EPARK

EPARKで写真の「アップロードに失敗しました」と表示される原因と対処法を解説!

EPARKでレシート画像をアップロードすると「写真のアップロードに失敗しました」と表示されて、なかなかポイント付与されないというトラブルが多発しています。

この記事では、レシートのアップロードで「写真のアップロードに失敗しました」というエラーが表示される原因と対処法について解説していきます。


EPARKで「写真のアップロードに失敗しました」と表示される原因

EPARKで「写真のアップロードに失敗しました」と表示される原因は下記の通り。

原因対処法
アプリに不具合が発生した再起動/OSのバージョンアップ/ブラウザのバージョンアップ/再ログイン
キャッシュやCookieが邪魔をしているキャッシュとデータの削除をする
Live Photosを利用しているLive Photos以外の方法で撮影する/他のデバイスを利用する
推奨ブラウザではないブラウザを利用しているiPhoneはSafari/AndroidはChromeでアップロードする
画像形式がJPG/PINGでないJPGかPINGに形式を変更する
レシート画像のサイズが大きい(7MB以上)レシート画像のサイズを小さくする(7MG未満)/画質を落とす/小さく撮って切り取る
アップロード時に送信ボタンを連打した送信を連打しない
EPARKにアクセスが集中している時間を置く
シークレットタブを使っているシークレットタブを使わない
Wi-Fiなどモバイル通信以外の環境下でアップロードしたモバイル通信に切り替えてアップロードする

EPARKで「写真のアップロードに失敗しました」と表示されるときの対処法

EPARKで「写真のアップロードに失敗しました」と表示されるときの対処法を解説します。

「Live Photos」利用者にアップロードエラーが多発

iPhoneユーザーは、「Live Photos」を使って撮影したレシートだとエラーが発生する可能性が非常に高くなります。

そのため、iPhoneユーザーは「Live Photos」以外の方法で撮影するか、他のデバイスで撮影したレシートをアップロードするようにしてください。

iPhoneはSafari/AndroidはChromeでアップロードする

ブラウザでアップロードするときは、iPhoneはSafari、AndroidはChromeが推奨されているため、この環境下でレシート画像をアップロードしましょう。

なお、ブラウザはそれぞれ最新版にアップロードしておくことをおすすめします。

画像はJPGかPINGのみ対応/レシート写真のサイズを小さくする

アップロード出来る画像の形式はJPGかPINGです。

レシートを撮影してみて画像がこの様式ではないときは、様式をJPGかPINGに変更すると良いでしょう。

画像の形式を変えるには、無料の専用アプリを使うことで可能ですが、形式を変更して、ついでに画像の容量を減らすのに便利な方法としては、一度Skypeやメールでパソコンにデータを送り、ペイントでリサイズと形式を変えることが挙げられます。

まず、レシートを撮影し画像を開いたら、アイコンからSkype・Gmailなどパソコンにデータを送れる手段を選択してください。

今回は、Gmailを利用します。

Gmailに画像を添付してメールを送ったら、パソコン側でその送られた先のメールアドレスを開き、添付画像をインストールします。

画像をインストールしたら、ペイントを起動し、ファイルから開くを選択しインストールした画像をクリックして開きましょう。

アイコンを選択し、リサイズを行います。

枠に数字を入れることで画像の縮小・拡大が可能です。

大きさの変更が出来たら、保存しておきましょう。

次に形式をJPGまたはPNGにして保存します。

JPGはファイルから名前を付けて保存を選択しPNGから選べます。

JPGはその他の形式から選択可能です。

JPGは、ファイルの種類を選択し、JPGを選択することで選べます。

形式を選んだら保存を押せば、形式を変更して別名の画像として新しく画像を保存可能です。

リサイズして容量を減らし、ファイル形式がJPGまたはPINGに変更出来たら、そのままパソコンからレシートを送信しても良いですが、スマホへ再度画像を送って、スマホから手続きを行っても問題ありません。

画像容量

アップロードするレシートの画像容量は7MB未満にしてください。

時間を置いてチャレンジする

EPARKにアクセスが集中していることが原因で、サービス全体が重くなっている可能性があります。

EPARKが重くなっていると、画像のアップロードも上手く行えなくなる可能性があるため、EPARKを使っていて挙動が全体的に重いときは、時間を置いて再チャレンジすると良いでしょう。

再チャレンジの時間は、出来れば平日の10時~18時(12時~13時を除く)と深夜帯がおすすめです。

平日のお昼を除いた10時~18時であれば、仕事をしているEPARKユーザーがサイトにアクセスせず、深夜帯は寝静まっているユーザーが多いからです。

アクセスが集中している時間帯

土日平日問わず12時~13時/18時以降(特に休日)は、逆にアクセスが過度に集中している可能性があります。

お昼や夕食にGo To Eatを利用し、そのまま申請するために、EPARKにアクセスしているユーザーが多いからです。

申請時はレシートのアップロードが必要となり、データ通信が盛んに行われることで、EPARKが特に重くなります。

プライベートブラウズ(シークレットタブ)を使わない

プライベートブラウズ(シークレットタブ)を利用していると、一部の操作が行えなくなる可能性があります。

そのため、シークレットタブを使っているときは、それを閉じて通常のタブから画像のアップロードを行ってください。

ブラウザのキャッシュとCookieを削除する

ブラウザのキャッシュとCookieを削除することにより、エラーが解消されるケースもあります。

削除方法に関しては、下記の記事をご覧ください。

楽天市場で「Cookie(クッキー)が受け付けられない」と表示される問題の詳細と対処法

カメラの画質を落として写真を撮影する

EPARKでアップロード出来るレシート画像の画像容量は7MB未満である必要があります。

後から編集でリサイズすると、編集アプリを導入したり、パソコンに取り込んで編集したりする必要がありますが、画質を落としておけば編集を加えることなく、そのままアップロード可能です。

また、レシートを遠くから小さく撮影してレシート部分だけ切り取ることで容量を落とせます。

リサイズはデフォルトで入っている画像ビューアーで出来ませんが、切り取りは行えるものが多いため、手間を少なくすることが可能です。

モバイル通信でアップロードする

Wi-fiに繋いでレシートの画像をアップロードしエラーが発生したときは、モバイル通信に切り替えてから再アップロードしてみましょう。

モバイル通信は、Wi-fiなど外部のデータ通信を切断すると自動的に接続されます。

支払い金額の入力した後「アップロードする」をタップ/入力内容にも気をつける

金額入力をした後でキーボードの矢印や実行でそのまま金額を決定するのではなく、一度EPARKの画面を適当にタップしてから、緑色になったアップロードするボタンをタップすると、エラーが発生しません。

入力時気をつけること

  • 矢印を押さない
  • 改行しない
  • 空白をあけない

改行や空白もエラーの原因となります。

チェックしてからアップロードするをタップしましょう。

EPARKでポイント付与が却下される原因と対処法を解説!

Go To Eatキャンペーンに利用できるサービスのうちのひとつである「EPARK」。 「EPARK」はポイント付与までの時間が非常にスピーディーで利用者に好評です。 この記事では、「EPARK」でポ ...

続きを見る

\\follow//

-EPARK
-, , , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.