Amazon

Amazonで時間指定の選択が4時間になった詳細について解説

現在、Amazonからの配達の時間指定の選択が変わったと話題になっています。

今回の記事では、Amazonで時間指定の選択が4時間になった詳細について解説していきます。

Amazonで配達の時間指定選択が4時間になった

Amazonでは、配達時間を指定する項目の時間の間隔が4時間になったと話題になっています。

今までは午後の時間帯に関しては2時間単位で選択することができていましたが、時間帯の幅が広がり、選択肢が狭まってしまったという状況です。

4時間間隔での指定に変更

Amazonで狭まった時間指定の選択は以下です。

時間指定

  • 8:00〜12:00
  • 12:00〜16:00
  • 16:00〜20:00

午前中の時間帯に関しては変わりませんが、午後の配達時間で選択できる範囲が一気に狭くなってしまっている状況です。

配達の最終時間は20時

Amazonでは今まで配達時間の最終時間が21時までとなっていました。

一方で今回時間指定の選択が4時間になったタイミングから、最終時間が20時まで短縮されてしまっています。

中には20時だと平日に外出先からまだ帰っていない日が多いというユーザーもいるため、平日に荷物を受け取ることが難しくなってしまったという声が上がっています。

5択から3択になっている

Amazonの時間指定では、今まで午前中1択、午後4択の合計5択から荷物を届けて欲しい時間帯を指定することができていました。

一方で今回時間帯の幅が2時間から4時間に変更されたことで、時間指定の選択肢も3択に減少しています。

再配達の時間指定も4時間になっている

時間指定が4時間になっているのは、初回配達のみではなく再配達の場合も同様です。

一番最初の配達で受け取れなかったために再配達のリクエストを行おうにも、受け取り可能な時間帯がないと困惑するユーザーもいる状態です。

4時間以外で時間指定が変更になっているケースも

商品によっては、4時間単位以外ではあるものの時間指定の選択肢が少なくなっているものもあります。

例えば画像のように、お昼の時間帯は配達指定ができないものの、14時から20時までは2時間単位で時間指定を選択することができる商品もあります。

時間指定

  • 8:00〜12:00
  • 14:00〜16:00
  • 16:00〜18:00
  • 18:00〜20:00

商品によっては上記のように特殊な時間帯でしか時間指定を選択することができないものもあるので、注意が必要です。

全ての商品や地域で変更になっているわけではない様子

多くのユーザーが時間指定の選択が変更されている一方で、今まで通り2時間単位で時間指定をすることができる方もいます。

そのため住んでいる地域や商品によっては、今まで通りの時間帯で配達時間の指定ができるユーザーもいる状態です。

配達員の負担軽減が目的の可能性がある

今回商品の配達の時間指定が変更になった理由としては、配達員の負担軽減が目的の可能性があります。

Amazonでは配達サービスの需要が増加している影響などから、配達員1人あたりの負担がかなり大きくなってしまっている状況です。

また時間通りに商品が届かないというクレームも多く上がっていることから、配達員の負担を軽減するために商品が届く時間の幅を長くした可能性があります。

Amazonで配達の時間指定選択が4時間になった場合の対処法

ここからは、Amazonで配達の時間指定が4時間になった場合の対処法についてご紹介していきます。

できるだけ家にいられる時間帯を指定する

Amazonの時間指定が変更されてしまっている場合には、できるだけ家にいられる時間帯を指定するしかない状態です。

一方で現在時間指定の変更に対する不満が上がっていることから、今後元の時間指定に戻る可能性も0ではありません。

元に戻るまでは休日に指定することや、配達指定をした日はできるだけ外に出ないなど、配達時間を優先してスケジュールを行うようにしてください。

配送指示機能を活用する

Amazonでは対面での受け取りが不可能な場合に、配送指示をして置き配を指定することなども可能です。

どうしても時間指定内に自宅にいることが厳しい場合や、宅配ボックスなどが置かれているマンションに住んでいる場合などには、配送指示機能を活用してみることもおすすめです。

手順としてはAmazonを起動してカートをタップします。

レジに進むをタップしてください。

配達先をタップして配送指示(置き配含む)を選択してください。

こちらで置き配として指定したい場所を選択します。

選択したら画面を下にスクロールしてください。

保存をタップすれば完了です。

受け取りスポットをコンビニなどに指定する

自宅で受け取りをするのが難しい場合、コンビニなど自宅以外の場所を受け取りスポットとして指定することもおすすめです。

手順としてはAmazonを起動してカートをタップします。

レジに進むをタップしてください。

お届け先住所からまたはこの住所の近くで受け取るを選択してください。

配達先を選択してここでピックアップをタップすれば完了です。

他の配達サービスを利用する

Amazonで時間指定内で商品を受け取ることが難しい場合には、他の配達サービスを利用することも方法の1つです。

楽天市場ヤフーショッピングなどで同じ商品や類似の商品が置いてある場合もあるので、チェックしてみてください。

Amazonに電話出来なくなった、繋がらない、チャットも返信が遅い原因と対処法を解説

Amazonの注文などで問題が発生した際に便利なカスタマーサービス。 この記事では、Amazonのカスタマーサービスに電話出来なくなった、電話が繋がらない、チャットも返信が遅い場合の原因と対処法につい ...

続きを見る

\\follow//

-Amazon
-, , ,

Copyright© App Story , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.