YouTube

YouTubeでの「ストリーミングの設定に失敗しました」エラーが発生 原因と対処法!

YouTubeを再生した際に、「YouTubeでのストリーミングの設定に失敗しました」との表示が現れる事があります。

この記事では、YouTube再生時に現れるストリーミングエラーの詳細と対処法について解説しています。

YouTubeでの動画ストリーミングに関するエラー発生

YouTubeで動画再生しようとした際に、「YouTubeでのストリーミングの設定に失敗しました。後ほどもう一度お試しになるか、ログアウトしてログインし直してみてください」と表示が出る事があります。

この告知が表示されると、動画の再生を行うことが出来ません。

また、再度再生しようとしても、同一の告知が出てしまい再生させられない状態になります。

ストリーミングエラーでの告知

YouTubeでのストリーミングエラーは告知は、上記の他にも存在します。

ポイント

・エラーが発生しました。

・再生エラー。やり直すにはタップしてください。

・サーバーとの接続が切断されました。

・この動画は再生できません。

・エラーが発生しました。やり直すにはタップしてください。

以上のいずれかの告知が出た場合でも、ストリーミングに関する何らかのエラーが発生している可能性があります。

動画ストリーミングエラーの原因

YouTubeのストリーミングエラーが発生する原因は複数あり、主にインターネットやデバイスの接続状態により引き起こされます。

対処方法もエラーの発生原因によって異なるため、まずはエラーが発生した原因を突き止めましょう。

YouTube自体にエラーが発生している

YouTubeサーバー自体に、システム障害やアプリの不具合が発生している状態では、動画再生が出来ません。

また、大量のアクセスが集中する時間帯では、エラーや読み込み速度の低下などの症状が発生しやすくなります。

YouTubeは、世界で最も動画再生がされているSNSで、サーバーやシステムの強化には力を入れていますが、莫大なユーザーのデータ処理を行うサーバーへの負担は非常に大きなものです。

個人PCとは比べ物にならない程の負荷がかかる環境では、エラー発生や不具合はどうしても起こってしまいます。

利用環境の問題や通信状況が悪い

YouTubeで動画を再生をする環境は、オンラインかつ電波状態が安定している状態でなければいけません。

動画を再生させるためには、大量のデータ通信を行う必要があるため、利用環境が悪く電波状態が不安定だと、動画再生時にエラーが発生してしまいます。

動画の再生には、Wi-Fiを利用している方も多いですが、Wi-Fiも安定した回線を利用しなければ、やはりエラー発生の原因になります。

公共のWi-Fiは、特に不安定なものが多いので注意が必要です。

オンライン状態でのみ接続可能

端末の設定が、機内モードがオンまたはモバイル通信がオフになっている場合も接続エラーが発生します。

インターネットの速度が推奨値に合っていない

家庭ネットワーク環境や、スマホのネットワーク品質は、YouTubeの動画再生状態に大きく影響します。

アクセスの時間帯や、接続方法によりエラーが発生する事はありますが、自身の再生させている接続間環境を見直してみましょう。

動画の解像度推奨されている持続的な速度
4K20 Mbps
HD 1080p5 Mbps
HD 720p2.5 Mbps
SD 480p1.1 Mbps
SD 360p0.7 Mbps

解像度により、必要とされているインターネット速度も変わってくるため、再生環境に合わせて対応しましょう。

YouTubeアプリやOSのバージョンが最新ではない

YouTubeでスムーズな動画再生を行う場合は、アプリまたは端末のアップデートは常に最新である必要があります。

どちらかが、最新のバージョンになっていない事がストリーミングエラーを引き起こしている可能性も考えられます。

長くアップデートを怠っていると、サーバーから拒絶されてしまう事もあるので注意が必要です。

ストレージ容量が足りていない

ストレージの容量が足りていない状態のスマホでは、動画再生のみならず、動作速度や処理速度が著しく低下します。

また、ストレージの容量が足りていない事で、OSのアップデートやYouTubeの動画の再生が出来無くなっているユーザーもよく見かけます。

アプリのアップデートなどが自動で行え無くなるデメリットもあるので、スマホのストレージにはある程度余裕を持っていたほうが良いです。

YouTubeで発生した動画ストリーミングエラーの対処法

ストリーミング再生の設定に失敗するエラーの原因は複数あり、自身の利用環境によって対処法を変えていく必要があります。

ユーザーの利用環境により発生しているエラーは、簡単な対処法で直ることが多いので、参考にしてください。

一度YouTubeアカウントからログアウトしてみる

ストリーミング再生の設定に失敗するエラーでは、「一度アカウントからログアウト」する事で再生出来るようになる可能性があります。

ラーの告知内容にも、同様の対処法が推奨されているので、このエラーに関しては正攻法ともいえます

・YouTubeのアカウントからログアウトする手順

まずはYouTubeを開き、右上にある自身のアイコンをタップしましょう。

メニューが出てくるので「アカウントを切り替える」を選択しましょう。

バージョンにもよりますが、この画面で「ログアウト」の項目があれば選択して下さい。

最後に「ログアウト状態でYouTubeを使用する」をタップすれば、アカウントはログアウト状態になります。

利用している端末やバージョンによって、ボタンの配置が異なります。

YouTubeの再生環境を再確認

YouTube再生環境をもう一度確認してみましょう。

電波状態の良い場所でYouTubeを利用しているか、使用している端末の設定は正しいか、Wi-Fiは安定した回線を利用しているか少しでも不安がある箇所は全て確認しましょう。

ポイント

YouTubeを再生する際に確認しておきたいポイント

・電波状況の良い場所で接続しているか

・Wi-Fiのルーターから使用端末への障害物は出来るだけ無くす

・公共のWi-Fiは出来るだけ避ける

・データ契約内容を超えて低速状態で接続していないか確認する

・機内モードはオフにする

・モバイル通信がオンになっているか確認する

OSまたはアプリのアップデート

ストリーミング再生の設定に失敗する場合は、YouTubeのアプリや、使用端末のOSのバージョンが最新にアップデートされているか確認しましょう。

OSはアップデートしない状態で放置していると、新しいアプリのインストールが出来なくなったり、セキュリティーが脆弱になります。

自身の使用端末が古すぎる場合は、OSのアップデートを最新に出来ないため、買い替えの必要があります。

OSのアップデートの手順

・ホーム画面にある歯車マークの「設定」をタップしましょう。

・下にスクロースしていくと「一般」という項目があるのでタップしましょう。

・最後に「ソフトウェアアップデート」という項目をタップすれば、OSのアップデート手続きに進めます。

その他で有効な対処法

その他にも、YouTubeのストリーミングエラーに有効な対処法はいくつかあります。

ポイント

・YouTube自体を一度アンインストール

・アプリまたはデバイスの再起動

・キャッシュとタスクの削除

・ブラウザで再生してみる

・ストレージの確保

上記の対処法で解決しない場合は、一度YouTubeのヘルプセンターまでお問い合わせください。

YouTubeをSafariで再生しようとしても真っ暗で音が出ない場合の対処法!

iPhoneのSafariでYouTubeを再生しようとすると、真っ暗で音が出ないというバグが発生します。 そんなバグで困っているという方のために今回はiPhoneのSafariでYouTubeを再生 ...

続きを見る

\\follow//

-YouTube
-, , ,

Copyright© App Story , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.