フリマ

メルカリ画像検索機能は無くなった原因と対処法を解説!

メルカリの「画像検索機能」とは、出品したい商品や気になる商品の写真をAIに読み込ませ、既にメルカリに出品されている商品群から探し出す機能のことです。

この記事では、「画像検索機能」が無くなった理由と代わりに利用できる類似機能を詳しく解説していきます。

メルカリ画像検索機能が終了

引用:メルカリ公式サイト

2019年から登場した画像で商品を探す機能「写真からさがす」は、iOS版アプリにのみに実装されていた検索機能でした。

しかし2021年の3月頃から徐々に「突然機能がなくなった」という声が挙げられはじめ、同年4月にメルカリ運営公式から正式に「写真検索機能終了のお知らせ」という発表がありました。

なお後述しますが、2021年7月現在でも類似機能である「写真から似た商品を探す」や「売れるかチェックする」機能は現存しているのでご安心ください。

2021年4月にサービス終了のため、対処法は無し

引用:メルカリ公式サイト

前述通り、画像検索機能が選択できなくなったのは、運営であるメルカリがサービスそのものを停止したためです。

つまり、従来通りの方法で「写真でさがす」機能を利用したくても、表示自体がないため選択することができませんので、対処法はありません。

代わりに画像から商品を探す類似検索機能は残っているので、下記で紹介する2つの方法を目的に応じて上手く活用していきましょう。

メルカリの画像検索機能が無くなった理由

画像検索機能が無くなった理由は、メルカリ公式からは明言されていません。

サービス停止の発表時も特に理由の説明はなく、「写真から似た商品を探す」機能は引き続き利用できる、と明記されただけに留まりました。

そのため、メルカリのヘビーユーザー達の間では様々な憶測が浮上しました。

有力視された「転売ヤーやセドリ対策」

その中でも有力視されたのが「転売ヤーやセドリ対策」という説です。

この画像検索機能は、オンラインンショップやフリマアプリなどを含む全ての通販サイトから見ても異例の便利機能として注目されていました。

手元の写真だけで効率よく商品検索・出品ができる、この画期的なサービスは他にあまり存在しません。

その便利な反面、商用でアプリを利用するユーザー(転売ヤーやセドリ)といった一般の利用者とは異なる存在を助長する機能でもあるため、利用に制限をかけたのではないか、という意見が上がったのです。

しかし、先にも触れた通り、全ての画像検索機能に制限がかけられたわけではありません。

もし転売ヤーやセドリ対策ならば全ての画像検索機能をロックする必要があり、対策としては不十分となってしまいます。

画像検索に代わる検索機能は?

ここまでにも何度か触れてきた従来の画像検索機能に代わる検索機能についての概要と使い方をご紹介していきます。

画像を用いた検索機能は2つあり、主に使うシーンや目的が異なるので上手く使い分けましょう。

メルカリで画像を使った検索機能

  • 「売れるかチェックする」…主に出品時に適した機能だが、出品済み商品を探すのにも便利
  • 「写真から似た商品をさがす」…購入時、商品を探すときに適する機能

「売れるかチェックする」機能を使う

「売れるかチェックする」機能は、従来の画像検索機能に最も近い機能で、手持ちの商品画像を利用して行う検索機能です。

「売れるかチェックする」機能でわかること

  • 画像と似ている商品の平均売価
  • 売り切れ率
  • 実際に売れた商品の一覧
  • 販売中の商品の一覧

手元にある商品の相場がわからないときなど、出品前にサーチすることで売れやすい価格や競合商品が簡単にわかる機能となっています。

そしてそのまま出品に進むことも可能なので、画面を戻る手間もありません。

出品時だけでなく、商品を探しているときにも便利

読み込ませた画像と類似した「販売中の商品」一覧も確認できるため、欲しい商品があるが、名前がわからないときなどにも活用できます。

ただし、衣類や柄が複雑なものの検索成功率は落ちるので根気強く探さなくてはならないこともあるので、ご注意ください。

「売れるかチェックする」機能の操作手順

下部のアイコン中央にある出品ページを開きます。

出品ページの中ほどにある売れるかチェックするをタップし、検索機能を立ち上げます。

検索する商品を撮影するなら赤いボタンのさっそく撮影するをタップ。

すでに画像の準備ができているなら、左下のサムネイルをタップしてアルバムを読み込みます。

探したい商品を選ぶ際、白い四角の枠で範囲選択できます。

必要な箇所だけ枠で囲み、完了をタップすると、類似商品に関する情報一覧が表示されるので、必要なページにジャンプしてください。

販売済み商品から「写真から似た商品をさがす」機能を使う

「写真から似た商品をさがす」機能は、既に売り切れている商品画面を開くと表示される検索機能です。

販売中の商品画面には表示されませんので、ご注意ください。

「この商品欲しかったのに売り切れてる!他に出品はないかな?」といった流れで使うことを想定した機能だと考えられます。

「写真から似た商品をさがす」機能でわかること

  • 画像と似た商品で販売中の物
  • 画像と似た商品で売り切れの物

上記が絞り込まれて一覧で見ることができるため、商品検索や比較がスムーズに行えます。

「写真から似た商品をさがす」機能の操作手順

売り切れた商品の詳細ページ上に表示されている写真から似た商品をさがすをタップ。

自動で商品をスキャンしたのち、メルカリ上に出品済みの商品があっという間に一覧で表示されます。

画像検索機能が復活する可能性は?

現在公式からは「画像検索機能」の復活や今後の展望についての明確な発表はありません。

運用中もiOSのみしか利用できなかったりと、制限が多かったものの利用者側から見てみれば「名前のわからない商品の名称をわざわざ探して検索する必要がない」など、何かとメリットが多い機能でした。

しかし、運用されていた僅か2年弱の間でも大掛かりなシステムエラーが発生したり、システム維持費が高額だったりと問題が多かった様子もうかがえます。

復活するまでは、類似機能を上手く活用していくことで乗り切っていきましょう。

メルカリで商品名が入力できない、編集が出来ない原因と対処法のご紹介

現在メルカリで商品名を入力する際に、変換できないなどの問題が発生して正しく入力できないという問題が発生しています。 今回はメルカリで発生しているバグの詳細と原因、対処法に関してご紹介していきます。 C ...

続きを見る

\\follow//

-フリマ
-, , , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.