iPhone

iOS16でホーム画面の画像の画質が粗くなる原因と対処法を解説

iOS16では、ホーム画面に設定した画像の画質が粗くなってしまったという声が上がっています。

今回の記事では、iOS16でホーム画面の画像の画質が粗くなる原因と対処法についてご紹介していきます。

iOS16でホーム画面の画質が粗くなってしまうとの声が

ロック画面のカスタマイズなどの設定ができるようになったiOS16では、ホーム画面の画質が粗くなってしまうという声が上がっています。

適応した画像の画質が粗くなる

iOS16でホーム画面の画質が粗くなってしまう詳細としては、ホーム画面に設定した画像の画質が粗くなってしまうというものです。

iOS16でもロック画面とホーム画面にそれぞれ画像を設定することが可能となっていますが、ホーム画面で設定した画像のみ画質が粗くなってしまうというものです。

元の画像の画質は悪くない

ホーム画面の画像が粗くなってしまう場合、元の画像の画質自体は悪くなくともホーム画面に設定した段階で画質が粗くなってしまうケースもあります。

こちらの場合にはサイズがあっていない場合や、ホーム画面の設定時に問題があり、画質が粗くなってしまっている可能性があります。

iOS16でホーム画面の画質が粗くなってしまう原因

ここからは、iOS16でホーム画面の画質が粗くなってしまう原因についてご紹介していきます。

ぼかしフィルターが適応されている

ホーム画面の画質がぼやけて画像自体が見えない場合には、ぼかしフィルターが適応されてしまっている可能性があります。

iOS16のホーム画面の設定では、ホーム画面に配置する画像をぼかすためのフィルターが用意されています。

こちらの設定が有効になってしまっていることが原因で、ホーム画面の画像が見えなくなってしまっている可能性があります。

画像が拡大されている

正方形や横長の画像を使用してホーム画面に設定した場合には、画像が拡大されてしまっていることが原因で画質が粗くなってしまっている可能性があります。

ホーム画面に画像を反映する場合には、iPhone側が自動的に画像をホーム画面のサイズにあわせるため、勝手に画像が拡大されてしまいます。

サイズにあっていない画像を利用していることから、拡大されて画質が粗く見えている可能性があります。

iOS16でホーム画面の画質が粗くなってしまう場合の対処法

ここからは、iOS16でホーム画面の画質が粗くなってしまう場合の対処法をご紹介していきます。

ホーム画面編集手順

ホーム画面の編集方法までの手順に関しては、以下の関連記事でご紹介しています。

ホーム画面のみの画像変更や編集画面がわからない方は、参考にしてみてください。

iOS16でホーム画面とロック画面 別々の画像にする方法について解説

ぼかしフィルターを無効にする

ホーム画面の画像がぼやけている状態になってしまっている場合には、ぼかしフィルターが有効になってしまっている可能性があります。

こちらの場合にはぼかしフィルターを無効にすることで、クリアな状態の画像をホーム画面に設定することができます。

手順としてはホーム画面編集画面から、右下のぼかしが青色になっているかを確認してみてください。

青色になっている場合には、ぼかしをタップしてぼかしフィルターをオフにします。

画像がクリアに表示されれば、完了をタップして終了です。

画像を最大限縮小してみる

ホーム画面の画像の画質が粗くなってしまう場合には、適応している画像が自動的に拡大されてしまっている可能性があります。

その場合には、画像適応後に最大限縮小してみることもおすすめです。

手順としてはホーム画面編集画面で、写真をタップします。

指を2本使って画面の両端から画像を縮小するようにスライドさせます。

画像が小さくなり、淵に黒い部分が現れれば、指を離してください。

画像がホーム画面で設定できる画像の最小サイズに適応されます。

画質に問題がないことを確認したら、完了をタップして終了です。

別の画像を使用してみる

ホーム画面の画像の画質が粗くなってしまう場合には、使用している画像自体の画質が元々粗い可能性があります。

そのため別の画像を設定して、画質が荒くならないかを確認してみることをおすすめします。

縦長の画像を使用する

ホーム画面の画像の画質が粗くなってしまう場合には、横長もしくは正方形の画像を使用していることが原因の可能性もあります。

そのためホーム画面のサイズにあわせて、縦長の画像を使用してみることもおすすめです。

ホーム画面作成アプリでホーム画面のサイズにあった画像を作成してみる

ホーム画面の画像の画質が粗くなってしまう場合や、正方形の画像をホーム画面で綺麗に表示させたい場合には、アプリを使用して加工した画像をホーム画面に使用することもおすすめです。

「カメラで撮影した画像をそのまま 壁紙サイズに加工できる。」というアプリであれば、端末の機種にあわせてホーム画面に合うサイズの画像を作成することが可能です。

また操作も背景の選択と写真の選択のみととてもシンプルなので、凝った画像を生成するのが苦手な方にもおすすめのアプリとなっています。

Safariでパスワード設定時落ちる、フリーズする原因と対処法を解説

iOS16へのアップデートによりSafariアプリで特にパスワード関連の不具合が発生しています。 この記事では、Safariでパスワード設定時落ちる、フリーズする詳細と原因・対処法を解説していきます。 ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.