facebook

Facebook広告の支払いでシステムエラーが発生する場合の原因と対処法を解説

Facebookユーザーから多くの集客が見込めるFacebook広告ですが定期的に様々なエラーが発生します。

この記事では、Facebook広告の支払いでシステムエラーが発生して支払いが行えない場合の原因と対処法を解説していきます。


Facebook広告の支払いでシステムエラーが発生する

Facebook広告を出しているというユーザーで、有効な支払い方法を設定したはずなのに支払いがされない(システムエラー発生する)ということもあります。

広告停止中の料金は発生するのか?

Facebook広告では、広告停止中の料金は発生しません。

ただし、広告料を支払い終えるまで広告は開始されないため、ずっと停止状態となります。

支払いの種類

日本で使える支払い方法は下記の通り。

支払いの種類(日本)

下記のクレジットカードまたは国際ブランド付きデビットカード

  • American Express
  • JCB
  • MasterCard
  • Visa

その他支払い方法

  • PayPal
  • ネット銀行(*初回に設定した場合にのみ利用可)

なお、有効な支払い方法は国によって異なるため、日本以外に在住している場合はFacebook広告で利用できる支払い方法ページをチェックしてください。

自動決済と手動決済

Facebook広告の支払いには自動決済と手動決済があり、自動決済はクレジットカード・デビットカード、PayPalなどの支払い方法が当て嵌まり、広告料金が事前に設定してある「請求単位額」に達すると自動的に請求と支払いがされます。

手動決済での支払いは、広告アカウントの残高から広告料金が支払われる場合やオンライン銀行振込の形式の時に採用されます。

支払いのエラーが起こらないようにするために

Facebook公式サイト

支払いのエラーが起こらないようにするためには、支払いの失敗を防ぐためのベストプラクティスというFacebookの公式ページをよく読んで様々な設定などを行うと良いでしょう。

支払いの失敗を防ぐには

  • 住んでいる国で利用できる支払い方法
  • CVVコードがあるカードを使う
  • カード情報の登録は1アカウント1カード
  • 支払い単価を減額する(クレジットカードによっては1回の取引金額の上限がある)
  • カードの有効期限が切れていないかチェックする

Facebook広告の支払いでシステムエラーが発生する原因

Facebook広告の支払いでシステムエラーが発生する原因は下記の通り。

原因

  • カードの限度額を超過している
  • カードの有効期限が切れている
  • カードの番号を間違えて登録している
  • CVVコードのないカードを登録している
  • 貴方の住んでいる国で使える決済方法でない
  • その支払い方法を他のアカウントでも登録している
  • 銀行口座の番号が間違っている
  • 銀行口座の残高を超過している
  • Facebook広告側の不具合の可能性

Facebook広告利用者の多くに支払いのシステムエラーが発生している場合は、Facebook広告側の一時的な不具合である可能性が高いです。

Facebook広告側の問題である場合は、時間を置くなどして解決を待ってみましょう。

貴方が住んでいる国で決済できない支払い方法を利用している可能性

Facebook公式サイト

Facebook広告で利用できる支払い方法は、貴方が住んでいる国によって異なります。

そのため、貴方が日本在住でない場合、日本で使えていた支払い方法が使えなくなる可能性が高いです。

住んでいる国で利用可能な支払い方法を検索したい場合はFacebook広告で利用できる支払い方法のページをご覧ください。

CVVコードのないカードは使えない

クレジットカードには、CVVコードあるいはCVC、CVV2、CSC、CVC2と呼ばれるカードの表面または裏面に印字されている3桁ないし4桁のセキュリティコードがあります。

このコードが印字されていないクレジットカードは支払いに使うことが出来ません。

他のアカウントに設定している支払い方法である

貴方がFacebookの複数のアカウントを運用している場合で同じクレジットカード情報を複数のアカウントに登録することは出来ません。

別の支払い方法やクレジットカード情報を入力するようにしましょう。

Facebook広告の支払いでシステムエラーが発生する場合の対処法

Facebook広告の支払いでシステムエラーが発生する場合の対処法について解説していきます。

カードの利用残高をチェックする

貴方が利用しているクレジットカードやデビットカードの利用残高をチェックしてみて請求額を引くと、限度枠をオーバーしないかチェックしてみましょう。

カードの有効期限をチェックする

貴方が利用しているクレジットカードやデビットカードの有効期限をチェックしてみましょう。

有効期限が過ぎているようなら【支払い方法を変更する】から有効なカードを支払い方法に変更してください。

カードの番号が間違っていないかチェックする

貴方がFacebook広告の支払いに設定しているクレジットカードやデビットカードのカード番号が貴方の所持しているカードと異なる可能性があります。

カード番号が異なっている場合は【支払い方法を変更する】から正しい番号に登録し直しましょう。

支払い方法を変更する

支払い管理」から支払い設定を選択して支払い設定を追加または支払い設定を変更をタップしてください。

支払い方法を選んだら次へを選択し、カード情報などを入力して保存をタップしましょう。

銀行口座の番号などを見直す

貴方がネット銀行を支払い方法に設定している場合、登録している銀行口座の番号が本来と異なっている可能性があります。

口座情報を書き換えるか、【支払い方法を変更する】からカード決済やPayPal決済に変更することをおすすめします。

銀行口座の残高のチェック

貴方が支払い方法に登録しているネット銀行の残高が支払い額より少ない可能性があります。

残高を確認して足りないようなら、その口座に入金して残高を増やすか、【支払い方法を変更する】を参照してカード決済やPayPal決済に変更する方法があります。

支払い単位額を減らす

貴方がクレジットカードで支払いを行っている場合、そのクレジットカードの限度額を超えたFacebook広告の請求が来ている可能性があります。

これが原因の時の対処法は、限度額の大きいクレジットカードを支払い方法に変更するか(【支払い方法を変更する】参照)、1回の支払い単位額を減らす、つまり、何回かに分割して支払う形式を取る方法があります。

ただし、この分割は何ヶ月にも渡る分割払いとは異なり、全部支払い終えないと広告が表示されないことに注意してください。

支払い単位額を調整するには、「支払い管理」の支払い設定から管理をタップ(広告の支払いがあると表示されるようになります)し、支払い単位を設定したら設定値を変更をクリックすることで可能です。

少額の支払いをする

また、上限が足りているのに支払いが行われないという場合は、設定値を低く設定し今すぐ支払うを押すことで次回から自動的に支払いが行われるケースもあります。

決済プロバイダーに問い合わせ

Facebook広告の方に問題がないのにも関わらず、システムエラーが発生して支払いが行われない場合は、貴方が支払いに使っている決済プロバイダー(PayPalやカード会社など)に電話して相談してみることをおすすめします。

問い合わせる

Facebook広告で問題が起こった際の問い合わせ先は「支払い管理」のヘルプセンターを開くから可能です。

Facebookで「何らかのエラーが発生しました」と表示されるときの原因と対処法を解説

Facebookでは、タイムライン/広告/アカウント登録時など様々な場面で「何らかのエラーが発生しました」と表示されるエラーが発生します。 この記事では、Facebookにおける「何らかのエラーが発生 ...

続きを見る

\\follow//

-facebook
-, , ,

Copyright© App Story , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.