ユーティリティ

Simejiのリアルタイム翻訳が使えない場合の原因や対処法について解説

Simejiのリアルタイム翻訳が使えなくなるという問題が多発しています。

この記事ではリアルタイム翻訳が使えなくなった原因やその場合の対処法について解説していきます。

Simejiのリアルタイム翻訳とは

Simejiのリアルタイム翻訳とは、Simejiを使って入力した日本語をリアルタイムで翻訳してくれる機能の事です。

対応言語は、英語・中国語・韓国語の3つ。

単語レベルから長文のメッセージまで翻訳を行う事が可能となっており、海外の知り合いとのやり取りに便利だと多くのSimejiユーザーに愛用されている機能となっています。

Simejiのリアルタイム翻訳の使い方

まずはSimejiのキーボードを開きましょう。その後に、キーボードの左上に表示されているしめじ型のボタンをタップします。

するとキーボード設定に関わるメニュー画面が開かれますので、その中からリアルタイム翻訳機能と書かれたボタンをタップします。

翻訳機能がオンになった事を告げるメッセージが表示され、ボタンの色がに変化すれば翻訳機能が使えるようになった証です。

それらが確認できたら、もう一度しめじ型のボタンをタップしてキーボード画面に戻ります。

翻訳>をタップし、翻訳したい言語を選びます。

後は翻訳したい文章を打ち込めば翻訳された文章が翻訳>の横に表示されます。表示された翻訳をタップすれば翻訳完了です。

Simejiのキーボードから翻訳ボタンが見つからなかった場合

Simejiのキーボードを開いても翻訳ボタンが見つからないという人は、Simejiのアプリを開きましょう。

TOP画面右下に書いてある設定をタップすると設定画面が開かれますので、画面を下にスクロールした先にあるリアルタイム翻訳をタップします。

リアルタイム翻訳の横にある白丸ボタンをタップすれば、翻訳機能の設定は完了です。

Simejiのリアルタイム翻訳が使えない原因

Simejiのリアルタイム翻訳が使えない原因は以下の3つがあげられます。

Simejiのリアルタイム翻訳が使えない原因

・OSまたはアプリのアップデートが行われていない

・フルアクセスの許可が出ていない

・横画面で使用している

今回の騒動はSimejiのアップデート後に起きた為、「OSまたはアプリのアップデートが行われていない」が原因である可能性が高いです。

しかしそれ以外の原因もないとは言い切れませんので、こういった原因で使えなくなる事もあると覚えておきましょう。

Simejiのリアルタイム翻訳が使えない時の対処法

では次に、実際にリアルタイム翻訳が使えなくなった時の対処法について紹介します。

対処法は以下の8つです。

フルアクセスの許可を出す

Simejiのフルアクセスの許可を出し直してみましょう。

Simejiはフルアクセス許可が出ていなければ使用できないアプリです。ですので、フルアクセスの許可を改めて出し直した後、Simejiを再起動すると翻訳機能が表示される可能性があります。

フルアクセスの許可の出し方については、こちらの記事をご参照下さい。

LINEだけSimejiが(キーボード)が使えない原因と対処法を解説!

縦画面にして使う

実はSimejiのリアルタイム翻訳は、横画面にすると使えなくなる仕様となっています。

しかしSimeji自体は横画面にしても使える為、リアルタイム翻訳も横画面で使えると誤認している方が多いようです。

本機能を使いたい場合は、必ず縦画面で入力を行いましょう。

一度普通のキーボードに戻してみる

一度Simejiのキーボード設定を解除し、初期設定のキーボードに戻す方法です。アプリ側になんらかの原因があった場合は、この方法で元に戻る可能性が高いです。

初期設定へのキーボードには、Simeji キーボード画面の左下にある地球儀をタップする事で可能です。

初期設定のキーボードに戻した後、今度は地球儀を長押しします。提示されたキーボード設定の中からSimejiをタップしてSimejiのキーボード画面に戻り、翻訳機能が起動しているか確認しましょう。

スマホ本体を再起動してみる

スマホ本体の電源を入れ直してみる方法です。

スマホ側になんらかの問題がある場合は、この方法で直る可能性があります。なかなかリアルタイム翻訳機能が使えない場合は、一度スマホ本体を再起動してみましょう。

Simgejiを再ダウンロードしてみる

何度Simejiのキーボードを立ち上げてもリアルタイム翻訳が出ない場合は、Simejiアプリを再ダウンロードすると直る可能性があります。

今、スマホに入れてあるものを削除した後、アプリストアで再びSimejiをダウンロードしてみましょう。

iosやアプリのアップデートを行ってみる

Simejiでは機能の改善の為に、定期的なアップデートが行われています。その為、アップデートを行っていない古いバージョンのアプリだと使えない機能が出てくる場合があります。

また使用しているiosのバージョンによっても使えない機能が出てきてしまいます。古いバージョンを使っている場合は、それらのアップデートを行うと翻訳機能が使えるようになる可能性があります。

Simeji以外のキーボードアプリを削除する

Simeji以外のキーボードアプリを使用している場合は、一度それらのアプリを削除してみましょう。

アプリの数を減らせばスマホにかかる負担が減る為、リアルタイム翻訳の表示もスムーズに行える可能性があります。

Simeji公式サポートのTwitterを確認してみる

Simejiには公式のTwitterアカウントが存在しています。

起こっている問題に対する対処法をツイートが行われている場合もありますので、問題が起きた時は一度Twitterアカウントを覗いてみると良いでしょう。

Simeji Twitter公式アカウントはこちらから⇒Twitter:Simeji(公式)ユーザーサポート

Simeji以外の翻訳機能があるキーボードアプリ

最後にSimeji以外で翻訳機能があるキーボードアプリを紹介します。

Gboard

Google開発のスマホ・タブレット用の多言語キーボードアプリです。英語や中国語、韓国語を含む20ヶ国以上の言語に翻訳できるアプリとなっています。

またGoogle発という事で、キーボードを開くだけでネット検索を行う事も可能となっており、海外のサイトを検索したい時などに便利とユーザー間からも高い評価を集めています。

 

 

翻訳キーボード

Android専用の翻訳キーボードアプリです。

対応言語は英語・韓国語・中国語の3つだけですが、日本語から翻訳する事もできれば逆にそれぞれの言語を日本語へ翻訳する事も可能となっています。

ただし無料版は30回までという回数制限が存在している為、それ以上使いたい場合は有料版の購入が必要です。

 

 

LINEだけSimejiが(キーボード)が使えない原因と対処法を解説!

LINEのアップデートにより突然LINEでSimejiが使えなくなった、Simejiのキーボードが表示されなくなったという声が多発しています。 この記事では、LINEでSimejiのキーボードが使えな ...

続きを見る

flick

「flick」とは、IO株式会社による日本産スマホ向けキーボードアプリです。

flickの特徴

  • 200万種類の顔文字やアスキーアートを登録
  • 顔文字をお気に入り登録出来る
  • 日本製キーボードアプリ
  • キーボードの背景に好きな動画や画像を設定出来る
  • カスタマイズ機能あり
  • AI変換機能あり
  • バックアップあり

「flick」の変換辞書機能が大幅にパワーアップしたため、ネットの文字情報をサーバーで取得・解析出来るようになり、新しい言葉も快適に候補に出やすい環境となっています。

見出し(全角15文字)

  • 日本産キーボードアプリを探している
  • 顔文字やアスキーアートを豊富に使いたい
  • キーボードなどをカスタマイズしたい
  • 文章の入力をスムーズにしたい
  • 流行語やアイドルの名前などもストレスフリーに候補に出したい
  • キーボードを片手入力用の配置にしたい
  • 誤字が多い

「flick」には、AI変換機能が搭載されているため、キーワードを入力することで文脈に沿った単語が表示され、文章の入力にかかる時間を大幅に削減できます。

また、誤字を自動で修正してくれるサジェスト機能も搭載されているため、誤字が目立つという人にも向いたサービスと言えるでしょう。

\\follow//

-ユーティリティ
-, , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.