生活

新型コロナワクチン接種証明書アプリへの登録方法と注意点を解説

2021年12月20日から新型コロナワクチン接種証明アプリが日本政府から提供されました。

どのようにして登録をするのか分からないという方のために、今回は登録方法や注意点について解説していきます。

新型コロナワクチン接種証明書アプリとは

新型コロナワクチン接種証明書アプリとは日本政府が提供しているアプリで、簡単に誰でも接種証明書を発行できます。

接種証明書はQRコードが表示されるので、そのQRコードを読み取れば接種記録が細かく見れるようになっています。

なお、QRコードを読み取ると次のような情報を知ることができます。

知れる情報

  • 氏名
  • 生年月日
  • ワクチンの種類
  • 接種年月日
  • ロット番号

など...

また、海外用の接種証明書を発行した場合には上記の情報の他にパスポートの国籍や旅券番号が記載されます。

ココに注意

詳細な情報が記録されているので、安易に他人に見せる行為は避けた方がいいです。

なぜ登録する必要があるの?

新型コロナワクチン接種証明書アプリに登録する必要が本当にあるのか?と疑問に思う方も多いでしょう。

実際に考えられるメリットと照らし合わせ、どのような人にこの接種証明書アプリが役立つのか以下にまとめてみました。

こんな方におすすめ

  • 自治体の窓口に行って接種証明書の申請・交付が面倒と感じている方
  • 急に接種証明書が必要になった方
  • 接種証明書の提示が必要なお店やホテルなどに急遽行くことになった方
  • 仕事が忙しくて自治体の窓口へ行くことができない方

本来であれば、接種証明書を発行するには自治体の窓口へ行く必要がありまが、このアプリがあれば窓口に行く必要はありません。

新型コロナワクチン接種証明書アプリに登録する場合の注意点

新型コロナワクチン接種証明書アプリでは、登録する際にいくつか注意点があるので確認しておきましょう。

自治体がアプリで証明書発行に対応している必要がある

日本政府から提供されている新型コロナワクチン接種証明書アプリですが、国民全ての人が使えるというわけではありません。

自治体によってはアプリでの証明書発行に対応していない可能性があります

居住している自治体がアプリで証明書を発行できるのかについては、デジタル庁の公式HPで確認できるので、登録前に確認しておきましょう。

公式HPへのアクセスはこちらから⇒デジタル庁公式HP

マイナンバーカードが必須

引用:マイナンバーカード

ワクチン接種証明書をアプリを使い発行したい場合、必ずマイナンバーカードが必要になります。

マイナンバーカードを持っていないという方はアプリを使い、接種証明書を発行することはできません。

また、アプリで接種証明書を発行するには「マイナンバーカードの券面入力補助暗証番号4桁」が必ず必要になります。

マイナンバーカードがあっても旧姓併記だと利用できない

マイナンバーカードで旧姓併記だった場合型コロナワクチン接種証明書アプリで証明書を発行できません。

旧姓併記とは?

「日本(田中)花子」など括弧書きで旧姓が記載されているマイナンバーカードです。

もしくは右下の追記部分に旧氏 山田などと記載されている場合も同じです。

上記のような記載があるマイナンバーカードは現在のところ接種証明書アプリに登録ができません。

ただし、公式HPには「近日中に対応予定」と書かれていることから、少し時間が経てば利用できる可能性があります。

未対応中に接種証明書が欲しいという場合は自治体の窓口で申請・発行の手続きを行いましょう。

海外向けの場合はパスポートも必要!

新型コロナワクチン接種証明書アプリでは、海外向けの証明書も作成できます。

海外用の証明書を発行する場合はマイナンバーカードの他にパスポートが必須になるので注意しましょう。

NFC機能がないと登録できない(おサイフケータイ機能)

新型コロナワクチン接種証明書アプリではマイナンバーカードを読み取る際に、スマホのNFC機能(おサイフケータイ機能)が必要となります。

スマホにこのNFC機能が搭載されていない場合は、残念ながらワクチン接種証明書を発行できません。

動作環境を確認しておこう!

新型コロナワクチン接種証明書アプリで証明書を発行する場合、自分のスマホでは利用できるのか、動作環境を確認しておきましょう。

動作環境

  • マイナンバーカードが読み取れる(NFC Type B対応)端末
  • iOS 13.7以上
  • Android 8.0以上

NFC機能が搭載されていないスマホ、iOS13.7未満、Android8.0未満のスマホはアプリに対応していないので注意してください。

ワクチン接種証明書アプリに証明登録する方法

証明書を発行するには、まずワクチン接種証明書アプリが必要になります。まだスマホに入れてないという方は以下のリンクからインストールしてください。

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

新型コロナワクチン接種証明書アプリ

※Androidはこちらからインストール可能です。

インストール後、ワクチン接種証明書アプリを起動させてください。左上のような画像が表示されるので、複数回次へ進むをタップします。

次に、利用規約が表示されるので、確認した後同意するにを入れ次へ進むをタップします。

ワクチン接種証明書アプリのトップ画面が表示されたら、接種証明書を発行するをタップします。次のページで証明書の用途を選択します。

海外用・国内用選べますが、今回は国内用での操作方法を解説します。国内用のボタンをオンにしてください。その後、次へ進むをタップします。

マイナンバーカードの券面事項入力補助用の暗証番号4桁を入力して次へ進むをタップします。スマホでマイナンバーカードを読み取ります。

マイナンバーカードを用意して読み取り開始をタップしましょう。

マイナンバーカードを読み取る際にはNFC機能をオンにしておきましょう。

マイナンバーカードが無事に読み取れると、「マイナンバーカードを読み取りました」と表示されます。次へ進むをタップします。

次の画面で自治体の選択を行い、ワクチン接種記録を検索するをタップします。

正常に検索されると、「ワクチン接種記録が見つかりました」と表示されます。情報に間違いがなければ、発行するをタップしてください。

発行されると、右上の画像のように証明書が表示されます。証明書には氏名・接種回数・最終接種日時などが表示されます。

新型コロナワクチン接種証明書を使う場面はいつ?

新型コロナワクチン接種証明書アプリで発行した証明書は、いつどのような場面で使うのかわからないという方もいるでしょう。

恐らくですが、このアプリが今後普及した際は次のような施設で提示が必要になる可能性があります。

  • ホテルなどの宿泊施設
  • 飲食店
  • イベント(コンサートやスポーツ観戦など)

証明書がなければ、入れませんという状況が増える可能性もあるので、事前に証明書をアプリで発行しておくと役立つでしょう。

\\follow//

-生活
-, ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.