YouTube

YouTubeで検索すると「一致する検索結果はありませんでした」と表示される原因と対処法

YouTubeで検索すると「一致する検索結果はありませんでした」と表示されるユーザーが急増しています。

今回はYouTubeで検索すると「一致する検索結果はありませんでした」と表示される原因と対処法について解説していきます。

YouTubeで検索すると「一致する検索結果はありませんでした」と表示される

YouTubeで検索すると「一致する検索結果はありませんでした」と表示されるユーザーが急増しています。

1つのワードが検索で表示されないだけでは無く、どの検索ワードで検索しても「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまいます。

この不具合は断続的に発生しています。

ユーザーの声

・YouTube何検索しても一致する検索結果はありませんでしたって表示される

・YouTubeで検索しても表示されないのは、なんで?

・動画はあるのに、なんで表示されないの?

・検索フィルタかけてないのに・・・

など

ユーザーの間では「YouTube何検索しても一致する検索結果はありませんでしたって表示される」「動画はあるのに、なんで表示されないの?」など困惑の声が広がっています。

YouTubeで検索すると「一致する検索結果はありませんでした」と表示される原因

・YouTubeの不具合

・スマホの不具合

・通信環境の問題

・検索フィルターに引っかかっている

・検索ワードが間違っている

など

YouTubeで検索すると「一致する検索結果はありませんでした」と表示される原因は主に上記になっています。

特に一時的な不具合が原因の場合が多いです。

YouTubeで検索すると「一致する検索結果はありませんでした」と表示される場合の対処法

・検索ワードを変更してみる

・検索フィルターの確認

・デバイスを変更する

・Twitterやインスタから飛んでみる

・ログインする

・アプリで再生

・Wi-Fiやデータ通信が安定しているか確認する

・アプリ・スマホOSを最新バージョンにしてみる

・アンインストール

・再起動

など

YouTubeで検索すると「一致する検索結果はありませんでした」と表示される場合の対処法は主に上記になります。

特にアンインストール、ログアウト・再ログインで改善するユーザーが多いのでオススメです。

検索ワードを変更してみる

検索ワードや綴りが間違っていると、YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまいます。

間違っていないつもりでも1文字違っていたり、名前が違っている場合もありますので今一度もう一度確認するか、検索ワードを変更してみて再度検索してみましょう。

検索フィルターの確認

YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう場合は、検索フィルターに引っかかっている場合があります。

まずYouTubeで何か好きなキーワードを検索してみましょう。

そして右上の検索フィルターマークをタップしましょう。

すべて指定なしを選択しましょう。これで検索結果が表示されやすくなります。

ブラウザを変更する

YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう場合は、ブラウザを変更してみましょう。

SafariやChromeなどブラウザを変更して検索してみましょう。

Twitterやインスタから飛んでみる

YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう場合は、Twitterやインスタなどで「YouTube更新しました」とURL貼っているYouTuberさんも多いので、Twitterやインスタで検索してみて飛んでみましょう。

アカウントにログインしてみる

YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう場合は、YouTubeのアカウントにログインしてみましょう。

ログイン方法はまずYouTubeの右上にあるアイコンをタップします。

次にメニューからログインをタップしましょう。

メールアドレス入力欄が表示されるので、入力後次へをタップしてください。

次にパスワードを入力して次へをタップしましょう。

これでYouTubeのアカウントにログインしたことになるので、ログイン後は再度見たい動画を検索してみましょう。

YouTubeのアプリで動画を再生してみる

YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう場合には、YouTubeで動画を検索してみましょう。

詳しいダウンロード方法や設定方法については以下の記事を参考にしてください。

【2020最新完全版】YouTube アプリの使い方について

YouTubeのアプリはSafariで見るよりも動作が軽く、スムーズに動画視聴ができるのでおすすめです。

Wi-Fiやデータ通信が安定しているか確認する

YouTubeは動画を見るサービスなので、Wi-Fiやデータ通信が安定しているか確認しましょう。

電波の調子が悪くてSafariでYouTubeが再生できないという場合には以下の対処法を試してみてください。

  • Wi-Fiのルーターを確認:電源プラグを抜き差ししてみて再起動
  • データ通信の電波が安定しているか確認:電波が混雑する時間帯はデータ通信の利用を避ける
  • 機内モードになっていないか確認:機内モードがオンになっている場合はオフにする
  • データ制限がきていないか確認:データ容量の制限がきている場合はWi-Fiを利用して視聴する

ちなみにYouTubeでは以下の回線速度を推奨しています。

  • 360p:0.7Mbps
  • 480p:1.1Mbps
  • 720p:2.5Mbps
  • 1080p:5Mbps
  • 4K:20Mbps

自分のWi-Fiやデータ通信はどれくらいの速度なのか以下のサイトで確認することが可能ですので、試してみてください。

回線速度チェックサイト:FAST.com

アカウントログアウトして再度ログイン

一度YouTubeからログアウトして再度ログインすると、YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう不具合が改善する場合が多いです。

ログアウトする方法はまず、YouTubeを開き、左上に表示されるアカウントのアイコンをタップ。

アカウント横にあるをタップ。

アカウントの下にログアウト状態でYouTubeを使用するが表示されるのでタップ。

ログアウトされると自動的にホーム画面が表示されます。

ホーム画面が表示された後は、右上にあるアイコンをタップ。

ログインが表示されるのでタップ。

過去にログインしていたアカウント情報が残っているので、タップするとログインが完了します。

ログインが成功した後は、読み込めなかった動画などが視聴できるか確認してみましょう。

キャッシュを削除してみる

YouTubeは動画を再生するので、どうしてもキャッシュが貯まりやすいアプリと言えます。

なので、キャッシュが貯まっていて読み込めない可能性も高いのでキャッシュを綺麗にしていきましょう。

まず、スマホの設定をタップ。

設定メニューからアプリと通知をタップ。

次にアプリをタップ。

アプリが一覧で表示されるのでYouTubeをタップ。

ストレージをタップ。

一番下にキャッシュを消去が表示されるのでタップ。

これで、キャッシュが綺麗になります。

綺麗にした状態で再度、YouTubeを開いてみて読み込めるか確認してみましょう。

スマホによっては操作方法が違う場合があります。

アプリ・スマホOSを最新バージョンにしてみる

YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう場合は、アプリまたはスマホのOSが古いという可能性があります。

アプリやスマホOSが古いバージョンの場合、バグが潜んでいてそれが原因で動画が読み込めない現象を引き起こしているかもしれません。

なので、アプリ・スマホOSは常に最新バージョンにしておきましょう。

アプリの更新

まず、アプリストアを開き左上にをタップ。

メニューが表示されるのでマイアプリ&ゲームをタップ。

アプリの更新情報が表示されるので、YouTubeに更新がないか確認して最新バージョンがある場合は更新をタップしましょう。

更新後、再度YouTubeを開き動画を再生してみて読み込めるか確認してください。

スマホOSの更新

アプリのみを最新状態にしてもスマホのOSが古い場合はYouTubeのアプリが正常に動かない可能性が出てきます。

なので、アプリを更新したらスマホOSも最新バージョンがないか確認しましょう。

まず、設定をタップ。

設定メニューからシステムをタップ。

システムメニューからシステム更新をタップ。

上のような画面が表示されるのでOSの更新がある場合は最新バージョンのOSをダウンロードしましょう。

OSを最新バージョンにした後、再度YouTubeを開いてみて動画が読み込めるか確認してください。

スマホによっては操作方法が違う場合があります。

アプリ・スマホを再起動

アプリやスマホでバグが起こっていて、検索結果に表示されない可能性があります。

YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう場合には、アプリもしくはスマホの再起動を試みてみましょう。

アプリ再起動

アプリの再起動の場合は右下にあるをタップ。

そうすると起動中のアプリ(タスク)が表示されるので、YouTubeのタスクをスライドして一度消しましょう。

これで、再度YouTubeを開くと再起動になるので、再起動後はYouTubeで検索結果が表示されるか確認してください。

スマホによっては操作方法が違う場合があります。

スマホ再起動

YouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう場合は、スマホを再起動することによって復活する可能性があります。

再起動する方法はスマホの電源ボタンを長押しで完了です。

再起動後は再度YouTubeを開き読み込めるか確認してください。

スマホによっては操作方法が違う場合があります。

YouTubeアプリを再インストール(iPhoneのみ)

上記を試してもYouTubeで「一致する検索結果はありませんでした」と表示されてしまう場合はという場合には一度YouTubeのアプリを削除して、再度インストールしてみましょう。

そうすることで、動画が読み込めるようになる可能性が高まります。

Android端末の場合はスマホに必ず入っているアプリなので、削除するという操作は行えません。

YouTube 検索しても出てこない、おすすめもいつもと違う場合の対処法を解説

YouTubeアプリを開くと、検索しても動画が出てこない、おすすめもいつもと違うなどの不具合が発生します。 このような不具合が発生すると見たい動画も見ることができないので、これから紹介する対処法を参考 ...

続きを見る

\\follow//

-YouTube
-, ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.