LINE

LINEあけおめ&おみくじスタンプ2021が送れない場合の原因と対処法

LINEで友達に年賀状のようなスタンプを送ることができる「あけおめスタンプ」ですが、現在こちらが送れない問題が発生しています。

今回はあけおめスタンプが送れない問題の原因と対処法についてご紹介していきます。

あけおめスタンプが送れない問題が発生

LINEで友達になったユーザーに新年をモチーフにしたスタンプを送ることができることで人気な「あけおめスタンプ」ですが、現在こちらで一部のユーザーに送ることができないという問題が発生しています。

2020年までのあけおめスタンプを調べてみると、一定の条件を満たしていないと送ることができない、限定的な機能となっていました。

そのため、2021年のあけおめスタンプに関しても、下記の項目が当てはまっていないために、あけおめスタンプを送ることができない可能性があります。

LINEおみくじが送れる条件で確認すること

  • 送信可能期間
  • 送る相手側の設定

あけおめスタンプが送れない原因

ここからは具体的に、あけおめスタンプが送れない原因についてご紹介していきます。

あけおめスタンプの購入対象期間内ではない

あけおめスタンプ2021の対象期間はスタンプが発売される2020年12月26日からとなっています。

上記の期間外であけおめスタンプを購入しようとしても、発売がまだだったために購入できません。

公式のあけおめスタンプの購入期間は2020年12月26日から2021年1月28日(10:59まで)となっています。

また、クリエイターズスタンプに関しても一部販売を開始しています。

クリエイターズスタンプの販売時期

  • 第一弾:2020年12月26日 11:00 から 2021年3月31日 10:59まで
  • 第二弾:2020年12月29日 11:00 から 2021年3月31日 10:59まで
  • 第三弾:2020年12月31日 11:00 から 2021年3月31日 10:59まで

今年は2,000種類以上過去最多のあけおめスタンプの種類があるので、ぜひ1月1日にどれを送るのかに関して検討してみてください。

アクセスが集中している

あけおめスタンプを年明けの送信しようとして「メッセージが送信できませんでした」などのエラーが出た場合には、アクセスが集中している可能性が高いです。

特に1月1日になった直後や早朝は、他のユーザーもおみくじスタンプや新年の挨拶を送信しようとしていることが多いです。

そのため、アクセスが集中してサーバーがダウンしている可能性が高いです。

同じ友達に複数回送ろうとしている

お年玉機能がついていた2020年までのあけおめスタンプでは一つのあけおめスタンプは一人につき一つまでしか送ることができませんでした。

そのため2021年発売のあけおめスタンプに関しても、一人につき一つ以上は送れない可能性があります。

もしあけおめスタンプを送ろうとしても送れないという場合には、すでにあけおめスタンプを送った友達ではないかどうかを確認してみてください。

相手があけおめスタンプを送信できる条件を満たしていない

2020年までのお年玉機能がついているあけおめスタンプに関しては、下記の条件でLINEを利用しているユーザーに関してはあけおめスタンプを送ることができませんでした。

あけおめスタンプが送れないユーザー

・LINEをPC版のみで使用している人

・海外の番号でLINEアカウントを作成した人

・Facebook認証でLINEアカウントを作成した人

2021年はおみくじスタンプにお年玉機能がついていないため、上記の条件に当てはまる方でもおみくじスタンプを送ることができるかもしれません。

一方、万が一送れなかった場合には、相手が上記に該当している可能性があります。

通信状況がよくない

あけおめスタンプが送れない原因として、あなたの使用している電波(4G、5G、Wi-Fiなど)の通信状況がよくないという場合もあります。

LINE以外でもTwitterやインスタなどのアプリ、またブラウザでも通信速度が遅くなっている場合には、あなたが利用している電波状況を確認してみることをおすすめします。

あけおめスタンプが送れない場合の対処法

ここからは具体的にあけおめスタンプが送れない場合の対処法についてご紹介していきます。

あけおめスタンプ対象期間内に購入して送る

あけおめスタンプの購入は2020年12月26日から購入することが可能となっています。

また送信自体もスタンプ購入日から送信することが可能です。

2021年のあけおめスタンプには2020年までで追加されていたお年玉機能などがなく、一般的なスタンプと同様に相手に送ることができます。

そのため、2020年12月26日以降であれば送信自体は可能なため、必ず購入可能期間内に購入するようにしてください。

しばらく時間が経ってたから送り直す

スタンプが送れないという場合には、他のユーザーが同様の時間にメッセージを送信しているためにサーバーが重くなり、送れなくなっている可能性があります。

特に1月1日になった直後や1月1日の午前中は他のユーザーも新年の挨拶のためにLINEを利用している可能性が高いです。

何度チャレンジしてもスタンプの送信が難しい場合には、しばらく時間が経ってから送り直すことをおすすめします。

LINE公式の通知やサイトの情報を確認する

アクセスが集中してサーバーに負荷がかかっている場合には、LINE公式からの警告通知や公式サイトで情報を発信している可能性があります。

LINE公式の通知などは普段ブロックしたり、通知がこないように設定している方が多いかもしれませんが、お正月に関してはそちらの通知が来るように一時的に設定を変更したり、LINE上で問題が起きていないかをLINE公式サイトで確認してみることをおすすめします。

Twitterなどでサーバーに問題がないかを確認する

あけおめスタンプが送れないという問題があなただけでない場合、Twitterなどで同じような状態に困っているユーザーがツイートしている可能性があります。

もしかするとLINE公式からの情報発信より、Twitter上での他のユーザーの情報発信の方が早く行われている可能性があるので、他のユーザーにも同じような問題が起こっていないか確認してみるのもおすすめです。

通信環境を確認する

LINE以外のTwitterやインスタ、ブラウザでの読み込みが遅い場合には、あなたの通信環境(4G、5G、Wi-Fiなど)に問題がある可能性もあります。

そちらの場合はWi-Fiから4Gに切り替えるなど、他の通信環境に切り替えてもう一度送信しなおしてみることをおすすめします。

LINEや端末自体を再起動し直して送信

通信環境に問題がなく、送信する時間も混み合う1月1日を避けて送信しているのにスタンプが送れないという場合には、あなたのLINEアプリや端末自体に不具合が発生している可能性があります。

その場合は、LINEや端末自体を一度再起動し直して送信してみると、うまく送信できる可能性があります。

一度LINEや端末自体を再起動して、再度送信してみるてください。

LINEの仕様変更を待つ

2021年のあけおめスタンプには、お年玉機能のようなものはありませんが、もしかすると2020年同様に一定の条件に満たないユーザーには送信することができない可能性があります。

2020年までであけおめスタンプを送信できないユーザーの条件

・一度あけおめスタンプを送信した友達

・LINEをPC版のみで使用している人

・海外の番号でLINEアカウントを作成した人

・Facebook認証でLINEアカウントを作成した人

万が一あけおめスタンプを送れないという場合には、上記が該当している可能性があります。

こちらはLINEの仕様変更を待つしかないため、通常のメッセージなどで新年の挨拶をするようにしましょう。

LINEマンガで「データ取得に失敗しました(VE29901)」と表示されるエラーの詳細と対処法を解説

LINEマンガでは、様々なエラーが発生して書籍が読めないことがあります。 この記事では、こうしたエラーの中でも「データ取得に失敗しました(VE29901)」と表示されるときの原因と対処法について解説し ...

続きを見る

\\follow//

-LINE
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.