iPhone

Safariでパスワード設定時落ちる、フリーズする原因と対処法を解説

iOS16へのアップデートによりSafariアプリで特にパスワード関連の不具合が発生しています。

この記事では、Safariでパスワード設定時落ちる、フリーズする詳細と原因・対処法を解説していきます。

Safariでパスワード設定時落ちる、フリーズする現象が発生

Safariでパスワード設定時や強力なパスワード作成時に、Safariアプリがフリーズしたり、落ちたりする不具合が発生しています。

この不具合では、パスワードのフォームに触れるだけでフリーズしキーボードがしまえない、パスワードの入力そのものが出来ない、自動的にパスワードの自動生成や自動入力が表示されてそのままフリーズするなどの問題が発生し、様々なサービスにログイン出来なくなったり、会員登録が行えなくなったりしています。

iOS16アップデートによるもの

今回のSafariでパスワード設定時に落ちたり、フリーズしたりする不具合は、iOS16アップデートによるものです。

つまり、発生タイミングとしては2022年9月13日のアップデート後からであり、iOS16へのアップデートを行わなければ問題が発生しない可能性が高いと言えるでしょう。

OSアップデートによるものなので、根本的な解決のタイミングは、次回のマイナーアップデートに持ち越しになると考えられます。

パスワード入力時などにも発生

パスワード設定時はもちろん、強力なパスワード生成時、パスワード入力時などにフリーズするケースも報告されており、様々なWebサービスや会員登録が行えないトラブルが発生しています。

Safari以外のブラウザアプリでも落ちてしまうケースも

Safari以外のブラウザアプリでパスワードを入力しようとした際にフリーズしてしまうケースも報告されています。

これは、iOS16アップデートにより様々なアプリが落ちやすくなっていることが原因と考えられるため、Safari以外のアプリを使って会員登録などを行ったり、しばらくは別のブラウザを利用したりといった対処法は有効です。

Safariでパスワード設定時落ちる、フリーズする原因

Safariでパスワード設定時落ちる・フリーズする原因は、iOS16アップデートによる不具合が原因と考えられます。

なお、Safari以外でパスワード設定時にフリーズする不具合の報告はないため、次回のマイナーアップデートまで別のブラウザアプリをメインに使うことをお勧めします。

Safariでパスワード設定時落ちる、フリーズする場合の対処法

Safariでパスワード設定時落ちる、フリーズする場合の対処法を解説していきます。

パスワードの自動入力をオフにする

パスワードの自動入力設定をオフにすることで、Safariで自動入力の表示がされずフリーズすることがなくなります。

一部、パスワードのフォームを押すだけでフリーズするというiOSユーザーもいますが、多くのユーザーは通常のパスワード入力であれば利用出来るため、この方法で改善されるケースがほとんどです。

なお、この方法でもSafariアプリが落ちる場合は、この記事で紹介されている別の対処法を試してみましょう。

パスワードの自動入力設定をオフにするには、設定からパスワードを選択しパスワードオプションをタップしてください。

パスワードを自動入力をオフにしましょう。

アプリで会員登録する

そのサービスがアプリ版を提供しているのであれば、アプリ版から会員登録を行うことで問題なく会員登録を行うことが可能です。

なお、そのままアプリ版を利用すればログインやログアウトの心配もなくなるため、アプリ版のサービスがある場合は、アプリ版を利用すればSafariの不具合を受け付けなくなります。

ただし、そのアプリがiOS16に対応していなかったり、iOS16で不具合が発生していたりする場合は、会員登録だけアプリで行うか、Safari以外のブラウザアプリで会員登録や利用することをお勧めします。

iCloudのパスワードキーチェーンをオフにする

iCloudのパスワードキーチェーンをオフにすることで、パスワードとの同期を切れます。

これにより、パスワードの自動入力が表示されなくなるため、自動入力が勝手に表示されてフリーズする際に有効です。

iCloudのパスワードキーチェーンをオフにするには、Apple IDを選択しiCloudをタップしてください。

パスワードとキーチェーンを選択しこのiPhoneを同期をオフにしましょう。

URLをコピーして別のブラウザでログインする

Safariで各サイトのログインページや会員登録ページを開き、パスワードを入力した際にフリーズしてしまった時、そのページのURLをコピーして別のブラウザに張り替えることで、そのページを開くことが可能です。

サービスやページの段階にもよりますが、場合によってはそのままそのページで会員登録やログイン作業が可能になります。

タブグループをプライベートに切り替える

タググループをプライベートにすることで、そのタググループで開いたページはパスワードが同期されません。

つまり、iCloudのパスワードキーチェーンをオフにしなくても、プライベートタグで開けばそのページはオフ状態になるということです。

プライベートタグは、プライベートを選択し、プライベートにしたいタブをタップ。

「タググループ」をプライベートにしたら完了をタップすることで切り替えられます。

Safariで突然Googleにログインの画面が表示されるようになった原因や対処法について解説

Safariを使っていると突然Googleにログインの画面が表示される不具合が起きています。 この記事では、その詳細や原因、対処法について解説します。 Contents1 Safariで突然Googl ...

続きを見る

\\follow//

-iPhone
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.