iPhone

iPhoneの画面が急に暗くなる原因と対処法のご紹介

iPhoneでアプリの利用やネット検索を行っていると、時々いきなり画面が暗くなるケースが発生します。

今回はiPhoneで画面がいきなり暗くなる場合の原因と対処法についてご紹介していきます。

iPhoneで画面が暗くなる原因

iPhoneでは操作を行っている間にいきなり画面が暗くなる現象が発生します。

こちらの原因としてはiPhoneで自動的にディスプレイを暗くしている設定を行っているケースと、端末自体に問題があるケースがあります。

画面が暗くなる原因

・ディスプレイの自動設定

・発熱している

・水没、落下させた

・バッテリーが劣化している

・近接センサーが反応している

・故障している

設定の問題の可能性がある場合には、iPhoneの設定を見直すことで暗くしないように変更することが可能です。

一方で端末自体に問題がある場合には、Appleサポートに問い合わせを行ったり修理に出す必要があります。

iPhoneで画面が暗くなる場合の対処法

ここからはiPhoneで画面が暗くなる場合の対処法についてご紹介していきます。

ディスプレイの自動設定を変更する

iPhoneの操作中にいきなり画面が暗くなる場合には、iPhone本体のディスプレイの自動調整設定をオフにすることで問題が解消する可能性があります。

手順としては設定アプリを起動して下にスクロールし、画面表示と明るさをタップします。

画面表示と明るさの詳細画面が表示されるので、自動の横にあるボタンをタップしてグレーにすれば完了です。

明るさの自動調節設定をオフにする

iPhoneの操作中にいきなり画面が暗くなる場合には、明るさの自動調節設定をオフにすることもおすすめです。

手順としては設定アプリを起動してアクセシビリティをタップします。

アクセシビリティの画面が表示されるので、画面表示とテキストサイズをタップしてください。

明るさの自動調節の横にあるボタンをタップすれば完了です。

自動ロック機能をオフにする

iPhoneの操作中にいきなり画面が暗くなる場合には、自動ロック設定をオフにすることで解決する可能性もあります。

手順としては設定アプリを起動して画面表示と明るさをタップします。

画面表示と明るさの画面が表示されるので、画面ロックをタップしてください。

自動的に画面がロックされるまでの時間が選べるので、なしをタップすれば完了です。

省エネモード/低電力モードをオフにする

iPhoneの操作中にいきなり画面が暗くなる場合には、省エネモードもしくは低電力モードをオフにすることで問題なく利用できるようになる可能性があります。

手順としては設定アプリを起動してバッテリーをタップします。

バッテリーに関する項目が表示されるので、低電力モードの横にあるボタンをタップすれば完了です。

Night Shiftをオフにする

iPhoneの操作中にいきなり画面が暗くなる場合には、Night Shiftをオフにすることもおすすめです。

手順としては設定アプリを起動して画面表示と明るさをタップします。

画面表示と明るさの画面が表示されるので、Nhigt Shiftをタップしてください。

自動ロックと手動で明日まで有効にするの横のボタンをタップすれば完了です。

ホワイトポイントをオフにする

iPhoneの操作中にいきなり画面が暗くなる場合には、ホワイトポイントをオフにすることもおすすめです。

手順としては設定アプリを起動してアクセシビリティをタップします。

アクセシビリティの画面が表示されるので、画面表示とテキストサイズをタップしてください。

ホワイトポイントを下げるの横にあるボタンをタップすれば完了です。

バッテリーの状況を確認する

iPhoneの操作中にいきなり画面が暗くなる場合には、バッテリーが消耗していないか確認することもおすすめです。

確認の手順としては設定アプリを起動して下にスクロールし、バッテリーをタップします。

バッテリーの詳細画面が表示されるので、バッテリーの状態をタップしてください。

バッテリーの状態が80%以下の場合には、バッテリーがかなり消耗してしまっている状態です。

また1年半以上同じ端末を使い続けている場合には、後々バッテリーの消耗が激しくなる可能性があります。

上記の場合には端末の買い替えなどを検討してみることもおすすめです。

純正のケーブルを使用する

iPhoneの操作中にいきなり画面が暗くなる場合には、純正のケーブルを使用して充電することもおすすめです。

今まで正規のケーブルを利用していなかったという場合には、純正ケーブルを利用して充電を行ってみてください。

Apple サポートにお問い合わせを行う

iPhoneがいきなり暗くなる場合には、Apple サポートに問い合わせを行うこともおすすめです。

Apple サポートへの問い合わせ方法としては、Apple サポート公式サイトを開いてiPhoneをタップします。

iPhoneに関係する問い合わせ項目一覧が表示されるので、修理と物理的な損傷をタップします。

詳細の問い合わせ項目が表示されるので、画面やディスプレイの品質をタップしてください。

問い合わせ方法が選択できるので、こちらでチャットをタップすれば問い合わせを開始できます。

修理に出す

iPhoneがいきなり暗くなる原因が端末自体の問題の場合には、修理に出すこともおすすめです。

iPhoneを修理に出す場合には、状態によってiPhoneの初期化を行う必要が出てきます。

初期化を行ってしまうと端末内に保存されたデータは強制的に削除されてしまうので、事前にバックアップを取っておくこともおすすめです。

バックアップの方法

・iCloudを利用してバックアップをとる

・Macを所有している場合には、ケーブルをつないでバックアップをとる

iPhoneが発熱している場合の対処法

ここからはiPhoneが発熱していることが原因で画面が暗くなってしまう場合に、発熱を抑える方法をご紹介していきます。

一度電源をオフにする

iPhone本体が発熱してしまっている場合には、一度電源をオフにして本体自体を冷ますでもとをおすすめします。

また一度電源をオフにしてしばらく放置することで、iPhoneが発熱しにくくなる可能性があります。

長い間端末を起動し続けてい場合には、一度本体の電源をオフにしてみてください。

充電しながらの操作をやめる

Apple公式サイト

iPhoneで充電をしながらゲームなどの負荷がかかる操作を行っている場合には、端末自体が発熱しやすくなります。

そのため可能な限り充電をしながらの本体の操作は控えることをおすすめします。

ストレージの容量を確認する

iPhoneで発熱が頻繁に起きる場合には、ストレージの容量が不足していることが原因の可能性があります。

その場合にはストレージの容量を確認して、必要があれば不要なアプリやファイルなどを削除することもおすすめです。

ストレージの容量の確認方法に関しては下記関連記事でご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Googleで画像の保存が出来なくなった場合の原因と対処法をご紹介

ストレージの確認方法

設定アプリを起動して一般をタップ

iPhoneのストレージをタップすると本体のストレージが表示される

「お使いのiPhoneは過去24時間以内に未知のソースによる攻撃を(26)回受けており、早急な対応が必要です。」が表示される原因と対処法

現在ネットを利用している最中に「お使いのiPhoneは過去24時間以内に未知のソースによる攻撃を(26)回受けており、早急な対応が必要です。」という内容のメッセージが表示される問題が発生しています。 ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.