Twitter

Twitterの画像サイズが縦長に表示されるように変更! 詳細や変更点、今後の画像の載せ方のおすすめなどをご紹介

Twitterの直近のアップデートで、今まで自動的にトリミングされていた投稿画像が縦長でも表示されるようになりました。

今回は詳細や変更点、今後の画像の載せ方のおすすめなどをご紹介していきます。

Twitterで投稿時に表示される画像サイズが変更

2021年4月14日現在Twitterの投稿の縦長画像の表示サイズが、タイムライン上でもそのまま表示されるように変更となりました。

今までTwitterでは縦長の画像を投稿しても自動的にトリミングして表示されてしまい、対象の投稿をクリックしないと画像の全体が見えない仕様となっていました。

一方で、今回のアップデートではクリックしなくても画像全体がデフォルトの縦横比で表示されるようになりました。

仕様変更?テスト?

今回の投稿画像の変更はおそらく現在はテスト運用の可能性が高いです。

Twitter社は2021年3月に画像の表示に関するテストを行うことを明言しています。

Now testing on Android and iOS: when you Tweet a single image, how the image appears in the Tweet composer is how it will look on the timeline –– bigger and better.

【日本語訳】現在、AndroidとiOSでテストしています。1つの画像をツイートすると、ツイートコンポーザーに画像がどのように表示されるかが、タイムライン上でどのように表示されるかです。

引用:Twitter公式アカウント

また一部のユーザーの中には変更が反映されていないユーザーもいることから、テスト的に運用している状態の可能性があります。

一方で今回の変更に関してはTwitter上で好印象を抱いているユーザーも多く、テスト運用が上手くいけば本格的に仕様変更が行われる可能性が高いです。

【追記】2021年5月のアップデートで正式に仕様変更

以前までは一部のユーザーのみ縦長でサムネが表示されていましたが、2021年5月のアップデートで正式に実装されました。

縦長のサムネを利用できるユーザーに制限はなく、すべてのユーザーが対象となって利用できる機能となっています。

対象になるのは1枚のみの投稿

画像がすべて表示される投稿としては、一枚のみの画像を添付して投稿する場合です。

一方画像を複数投稿する場合には今まで通りトリミングされた状態で表示されます。

画像をそのままのサイズで投稿したい場合には、複数枚の画像と一緒に投稿しないように注意が必要です。

サムネで表示される画像がオリジナルサイズに

今回の変更ではタイムライン上で表示されるサムネ画像のサイズがオリジナルサイズに変更されています。

そのため、一枚だけの画像に関しては対象の投稿をクリックする必要なく画像全体をみることができるようになったというメリットがあります。

また特定のユーザーの投稿一覧や、画像投稿一覧画面で表示される画像に関しても、画像一枚だけの投稿に関しては全体が表示されるような仕様となっています。

アプリ版のTwitterにのみ対応

今回の変更は、現状iOS版とAndroid版のTwitterアプリが対象となっています。

そのためブラウザ版でTwitterを利用している場合には変更がまだ対象となっていない可能性が高いです。

アプリ版で導入されているfleet機能など、ブラウザ版のTwitterでは導入されていない機能が複数存在しています。

そのため一枚のみの投稿画像の表示サイズに関しても、今後ブラウザ版では変わらずにトリミングされた状態で表示される可能性があります。

今後の画像の載せ方のおすすめは?

ここからは今後Twitterに画像を載せる際のおすすめについてご紹介していきます。

縦長サイズでの投稿も可能に

今まではTwitterに画像を投稿する際に、縦長の画像に関しては自動的にトリミングされた状態でタイムライン上に表示されていました。

こちらに関して意図とは違う箇所をトリミングされてしまい、ストレスを感じるユーザーの声も多く上がっていました。

一方で今回の変更では一枚の画像投稿に関しては縦長の画像に関しても、トリミングされずにタイムライン上に表示されるため、ストレスなく画像を投稿することが可能となります。

今まで縦長の画像を投稿することに抵抗があった方も、ぜひ投稿をしてみることをおすすめします。

最適な画像サイズ

最適な画像サイズに関しては現在まだ確定した情報はありませんが、ユーザーの中で下記の比率の投稿に関して綺麗に表示されるという声がが上がっています。

縦長画像の最適な画像比率

・4:3

・16:9

上記のどちらも一般的な縦長画像の比率となっているため、他のSNSなどの投稿でも利用できる縦長画像であれば問題なく表示される可能性があります。

一方で縦に長すぎる画像を投稿した際には綺麗に表示されないという声もあったため、極端に縦横比のバランスが悪い画像に関しては今まで通りトリミングされて表示されてしまう可能性もあります。

縦長サイズにならない場合の対処法

現状タイムライン上で縦長サイズの画像での表示は標準機能として実装されました。

一方でこちらのアップデートは最近行われたもののため、一部のユーザーのアカウントではまだ実装されていない可能性もあります。

その場合は自分のアカウントに反映されるまでしばらく待ってみることもおすすめです。

また、今後も自分の利用している環境のタイムラインの表示だけが変わらない場合にはTwitterアプリのバージョンが最新版でない可能性があります。

その場合にはApp StoreやGoogle Playなどからご利用のTwitterアプリが最新版になっているかの確認を行うことをおすすめします。

縦長サイズにならない場合の対処法

  • Twitter側が実装を反映させるまで待つ
  • アプリが最新版か確認する
  • ブラウザ版を利用している場合にはアプリ版を利用する
  • 複数アカウントを持っている場合には、他のアカウントでは実装されているか確認
Twitterのスペース(Space)が聞こえない原因と対処法を解説!

「Clubhouse(クラブハウス)」を意識してTwitterに新実装された機能「スペース(Space)」。 この記事では、スペースの音全体が聞こえないときと、特定の相手の声が聞こえないときに分けて原 ...

続きを見る

\\follow//

-Twitter
-, ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.