YouTube

YouTubeの新機能のクリップ(トリミング)の詳細や使い方のご紹介

現在YouTubeの一部の動画で、最大60秒間動画の切り取りができるクリップ(トリミング)機能が導入されています。

今回はクリップ(トリミング)機能の詳細と使い方、また利用できない場合の対処法についてご紹介していきます。

YouTubeでクリップ(トリミング)機能をテスト実装中

現在YouTubeでは、新しい機能であるクリップ(トリミング)機能がテスト的に一部のアカウントで導入されています。

クリップ(トリミング)機能が導入されたアカウントは、動画投稿時にクリップ(トリミング)機能を有効にするかどうかの設定ができます。

クリップ(トリミング)機能を有効にした動画であれば、視聴者がクリップ(トリミング)機能を利用して動画のトリミングを行うことができるようになります。

クリップ(トリミング)機能とは

YouTubeのクリップ(トリミング)機能とは、YouTubeに投稿された動画の一部を切り取ってSNSに共有することができる機能です。

クリップ(トリミング)ができるのは1秒〜60秒間で、60秒以上を指定してクリップ(トリミング)を行うことはできません。

また動画内の複数の箇所を分割して繋げることもできない仕様となっています。

クリップ(トリミング)機能の使い道としては、動画の告知などの目的として利用することができます。

利用できる動画と利用できない動画の違い

現在クリップ(トリミング)機能は一部のアカウントのみでのテスト実装となっています。

また本実装となった場合でも、子ども向けの配信動画などではクリップ(トリミング)機能を利用することができないケースがあります。

長時間を超えるライブ配信や、DVRを使用しないライブ配信でもクリップ(トリミング)機能を利用することができない仕様になっています。

DVRとは?

DVR機能とはLIVE配信時にユーザーが一時停止、巻き戻し、再開をできるようにする機能です。

デフォルトでONとなっているため、クリップ(トリミング)機能を利用したい場合にはオフに切り替える必要があります。

クリップ(トリミング)機能の利用方法

ここからはYouTubeのクリップ(トリミング)機能の具体的な利用方法をご紹介していきます。

編集手順

YouTubeでクリップ(トリミング)機能を利用する場合には、高評価などの項目がある欄からクリップをタップします。

クリップの作成画面が表示されるので、タイトルを追加(必須)の箇所にタイトルを記載します。

青いバーを移動させて動画を切り取りたい秒数を調整します。

調整が完了すればクリップを共有をタップしてください。

共有する先として利用できるSNSなどが表示されるので、タップして共有を行ってください。

クリップ(トリミング)機能を利用する場合には、開始位置の調整も可能です。

手前の方の青いバーをスライドさせて調整してください。

YouTubeでクリップ(トリミング)機能が利用できない場合

ここからはYouTubeでクリップ(トリミング)機能が利用できない場合についてご紹介していきます。

利用できない原因

・まだ本格的に実装されていない

・クリップ(トリミング)機能対象外の動画である

・投稿者がクリップ(トリミング)機能を有効にしていない

対象外の動画の条件

YouTubeのクリップ(トリミング)機能は、本格的に実装となった場合でも利用対象外の動画コンテンツが決められています。

・子ども向けに制作された動画

・DVR を使用しないライブ配信

・8 時間を超えるライブ配信

・配信中のプレミア公開

YouTube公式ヘルプページ

上記のように子ども向けの動画の場合や、長時間のライブ配信でも利用することができない仕様となっています。

投稿者にクリップ機能を有効にしてもらう

YouTubeのクリップ(トリミング)機能は、投稿時に投稿者がクリップ(トリミング)機能を無効にする設定を行った場合には利用できない仕様となっています。

そのため設定が無効になっている動画でクリップ(トリミング)機能を利用したい場合には、投稿者に連絡して設定を有効にしてもらう必要があります。

TwitterのDMなどを利用して、クリップ(トリミング)機能を使いたい理由とともにお願いしてみることで有効に変更してもらえる可能性があります。

本実装を待つ

YouTubeのクリップ(トリミング)機能は、現在テスト運用の段階となっています。

そのため対象の動画となっているのは、公式をはじめとしてごく一部の動画のみという状態です。

そのためその他の動画でもクリップ(トリミング)機能を利用したい場合には、YouTube側で本格的に実装されるのを待つしかない状態となります。

本格的に実装される時期に関しては未定ですが、実装された場合にはTwitterなどで他のユーザーが投稿を行っている可能性があります。

YouTubeで急上昇タブが消えてショートタブに変更した詳細や新しい急上昇タブの位置をご紹介

2021年7月2日ごろ、YouTubeの項目タブ一覧から急上昇タブが消え、一部のユーザーの中にはYouTube ショートタブが表示されるようになりました。 今回はYouTubeから急上昇タブが消えた原 ...

続きを見る

\\follow//

-YouTube
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.