iPhone

iOS15のアプリ間のドラッグ&ドロップのやり方を解説

iOS15のアップデートで、アプリ間のドラッグ&ドロップができる機能が追加されました。

ドラッグ&ドロップで画像やURLなどを直接他のアプリやブラウザに共有・コピー&ペーストができるようになったというアップデートです。

iOS15のアップデートでアプリ間のドラッグ&ドロップができるように変更

iOS15のアップデートでは、アプリ間でURLや画像をそのままドラッグ&ドロップできる機能が追加されました。

コピーや共有の選択、端末への保存を行う事なく、そのまま他のアプリへ共有する事ができるという機能です。

LINEで単体のトークルームに送りたい場合や、送られてきたURLをそのまま検索したい場合などにおすすめの機能となっています。

画像やURLをそのまま共有する事ができる

iOS15のドラッグ&ドロップ機能では、検索エンジンやLINEなどで送られてきたURL・画像をそのままドラッグ&ドロップする事ができます。

ドラッグ&ドロップのためには対象のURLや画像を長押しし続ける必要がありますが、他の指を使ってアプリの起動や操作を行うことも可能です。

実際の操作イメージ動画

iOS15のドラッグ&ドロップの実際の操作イメージ動画は、上記のような流れになります。

上記の動画のように共有したいURLや画像を長押しして、そのままドラッグ&ドロップで共有などを行う事ができます。

アプリ間のドラッグ&ドロップのやり方

アプリ間のドラッグ&ドロップは、比較的単純な作業なので慣れれば簡単に行う事ができます。

一方で慣れるまでは少し手間取るため、複数回ドラッグ&ドロップを行ってコツを掴むことをおすすめします。

ここからはアプリ間のドラッグ&ドロップのやり方を、具体的にご紹介していきます。

準備するもの

iOS15のドラッグ&ドロップ機能を利用する場合には、事前にドラッグ&ドロップ元とドラッグ&ドロップ先のアプリを起動し、横に並べておくとスムーズに作業する事ができます。

LINEやSafariなどを事前に起動しておいて、ドラッグ&ドロップしやすい状態にしておくことをおすすめします。

用意するもの

  • ドラッグ&ドロップ元のアプリ
  • ドラッグ&ドロップ先のアプリ

※LINEなどのトーク画面を開いた状態にしておくと、よりスムーズに作業する事ができます。

URLをドラッグ&ドロップする方法

WEB検索からURLを外部アプリに共有する場合には、共有したいURLを表示させます。

URLバーを長押しして、そのまま上にスライドさせます。

URLバーが移動できるようになった状態になれば、長押しを続けたまま他の指で画面の一番下を下から上にスライドさせます。

起動中のアプリ一覧画面から、ドラッグ&ドロップ先のアプリをタップしてください。

URLバーの上に+が表示された箇所で、長押ししていた指を離します。

LINEの場合であればメッセージ入力項目にURLが追加されるので、そのまま送信ボタンをタップして完了です。

逆にLINEなどから送られてきたURLをそのまま検索ブラウザで検索したい場合には、共有されたURLを長押しして左右上下のどこかに少しずらします。

自由に動かせるようになれば、長押しをしたまま他の指で画面の一番下を下から上にスライドさせてください。

起動中のアプリ一覧画面から、検索エンジンアプリをタップしてください。

長押ししているURLの右上に+が表示されたタイミングで、長押ししている指を離せば完了です。

画像をドラッグ&ドロップする方法

画像をドラッグ&ドロップしたい場合には、共有したい画像を長押ししてください。

共有や保存などの操作ポップアップが表示されれば、画像をそのまま下にスライドさせてください。

画像が自由に動かせるようになったら、画像を長押ししたままの状態で、他の指で画面の一番下を下から上にスライドさせてください。

起動中のアプリ一覧画面から、ドラッグ&ドロップ先のアプリをタップしてください。

長押ししている画像の右上に+が表示されれば、長押ししている指を離して完了です。

アプリ間のドラッグ&ドロップをする場合のポイント

アプリ間のドラッグ&ドロップを行う場合には、いくつかのポイントがあります。

メッセージアプリであればテキストでもドラッグ&ドロップができる場合がある

LINEなどのメッセージアプリで送られてきたテキストであれば、URLや画像と同様にテキストもドラッグ&ドロップできるケースがあります。

こちらは短文であっても長文であっても、URLや画像と同様の手順でドラッグ&ドロップする事ができます。

一方で今回のドラッグ&ドロップ機能はメッセンジャーなどでは対応していないため、全てのメッセージアプリで利用できるわけではないという点に注意してください。

テキストも利用できるアプリ

  • LINE
  • メッセージアプリ

など

特定のテキストだけのドラッグ&ドロップはできない

SafariなどのWEB検索ブラウザで検索した内容の、一部のテキストだけドラッグ&ドロップしたいというケースもあると思います。

一方で現在特定のテキストだけのドラッグ&ドロップはできない仕組みになっています。

特定のテキストだけ共有したい場合には、従来通りコピー&ペーストを活用してください。

対応していないアプリがある

今回のドラッグ&ドロップ機能は、全てのアプリで利用できるわけではないという点にも注意が必要です。

TwitterやFacebookなどでは、URLと画像両方でドラッグ&ドロップ機能を利用する事ができません。

一方でこれらのアプリも、今後のアップデートでドラッグ&ドロップが利用できるようになる可能性があります。

非対応アプリ例

【URL・画像ともに非対応】

  • Twitter
  • Facebook
  • インスタ
  • Zenly(ゼンリー)

など

【画像のみ非対応】

Slack など

長押ししている指を離すと消えてしまう

URLや画像をドラッグ&ドロップする場合には、ドラッグ&ドロップしたい画像やURLを常に長押ししておく必要があります。

長押ししている指を離してしまうと、ドラッグ&ドロップしようとしたURLや画像が消えてしまうという点に注意してください。

またドラッグ&ドロップしようとした際に、+が表示されていない場所で指を離した場合にも、URLや画像が消えてしまいます。

ドラッグ&ドロップしたいURLや画像は長押ししたままで操作し、右上に+が表示されてから指を離すことをおすすめします。

操作のコツは?

今回のドラッグ&ドロップ機能は片手で作業を行おうとすると、どうしても指が離れてしまったというケースや、操作が行いにくいという点があります。

こちらの場合には両手を使うことで、スムーズに作業ができる可能性があります。

iOS15の写真検索の使い方を解説

iOS15へのアップデートで、写真検索機能がアップデートされました。 今回のアップデートでは写真アプリからのみではなく、Spotlightの検索機能とも連携して、写真の検索ができるようになっています。 ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.