージをタップします。

過去にAmazon公式から送られてきたすべてのメッセージが表示されるので、こちらで「アカウントロックに関するお知らせ」が送られてきていない場合には偽物のスパムメッセージである可能性が高いです。

また実際にアカウントがロックされてしまいログインできない場合でも、送られてきたメッセージに下記の特徴がある場合には偽物のスパムメッセージである可能性があります。

さらにメールアドレスのドメインがAmazon公式のものでない場合もスパムメッセージの可能性があります。

Amazonのヘルプページに記載されていないメールアドレスに関しては無視することもおすすめです。

その他詐欺メールの可能性があるメール

・メールのレイアウトや文章がおかしい

・フッターのコピーライト(年を表示する箇所)が今年ではない

・アカウントサービスのメッセージ欄で確認ができない

・メールに含まれているロゴがおかしい

・アカウントロックの理由があいまい(更新できなかった。など)

・個人名ではなく「お客様」と記載されている

・メール到着後でもログインができる

など

アカウントロックが解除できない場合の原因

Amazonでアカウントがロックできない場合の原因としては、メールが送れていない可能性や、不正利用の疑惑を撤回する証明書が正しく送れていない可能性があります。

原因一覧

・メールが送信できていない

・アカウントロック対応が混み合っている

・正規利用を証明できる証明書が送れていない

など

アカウントロックが解除できない場合の対処法

本当にアカウントがロックされた場合や詐欺メッセージが原因でアカウントが解除できない場合の対処法としては、電話問い合わせを行うことがおすすめです。

直接電話での問い合わせを行うことで、Amazon側に状況を説明しながらスムーズにアカウントロック解除対応を行なってもらえる可能性があります。

またどうしてもアカウントのロックが解除できない場合には、新しいメールアドレスで新規のアカウントを作成することもおすすめです。

対処法一覧

・メールでのやりとりを行なっている場合には、再度証明書を送信する

・アカウントロック解除対応の進捗を確認する

・直接電話で問い合わせを行う

・新しいメールアドレスで新規アカウントを作成する

など

Amazonでアプリ起動後落ちてしまう原因と対処法のご紹介

多くのユーザーの中でAmazonが提供している様々なアプリ起動後、すぐに落ちてしまうという問題が発生しました。 今回はAmazonアプリがすぐ落ちてしまう場合の原因と対処法についてご紹介していきます。 ...

続きを見る

\\follow//

-Amazon
-, , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.