Skype

Skype(スカイプ)で退席中にならないようにする方法を徹底解説!

スカイプにはログイン状態を表示する機能があります。そのログイン状態の中には接続はしているものの一定時間操作していない「退席中」があります。

時にはこの「退席中」を表示させたくない人もいると思います。今回はスカイプで退席中にならないようにする方法を解説していきます。

スカイプで退席中にならない方法

上の画像がスカイプの退席中を示すアイコンです。スカイプ接続中に一定時間PCを操作していないとログイン状態がオンラインから退席中に移行します。

ビジネス用スカイプではログイン状態が退席中に移行する時間を短めに設定することでテレワーク業務に集中しているか判別するといったことも可能です。

ただどうしても席を外さないといけない場合などもあり、その際に退席中扱いになると困るケースも考えられます。ここでは退席中と表示させずにPCから離れる方法を解説していきます。

退席中表示になる前にPCを操作する

プロフィールやプロフィール画像右下にが表示されているとアクティブ、つまりPCを操作している状態です。

プロフィールやプロフィール画像右下にが表示されていると退席中、つまり一時的にPCから離れて操作していない状態です。

スカイプのログイン状態は1時間操作がないとアクティブから退席中に移行するようになっています。この1時間の間に少しでもPC操作をすれば退席中の表示がでることはありません。したがって退席中にならないようにするには、わずかでも良いので1時間以内にPCを操作する必要があります。

1時間以内に少しでもPC操作をしていれば退席中に移行することはありません。

ココに注意

ビジネス用のスカイプ、Skype for Busiessはこのログイン状態の移行時間がデフォルトで5分に設定されています。この時間は設定で変えることもできますが会社のシステム管理者が設定変更を禁止していることが多く、退席中表示を出さないようにするには頻繁にPC操作をしなくてはならないため離席するのは難しいです。

ログイン状態を隠す

スカイプにはログイン状態を隠すという機能があります。ログイン状態を隠すと他のユーザーからログイン状態がアクティブ、退席中のどちらか分からなくなります。た

だし他のユーザーには常にオフライン状態として表示されるためアクティブを装って離席するという場合には使えない方法です。

「ログイン状態を隠す」設定をします。

まずスカイプトップページから左上にあるプロフィール画像を選択してクリックします。

ログイン状態を示す項目を選択してクリックします。

ログイン状態一覧から「ログイン状態を隠す」を選択してクリックします。

ログイン状態が隠されるようになります。

アプリ版スカイプを併用する

この方法は今まで解説した2つの方法と異なりPCを操作する必要もなく、ログイン状態を隠す必要もありません。ログイン状態がアクティブのまま長時間離席ができ、かつビジネス用スカイプでも使える方法です。

ウェブ版スカイプとアプリ版スカイプの仕様の違いを利用しています。

この方法を行うにはアプリ版スカイプが必要です、あらかじめダウンロードしておきましょう。

ビジネス用スカイプを使用している場合はアプリ版のビジネス用スカイプをダウンロードしておく必要があります。

アプリ版スカイプを起動させておく

まずアプリ版スカイプを起動させましょう。ここで重要なのはウェブ版スカイプと同じアカウントでログインすることです。

ウェブ版と同じアカウントでログインできれば、これでPCを1時間以上操作しなくても退席中になることはありません。もしアプリと併用しているときに退席中と表示させたい場合には「ログイン状態を隠す」を設定したときと同じ手順で、手動によってログイン状態を退席中に設定することができます。

アプリ版スカイプをサインインのまま終了する

アプリ版スカイプをサインアウトせずに終了させても退席中にならないようになります。

ここで注意が必要です。サインインしたままアプリを終了して放っておくといつまでもログイン状態がアクティブのままになります。スカイプを仕事に使っている場合には時間外労働をしているとして叱責される可能性もあります。

アプリ版を終了させる際には確実にサインアウトをしましょう。

サインアウトするにはまずトップ画面上部のプロフィール画像をタップします。

プロフィール詳細から「サインアウト」を選択してタップします。

サインアウトの確認画面が表示されます。「はい」を選択すればサインアウトが完了します。これで24時間オンライン状態になることはありません。

退席していることがバレてしまう可能性

ウェブ版スカイプとアプリ版スカイプを併用している場合、PCから長時間離れてもログイン状態がアクティブで維持されるため離席していることがバレることはあまりありません。しかし以下の場合には実際はPC前にいないことがバレてしまう可能性があります。

通話や送られてきたメッセージに反応しなかった場合

スカイプはチャットや通話を行うことができます。したがって業務連絡などもスカイプを通して行われることが多いです。この際にこれらの通話やメッセージに対して素早く対応できなかった場合に、本当にPC前にいるのか怪しまれてしまいます。

これを避けるために離席中もアプリ版スカイプを起動しているスマホやタブレットを持ち歩くようにしましょう。アプリ版スカイプでチャットや通話を行えば反応が鈍くて怪しまれるということはありません。

アプリ版スカイプの仕様が変更された場合

なかなか考えられないことですがアプリ版スカイプの仕様変更によってアプリ版併用によって退席中のログイン状態表示を回避する方法ができなくなる可能性があります。アプリのアップデートがあった時には気をつけましょう。

心配であればウェブ版スカイプとアプリ版スカイプを両方とも1時間放置して退席中に移行しないか確かめることを推奨します。離席中にアプリ版スカイプを起動してスマホやタブレットを頻繁に操作するのも有効な手段です。

ずっとオンライン状態のままになっている場合

前の項目でも話したことですが長時間アクティブな状態になっていると非常に怪しまれやすいです。またアクティブ状態で離席していることを怪しまれるより先に時間外労働を咎められかねません。スカイプの利用を終えるときにはウェブ版アプリ版ともに必ずサインアウトをするようにしましょう。

Skypeでバーチャル背景・背景ぼかしの設定方法と出来ない場合の対処法

    Skypeではビデオ通話が可能ですが、ビデオ通話で背景をあまり見られたくないという方もいるでしょう。 そこで、今回はSkypeのバーチャル背景などについて詳しく解説していき ...

続きを見る

\\follow//

-Skype
-, ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.