ライブ配信

ふわっちはカラオケ配信に向いているのかの詳細を解説

 

 

誰でも気軽にライバーデビューができる人気ライブ配信アプリのふわっちで、カラオケ配信で精力的に活動している方が多くなっています。

ふわっちはカラオケ配信に向いたアプリなのかを、注意する点と併せて解説していきます。

 

 

 

 

 

ふわっちはカラオケ配信に向いているか

カラオケ配信に必ずついて回る問題は、楽曲の著作権による音源選定の難しさです。

ふわっちにおいての「カラオケ配信」はどのようなルールが設定されているのか、また、それを踏まえてふわっちはカラオケ配信に向いているのかを詳しく解説していきます。

ふわっちでカラオケ配信をするのはOK

ふわっちのライブ配信において、カラオケをするのは条件付きのOKという扱いです。

規約上にも「カラオケ配信の禁止」という項目はなく、配信中に「歌う」という行動自体が問題というわけではありません。

厳しい条件があるので注意

引用:ふわっち公式サイト

配信中に「歌う」ことに問題はありませんが、ふわっちでは歌う楽曲や音源に対してのルールが厳格に定められています。

これに違反すると、アカウント凍結やペナルティ、リスナーからの通報、最悪の場合は著作権侵害で訴えられることにも繋がります。

カラオケ配信が条件付きのOKというのは、使う楽曲や音源の選定に細心の注意が必要であること、著作権元の許可が必要になるためだと覚えておきましょう。

カラオケに特化したアプリではないので楽曲に困る可能性が高い

ふわっちは、カラオケに特化したアプリではないので、他者が権利を持つ音源を使って活動したい方には向いていなアプリです。

例えばPokekaraのようなカラオケ専用のアプリなら、アプリが配信している伴奏の著作権を気にする必要はなく、同じアプリ内で他のリスナーに共有することができます。

しかしふわっちの場合は先の項目で解説したとおり、歌う楽曲に対して厳しい制限が課せられています。

もちろん、ふわっちから伴奏機能の提供は無く、楽曲のオリジナル音源や、他者が権利を持つ伴奏音源を使ってのカラオケ配信も原則できません。

向かない人

  • アカペラでの歌唱に自信がない。
  • 楽器伴奏はできない。
  • ちゃんとした伴奏曲を使ってカラオケをしたい。

アカペラや演奏ができるなら問題なし

ふわっちの規約にもはっきり明記されている通り、楽器演奏をしての弾き語りやアカペラ、自作曲のカラオケ配信は可能です。

ただし、どんな曲でも自由に歌えるわけではありませんので、注意が必要です。

後述にて詳しく解説しますが、アカペラや弾き語りで歌える曲は、JASRACかNexToneで管理されているものに限ります。

向いている人

  • 自分で著作権の管理状況をサーチできる。
  • アカペラや弾き語りで配信ができる。
  • 自作の曲や、自分が権利を保有する楽曲を持っている人。

自作の曲については、基本的に制限はなく、アカペラ・弾き語り・カラオケ自由に行うことができます。

カラオケができるライブ配信アプリ一覧表

ライブ配信アプリの多くが、ふわっちのように「歌うこと」そのものを禁止とせず、一定のルールを定めている物が大半です。

人気の配信アプリの制限を一覧化したので、活動するアプリ選びの参考にしてください。

アプリ名イリアムポケカラ

ピカピカDokiDoki Liveボイコネポコチャ

SHOWROOM

ミラティブ

配信形式Vtuber音声Vtuber動画・音声音声動画・音声動画・音声Vtuber
カラオケ機能××○※解放に条件あり
投げ銭

 

ふわっちのカラオケ配信で使ってはいけない音源とは

ふわっちでカラオケ配信をするには「使う楽曲」「音源」がキーワードになります。

ではまず、使ってはいけない音源とは、具体的にどんなものなのかを詳しく解説します。

市販のCDなどの原曲音源、カラオケ店を利用しての配信

規約には、弾き語りとアカペラ、自作の楽曲の使用OKと書かれているので、それ以外の音源はすべてNGと考えましょう。

使用NG

  • 市販のCD
  • 動画サイトにアップされている音源
  • 音楽サービスで配信されている音源
  • カラオケ(DAMやジョイサウンドなど)の音源 …など

これらを使用すると、ふわっちの規約と著作権に触れてしまいます。

著作権元に使用許可を申請すれば配信OKとなる場合もありますが、それ以外での無許可使用は絶対にやめましょう。

ふわっちのカラオケ配信で使っても良い音源とは

音源に使用しなければ、どんな曲でも関係なく歌っても良いわけではありません。

次項では、ふわっちでアカペラや弾き語りで使っても良い曲について解説していきます。

自作の曲

自分が作った曲や他者が作り、自分へ著作権が譲渡された曲については、何の問題もなく歌うことができます。

伴奏の使用も制限されていないので、アカペラや弾き語り以外でも発信することができます。

JASRACやNexToneが管理する楽曲のアカペラや弾き語り演奏

引用:J-WID JASRAC作品データベース検索サービス

アカペラ・弾き語りならどんな曲でも歌っていいわけではありません。

大前提として、JASRACかNexToneで管理されている曲、尚且つライブ配信アプリで使っても良いとされている曲のみが歌うことができます。

配信に使いたい場合は、一曲一曲調べてから使用しないと、最悪著作権侵害という重大な問題につながる可能性があるため、慎重な確認を行いましょう。

なお、各機関の権利管理状況を調べる方法は、以下の記事にて詳しく解説していますので、こちらを参考にしてください。

IRIAM(イリアム)でBGMを流す方法や詳細と注意点について解説

ふわっちでカラオケ配信するときの注意点

ふわっちでカラオケ配信をするには、たくさんのルールがあることがお分かりいただけたかと思います。

重要なポイント

  • カラオケすること…全面NGではないが、曲と音源の制限がある。
  • …歌ってよいのは、JASRACかNexToneで管理されている曲に限る。
  • 音源…他者が権利を持つ音源は全面NG。アカペラか弾き語りはOK。ただし著作権元に許可を取れば使える場合もある。

基本的に原曲音源は使えない

原曲側が利用の自由を掲げていない限り、あらゆる音源は無断で利用しない方が無難です。

著作権問題は「知らなかった」で済まない大問題に発展するので、慎重に選定をしましょう。

著作権保護された原曲音源を使うには許可が必要

どうしてもカラオケ配信に使用したい音源がある場合は、著作権元に申請を行いましょう。

申請を通して許可を得ることで、ふわっちでも原曲音源を使って、許可を得た範囲内でカラオケ配信ができるようになります。

当然、先方から棄却された場合は諦めましょう。

著作権の規約を破るとペナルティやBANされることがある

ふわっちの規約に抵触する活動や行動は、当然ながらペナルティの対象になります。

カラオケ配信も例外ではなく、規約を遵守した配信でない場合は最悪BANされることもあります。

ふわっちでは運営が定期的に巡回をしており、その際に見つかってしまうことも少なくありません。

著作権違反を視聴者から著作権元に通報された事例がある

 

こっそりの配信ならバレないだろうと高を括っていても、リスナーから各方面に通報をされることもあります。

ライブ配信が好きな人の中には、「原曲音源を使うのは著作権的に難しい」ということを知っていることもあります。

配信詳細等で「許可を取っている」という一文が見られない場合は「無断使用」だと気づき、ふわっちの運営や、著作権元へ報告されてしまうケースも多々あります。

ちゃんと許可を取った場合は、必ず「許可を取っている」という一文を表記するようにしましょう。

ミクチャのスカウトDMは本物か偽物か詳細や注意点について解説

ミクチャでライバーとして活動をしていると、稀にスカウトと思われるメッセージが届くことがあります。 このメッセージは本物のスカウトなのか、偽物や詐欺は無いのかなどを詳しく解説していきます。 Conten ...

続きを見る

他に安全で人気のオススメライブ配信は?

他に安全で人気のオススメライブ配信を紹介します!今のうちに自分にあったライブ配信アプリを見つけておくことをオススメします。

17LIVE

17LIVE(17ライブ)は、大手ライブ配信サービスです。

有名アーティストをCM起用したりコラボライブ配信を行うなど、業界屈指の話題性と熱い活気で、高い知名度を誇っています。

提供サービスは一般的な動画配信、音声配信サービスをメインにしており、もちろんギフト機能も搭載しているのでライバーとして収益を得ることも可能です。

17LIVEのポイント

  • 台湾発祥のライブストリーミングサービスで、だれでも気軽にライブ配信を行える人気アプリ。
  • 日本人ユーザーはそこまで多くないので、今から参入しても稼げるチャンスがある。
  • 登録ユーザー数は全世界で5000万人を突破しており、芸能プロダクションとコラボしたイベントも盛んに行われている。
  • 盛んなジャンルは「歌」「ダンス」「雑談」で、スマホ一台で簡単に配信・視聴ができる手軽さが喜ばれている。
  • 日本でもアーティストやタレントが配信を行ったり、イベントに参加することも。
  • 不適切な行為がないか24時間体制の監視体制を設けており、安全性向上にも努めているサービスなので、安心度が高い。
  • 無課金でも無料ギフトが付与されることもあるので、利用のハードルが低い。

数多くあるライブ配信アプリの中でも抜群の知名度とユーザー数を獲得していますが、まだまだ日本人ライバーは少数な傾向です。

リスナーとしてはもちろん、安定的な配信環境と盛んなイベントを活用することで、ライバーデビューを行いやすいアプリの一つでもあります。

IRIAM(イリアム)

キャラクターアバターと雑談や交流・Webライブの視聴が出来るアプリ。

YouTubeには、架空のキャラクターに喋らせるバーチャルYouTuberというジャンルがあります。

IRIAMは、このVtuberの配信のみがされているライブ配信アプリと考えると分かりやすいでしょう。

IRIAMの特徴

  • 低遅延(平均0.1秒)/低通信量(通常の動画配信と比較して1/30以下)/高画質
  • キャラクターの配信のみ
  • Vtuber好きにおすすめ
  • アバターを可愛く着せ替えられる

Vtuberを本業として生計を立てているライバーも多く、中には月に数億円稼ぐ人もいるそうです。

ただし、IRIAMで配信するためには、IRIAMによるオーディションに通過する必要があります。

IRIAMの魅力!稼げるの?

  • 歌ってみた/お喋り/ゲーム実況などが多い
  • Vtuberをやってみたい人におすすめ
  • 声だけで配信したい/声だけで稼ぎたい
  • 顔出ししなくても稼ぎやすい
  • 異性のファンが付きやすい

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)はYYが運営するライブ配信アプリ。

PK配信やマルチゲスト配信といった他にはない機能があり、視聴者を盛り上げ、マンネリ化を防ぐことが可能です。

BIGO LIVEの特徴

  • ファンクラブが作れる
  • グローバルユーザー3億人突破
  • スタンプやフィルターが豊富
  • 友達と対決するPK機能
  • マルチ配信機能で配信者9人まで同時進行可能
  • 海外向けに配信したい人におすすめ
  • Google翻訳機能

「BIGO LIVE」は、海外向けに配信したい人に特に向くライブアプリ。

翻訳機能もあるため、日本語しか話せなくてもある程度意思疎通を取れます。

まだ、日本人ライバーは少ないため、始めるならライバルがいない今がチャンスです。

ファン制度、ファミリー制度など視聴者と親密になれる機能が豊富であり、ファンと仲良くなることで、さらに収益化を目指せます。

また、公式ライバーになれば最低ランクで時給1,500円を貰え、さらに投げ銭で稼げます。

BIGO LIVEの魅力!稼げるの?

  • グローバルユーザーが多いため海外のファンも作れる
  • 日本人配信者が少ないため、日本人のライバルが少ない
  • コラボが盛んなのでコラボしたい人向け
  • 公式ライバーになれば時給と投げ銭で稼げる

21LIVE

世界中のリスナーと繋がれるアプリ21LIVEは、2021年に誕生したばかりのライブ配信アプリです。

サービスを開始したばかりのため、大手配信アプリと比べてまだまだ配信者が少なく、稼げるチャンスが非常に高いと話題を集めています。

ポイント

  • 2021年夏に登場したアプリなので、ライバルが少なく、ランキング上位を狙いやすい
  • 配信時間に制限はあるが、未成年でもライバーとして活動でき、収益を得ることもできる
  • 即日での換金が可能
  • コミュニケーションツールが充実しているので、ライバーや視聴者との交流が取りやすい
  • 人気ライバーや歌い手のピックアップイベントやプライベート配信も楽しめる
  • ビューティーカメラを搭載しているので、ビデオ配信への加工もバッチリ

穴場のライブ配信アプリとして注目を集めている21LIVEでは、ポイントプレゼントキャンペーンも盛んに開催されているので、無課金でも楽しみやすい環境になっています。

また、ランキングイベントでランクインすると、報酬還元率が70%になるなど、稼げるチャンスも盛りだくさんなため、初心者ライバーがデビューするには打ってつけのアプリとなっています。

トークライバー

「トークライバー」は、配信者を女性だけに限定した少し珍しい体系のライブ配信アプリです。

トークライバーのポイント

  • 不快なコメントなどに対してはブロックするなど、自衛の手段もしっかり用意されている。
  • プロフィール登録やログインボーナスなど、配信以外でもお金が稼げる仕組みがある。
  • 1対1のビデオチャットも可能。多数に向けた配信が苦手でも始めやすい。
  • 顔出ししなくても比較的稼ぎやすいとされている。

配信者が女性・視聴者側は男性が多いという構図なので、抵抗感を感じやすい方には向かないものの、運営のサポート体制がしっかりしているので、迷惑な視聴者への対策もしやすくなっています。

アプリにログインするだけでも現金化できる珍しい機能もあり、お金を稼ぐチャンスが多いアプリといえます。

\\follow//

-ライブ配信
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.