YouTube

2022年11月にYouTubeの収益が突然ガクンと落ちてしまった原因と対処法を解説

現在YouTubeでは、11月の収益が突然落ちてしまう問題が発生しています。

今回の記事では、YouTubeで2022年11月の収益が突然落ちてしまう原因と対処法をご紹介していきます。

YouTubeで11月の収益が突然落ちてしまう問題が発生

YouTubeでは、2022年11月に入って突然収益が落ちてしまう問題が発生しました。

11月に入って突然収益が落ちた

YouTubeで発生した突然収益が落ちた問題としては、2022年11月になったタイミングで急激に収益が激減してしまったというものです。

10月までは問題なく収益化ができていたにも関わらず、11月に入った瞬間突然減ってしまったというものです。

11月の頭に動画の投稿などを積極的に行っていた方や、YouTubeをメインの収益源にしている方の間では、困惑の声が上がっている状態です。

再生数は変わっていないのに収益が激減している

YouTubeで2022年11月になって突然収益が激減している問題では、動画の再生数が以前と変わらないのにも関わらず、減ってしまっているという声も上がっています。

再生数が減ったなどの直接的な原因があるわけではないにも関わらず、収益だけが突然減ってしまっているというものです。

11月1日〜16日の間で激減

YouTubeで突然収益が激減してしまっている問題は、2022年11月1日から16日の間が対象となっています。

約2週間近く収益がほとんどなくなってしまっている状態となり、動画の投稿を行っているユーザーなどからは怒りの声も上がっている状況です。

YouTubeで11月の収益が突然落ちてしまう原因

ここからは、YouTubeで2022年11月に突然収益が激減してしまった原因についてご紹介していきます。

YouTubeの不具合

YouTubeで突然収益が激減してしまった原因としては、YouTube側の不具合の可能性があります。

不具合の予測

  • 実際にはきちんと収益化されているにも関わらず、アナリティクスの数値が正常に表示されていない
  • 不具合が原因で、正しく収益化されていない
  • 不具合が原因で、一定期間の収益が反映されていない

上記などの不具合が発生してしまい、本来得ているはずの収益が正しく反映されていない可能性があります。

海外でも発生している大規模な不具合

2022年11月に発生した不具合は、海外でも発生している大規模な不具合となっています。

そのためYouTube側の不具合が主な原因となっているため、月末までには迅速に対応される可能性があります。

ポイント

YouTubeの収益の金額は月末に変更される可能性があります。

そのため不具合で一時的に激減していても、月末には正しい収益が表示される可能性があります。

再生数が下がっている

YouTubeで収益が激減してしまっている原因として、動画の再生数が下がってしまっていることが原因の可能性もあります。

こちらの場合には動画の投稿内容を見直すことや、投稿頻度を高めるなどをして、再生数を稼ぐことで解消される可能性があります。

広告掲載のガイドラインに違反している

YouTubeで収益が激減してしまっている原因として、広告掲載のガイドラインに違反してしまっている可能性もあります。

こちらは炎上目的のコンテンツや、差別的な内容だと判断されるコンテンツの投稿を行ってしまった場合が対象となります。

YouTubeでは広告掲載のガイドラインに違反してしまうと収益化が無効になってしまうケースがあるため、投稿内容を見直してみることをおすすめします。

収益化ポリシーなどに違反している

YouTubeで収益が激減してしまっている原因として、収益化のポリシーなどに違反してしまっている可能性があります。

収益化のポリシー違反などに関しても、広告掲載のガイドライン同様に収益化が無効になってしまうケースがあります。

著作権のない動画を収益化の対象にしている

YouTubeで収益が激減してしまっている原因として、自分が所有していない・著作権の動画を収益化の対象にしている可能性もあります。

こちらは自身で作成したコンテンツではない動画や、商用利用の権利がないコンテンツを含んだ動画を投稿してしまっているという場合です。

YouTubeで11月の収益が突然落ちてしまった場合の対処法

ここからは、YouTubeで2022年11月に突然収益が激減してしまった場合の対処法についてご紹介していきます。

動画の再生数などを確認してみる

YouTubeで突然収益が激減してしまった場合には、動画の再生数などを確認してみることをおすすめします。

YouTube側に不具合があるのか、純粋に再生数が減ってしまっているのかを確認して、原因を特定することが目的となっています。

再生数が以前と変わらない場合などにはYouTube側で不具合が発生している可能性が高いので、一度チェックしてみてください。

アナリティクスで警告マークが付いていないか確認してみる

YouTubeで突然収益が激減してしまった場合、アナリティクスで警告マークが付いていないかを確認してみてください。

アナリティクスに警告マークが表示されている場合には、YouTube側が認識している不具合で数値がおかしくなっている可能性があります。

表示されているメッセージを確認して、必要があれば対応するようにしてみてください。

あまりにも桁がおかしい場合にはYouTubeに抗議する

YouTubeで突然収益が激減してしまい、動画の再生数などに問題がない場合には、YouTube側に抗議のフィードバックをすることもおすすめです。

バグの報告をする手順に関しては以下の関連記事でご紹介しているので、参考にしてみてください。

YouTubeの登録者が増えるバグの原因と対処法を解説!

YouTubeに動画をアップロードしたが処理中のまま終わらない場合の原因と対処法

YouTubeでは、動画をアップロードするも「処理中」のまま終わらない現象が発生しています。 今回は、処理中のまま動画が投稿できない場合の原因と対処法について解説していきます。 Contents1 Y ...

続きを見る

\\follow//

-YouTube
-, , ,

Copyright© App Story , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.