TikTok

TikTokのコメントに登場した低評価ボタンの詳細や使い方、相手にバレるのかについて解説

Tiktokのコメントに対する低評価 ボタンの実装が本格化し、「突然ボタンが現れた」と話題になっています。

以前から実装の噂があったTiktokのコメントに対する低評価ボタンの使い方、注意点などを徹底解説していきます。

Tiktokのコメントに押せるようになった低評価ボタンについての詳細

TikTokのコメントに対する評価ボタンは、いままで「いいね」を意味するハートボタンしかありませんでした。

2022年5月13日前後を境に多くのユーザーに対して突如機能の拡散を見せた、親指を下に向けた低評価ボタンについての機能概要を解説します。

元々海外では2020年頃から噂があった

コメントに対する低評価ボタンの実装については、元々海外が起源で2020年の段階で、すでに話題に挙がっていました。

2年も前のことなのでそのまま鎮火したかと思いきや、最近になってまた実装の噂が浮上。

2022年5月13日を境にそのまま本格実装へと移り、TikTok内はもちろん、他のSNS上でも賛否がわかれている様子が確認できています。

動画ではなく、コメントに対して送る機能

今回の低評価ボタンは、あくまでも一つ一つのコメントに対して付与させるものであり、動画に対する評価のボタンではありません。

コメントに低評価が付いたからといって、動画投稿主やコメント発信者に対して目に見えた影響があるわけではないこともわかっています。

また、コメントの低評価が動画に対する評価にどう作用するかも詳細な発表がされていないため、不明瞭な点が多い機能となっているのは確かです。

機能は拡大途中のため、まだ実装されていないアカウントもある

なおこのコメントに対する低評価ボタンは14日現在、一部のアカウントにはまだ表示されていないことが確認できています。

筆者の3つのアカウントの内、Googleアカウントと連結しているアカウント1つのみがまだ実装されていませんでした。

しかし大々的な機能拡大のようなので、今はボタンが表示されていないアカウントも、近日中には機能が実装されることが予想されます。

TikTokのコメントに押す低評価ボタンの使い方

TikTokのコメントに対する低評価ボタンの使い方は非常に簡単です。

どういったシーンで、どのように押せば良いか解説していきます。

ボタンを押すだけで低評価を送れる

コメント欄を開くと、送られているメッセージの横にハートアイコンと並ぶ形でサムズダウンのアイコンが表示されています。

このサムズダウンアイコンをタップするだけで、該当のメッセージに対して「低評価」を付けることができます。

荒らしや不快なコメント対して送ることを目的としている

低評価とは文字通り、場にそぐわないようなコメント、他者を不快にするコメント、品が無いコメントに対して送ることを目的としています。

ただし送ったからといって即相手や自分、動画の投稿主に何かの影響がある訳ではありません。

低評価が送られることが多いユーザーには、いずれ何かのペナルティが科せられる可能性はありますが、あまりに不快なコメントには通報で対処した方が確実です。

TikTokのコメントに送った低評価を取り消す方法

一度送ってしまった低評価ボタンを取り消すのは、「いいね」を取り消すときと同様で、再度サムズダウンアイコンをタップすることで取り消すことができます。

ボタンが黒から白に変化したら、無事取り消しが出来ているサインです。

TikTokのコメントに押す低評価ボタンの注意点

TikTokに実装されたコメントに対する低評価ボタンを使う際は、いくつか注意したいことがあります。

低評価ボタンを押したとしても表面的に大きな変化はないものの、ネガティブな意味合いを持つ機能なので、乱用したりワザと送ることは止めておきましょう。

押し間違いに注意

今回低評価ボタンが追加されたことで、「いいね」ボタンが押しにくくなったという意見も多数挙がっています。

ボタンの間にスペースは取られていますが、「押し間違いしやすい」状態になってしまったことは間違いありません。

なお、押し間違えても再度ボタンを押し直すことで評価の取り消しができるので、過度な心配は不要です。

イタズラ目的で悪用される恐れ

場に適さないコメントに対する評価機能のはずが、「このユーザーが嫌いだから」などの感情面を理由に押されてしまう可能性があります。

TikTok側もそれを理解しているので表面上に変化が出ないように機能を調整していますが、ユーザー間では「荒れる原因になる」「不要な機能」という見方が優勢となっています。

一度実装されたら機能をオフにすることができない

5月14日現在、一度実装されてしまうと、コメントに対する低評価ボタンのオン/オフを切り替える方法がありません。

しかし前述通り、ボタン追加に対してネガティブな意見が多いことから、近い将来低評価ボタンの表示・非表示を自由に選べる設定が登場するかもしれません。

それまでは、動画投稿者がコメント欄が荒れないようにフィルター機能や認証したコメントのみ表示するなど、既存の機能を使ってコメント欄管理を行うようにしましょう。

TikTokのコメントに低評価を押すと、相手にバレるか

SNS上で「低評価」というマイナス評価をつける際は、コメント投稿者や動画投稿者に通知が届かないか、また評価主が特定されないか気になるポイントです。

TikTokのコメントにおける低評価ボタンの表示や通知について調査しました。

コメント発信者や動画投稿者に通知が届くことはない

不快なにコメントに低評価をつけたとしても、コメント発信者や動画投稿主へ「低評価がつけられました」という通知が届くことは一切ありません。

また低評価を送ったからといって、該当のコメントが非表示になったり、通報のように運営に明確な報告が上がることもないことが確認されています。

低評価された数はわかるか

コメントに対して低評価が送られても、低評価された数が表示されることはなく、他者から見ても「このコメントは低評価された」ということもわからない仕様になっています。

また、低評価を送った本人も一度コメント欄から抜けると低評価ボタンが再びオフの状態に戻ることから、低評価ボタンの影響が計り知れません。

誰が送ったかを特定されることはない

上記のように、非常に匿名性が高い機能となっているため「誰が低評価を送ったか」というのも誰からもわからないようになっています。

だからといって何度も低評価を押して良い理由にはなりませんので、活用方法には一層の注意をしましょう。

TikTokのストーリーの詳細や使い方を解説

長い間インスタで定番の「ストーリー機能」ですが、今回新たに Tiktok でも「ストーリー機能」を利用することができるようになりました。 本記事では Tiktok のストーリー機能の使い方やリリース状 ...

続きを見る

他に安全で人気のオススメライブ配信は?

他に安全で人気のオススメライブ配信を紹介します!今のうちに自分にあったライブ配信アプリを見つけておくことをオススメします。

17LIVE

17LIVE(17ライブ)は、大手ライブ配信サービスです。

有名アーティストをCM起用したりコラボライブ配信を行うなど、業界屈指の話題性と熱い活気で、高い知名度を誇っています。

提供サービスは一般的な動画配信、音声配信サービスをメインにしており、もちろんギフト機能も搭載しているのでライバーとして収益を得ることも可能です。

17LIVEのポイント

  • 台湾発祥のライブストリーミングサービスで、だれでも気軽にライブ配信を行える人気アプリ。
  • 日本人ユーザーはそこまで多くないので、今から参入しても稼げるチャンスがある。
  • 登録ユーザー数は全世界で5000万人を突破しており、芸能プロダクションとコラボしたイベントも盛んに行われている。
  • 盛んなジャンルは「歌」「ダンス」「雑談」で、スマホ一台で簡単に配信・視聴ができる手軽さが喜ばれている。
  • 日本でもアーティストやタレントが配信を行ったり、イベントに参加することも。
  • 不適切な行為がないか24時間体制の監視体制を設けており、安全性向上にも努めているサービスなので、安心度が高い。
  • 無課金でも無料ギフトが付与されることもあるので、利用のハードルが低い。

数多くあるライブ配信アプリの中でも抜群の知名度とユーザー数を獲得していますが、まだまだ日本人ライバーは少数な傾向です。

リスナーとしてはもちろん、安定的な配信環境と盛んなイベントを活用することで、ライバーデビューを行いやすいアプリの一つでもあります。

Uplive(アップライブ)

Uplive(アップライブ)は、中国発の国際派ライブ配信サービスです。

簡単にコラボ出来るので、コミュニケーションが得意な配信者におすすめ!

Upliveの特徴

  • アジア諸国の視聴者と配信者が多い
  • コラボしやすい/コラボが盛ん
  • 翻訳機能あり
  • 見回りで危険/卑猥な配信が出来ない
  • イベントが盛ん
  • エフェクトが豊富

海外の視聴者がファンに付きやすいため、国外以外のファンも増やしたいという国際派にも魅力的なサービスです。

日本では、まだマイナーなライブ配信アプリなので、Upliveにおける将来の有名日本人ライバーとしてスタートアップを切りたいという方にもお勧めできます。

Upliveの魅力!稼げるの?

  • 日本人配信者はまだ少ないのでチャンス
  • 少し年齢層が高め
  • 投げ銭とイベントで稼げる
  • 無料でダイヤモンド(アプリ内通貨)を貯められる機会が多い=視聴者が無料で投げ銭やギフトを贈りやすい=稼ぎやすい
  • 国外の視聴者からも稼ぎやすい

Pococha Live (ポコチャ)Sponsored by DeNA

DeNAが運営する日本製ライブ配信アプリ。

他のライブ配信サービスと異なり、投げ銭やギフトではなく、配信した時間とランクによって報酬が貰えます。

地道に配信して稼ぎたい安定志向タイプのライバーにおすすめのアプリです。

Pococha Liveの特徴

  • 国産アプリで安心&安全
  • 美顔フィルター
  • ファミリー機能でファンと仲良くなれる
  • イベントが豊富で勝ち抜くと出場権が貰える可能性も

ポコチャの他にはない魅力は、投げ銭やギフトではなく、配信時間とランクに応じて換金アイテムが貰えるという点です。

Bランク以上なら、1時間あたりの配信で1,000ダイヤ以上貰え、Bランクは毎日2時間以上配信すれば自然にクリアできます。

つまり、ポコチャは地道にライブ配信していけば、安定して稼げるアプリと言えるでしょう。

ポコチャでは月20本以上のイベントが開催されており、このイベントに勝ち抜くとオリジナルグッズや景品を手に入れられます。

広告や人気雑誌などへの出演権も得られるチャンスもあるため、稼ぎながら有名になるチャンスを伺えるのも魅力のうちのひとつです。

Pococha Liveの魅力!稼げるの?

  • 配信時間とランクに応じてダイヤ(換金アイテム)が貰える
  • 安定して稼ぎたいライバー向け
  • ランクBで時給1,000円/ランクSなら2,200円~4,000円
  • ランキング入賞で最大時給12,000円
  • 配信するだけで報酬ゲット
  • ファンがいなくても稼げる
  • 景品や出場権をゲット
  • 比較的新しいアプリで有名になるチャンスが豊富

BIGO LIVE(ビゴライブ)

BIGO LIVE(ビゴライブ)はYYが運営するライブ配信アプリ。

PK配信やマルチゲスト配信といった他にはない機能があり、視聴者を盛り上げ、マンネリ化を防ぐことが可能です。

BIGO LIVEの特徴

  • ファンクラブが作れる
  • グローバルユーザー3億人突破
  • スタンプやフィルターが豊富
  • 友達と対決するPK機能
  • マルチ配信機能で配信者9人まで同時進行可能
  • 海外向けに配信したい人におすすめ
  • Google翻訳機能

「BIGO LIVE」は、海外向けに配信したい人に特に向くライブアプリ。

翻訳機能もあるため、日本語しか話せなくてもある程度意思疎通を取れます。

まだ、日本人ライバーは少ないため、始めるならライバルがいない今がチャンスです。

ファン制度、ファミリー制度など視聴者と親密になれる機能が豊富であり、ファンと仲良くなることで、さらに収益化を目指せます。

また、公式ライバーになれば最低ランクで時給1,500円を貰え、さらに投げ銭で稼げます。

BIGO LIVEの魅力!稼げるの?

  • グローバルユーザーが多いため海外のファンも作れる
  • 日本人配信者が少ないため、日本人のライバルが少ない
  • コラボが盛んなのでコラボしたい人向け
  • 公式ライバーになれば時給と投げ銭で稼げる

ピカピカ

「ピカピカ」は、特に音楽系の投稿に特化したライブ配信アプリ。

ピカピカの特徴

  • Live配信/音声投稿/画像投稿の3機能
  • コラボ機能あり
  • 高音質・高解像度
  • ライブ配信
  • 動画投稿
  • 音声投稿

3Dモデルをアバター作成の要領でカスタマイズ出来るため、絵が描けない、3Dモデルソフトの操作が出来ない人であっても簡単に始められます。

複数人でコラボ出来るため、コラボした人のファンをフォロワーに取り込んだり、マンネリ化を防いだりといった工夫も可能です。

高音質であること、数万件の音声投稿を集めている性質から、数秒で好きな音声コンテンツを高クオリティで探せる・探して貰えるのも大きな魅力のうちのひとつ。

ピカピカの魅力!稼げるの?

  • 顔出しなしで稼げる
  • 投げ銭(ギフト)で稼げる
  • こっそり稼ぎたい人におすすめ
  • 還元率は20%前後
  • ガチャギフト
  • エフェクト専用ギフト

アプリ内通貨である「小豆」はイベントなどで無料配布される機会も多いため、リスナーは気軽に投げ銭できる=ライバーは稼ぎやすくなる環境が出来上がっています。

ふわっち

ふわっちは多彩なエフェクトや稼げる要素があるライブ配信アプリ。

ふわっちの特徴

  • ランキング機能が充実
  • サービス開始されて比較的新しい
  • 気軽に動画やラジオ配信できる
  • アイテムやエフェクトで盛り上がれる
  • 美顔機能で可愛く・カッコよく盛れる
  • 多彩な配信スタイル

「ふわっち」は、操作が簡単で分かりやすいため、ライブ配信初心者であっても気軽に始めやすいアプリです。

また、「ふわっち」は、ウサギ、キツネ、たぬきといったカテゴリもあり、例えばウサギカテゴリであれば「たくさんの人に視聴してもらいたいが、配信を見て貰えない」などちょっと他のアプリと違った分け方をされている配信もあります。

こうしたカテゴリから、他のアプリでは出会えなかったようなファンと出逢うこともあるでしょう。

ふわっちの魅力!稼げるの?

  • 比較的新しいアプリなので配信者の数が少なくチャンスが多い
  • 年齢層が少し高め
  • ランキングに入賞するとポイントが貰える
  • リスナーが課金しやすいイベントアイテムが多数実装
  • イベントアイテムやギフトを換金できる

Every.Live

EVERY.LIVEはSTAGE株式会社によって開発された日本のライブ配信サービスです。

Every.Liveの特徴

  • 2021年1月にリリースされたばかり
  • 認証ライバーのみ配信出来る
  • まだ配信者や視聴者が少ない

まだリリースされて間もないライブ配信サービスなので、アプリ内のトップライバーが確率していないため、今からなら初心者であっても人気ライバーになれる可能性があるでしょう。

Every.Liveの魅力!

  • ギフトと時給の2重報酬システム
  • ランクと所属事務所に準じた時給
  • ママライバーには補助あり
  • イベントで稼ぎやすい
  • 事務所によって待遇に差がある

「Every.Live」はリリースされて1年経過していない新しいアプリであるため、ライバーの数が少なくイベントの競争率が低いです。

月間のベリー獲得数に準じランクが設定され、ランクによって貰える時給が異なります。

貰える時給は同じランクであっても所属事務所によって異なり、事務所によっては時給数百円も差が出るケースもあるため、なるべく好待遇の事務所に所属することをおすすめします。

また、ママライバーは条件を満たすとライブの収益に加えて、シングルマザー月2万円、ライバー以外に仕事をしている場合月1万円の補助が貰えるなどママに対するサポートが嬉しいです。

トークライバー

「トークライバー」は、配信者を女性だけに限定した少し珍しい体系のライブ配信アプリです。

トークライバーのポイント

  • 不快なコメントなどに対してはブロックするなど、自衛の手段もしっかり用意されている。
  • プロフィール登録やログインボーナスなど、配信以外でもお金が稼げる仕組みがある。
  • 1対1のビデオチャットも可能。多数に向けた配信が苦手でも始めやすい。
  • 顔出ししなくても比較的稼ぎやすいとされている。

配信者が女性・視聴者側は男性が多いという構図なので、抵抗感を感じやすい方には向かないものの、運営のサポート体制がしっかりしているので、迷惑な視聴者への対策もしやすくなっています。

アプリにログインするだけでも現金化できる珍しい機能もあり、お金を稼ぐチャンスが多いアプリといえます。

\\follow//

-TikTok
-, , , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.